トップページ | オリガ・モリソヴナの反語法 米原万理 »

2004.03.21

クイール

quill.jpg


号泣してしまいました。
周りの人もみんな、泣いていました。
子供も多かったけれど、騒いだりしていませんでした。
やっぱり、字幕の感動モノよりココロに染みます。
最近の日本映画って良い者が多くて、嬉しい限り。
俳優陣の犬にあわせた演技が、でしゃばり過ぎず良かったです。
私が以前通っていた、マッサージの店に盲導犬を使っていた人がいて、いろいろな話を聞かせてもらってすごく楽しかったのに、お店が潰れてしまってもう会えないのはとっても残念です。

|

トップページ | オリガ・モリソヴナの反語法 米原万理 »

コメント

お局様、果敢に人生に挑んで辛いことからも眼を逸らさない
勇気、尊敬します、なんのことかって、
私にとって「盲導犬もの」はそういう“涙の壁”なの

ココログ仲間、これからもよろしく(^^)

投稿: テオ | 2004.03.22 08:48

お局様、ココログ開設おめでとうございます~
コメントになっていなくてゴメン(^^;
リストに入れさせていただきます(^^)

投稿: TOKIKO | 2004.03.22 09:32

TOKIKOさん、先輩としてこれからもお願いしますね。(カウンター、おなじところのにしちゃった)
もう、試行錯誤の繰り返し(^_^;)

テオさん、泣きますよ(^_^;)
最近まで「最近の日本映画はイイ!」と最近の日本映画の質が上がったのかと思ってたんですけど、もしかしたら「映画の内容を理解できる年齢」になっただけなのかも・・・OH!MY!GOD!
いえいえ、涙の壁は越えないほうが良いかと思います。
私も他の監督なら見なかったのですが、崔監督は私的に注目の監督だったので見てしまいました。
本当は、いろいろ細かいところも言いたいのですが(^_^;)
犬たちがかわいかったので言わないことにします。

投稿: お局様 | 2004.03.22 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クイール:

トップページ | オリガ・モリソヴナの反語法 米原万理 »