« 髪を切りました。 | トップページ | 映画・「刑務所の中」 »

2004.03.28

せんじょうのぴあにすと

旦那が新聞の衛星放送のテレビ欄を見ながら
「せんじょうのぴあにすと、ってどんな映画だっけ?」
丁度、台所でご飯の支度をしつつ食器洗い機を動かしていたので、対面式のキッチンの中は結構な騒音になる。
「たしかねぇ、船の上で捨てられた子供が国籍がなくて船から降りれないから専属のピアニストで世界を回って、船の上で色々な人と出会っては別れるという話だったよ」
「うーん、ふねのうえのぴあにすとみたいなは話じゃのう。ぱくりか!?」
「さぁ、そんなことはないんじゃない?」
しかし、旦那と話せば話すほど、なにかか食い違っている。
何しろ主婦なので食事の支度に追われていたのです。
で、一息ついて、そのテレビ欄を見ると
「戦場のピアニスト」
とある。
そう、私は
のピアニスト」
勘違いしていたんです。

「あー、違うわぁ。この映画はねぇ、ナチスに捕まった有名なピアニストの話だ。見てないけど」
「はぁ、ええよ」(広島弁で「もう、いい」の意)
「ええー!?私にストーリー語らしてぇや」
ちゃんちゃん

|

« 髪を切りました。 | トップページ | 映画・「刑務所の中」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せんじょうのぴあにすと:

« 髪を切りました。 | トップページ | 映画・「刑務所の中」 »