« 旦那の悲惨な1日 | トップページ | ホテルのランチのあと・・・・・。 »

2004.05.22

押尾コータローのライブ

「押尾コータロー アコーステック・ギターライブ」
はつかいち文化ホールさくらぴあ

チケット発売当日、旦那が新聞に載っていた広告を見て
「行きたい~~。チケットこうて~」
「自分で買えば良いじゃん」
「いい席ないだろうなぁ~~。どうしうかなあ~金ないし」。仕事の帰りにチケット屋よっとこ」
「そうしなよ~(私が買いに行くのは面倒だし)」
さて、休日出勤の旦那を見送った後、隣の市の図書館に行った。ここの方が自分の地域の図書館より近いのだ。
インフォメーションにポスターが貼ってある。
会場はここの大ホールだったのだ。
「あ~、これ、旦那が言ってたやつかぁ・・・。あれ?」
ここでもチケット売っている、と書いてあるではないか。
しかも、キャッシュコーナーも後ろにある。
「後で請求すりゃ、いっか」
チケット購入後、旦那にメールすると滝涙の感謝メールが返ってきた。
ここ何年か、こんなに感謝されたことはなかったです。

まぁ、そんなこんなでチケット購入。待つことンヶ月
当日の旦那の波乱もあったりしたわけだけれど、会場到着。
パンフは無く、CD DVDを売っているブースには人だかり。会場購入の特典はなにかなぁ?
「先着購入100名様サイン参加券贈呈」
へぇ~・・・って既に旦那はDVDを購入済み。そして私にも買えというのでCDを買う。
「なんか買って。あ、楽譜だ。あれにサインしてもらおうっと」
楽譜、見せてもらったけど・・・いっぱいおたまじゃくしが重なっていました。

ライブは、すごい!
アコーステック・ギター一本で(といっても、2.3曲で交換はするけれど)クラシックからアニメソングのアレンジに軽妙なトークを交えてのあっという間の二時間。
子供の頃の日曜の夜を音で再現したコーナーでは「笑点→サザエさんOPとEP→アルプスの少女ハイジ→ウィークエンダー」面白い~。
NHKの仕事もしているせいか、客層は高め。かと思えば、熱狂的な高校生もいたりと幅は広い。
私の隣はかなりご高齢の夫婦、後ろにはインディーズの頃からのファンらしき若い男性が連れの男性に、熱く語っている。
ライブでしか感じることの出来ない音の余韻がいつまでも残る。

ライブが終わって、サイン会参加券が2枚あるので列に並ぶ。
本人登場するとフロアがどよめく。
あのライブの後、サイン会して、握手してってすごいなぁ~。
並んだのは終わりの方だったのでのんびりしていると、私たちの隣の、おとなしそうなお兄ちゃんが旦那の楽譜が気になるらしく話し掛けてきた。
「楽譜もあったんですか・・・・いいなぁ・・・・弾けるのありそうですか?」
彼はDVDを持っていたけれど楽譜売っていたのには気が付かなかったらしい。
そんなこんなで私たちの番が来た。
ライブ終わって30分か45分、まだまだ熱い手。
独特の弾き方をするので右手親指の第一関節あたりが、痛々しいほど赤い。
「ありがとう。がんばってください」
と素直に言えた。
楽譜を出した旦那には「がんばれ」とコメントが入っていた。
家に帰った旦那は、何年ぶりかでギターを引っ張り出しいちばん簡単そうなパートを弾いていた。

押尾コータローのサイト
実際は関西弁の「おもろいお兄ちゃん」でした。

|

« 旦那の悲惨な1日 | トップページ | ホテルのランチのあと・・・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押尾コータローのライブ:

» oshio!!oshio!! [IN THE WINDの歌ってさすけね!]
行ってきました!押尾コータロー・ライブ! 登場から戦隊ヒーローのようなカッコイイ演出(??笑)に、会場は度胆を抜かれて、「おお〜〜〜っ」(ちょっと声低め)1曲目から全員手拍子! 速過ぎて右手が見えない(by地雷也)と言われたすばらしいテクニックとオーラ....... [続きを読む]

受信: 2005.10.22 12:06

« 旦那の悲惨な1日 | トップページ | ホテルのランチのあと・・・・・。 »