« 杉花粉が舞い落ちる(@_@;) | トップページ | きょうはめでたい〜 »

2005.03.10

マンガ:夕凪の街 桜の国

<こうの史代>二葉社


昭和30年の広島に淡々と生きた女性の物語「夕凪の街」

その女性の弟の子供たちの生き様を描いた「桜の国」(1)(2)

原爆をテーマにした「はだしのゲン」とは全く違う、少女マンガの優しい絵や構成がいつまでも心に残ります。
時代と世代を越えても残る「生きている」罪の意識、「死ねばいい」と思われた事実。
悲しい、けれど「生きていたい」気持ち。3つの物語が語りかけてきます。050310_1246.jpg

|

« 杉花粉が舞い落ちる(@_@;) | トップページ | きょうはめでたい〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ:夕凪の街 桜の国:

« 杉花粉が舞い落ちる(@_@;) | トップページ | きょうはめでたい〜 »