« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

焼酎量り売り

P1030435


P1030435


一週間ほど前、通勤途中に、米や酒を扱う店がリニューアルオープンしていた。
気にはなっていたが、店舗もそんな大きくないし量り売りったってどんなもんなんだろう?
と思っていたら、今日旦那が「あの店に寄って帰る」と宣言。

わたしは残業になりそうだったので、2人別々の車で同じ会社に出勤。
私は、晩御飯の買出しにスーパーに寄った。
家に帰るとゴキゲンな旦那。示されたほうを見ると、こんなかわいい容器に入ったお土産が・・・・。
特に、赤い生地のほうは「シェリー酒とコニャック酒の樽に三年以上寝かされていた逸品」と但し書が付いている。
ためしに飲み比べて見ると
「全く別物」
でした。
シェリーの甘い香りが、花粉症の機能停止した鼻にも届きます。
「うんまーーーーー」
二杯目は止められました。
ちなみに、次回、この瓶は洗わずに持ってきてくださいということでした。なんでも水分が残っていると次の焼酎に影響が出るといわれたそうです。


お店は、広島県廿日市市、さくらぴあ付近です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.29

今日の工作~猫膳

P1030433こんな飯がくえるかーーー!
って言われていたら嫌だな・・・。


最近流行っている、猫用のお膳台を作成してみました。
ベリーは小粒のフードだと飛ばしてしまうので、ちょっとだけ高くしてみました。

費用は合計210円。小さいお盆と工作用の木材。どちらも100円ショップで買ってきて木材を半分に切って接着剤でくっつけただけです。

でもこのままでは「ちゃぶ台返し」されてしまいそう・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.27

ワタシ、コレがいいです

P1030418


おかあちゃん、ソロソロ新しいデジカメ欲しいですね~。
アタシコレがいいと思うんです。
だって、パパの大好きな「ビデオサロン」の表紙になってるでし~。
きっとアタシの五割り増し美人なんでしゅ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.24

ウイルスバスターに翻弄された1日

P1030406
・・・・・翻弄・・・・・

土曜日の朝、「今日のわんこ・にゃんこ」をみつつ巡回中、ノートPCがフリーズ。
コマンドの再起動も効かないし電源オフして強制終了。電源ボタンが熱い。
「え!?」電源ボタンはずっと触れないくらい熱い・・・・・壊れた?うーん、まずは冷ましてからにしよう。
九時には病院に行かねばならずその後、コリに凝った体をマッサージしてもらうために外出。
1時過ぎに帰ってきて、ドキドキしながらノートを立ち上げる・・・・・。
XPは立ち上がるのにデスクトップの画面にIEなどのアイコンが出てこない。南の島の壁紙しか映ってない。強制終了はきかないし、タスクマネージャが出てきて、これを終了させ再起動・・・・・きかない。
電源ボタンでオフ。何度も繰り返してると、アイコンが出てくるときもあるけれどクリックしても立ち上がらない。
2時過ぎまでつついたけれどよく判らない。
こういうときに頼りになるのは、ゲーム仲間である。幸い今日は土曜日だし・・・とうちから5分ほどのところにあるネットカフェに行きオンラインゲームに繋ぐ(ゲーム名はリネージュ2)
自分のノートPCを購入してからはご無沙汰だったけど、やっぱり液晶画面よりきれいだなぁ~。
ここでまずゲーム友達が1人オンしていたので、これこれと事情を説明。
話していると、もう1人オンしてきたので説明。
「よくわからないけど、熱暴走かも」
そこにもう1人オン。もう一回説明。説明って言っても、チャット状態だし私だって詳しいわけじゃないから相談されるほうも大変だ・・・けど、店に持ち込むにしても、事態すら把握できてないので、こうして他人に説明していると段々落ち着いては来る。
「メモリ外れてないか?起動画面でメモリの数値おかしくないかチェックな」
ここでメモリ外れ説が浮上。
注意点を聞いて家に帰り、起動。うーん、メモリはおかしくない。OSは立ち上がる。異常音とかしないしハードではなさそう・・・。
ここでノートPCの販売店に電話して相談。
「お話ではソフトが悪いのかハードが悪いのか判断できないので、もってきて下さい。ただ、OSを入れ替える可能性があるのでアプリケーションCDを持ってきてもらうのと、ハードディスクの中の情報は失われますのでご了承ください」
すぐ持っていくとは言ったものの、あーん、画像のバックアップ取ってなかったよ~。
なんとかならないか、と再び奮闘。ものすごく時間がかかるけれど(上の画像参考・・・・・あんまりなのでデジカメで証拠写真激写)CDフォルダにコピーできる。もしかしたらCDに画像が焼き付けられるかも。
そうこうしているあいだに、家を出ないとパソコン屋の閉店に間に合わない・・・・。うーん、明日にしよう。今晩がんばれば何とかなりそうだ。
ここで、もともと使っていたデスクトップのPCで、昼間相談したゲーム仲間のホームページの掲示板に愚痴を書き込む。ああ、残してて良かったよ・・・・。すると、さきほどの1人が「ココ、あやしくないか?」とトレンドマイクロのお知らせを載せてくれていた。CPU使用率100%になるって意味が判らん~けど、タスクマネージャが出てきたときにそんなことが書いてあったな・・・・・。どうせ、明日には修理に持ってくんだし・・。で、手順をプリントアウトし2つのPCを行ったりきたりして(動かす気力はない)手順とおりに・・・・ってなんで、書いてある画面が出ないのよ!なんで違う画面がでてくるのよっ!1人でブーブー言いながら万度か躓いたところをクリアしつつ、指定されたファイルを削除。再起動・・・・・やったー・・・やったよ・・・・・
時刻は九時過ぎ。
今日は皆で集まってゲームする日だったけど、もうゲームは出来ないけど報告しにオン。
いきなりゲームサーバーがメンテナンスで閉鎖されていて「ここもか!?」と思ったら復旧。
復旧直後でなんと仲間内一番乗り。
すぐにゲーム仲間がオンしてくる。
私の復旧を喜んでくれて、涙が出ちゃう~だって・・・・なんだもん。
ずっと相談にのってくれた人が「6時のNHKニュースで流れたからな」と言う。どうやら、大事になっている模様。
とにかく、復旧の報告とお礼を言ってゲームを終了させた。
せっかく午前中、マッサージにいってほぐれたところなのに、全身がちがちのゴリゴリ。
今まで、ウイルスに感染したことはないのが自慢なのにウイルス対策ソフトで泣きを見るなんて・・・・・。
まぁ、ちゃんとソフトが働いてるってことなんだけどね・・・・・。
疲れた・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.04.19

「chocolate」

「chocolate」
http://www.choco-late.net/index2.html

日曜日、カミツレとランチに出かけることになったのでタウン誌で下調べをしていると、ちょっと面白そうな雑貨屋さんを紹介していたので紙面をコピーして出かけた。
カミツレとはほぼ、一ヶ月ぶり・・・。いやぁ、お出かけばっかだったもので・・・
で、高知旅行のとき、日曜市で「猫用またたび」の枝と実の乾燥したものと粉末をそれぞれ一袋ずつお土産に買っておいたのでそれを渡したのです。安上がりだけどフレッシュ(でも二週間経っている)なマタタビの関係なんて手に入らないですよ。
さて、タウン誌の紹介では「オリジナル雑貨が並ぶ小さなミュージアムショップ・・・・・・扉を開けると店主兼クリエーター作家さんが愛猫とともにお出迎え
そりゃ、行かなきゃ!
場所は広島駅の近くの川岸にある。
丁度天気が良くて2人ともイイ気分である。
最近、この的場や荒神付近では若いひとが自分の作品やセレクトしたものを販売する店が増えたというけれど、そういうお店なのかな?
地下に半階層ほど下がったお店の中は道路から良く見える。
そして、ガラスの向こうにはスレンダーな黒猫ちゃんが・・・・・。
殺気((^_^.))を感じたのか水を飲んでいたのに顔を上げたまま固まっている。
私たちがお店に入ると、ダッとお店の奥に避難。
お店のオーナーさんとお話していると恐る恐る出で来る。
そこにカミツレが「マタタビの枝」を献上。
いやぁ、フレッシュなマタタビって効果あるわぁ~。
そして猫三匹飼いのカミツレのテクニックに翻弄されるチタンちゃん。

さて、お店の中にはオーナーの作った世界観に住むキャラクターのオリジナル商品、先ほどの黒猫「チタン」ちゃんをモチーフにしたものなどいろいろ。また、自主制作のCGアニメが流れていたり、店の外ではこれから描くのだという絵の準備がしてあったり。ちょっと時間の流れが違う感じ。カフェとかあったら長居したくなる雰囲気はオーナーさんのおっとりした優しい感じもあると思う。
二周年記念かキリ番のプレゼントによさそうな、チタンちゃんのバックとかさりげなくチェック(*^_^*)
今回は「チタンちゃんのおまもり」を購入。
これからもがんばって欲しい。
それにしても、最近の若い子ってすごい・・・・・・。

05-04-19_21-13
「チタンちゃんのお守り」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.17

疑惑・・・・

05-04-17_17-31


「おかあちゃん、つくってくれるんですね?」
「何を言ってるの~。この本にはお友達も「あぷりこっとちゃん」も「千尋ちゃん」も載ってるの」
「だから~つくってくれるんですか~」
「べりーちゃんもご利益があるかもしれないから、拝んでおきなさいね」
「つくってくれないですね・・・・」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.04.13

片目のベリー

P1030368


私が出かけている間に、片目を痛めたようです。
開いたままのドアにぶつかったか、廊下に置いた野菜を入れたダンボールにこすってしまったか・・・・。
慌てた旦那が記録画像を撮ってくれていたのですが、私が帰ったときには多少なみだ目だったものの出血、充血や腫れも見当たらなかったので自己判断で要経過観察。
いまではすっかりおさまっていますのでご安心を。
とはいえ、目の見えないベリー。
思いもかけない怪我をすることも多いです。
障害のある猫と暮らすには「危機管理能力」をもっと磨かねばなりません。
反省を込めてアップします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.04.12

「鰹のタタキ」を食する会


先週、高知市で食べた鰹のタタキが美味しかったので、現地で真空パックのものを買ってもって帰ろうかと思っていたら、現地でお会いしたみるきいさんに紹介していただいたので、一週間経った日曜日に配達してもらうように注文しました。

さて、このところの日曜日のお出かけトライアスロンで少々疲労がたまってきたので午前中にまとめて用事を済ませる。
ガソリン注入→ベリーの癲癇の薬を取りに行く→私の花粉症の注射(日曜日も午前中やっている病院なのとてもで助かる)→全身マッサージ60分→宴会用の買出しで半日つぶれる。その間に、旦那に荷物を受け取っておいてもらう。発泡スチロールに入った鰹のタタキが三本とタタキのたれが三個ついていた。
5時ごろから宴会用の仕込み。といっても行ってすぐ食べられるように薬味を切ってビニール袋に入れておく。
「実家で栽培した泣きたくなるほど辛い葱」「スライサーでスライスしていると涙の止まらない玉ねぎ」「貝割れ大根」「大場」「フレッシュでないニンニク」「自家製のニンニクしょうゆ漬け」「おろししょうが」
花粉症が遠くに行ったと思えるほど泣けました・・・・滝涙です。
口をしっかり結んだのに強烈に匂うこれらと冷凍室から出したばかりの鰹のタタキ、タレをビニール製のクーラーボックスに入れて出発。
弟の家は車なら15分ほどだけれど、市内電車と徒歩で30分から40分。
義妹には「白ゴハンとビール用意しておいてね」
と言ってあったので、着いたときには、ブツを切って出すだけのセッティングがしてあった。
2本もって行った鰹のたたきをまずは一本だけ切って、薬味をどはーーーーーっと散らす。
「おねえちゃん、おおざっぱー」
「何を言う。こういうのが美味しいんだって」
「だってにおうー」
なにせ、電車と徒歩で程よく混ざり匂いたつ薬味たち・・・とくにニンニクのうち「自家製のニンニクしょうゆ漬け」は私が冷蔵庫でニンニクとしょうゆを継ぎ足し継ぎ足し作った3年から5年物の代物ですから~~。
しかし、これが意外と好評で、鰹のタタキにピッタリなのです。
(作り方・・・・余ったニンニクの皮を剥いてしょうゆに漬けて冷蔵庫においておくだけ。使ったら足すだけ・・・ショウガ炒めやチャーハンにピッタリです)
子供が出来てから、生魚が駄目になったという義妹も
「おいしいーーーー」といってぺろりと食べ切り、もう一本解凍して残った薬味を全部かけ再び食卓へ。
あっという間に四人の胃の中へ。
気が付いたら、帰るつもりの時間を大幅に過ぎていたのであわてて帰宅。
姪がぐずって慌しくしていた弟夫婦だけれど、タタキなら簡単に口に入って薬味で青物も取れたので義妹も喜んでくれました。
「美味しいものがあったら、また誘ってくださいね」
と言ってくれたので私も鼻を高くして帰る事が出来ました。

そんな、みるきいさんご紹介のお店はこちら
「土佐鰹水産(株)」(HPはこちら
ナイショのおみせだったらゴメンね~>みるきいさん。でも美味しかったからご紹介したかったの~。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.04.10

これから…

これから…

高知市でみるきいさんに紹介して頂いたお店の「鰹のタタキ」が今朝到着〜\(^o^)/やった〜

これから弟一家と大宴会に出発!

って、携帯からの画像大きくなりすぎじゃん~。
前はもっと小さくてきれいに表示できたのに・・・・ブツブツ・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.04.08

高知市旅行・二日目

朝、寒くて目が覚める。毎朝ベリーにご飯の催促を受ける6時頃。二度寝をしようと思ったけれど眠
れず6時半起床。
大浴場で朝風呂も魅力的だけれど天気が悪く風邪を引きそうなので断念。
小雨が降っていて空の色も重たい。テレビの天気予報もよくない。
とりあえず、夕べ買い置きしておいたコンビニのおむすびをお茶で食べておく。素泊まりで追加料金は無し。
「こんなんじゃ腹の足しにならん」
と言う旦那。朝ご飯は日曜市で食べるんでしょ。今、満腹してどうするの?
荷物をまとめてチエックアウト。車を三時まで引き続き預かってもらうので荷物は車の中へ。
傘を持ってはりまや橋方向に出発したのは7時半。
P1030287まだまだ盛り上がらない日曜市はこれからだ~


日曜市の場所は昨日食事した辺りなのですぐ分かったけれど、ホント天気との勝負だわ。まだ少し早いのか荷物搬入中のお店やまだまだエンジンのかかってない売り子のおじちゃんおばちゃんたち。
しかし朝一だけあって葉っぱものの野菜やフルーツトマトは瑞々しい。
始発点から高知城の門前まで1キロ程度店が並んでいるのを見て歩く。
「あ、ベリーにお土産みっけ~」
一番に買ったのはマタタビの枝、実、粉末の袋売り。
P1030291鮮やかな色のあんこもち&ふかし饅頭。紫芋やヨモギ、ゆずなどを練りこんで色を出しているそう。


後は紫イモを練りこんだあんもちやふかし饅頭、ひやしあめを買い歩きして露店チエックしていると昨夜入った「ひろめ市場」の看板が…。とりあえず、そのまままっすぐ高知城に向かう。
門をくぐるとまずは一眼レフカメラの列。
「私?!」
な訳ではなく(当たり前)中高年齢層のカメラサークルの一団が城門の飾りを撮影中でした。
観光客がやってくるには時間が早いらしく目立つのはカメラサークルばかり。それでも何割かは日曜市に向かったと大きな声で話していた。この頃になると雨の予報は嘘でしょ?と言いたくなるほど青い空が見えて気温も上がって来た。
傘が邪魔。
P1030301こんな構図で撮影していた模様。観光パンフレットのような出来。

高知城は街の中心部の小高い丘の上に建っており天守閣からの眺めは良さそう。原爆で焼け落ち戦後再建された広島城と違い昔ながらの姿を保っている。来年の大河ドラマの舞台にも選ばれたそうで(大河ドラマ見ないから…うち)ノボリがたっていたり、城壁の調査が行われていて見学用の櫓が作られていてそこからの眺めがまたよかったり、けっこうゆっくりしていたにもかかわらず、9時からの天守閣開場には30分以上時間が余ってしまった。
天守閣入口までですでに明日の筋肉痛は必至。
でも天守閣は攻略したい~。城があれば入って見るのはゲーマーの性です。
うんざりしている旦那に
「朝ご飯食べてまた来ようね♪」
と宣言してしまいました。

そうは言ってもまださほどお腹が空いている訳ではない。
城門まで戻って観光地の案内の看板を見つつ検討。
どうやら「土佐山内家宝物資料館(HPはこちら)」と「山内神社」なら徒歩圏内で帰って来れそう。なにより「宝物」という言葉に弱いのだ~。
P1030322山内神社境内。左右に細長い神社。古くていい感じ~。

確か、ココには変わり兜があって、うさぎの意匠のプリティな兜があったはず~。
ということで、どんどん南下川沿いを曲がったところに山内神社。そしてその奥に宝物資料館・・・・・って「改装中につき休館中」の張り紙。がっくし・・・。よく読むと高知城の脇の文学館という建物で特別展示をしていると書いてある。でももう疲れてしまって気力がない。
結局、高知城まで帰って今度は朝ごはんを食べれる所を探す。そして行き着いたのは「ひろめ市場」夜だけしかやってないのかと思ったら朝からけっこうな賑わい。
夜やっていた店も観光客用に朝定食を出して頑張っている。
私は朝どん定食(マグロのせ丼)に旦那はタタキ丼定食。
その後は日曜市で食後のコーヒーを飲んでまたぶらぶら。
気温も大分上がって人も多くなってきた。今度こそ天守閣へ。
朝よりも桜の蕾が弾けたよう。代金を払って建物内へ。
高知市街を一望し、また四方の窓からの風が気持ちいい。
しかし天守閣のはしごのような階段は、筋肉痛予備軍の体に追い討ちをかける・・・。
今度は日曜市より一本南側のアーケードをぶらつく。
さっき朝ごはんを食べたのにもう昼ごはんを食べなくてはならない。
「ひろめ市場でいいよ」と旦那は言うが、そろそろちゃんとした土佐料理の店でランチとか食べたい。
アーケードも広島と比べて広くて明るい。そういえば一流ブランドの路面店もあって、高知の人はもしかしてお金持ちが多いのか、経済活動が活発なのか。
そんなことを考えながら歩いていると四つ角にそれぞれ土佐料理の店のある場所に来たので、一軒一軒外に並べられたサンプルやメニューと相談して「赤とんぼ」という店に入る。
P1030355手前「一豊御膳」土佐ジローの親子丼・えびと青海苔の磯辺揚げ・ドロメの吸い物・お刺身にカツオのタタキ等々

旦那は「一豊御膳」私は「くじら御膳」当たりでしたよ~。特に旦那の「一豊御膳」はお刺身、カツオのタタキなどが二重の御所車の器に入っていたりとかなりお買い得な組み合わせ。
お昼を食べて旦那と別行動。
私は高知市在住の猫友達、みるきいさんに会うために一足早くホテルに帰る。
ロビーでほけ~としているといきなり雷に豪雨。
そして時間にロビーに現れたのは作業服のおじいさん。
「え!?」
とおもったらその後ろからみるきいさん現れる。
びっくりしたぁ~。けれどみるきいさんとってもきれいで気さくな方。
挨拶もそこそこにお茶の出来る場所へ移動。なにしろ時間がない。
ファミレスに入って腰を落ち着けたら、もう猫話が止まらない。
みるきいさんはとっても聞き上手な方で、一方的に喋る私の話をにこやかに聞いてくれました。
どうにも気になっていた猫柄のトートバック。見せていただくと
「ふふふ、ヴィトン君~」あああああ、<ねころぐ>のヴィトン君のバックだぁぁぁぁぁぁ。
一時間なんてあっという間で、もうお別れしないといけないなんて・・・・。
今度はゆっくりお話したいですね。今度、高知にこれたらみゅうちゃんに会いたいです。
文旦などのお土産まで頂いて、本当にありがとうございました。

さて、来たからには帰らねばならない。
帰りは出来るだけ高速道路を使って最速で帰る。
昨日二時間近くかかった四国山地越えも半分程度の時間。しかししまなみ街道の半分ほどで日没。
本土に上陸するなり「お前なんか四国の子になってしまえ」といわんばかりの土砂降り。
サービスエリアで食事でも・・・と思ったら同じことを考えている人の列にレストラン・軽食をあきらめ付属のコンビニでホットドックを暖めてもらいお腹をごまかす。
なんといっても
「世界うるるん滞在記スペシャル」の始まる九時には家に着きたいと言う旦那。
でも、所詮は軽自動車。追い越し車線から普通車、トラック、高速バスにどんどん抜かれていく。
だから、飛ばし過ぎだってば・・・高速バス。
家には九時ぴったりに帰宅。
もう、軽自動車で無謀な旅には出ません・・・・。早いところ旦那のニッサン・パルサーにカーナビをつけ壊れたままのCDデッキを交換して、かなりヤバイ感じのタイヤを交換しなくては・・・。
でも、高知市内の旅自体はとっても楽しく、筋肉痛とともにいい思い出になりました。
毎度思うんだけど、今度こそ「ゆっくりした観光がしたい」きっと無理だけど・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.07

高知市旅行・一日目


一度は中止した旅行の日程を一日ずらし、土曜日・日曜日で決行することに決まったのが水曜日。それから山陰か周防かそれとも高知か、ですったもんだして
「やっぱり最初に行きたかった高知にしよう」と決まったのは水曜日の夜、帰宅してから。
ベリーのためのシッターさんの手配、旅館にするかホテルにするかをネットで比較して
「土日だと、旅館は休前日料金になるから、ホテルにして街に美味しいものを食べに行こう」
と決まったのはほぼ、夜中。
木曜日にはるるぶを見ながらコースの決定。
金曜日には昼過ぎまで仕事(会社の棚卸)をして、午後整形外科と耳鼻科にまとめ通院。夜はシッターさんがうちの鍵を預かりに来て、内容の確認、料金の支払いとお話を少し。
土曜日の七時半自宅を出発。天気予報は高知は二日とも曇りのち雨・・・・波乱の予感。
行きは、山陽道→西瀬戸自動車道(しまなみ街道)→今治→国道194号線で四国山脈を突っ切る→高知着。
ちなみに、高速バス(山陽道→しまなみ→松山自動車道→高知自動車道)で4時間の道のり。
なんだー、じゃあ愛車のekワゴンなら五時間くらい?途中休憩いれてもそんなに違いはないだろう、というあまーーーーい目論見は、山陽道に乗って走っていく高速バスにがんがん追い越された瞬間に崩れ去っていきました。
高速バスって、むっちゃ早いです。
さて、広島県人なのに、西瀬戸自動車道に乗ったことはありません。ここから先は初体験ゾーン。
橋だけは有料で一般道も多いので早く目的地に着きたい旅人には辛い。
とはいえ、海を見ながらのドライブは気持ちがいい。
因島には「祝紅白出場ポルノグラフティ」の横断幕のかかった店があったりして爆笑。紅白っていつの話よ?なにより、車内に流れているのはポルノグラフティ。そういえば因島出身でしたわね。
多々羅大橋まで来ると、向こうは四国。県境の看板を見た瞬間ガッツポーズ。
いやあ、人生★十年、初めての四国。
P1030237

西瀬戸自動車道の終点、今治で降りて残りは一般道。
心配した天気はまずまずのドライブ日和。
程よくお腹も空いたのだけど「いざ」というと決まらない。
結局ど派手な建物の中華料理屋で私は長崎ちゃんぽん、旦那は角煮釜飯を頼む。
旦那は不満げだけれど、けっこう美味しかったです。
その後、伊予市から194号線へ。
地図で見ると、四国山脈を南北に突っ切って高知に抜けるこの道には「新寒風山トンネル」という日本で一番長い6キロのトンネルがあるのだ。
まぁ、高速代を節約したいという気持ちもあったんですけどね。
道は思ったほど悪くない。ただ、山の斜面の土砂崩れの跡が目に付く。並行して流れている川にも崩れ落ちた土砂が痛々しい。去年の台風のものだろうか・・・?
さて、その新寒風山トンネルを通るときカーナビを見ると、今、走っている真っ直ぐな道とぐにゃぐにゃの旧道の表示がなんともすごい。
それからは道の駅で休みながら高知市を目指す。
そろそろ、時間と天気が怪しくなってくる。道の駅で休憩に降りると風が冷たい。
しかし、四国山脈を越えて太平洋側に出ると、道沿いの店に並んでいる野菜や果物が違う気がする。
伊野から高知にかけては平野が続く。そして、高知市街へ。
一度、ホテルに寄るつもりだったけれど天気との勝負になりそうなのでそのまま桂浜へ向かう。
高知の街で渋滞にはまり、道を一本間違えたものの、観光名所桂浜に到着。
P1030258

駐車場に向かうときに、マスチフ系の大きな犬とすれ違う。闘犬センターに出る犬だと思うが、とにかく迫力がある。飼い主(もしくはトレーナー)と散歩している姿を見るだけでも心がトキメク。私、大型犬が好きなんです。
手入れの届いた体躯・・うう、ステキ。でも闘犬センターに入場するには1人2,000円。2人分だとちょっとイタイ。まぁ、ドックレースが見たいがためにマカオに行ったことを思えば安いか・・・・。
悩みつつ、まずは龍馬像のある海岸へ。
私はねぇ「太平洋の青い海と青い空」に癒されたかったのに「太平洋の灰色の海と重い雲」状態。あんまりです。
ここで、遂に雨が落ちてくる。慌てて海岸から撤収して闘犬センター内の土産物屋に入る。
ふと見ると「闘犬の子犬とふれあうツアー」なる企画が張り出されている。一瞬喜んだものの、最終受付時間を15分過ぎていた。
しまった・・・・・。順番を間違えた・・・。泣く泣く、小夏フレッシュジュースを飲んでビタミン補給し、坂本龍馬記念館へ。前々から、どんな作りになっているのか気になっていたのだけど「へー」飛び出た部分はワイヤーで補強して吊ってたんですね。

P1030271


高知市内に帰って宿泊ホテルへ。ホテル名は「高知プリンスホテル」ですが、今話題のホテルグループではありません。単に旅館をやめてホテルを探すとき「大浴場」のあるホテルがここしかなかったからです。ツインの素泊まり10,500円+駐車場代525円。
部屋は古いけれどとにかく広い。普通のビジネスホテルなら2部屋は取れそう。当たりか?と思ってカーテンを開けてずっこけました。道路を挟んだ向かい側は同じくらいの高さのパチンコ屋。その駐車場と非常階段でサボる警備係(駐車場係?)のおじさんが丸見え。
景色はよろしくないので、カーテンは閉めっぱなしでした。

今回の旅行、行くって言ったり止めたって言ったりしてしまったので、高知在住のみるきいさんだけにこっそりメールして、次の日会う約束と厚かましくもお勧めのお店を教えてもらっていたのでプリントアウトを片手に中心部へGO!
広島と同じような市内電車に乗って3駅180円で「はりまや橋」へ。
さすが観光地だけあって、土産物屋にサンゴ屋を冷やかしながら、お店を物色。
みるきいさん曰く「老舗料理屋が出している居酒屋版」と紹介されていた「くろしお市場」へ入る。
居酒屋版といってもお店はきれいだしスタッフのサービスも一流。
ここで念願のカツオのタタキを注文する。広島でカツオのタタキといえば安くて量の多いメニューのひとつだけれど、ここでは一人前1.000円とかなりお高い。が、食べてみてびっくり。
もう二度とスーパーや居酒屋では食べることは出来ません。同じ名前の別物です。作ったばかりらしく外側は香ばしく中はほんのり暖かい。すっぱくないポン酢のかかったタタキはあっという間に2人のお腹に・・・。
この店を出て、高知城方向に歩いていると
「もっとタタキが食べたい」という旦那。
P1030281

そこへ「ひろめ市場」という看板が・・・。
「ここはガイドブックに載ってた所だ。ココ、ココ」と意気揚々と入っていく。
中は何年か前に流行った屋台村のような感じだけれど、店の数が多い。和食洋食インドカレーにバー甘い物屋まで何でも揃っている。
こうなるともう、うちの旦那は止められない。席を確保すると店内を物色しに行き、カツオのタタキをはじめといて幾つかの品物を頼んでくる。
P1030283

じゃあ、私の番、と物色しに行くと一番心が惹かれたインド人のやっているインドカレーの店でシシカバブとひき肉のナンを頼んで旦那のひんしゅくを買う。
「わし、明日の朝と昼ここでもええで」
「やってたらね。大体明日の朝、ココまで来るの?場所わかるの?」
食欲魔人との不毛な会話をしつつ、この日の食事は終わり。
私はそのままホテルに帰ったが旦那だけはコンビニで夜食を買い、ホテル近くの24時間スーパーで更にいろいろ買い込んでホテルに帰ってきた。
ちょっとお酒が残っていたけれど、大浴場に行く。
この大浴場、もともとは男女並んでいたと思われるのだけれど、お風呂が二つワンフロアに収まっている。
男性用の大浴場は別の階にあり、サウナも付いているらしい。
お湯は入浴剤を入れた人工温泉と明記されていて白湯ではなく、北海道の温泉の元が入っているそう。すぐにぽかぽかになって血行がよくなっている感じ。
ああ、気持ちがいい。旅の疲れが癒される~~。
この日は11時半頃就寝。
にゃんこのフードや飲み水のの残り具合を心配することなくベットに入ったらコトンと眠ってしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.04.02

この橋を渡ったら…

多々羅大橋です。
向こう側は四国領。四国大陸初上陸を果たしました。050402_0958.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.01

旅に出ます

土曜日・日曜日で旅に出ます。
ベリーのためにベットシッターさんもお願いしました。
途中で引き返さないことを祈るばかりです。

果たして「おでかけトライアスロン四週目」の行方はいかに!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »