トップページ | 2004年4月 »

2004.03.31

ガッチャマン切手

今日、定形外の郵便を出すために郵便局にいきたした。
入り口の横に
「ん---?こ、これは!?」
今、売り出し中の新しい記念切手「ガッチャマン」でした。
なので、その定形外の郵便を出すとき、窓口で
「ガッチャマンの記念切手にしてください!」
って思い切りお願いしました。
いや、もともとスタンプだけで済まされるのは寂しいので、窓口で「記念切手にして」ってお願いしてるんですよ。

で、会社の帰ってその話をしたら
「どうして買って帰ってくれなかったのーーー!?」
あ、そーか、そりゃそうだ(^_^;)
しまったーーーーー。
後悔度300%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.30

子供はいつまでたっても子供(^_^;)

先日、旦那の実家(うちから3キロの距離に住んでおられる)の義母から電話があった。
「昨日、田舎からかえってきたんよ。大根があるけぇ、**(旦那の本名)君はいつがあいとるかねぇ?」
「ああ、ちょっと待ってくださいね」
と旦那に代わると
「帰りに寄るけぇ、うん・・・うん・・・うん・・・・わかった。じゃあ」
であっさり電話を切った。
「あした、仕事の帰りに野菜を取りに行ってくれるんよね?」
田舎に畑をもっているので、田舎から帰ったらいろいろな野菜をもらうのをアテにしていたのだ。
ところが・・・・・
「ああ、親に<仕事の帰りによったら疲れて事故しちゃあいけんけえ、こんでもええ>って言われたけぇ、行かない」
と言うではないか・・・(-_-;)

ほんと、うちから北に3キロの、車で15分の所に住んでるんです。
旦那の両親・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.29

映画・「刑務所の中」

11.jpg


崔 洋一監督
先日「クイール」を観たので、復習がてら観た。
今までの監督作品を調べてみると「マークスの山」を見た事があるんだー>自分

罪を犯して、それを償い日々を過ごす「刑務所の中」の人々。
よくテレビの特番でやっているような、派手なナレーションや演出(効果音)があるわけでもなく淡々とそれでいて、どきりとさせられる。
罪を犯しし、悔悟の日々をすごしているのかと思いきや
「ここを出たら、みんなでお弁当をもって、大麻の自生地にいこう」
とか覚せい剤中毒の受刑者が、注射の打ち方を実演してみたり・・・・。
結局、塀の中にいても、外にいても、考えることは同じじゃないかというところをついている気がする。
日常の、ほんの小さなことに異常に厳しいのは、血液型A型社会なせいかと思ってしまう。
あの、シーツのしわを伸ばしたり、寝巻きを四角にたたんだり、なんて几帳面な世界は私には耐えられない(^_^;)

ところで、独居房に入れられた、主人公のが「1日に200袋の紙袋を作る」仕事してますけど、あれ、うちの会社でやってます。
といっても機械が作るんですけど、200なら「分」単位で仕上がる。
そして、会社の古株の人に聞いたら
「そうそう、昔はうちの会社も刑務所に仕事だしよったよ」
とおしえてくれました。
それとは別に、一般の人に内職にも出していたけれど
「すごい人は、1日に1.000枚つくっていた」
とのこと。
その人にも薦めておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

せんじょうのぴあにすと

旦那が新聞の衛星放送のテレビ欄を見ながら
「せんじょうのぴあにすと、ってどんな映画だっけ?」
丁度、台所でご飯の支度をしつつ食器洗い機を動かしていたので、対面式のキッチンの中は結構な騒音になる。
「たしかねぇ、船の上で捨てられた子供が国籍がなくて船から降りれないから専属のピアニストで世界を回って、船の上で色々な人と出会っては別れるという話だったよ」
「うーん、ふねのうえのぴあにすとみたいなは話じゃのう。ぱくりか!?」
「さぁ、そんなことはないんじゃない?」
しかし、旦那と話せば話すほど、なにかか食い違っている。
何しろ主婦なので食事の支度に追われていたのです。
で、一息ついて、そのテレビ欄を見ると
「戦場のピアニスト」
とある。
そう、私は
のピアニスト」
勘違いしていたんです。

「あー、違うわぁ。この映画はねぇ、ナチスに捕まった有名なピアニストの話だ。見てないけど」
「はぁ、ええよ」(広島弁で「もう、いい」の意)
「ええー!?私にストーリー語らしてぇや」
ちゃんちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.27

髪を切りました。

伸ばし伸ばしにしていた髪を切りに行きました。
去年12月、シャンプーが終わって、シャンプー台からカット台に移動する時、貧血を起こして倒れてしまい器物破損してしまってトラウマになってしまったのです。
随分、新しい店を探そうかどうしようか迷ったのだけど、私の好みを知っている店なので通うことにした。
かなり伸びたので「さっぱりで」とお願いしたら、本当にさっぱり。
気持ちよかったです。
ハイ。

さて、これを「美容・コスメ」に入れるべきかは悩むところ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

吐く(猫)

ここ何日か、朝ご飯を上げた直後にベリーが吐く。
原因は夕食と朝食の時間が開き過ぎているから・・・。
最近仕事の疲れからか10時半には眠ってしまう。その前に、夜食(といっても少し)を上げておくのだけど5時に起きるまでの間に、胃酸過多になってしまうようだ。
以前は「わんにゃんグルメ」というタイマー式の食器も使っていたけれど、隙間に食べかすがたまったり錆びたりしてセットした時間にフタが開かなくなってしまったのだ。
それに、セットする容器がプラスチックなのもイマイチよろしくない。
今は、倉庫の隅にいってしまった。

そろそろ毛玉も吐く季節だし、悩みは尽きない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.03.25

私は、なに?

最近、社内無党派っていう感じです。
「暇なときに手伝いに行って」
と言われてよその課の手伝いに行ったら、使い勝手がよかったらしく
「元の課には帰らない様に」
と工場長命令。
しかし、健康上の理由でそこの課の仕事をしていると(立ちっ放し、機械に追われる流れ作業)夕方には鎮痛剤を飲まなくてはならない状態(しかも、担当医の処方箋ででる薬)なので
「せめて週末は元の課で自分のペースで仕事をさせてくれ」
と直訴。
工場長、課長2人の話し合いの末
「午前は手伝い、午後は元の課で仕事」
ということに・・・。
でもね~、まるっきり社内パートっていう感じ。
4時間4時間で全然違う仕事なんだもの。

疲れちゃうよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

●●よりおいしい?

p10108431.JPG

だんながうれしそうに買ってきた、スペイン産のスパークリングワイン「カヴァ グラン キューべ」
去年、世界うるるん滞在記でホームステイ先になって以来気になっていた会社の品物が近所の酒屋に入っていたといって♪♪で買ってきた。
しかも、私へのバースディプレゼントとホワイトデープレゼントを兼ねていると言う。
それなら、一本丸々飲ませてくれるのかと思いきや自分のグラスもきっちり用意している。
「酒屋の宣伝に<あのドンペリよりおいしい!?>って書いてあったんだー」
と言っていたが「?」は曲者だよね。
味は、辛口で美味しいけれど、ドンペリ飲んだことないもーん。
味を忘れないうちに、買ってくれるようお願いしておいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.23

良い子はマネをしてはしてはいけません

朝、車を出そうとしてハタ、と気が付いた。
「立体駐車場の鍵がない!?」
そういえば、昨日車を入れようとしたら他の人が入れていたので便乗車庫入れしたんだった。
車の中に鍵を置いたままだった。
立体駐車場といっても、うちはゲートを上げさえすれば車は出せる位置ではある。
「どうしよう・・・・」
こういうときに限って時間いっぱいいっぱい。
「仕方ない・・・・」
はいていたスカートをチノパンツにはきかえこっそりと、ゲートをまたいで車の鍵を取りゲートを上げて車に乗り込んだ。
子供でも見ていたら、教育上よろしくない。
けれども駐車場を利用する他の人も通らない。

どうか、真似されませんように・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

オリガ・モリソヴナの反語法 米原万理

040319_13391.jpg

猫エッセイとロシア語通訳の体験話がメインの人と思い気や、立派な小説でびっくり(失礼な話だけど)
オリガ・モリソヴナという恩師の謎を追っていくうちにソビエト連邦の影の歴史が浮かび上がっていく。けれども、どこか地に足が着いたしっかりした印象を残すのは、女性や主婦の視点がずっと残っているせいなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

クイール

quill.jpg


号泣してしまいました。
周りの人もみんな、泣いていました。
子供も多かったけれど、騒いだりしていませんでした。
やっぱり、字幕の感動モノよりココロに染みます。
最近の日本映画って良い者が多くて、嬉しい限り。
俳優陣の犬にあわせた演技が、でしゃばり過ぎず良かったです。
私が以前通っていた、マッサージの店に盲導犬を使っていた人がいて、いろいろな話を聞かせてもらってすごく楽しかったのに、お店が潰れてしまってもう会えないのはとっても残念です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年4月 »