« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.28

明日はライブ♪

明日は、今年2回目の「押尾コーターロー」のライブがあるというのに台風接近中。
会社のある大竹から時間内に会場に着くためには、まず愛車は自宅に置いてJRにて出勤。昼時間に、間食の買出しをしておかねばならないし、着替えて化粧直しもJRの車内という顰蹙行為も覚悟しなくてはならない。
雨だろうから、カサとタオルも必要。
あれやこれや抱えて、JR運休とか残業とかなんていう事態に陥りませんように・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.26

ヒロシマイベント情報に追加

「西条酒まつり」を追加しました。
入場料を払って、日本全国の日本酒を飲み比べるも良し、酒蔵を回って雰囲気に浸るも良し。
屋台もたくさんでるし、人もたくさんですが、酔っ払いが路上でへたり込んだりしていると辺りにいる実行委員会の人に「強制排除」させられるので、安心して歩く事が出来ます。

詳細は、左の「ヒロシマイベント情報」からどうぞ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.25

簡単ジャパニーズオムレツ

040925_2239.jpg

材料
卵3個
冷凍枝豆(皮剥きタイプ)105円
納豆に付いている小さなダシ2袋

作り方
1・卵3個+ダシ2袋+水を混ぜ合わせる
2・フライパンに油(今日は胡麻油使用)を敷き、解凍した枝豆を炒め1の卵を入れる。
3・気分はダシ巻き卵の感じで、ふたをしてじっくり焼く。
4・膨らんでスパニッシュオムレツっぽい雰囲気になったらOKです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.21

行ったり来たり

前日の日曜日、旦那を車で駅まで送って行った時
「ドアが開かんで」
助手席後側のドアが開かないのだ。
「そんなバカな?やっぱり●菱だからなの!?」
旦那は反対側のドアから出て開かないドアは外側からは問題無く開く。しかし内側からは手応えもなく開かない。
「修理だしとけぇや」
「今日は私も出かけるから明日電話して予約しとくわ」
さて、翌日の月曜日は敬老の日で祝日。
9時に販売店へ電話して修理の予約を入れる。途中で図書館に寄り1時間ほど道草。
車の販売店は私の通勤路にありその前には去年、私が入院したこの辺りでは一番大きい総合病院がある。祝日の午前中の妙に混んだ道を走らせながら
「時間かかるかなあ」とか「修理代どれくらいかかるんだろう」とか「そういえば台風でチョットだけボディにキズいってたのも直すかな〜」などと考えていた。この日は車の修理にかかる時間によっては市内に出るか、うちの近所のネットカフェに半日こもって「リネージュ2」というネットゲームしようかと午後の予定を決めかねていた。
販売店に行き整備の人に症状を話す。するとニコニコっと笑って問題のドアを開けて
「ああ、ここですね。ここにですね黒いスイッチあるでしょう?チャイルドロックなんですよ」
「し、知らなかった」
脱力する私ににこやかに微笑む整備マン。
穴があったら入りたい〜〜〜。
逃げるように販売店を後にして自宅に向かう。ええ〜〜い、こうなったらネットカフェでゲーム三昧じゃあ!
そのネットカフェは家から徒歩3分車で1分ほどの所にあるのだけれど、そのまま車を店の駐車場に入れる。ゲームをはじめると3〜4時間はすぐ経ってしまうので車から降りる前に携帯電話の着信をチェックしてみると実家からと弟からの着信が残ってる。
まず実家に電話するが誰も出ない。次に弟に電話するとこちらはすぐ出て来た。「実は●●(カノジョの名前)が緊急入院したんじゃ。母さんにはすぐ来てもらうようにしとるんじゃけど、カノジョの実家遠いし何を用意していいか判らんし〜、姉ちゃんが一番近いし」
聞けば安静に動かないようにしておけばいいらしいが一か月くらいかかるとのこと。
「で、どこに入院したん?去年入院したばっかりだから、いりそうなものもってくし」
「頼むわ〜。総合病院の西棟の●●●号室じゃけえ」
なんですと!?
「なんでもう10分前に連絡せんかったんね〜。さっきまでその前の販売店に行ってた帰って来たばっかりなのにぃ(^_^;)」
入れたばかりの車をネットカフェの駐車場から出し自宅へ帰る。
思い付く物、タオルケットなどのタオル類、蓋付のマグカップ、箸や歯ブラシは未使用のものがあったので放り込む。テレビにつけるイヤホンに試供品でもらった洗顔料等すぐに紙袋一杯になる。
それを抱えて病院に急行する。
彼女は去年私が入院していた同じ部屋の同じ場所にいて
「ココ、物凄く懐かしいんだけど!」
という私を笑いながら迎えてくれ、こちらも一安心。
その後は母と足りないものを買い物に行ったり、母を実家に送って帰ったりとバタバタして過ごし休日は走り去った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.20

鶏ハム・・・もしかして・・。

mam.JPG

先週、鶏ハムに挑戦してみたところ、どうもイマイチな出来上がりでした。
遠いところで、ハムっぽい味はするのだけど「うまっ!」というほどではないのです。
原因は
1・2日間置くところを3日置いたから?(違う気がする)
2・塩が足りない→「塩」と「こしょう」ではなく「塩こしょう」を使ったせいかも・・・・。
3・塩が足りないのに、塩抜きに1時間以上かけてしまった。

2と3が濃厚。
立ち直ったら、また挑戦してみます。

それにしても・・・・・縛りすぎ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.19

「明和電機・ナンセンス=マシーンズ」展

04-09-19_14-32.jpg

広島市現代美術館で開催されている<「明和電機・ナンセンス=マシーンズ」展>にカミツレと行って来た。
どんな「モノ」が展示されているかは、左側にリンクがあるので一度ご覧下さい。
コンセントやスイッチや電流といった単語にくらっとくる体質にはちょっとオススメです。
あと「極太ゴム弦のベース」「千手観音のように並んだギターをオルガンで弾く」なんていう状況が想像できるとか、青い作業服を着たミュージシャンなんていかがでしょうか?
ライブ>ライブビデオ>プロモーションビデオ>ただの展示と感動度が上がること間違いないです。
あ、ちゃんとNHKの日曜日午前中の「日曜美術館」でも特集されるような芸術家です。

広島市現代美術館は広島市でも中心部なのに微妙に不便な場所にある。
広島駅で待ち合わせ、昼食後に市内電車で移動。降りた場所から山頂付近の美術館まで歩きます。車で行くと同じ敷地内に「まんが図書館」という人気の公立図書館があって駐車場に停めるまでものすごく時間かかったりするので歩きます。
こんもりした山の中を切り開いて作ってあるので、先日の台風後が生々しい。しかも、今日は雨が降りそうな湿度の高い蒸し蒸しした天気なので着いた頃にはぐったり。運動不足なんて言わないで・・・(^_^;)
疲れたので美術館ないの喫茶室で一息。冷房の恩恵をあずかっていると、店内に青い作業服のあの人は・・・!!!
二つほど離れた席に「明和電機=土佐社長」がすとん、と座る。
あまり見つめると失礼なので、喫茶室を出る。
さて、展示スペースに入ると、そこにはさまざまな作品が「芸術品」の品格で並んでいる。
いや、もちろんこの「明和電機」のカテゴリーは「現代美術」なので当たり前なんだけど、この違和感が「現代美術の現代美術たる所以」というところでしょうか。
展示スペースにステージが作られていて片隅に「ライブあります」と時間が書いてあり、あと30分も待てばライブが見れる。ので当然待つ。だって喫茶室に本人が居たんだもん。
近くの展示ブースを見ていると、10分前なのに楽器の音がする。どうやらチューニングというかアップがはじまったらしいのでステージ前に戻る。すると土佐社長がベンベンとゴムベースをアンプにつないで音チェック中。
定時にミニライブが始まる。
「どなたか、弾いてみませんか?」
と声をかけるがシャイな広島市民はみな、熱意のある眼差しを向けるが名乗り出る人はいない。苦笑しつつ次の楽器へと進み演奏してみせる・・・・・と一人の勇気あるおにいちゃんが名乗り出て「ゴムベース」を手にとる。
二人でセッション。をを~(^O^)
ベースの男の人が観客に戻ると女性が「ギターオルガン」に名乗りをあげる。
どうせなら3人でやってくれないかなぁ~。
でもそのまま終了。残念。
「僕がいる間なら、ココのスペースに置いてある楽器に触っても良いですよ」
というと、わらわらとギャラリーが憧れの楽器に集まる。
私達は階下の展示室に移動。
このあたりには初期の作品や以前のシリーズなどが展示してあり、懐かしい。
明和電機をはじめて知ったのは10年前で、夜中の番組で番組宣伝していて「こっ、これはっ!行かねば!」とカミツレや旦那や友人を巻き込んで、今は亡き(先日、ヤマダ電機に改装されてしまった)ファッションビルのライブスペースに行ったのが最初。多分、宣伝見て一週間もかかってなかったような気がする。
そしてライブを見て、ぶっ飛んでしまったのですよ。
しかし、明和電機には「広島にはノリがない」と判断されてしまった(その後テレビで語っていた)らしく、ライブらしきものは無かった(多分)。
いや、でも、あれをはじめて見て音を聞いてしまったら、どうして良いか判らなくなってしまうんだよぅ~~。
今日はとっても良い日曜日でした。
出来れば現代美術館、「サティ」と場所変わって欲しいわぁ。

地下の展示ブースで展示品のメンテナンスをする社長をギャラリーが囲んで見ていた。
まさに社長そのものが展示品!?
こんな人です

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.09.14

オイシイ話には落とし穴

朝9時半、会社の事務の女の子から携帯に電話が入った。
「★★さん、ミュージカルのチケットあるんだけどいかない?」
「ほぇ?それっていつ?」
「それがねぇ、今日なんよ」
「何時から?」
「18時(笑。アステールプラザ(笑」
「むりっ(きっぱり」
「そんなこと言わないで~~もらってよぅ~~。お昼から帰っちゃえば?」
ちなみに私の会社の終業は17時20分。
会社から会場まで順調にいっても1時間半はかかる。車ならラッシュでもっとかかる。
行ったら終盤ってことも有り得る~。
そんな危険は冒せないので、涙をのんでお断りした。
「実はねぇ、懸賞で当たったんだけど届いたのが昨日でね~~(^_^;)★★さんなら行くかと思ってぇ」
「そりゃ、タダで劇団●季のミュージカル見るチャンスなんて惜しいけど、今日じゃ無理」
「え~~仕方ないなぁ、ところで劇団●季って有名なの?」
「あははははは~~~もったいないねぇ」
ホント、もったいないっす。
私、わりとこのテのお話は断らないのだけど、ここまで切羽詰った話は初めてだわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.12

デジタルオーディオプレーヤー

先週これを買いました
以前からCDウォークマンかMDプレーヤーが欲しいと思っていたのだけれど、ipodが出て以来選択肢が増えてしまって悩める日々が続いていた。
それぞれ長短がありなかなか手が出ないでいたのだけれど、結局これにしました。
1・一万円以下と安価
2・31グラムとめっちゃ軽い
3・単4電池使用なのでバッテリーが切れても交換が容易。そして18時間再生可という長寿っぷり。
4・128MBでCD3枚は軽く入るので、たまに市内に出るのに1時間程度市内電車で聞くには充分な容量。
しかし、落とし穴がありました。
付属のイヤホンが私の耳に合わないので、ちょっとした衝撃で外れてしまう。
下の画像が付属のものでした。歩いているだけでぽろぽろと外れてしまって使い物にならない(T_T)
au3.jpg
さっそく下のものを購入。
それにしてもイヤホン売り場にはいろいろなものがあって悩んでしまった。
これは耳の穴の中にジャストフィット!音が耳の奥に直接響くので、ものすごく音が良い!
やったー!
と、喜んでいたらフィットしすぎて長時間聞いているのが辛い。鼓膜が振動している感じがして頭痛が起こりそうになる。
au2.jpg
仕方ないので、今度は耳にかぶせるタイプを購入。
しかし、一度上のタイプで聞いてしまうと外の音が入ってしまったりして物足りない感じがする。
しかも私は眼鏡愛好者なので耳に、眼鏡のツルとイヤホンの止め具の2つが重なるので重たい~~。うっとおしぃ~~。
au1.jpg
自分に合うイヤホン見つけるのって難しいなぁ(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.11

超手抜きなミートソース

「グルメ・クッキング」のカテゴリに入れるのは申し訳ない感じ・・・・・。

ミートソーススパゲティ(パスタでないところがミソ)食べたくなったのだけど、セロリやニンジン、ナツメグなんていう食材が足りない、そこで作った一品

材料
●たまねぎ1個 ●合挽き肉パック半分 ●野菜ジュースの残り(しかも底に残ったドロドロ) ●オタフクお好みソース(広島市民必需品) ●トマト缶半分 ●塩・コショウ

作り方は、たまねぎを炒めて挽肉をいれて炒める。残りの材料を適当に入れて煮詰めて、塩コショウするだけ。
結構、イイ感じに出来上がりましたよ。
まぁ、足りない食材を野菜ジュースから、香辛料をお好みソースから採った・・ということで石を投げないで下さい~~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アサリ・その後

先週、我家でプチ台風を起こしてくれた「アサリ」の、その後が母から報告されましたです。
うちから帰って3日後に検査のために動物病院に行って、採尿した結果
「アサリちゃんのオシッコからとんでもないものが出たんですよ」
と、院長先生。検査の結果が悪いのかと固まる母に、モニターで拡大画像を見せながら
「ここにね、<ツメダニ>っていうダニがいるんですよ」
確かに虫のようなものが・・・・。
「もしかしたら、採尿するとき尻尾辺りにいたのが混じったかもしれないんですけどね。生きてないのでそうだとは思うんですが」
「はぁ」
「あと、おしっこの中に脂肪が浮いてるんですよ。これは肝臓から出ているようです」
これもモニターで示される。
「尿道結石自体は良さそうなのですが、とりあえずもう10日薬飲んで様子をみて検査しましょう」
「はい」
「それと、アサリちゃんは今、ベスト体重なので太らさないようにしてくださいね」
「・・・・え?3キロ近く痩せたので、こんなにガリガリになってしまってるんですが」
「いや!以前の8キロが太りすぎだったんですから、今の5キロ台は丁度いいんですよ」
「でも、お腹の皮がこんなにたるんたるんで、いいんですか」
「太るよりはいいです」
母は密かに体重増幅計画を練っていたらしいのだけど、ドクターストップ。
家族全員「アサリが痩せてしまってなんて可哀想に」と同情の中心だったのに・・・・・。

さて「ツメダニ」を調べたところ
ツメダニ<ケイレテイラ>
多量のフケと痒い皮疹をつくり、フケが動いているように見える事がある。
畳などに寄生するツメダニとは種類が違い、猫には猫のツメダニが寄生する。

人間には害がなさそうだけど、バルサン、焚くかな・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.09.08

台風18号去った後・・・・。

9月7日の台風18号を家でひやひやしながらもやり過ごし、出勤。
しかし、立体駐車場に停めてある愛車は片側にびっしりと千切れた葉っぱや泥などがこびりついて、かなり哀れな姿。しかし車体に傷はついておらず安心。
車に乗って暫くは太陽に向かって走るので、窓に黄砂のように汚れがついており見ずらい。
ウォッシャー液を使おうかとも思ったけれど、窓に傷がつきそうなので我慢我慢。
宮島街道を大竹方向に向かって進むほどに台風の被害のすごさに言葉を無くす。
信号や電柱が折れ曲がっていたり、停電していたりして何回か信号無視もしているような気がする・・・・。なにしろ、こちらを向いているからといって、それが正しいとは限らないのだ。
道路も渋滞中で、思わず携帯で画像撮ったりできるくらいだったりする・・・・・良い子は真似をしないで下さい。

04-09-08_17-52.jpg
宮浜温泉入り口辺り
牡蠣イカダやそれに付いている発泡スチロールの浮きを固めている牡蠣屋さん。
竹や木製のイタガの方は焼却中。


04-09-08_17-42.jpg
玖波港の防波堤。
判りにくいのですが、防波堤の巨大ブロックがドミノ倒しのようにひっくり返ってます。
この辺りが一番被害があったのではないでしょうか。
かなり地形が変わってしまってます。


04-09-08_17-43.jpg
上から2番目の画像とほぼ同じ場所
ガードレールがもっていかれて、支柱にロープを張っただけの海岸道路

本当に、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.07

台風18号通過

tai1.JPG

tai2.JPG

tai3.JPG
マンションの周辺様子


朝から台風情報をチェックしていたものの、有給も少ないし、昼から帰ろうと思って会社に行った。
休校になった学校や休業した会社も多いらしく、通勤がめっちゃくちゃスムーズ。
いつもより早めに会社に着くと、職場の人に
「来たの!?」
と驚かれる。昼から帰るつもりだというと
「いや、今帰るか、夜、台風が過ぎるまで残るか2つにひとつやで。帰った方がいいよ」
説得されたので、やっぱり帰ることにする。
ついでに、スーパーでガスを使わなくてもいい食材を買い、病院に寄り、郵便局に寄り、ガソリンも無い~~(T_T)
このまま、レンタルビデオに寄るのは我慢して帰宅。
あまりに早い帰宅にベリーが「?」な顔で迎えてくれる。
しかし、帰宅直後10時半くらいから暴風雨圏に突入。
マンションだし~と安心していたら、リビングの海側のサッシ窓が強風で「たわむ」
触っても内側に窓枠が押されていて、本当に窓ガラスが割れそうな勢い。
万が一を考え、窓周囲のものをどけて、飛散被害を少なくするためにカーテンをきっちり閉める。
短い停電が何度か続いたので、あちらこちらに片付けたロウソクを探してリビングのテーブルに集めておく。
夜には台風は逃げるはずだけど、明るいうちに出来ることをしておこう。
窓の外は、真っ白で見えない。
時々、マンション自体も揺れる。
テレビの中継を点けっぱなしにしているが、見知っている街の風景がとんでもないことになっている。
旦那のパソコン教室から「今日は休講ですのでお伝えください」との電話。旦那にはメールしておく。
あまりの音にベリーはベットの下の一番静かな場所に避難している。
昼ごはんを食べたあたりから、停電が復旧しない。
薄暗い部屋では、本も読めないので昼寝を決め込む。
4時過ぎに旦那の職場から明日の段取りについて連絡が来る。
5時前に旦那が帰ってくる。帰宅まで約2時間。途中ものすごい光景をいろいろ見てきたらしい。
しかも、通ったことの無い道を
「2号線が通行止めで通れないから、裏の対向車がたくさん来る道を選んで帰ってきた」
とのこと。
旦那は台風が一番ひどい時間に帰ってきたことになる。
会社もなぁ、もうちょっと帰宅時間考えてくれよ~。
帰宅途上の怪我なんてしたら労災ちゃんと出してくれるんだろうね。

ちなみに今夜は
「カセットコンロでキムチ鍋」
明日の朝はそのままでも食べられるパンにした。

先ほどから、うちから見える海上で船が沈没したという件だと思うのだけどヘリコプターとか警備船とかパトカーが港の周りで動き回っている。
う~ん、どうなるんだろう・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.09.05

アサリがやってきた・5日目~最終日

asa6.JPG
ここがお気に入り

朝、昨日の失敗を繰り返さないように「気合」で投薬成功。やれやれ~~。(私は後ろから口をこじ開けて薬を落とす方式だけど、母は一度仰向けにして両足で身体を挟んでおいて口をこじ開け薬を落としているとか。どっちにしても一度失敗すると次は難しい)
昨日、薬で嫌な思いをしたので投薬の後、しばらくイジケテいた。いいもん。君とはお別れさっ、ということで荷造りをはじめる。置いて帰ってもベリーには食べられない療養フードだから忘れないようにしないと・・・・・。
その後ベリーを病院に連れて行ってワクチン注射と先生の診察。
家に帰って、今度はアサリをプラスチック製のキャリーバックに入れる。
が、「キャリーバック=嫌なところに連れて行かれる」図式が出来上がっているので素直に入ってはくれない。
強引に入ってもらって、キャリーバックは助手席の足元に固定して出発。
途中ラッシュにかかり、広島市内を西の端から東の端に横断するのに1時間以上かかる。
そしてその間「出せ~出せ~家に帰るんだ~こんなところはもう嫌じゃ~」
とアオンアオンナオンナオン鳴きまくる。しかも暴れてキャリーバックのドアさえ壊す勢い。
うちに来たときは、JRの中で一度も鳴かずじっとしていたというのに、随分な違いであるが、まぁ、元気になったということにしておこう。
やっとの思いで実家に到着。
キャリーバックから出ると、いきなり縄張りの見回りをはじめる。
他の猫たちも
「あ、帰ってきたんだ~」
という感じ。
どっさりと部屋の真ん中に横になると、寄ってきた他の猫からの挨拶を受けて、やっと安心したらしい。
ほんと、アサリにも私たちにも長い5日間でした。


asa7.JPG
「お帰り~」「おうっ。帰ったぜ。オレのいない間、きっちり縄張り守ってたか?」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アサリがやってきた・4日目~その2~

アサリがやってきて4日目
前日までは上手く薬を飲ませる事が出来たので、気合が足りなかったらしい。
ちやんと喉の奥に落とせず「ペッ」と吐き出す。
一度目に失敗すると、その後投薬にてこずるのはお約束て゜ある。
二度目、三度目も失敗。興奮してきたので小休止して缶詰のフードを小さなお団子にしその中に入れて口に押し込んでみるがこれも失敗。やけになってもう一度押さえ込んで口の中に落とすが、泡状態のよだれで対抗されこれも失敗・・・・・。この時点でそろそろ私の支度をしないと会社に間に合わなくなる~~。
結局、広告の紙の上で包丁の背中で細かく砕いて缶詰フードといつもよりうんと少ないドライフードの混ぜご飯にして家を出た。この時期冷房の無い部屋にウエットフードを出したままにして出るのは不本意だけど、この薬は24時間に1錠だから帰ってから・・・・という訳にはいかないのだ。
帰宅すると、フードはほとんど残ってなかったので一安心。
その後、母から帰宅したと連絡があり翌日の土曜日に連れて行く事になった。
・・・・つまり、今夜でアサリとはお別れである。
4日目の夜ともなると、もう、我家も同然の態度で家の中を徘徊してベリーのトイレを使ってみたり、ソファーで寛ぐ旦那に擦り寄って愛想を振りまいたり、パソコンしている私の膝に飛び乗って「抱っこしてよ」と甘えたりと大忙しである。

asa4.JPG
次は何をしようかな~
普段は、4匹の大家族で人間からの愛情の奪い合いにしのぎを削っているのでちょっとしたことで鎌ってもらうのが嬉しくもあり、ライバルがいない(ベリーはライバルではなさそう)のでもの足りなさそうでもあり、でも家にいれば母と寝たり寂しくなったら他の猫と暖をとりあったりできるのにほとんどの時間を1匹で過ごすのが寂しそうでもある。

asa5.JPG
接近中~愛は芽生えなかった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.03

アサリがやってきた・4日目

アサリちゃん
「PCの前に座っているなら、抱っこしてくれないと死んじゃう病」
にかかってしまって、今右腕一本での片手打ち中。
左手にはアサリを抱えて腕が笑ってます・・・・。

まくみももももももももももももももももも

アサリちゃんからのご挨拶でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.02

アサリがやってきた・3日目

asa3.JPG
ベランダでゴロゴロ。白い毛が多いので薄汚れる。でもやめられない

9月1日夜
なんのかんのいって、夜中に覗いてアサリに「フー!」と言われて凹んだりしたところをみると、本当は自分に「甘えて欲しい」とおもっているらしい旦那。
寝る前に5分くらい自分の布団の上にアサリを連れて来て遊び始める。
アサリは構ってくれる人が出来て嬉しくて、頭や身体をこすりつけてアピール。二人の距離は縮んだに見えたけれど、翌日会社に行って帰ってきたら「よそよそしい」関係になってしまったらしい。

夜は、ベリーもアサリのケージやキャリーバックに(本猫にではないところが笑えるけれど)興味が出てきたのか匂いをかいでチェックに余念が無い。それを
「なにやってんのん?」
部屋の反対側から観察するアサリ。
時間があったら、案外うまい関係が作れるのかもしれない。
この頃から、ベリーがアサリに対して「フー!」といって吹かなくなった。
多分、空気のような存在になってしまったのね。

9月2日朝
療養食の缶は8分の1程度。薬を飲ませる。ドライフードはあまり減っていない。
便はなし。オシッコは3回くらいか。

9月2日夜。
ホームシックなのか、ケージの置いてある部屋で
「なーん」
といってはヒトを呼んで甘える。
昨日は好奇心で部屋の探検とかしていたけれど今日は、あまり元気が無いように思える。
今までは、他の兄弟猫と団子になって暮らしていたのに、勝手が違って寂しくなったのかな・・・・ということにしておこう。
ベリーはマイペースを取り戻して、あまり気にしていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.01

アサリがやってきた・2日目

asa2.JPG
探検中~この向こうはなんにゃ!?

9月1日夜中~明け方
ケージのドアを開けたまま、ライトを点けてちょっと明るいくらい光量で洋室に籠って頂く。
夜中、何度か様子を見に行くと
「退屈~~遊んで~~」とごろんごろんひっくり返ってアピール。
毎日、大好きな母にくっついて寝るのだけど我家にはベリーが居て慣れるほどの時間は取れそうに無いのでアサリ1匹で寝てもらう。
寂しいんだろうな・・・・・。
ちなみに旦那が様子を見に行くと
「フー!」といったとか。旦那凹む。

9月1日朝
出窓に置いたミニステレオの奥を安住の場所と決めたらしい。
薬を飲ませる。
ヒルズのs/dを四分の1出すが、半分ほど残す。ウォルサムのphコントロールも少ししか食べていない。
さすがに、オシッコ臭とフードの匂いが部屋に籠ってきはじめたので網戸にして、ベリーの食事の支度や自分の準備をはじめる。10分ほどしてアサリの部屋に行くと
「居ない!?」
網戸が少し開いている。
ひゃー、独立型のベランダだから良かったけど引き戸を自分で開ける猫だって忘れてたよ・・・。


asa1.JPG
こっちの部屋に入れてよぅ~

9月1日夜
旦那が帰ったときも、出窓にいたそう。
私が帰ったときは、水は飲んでいるがドライフードはあまり減っていない感じ。
朝の残りのs/dをレンジで10秒温めて出す。
甘えたぶりが爆発し始めた。
旦那に、リビングのベランダの窓を網戸にしているのにアサリがうろうろしているから
「気をつけてよ」って言ったのに新聞を読んでいて上の空。
次の瞬間、アサリは網戸を開けて脱走。リビング側のベランダは隣と繋がっているタイプなので、よそに行くと、とーーーーっても大変なことになる。
幸いにも、匂いをかぐことに集中していたので、つぐ捕まったから良かったものの流石に胃が痛くなる。
本猫はケージのある部屋が一番寛げるようだけど、明日はどうだろう?
ベリーの領土が侵される感じがして、ちょっとかわいそう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »