« 猫・発作再発 | トップページ | 新マシン登場〜 »

2004.12.03

猫の駅長さん

中国新聞や一部のサイトで紹介されている記事です
ほのぼの話題だったはずなのに、駅は廃止、跡地が公園になるとか
何かしたい、何かできれば・・・・!
と思いながら何も出来ない自分が情けなくて仕方ありません。
本当は、安易(もしくは追い詰められて)猫を捨てていく人が負うべき責任を、それを見過ごすことが出来なかった人が負わなくてはならない現実。
我家も、今、地域猫からうちの子にしたいと「訓練中」の猫がいます。しかし、人に怖い思いをさせられた子や、人と暮らした経験のない子が人を信じる事が出来るようになり、玄関のドアを閉じられた状態で一夜を過ごすのはとても大変なことなのです。

この子たちに「一生を安心して暮らせる環境を」与えてあげる事が出来れば・・・・と思って止みません。
どうか人の都合に翻弄されているこの子達に安息の場所がありますように・・・・。

|

« 猫・発作再発 | トップページ | 新マシン登場〜 »

コメント

あまりに、お粗末過ぎる話ですよねぇ~
私も無力感と怒りと両方感じています
何かお手伝いしようと、管理人さんのHPをチェックしていたけど、とても手も口も出せるような状況になく、昨日はとうとう容量オーバーで表示もされなくなりました
一昨日までに、沖縄や呉のボランティア団体が相談に乗っていたみたいだし、テレビの取材の予定もあるみたいな事が出ていたので、今の所は様子を見ようと思います
今の場所であの子達が住む道はないのでしょうか?

投稿: tany | 2004.12.05 13:37

「安野駅の猫の駅長さん」で検索すると情報や画像はたくさん出てくるのに、自分が「今」知りたい本当の事が判らないですね。
本当に、あの子達はあの場所でいつもの仲間といつも通り過ごすのが幸せなんだと思うのだけどそれを支えてあげる事が出来ない辛さ。
そして、人の目を集める分だけ色々な事が起こっているんだろうと思うと悲しいです。
黄金山や比治山などでも同じような問題が起こっているので、ほんとに一過性のことになって欲しくないと心から願います。

投稿: お局様 | 2004.12.05 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の駅長さん:

« 猫・発作再発 | トップページ | 新マシン登場〜 »