« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

終息宣言です♪

今日、朝一番で血液検査に行ってきました。

AST(正常値18~53)→31u/l
ALT(正常値29~84)→59u/l

と見事正常範囲に収まりました。
あと5日間、薬を飲ませ終わったら肝臓系は終わり。
食餌も一般食に戻してもいいとのこと。
さまざまな強運ぷりを見せてくれて、母は迷惑です。
でも、昼下がり風に吹かれて昼寝している姿を見ると、ほっとしてしまいます。

応援していただいたみなさん、ありがとう~

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.07.26

大人猫さんと暮らして見ませんか?~里親さん募集

私がこのホームページを作ったとき、バナーを作っていただいたり、とてもよくしていただいた「あろまさん」がご病気で倒れ、飼っていらした大人猫、生まれてふた月ほどの子猫の里親さんを募集しています。
詳細はこちらへどうぞ
幾つか条件もありますので、ご理解の上でよろしくお願いいたします。
いつも、あろまさんのサイトでこの子達のお話を読むのが好きだったので、ぜひこれからの猫生が穏やかで過ごしやすいものであってほしいと願っております。
最年長の「みーやん」はほうきもっぷさんのところで新しい生活が始まっています(こららからどうぞ

いいですよ~。
オトナ猫との新しい暮らしも~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.24

動画部屋に追加

本館「動画部屋」に新作追加しました。
直行はこちらからどうぞ


現在本館TOPを飾る一芸披露までのドキュメンタリー(どこが)
本猫が嫌がっていないので、アリなんだろうか・・・・。
にゃんこ心は判らないなり~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不思議なこと

ベリーの肝臓用処方食を取りに行くついでに、フェノバールとタウリンの残りを調節してもらう。
どうして、ベリーがいないと空いてるんだろう・・・・。
ベリーが一緒の時は一時間程度の待ち時間、検査結果待ちでも一時間かかることがあるというのに。
昨日は前の人が会計を済ませているところで、AHTさんと世間話できたり、先生もにこやかだったり・・・。

来週は血液検査で肝臓の数値をチェック。
三週間後には量を減らしたフェノバールの血中濃度の血液検査の予定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.22

お友達の皆様へ

会社に携帯電話を忘れたので、PCアドレスまたは、リアル電話にて連絡お願いします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

差し上げます(T-T)

文芸春秋社 文春PLUS
寒川猫持 著 
「猫とみれんと」


先日、寒川さんの話題になった時、買ったはずなのに本棚を探しても積読(つんどく)の中にもなく
「買ったのって、気のせい?だったのかなぁ?」
と諦め、昨日、一冊買って堪能したあと今日、掃除中ベットの下から一冊出てきました。
なんでじゃーどしてじゃーしんじらんないー(T_T)

jpg


なので、このエントリーのコメントに「欲しい」と一番最初に書き込まれた方に差し上げます。

「目の中に入れても痛くない猫ではあるがさすがに目にははいらぬ」
「猫にしろ犬にしたって純粋なものほどあわれいのち短し」
「ゴルフして地球ばっかり叩いてるたしかにこれも球ではあるが」
「赤い糸手繰ってごらん真夜中にほら猫の毛がついてこないか」

などの歌が入っている歌集です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.07.15

ウイルス感染?(プチ不幸編)

ベリーの症状が好転し、「強運猫」ぶりを遺憾なく発揮してくれたのは良いけれど飼い主の私にふりかかったプチ不幸。
動物病院の駐車場からバックで車を出そうとして、敷地外に置いてあった自転車をなぎ倒し、修理代「10,600円

しかも現在ベリーの肖像画を描いてくださってる、葛西のご隠居様にも飛び火!?(PCマシンがメーカー入院とか?)
アワアワ(/_;)
べりーちゃん!これ以上のプチ不幸を撒き散らさないように!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.13

やったぁ!~とりあえず安全圏へ

GOT/AST  161(正常値 18~53)
GPT/ALT   340(正常値 29~84)
まだまだ正常範囲ではないけれど、1000オーバー計測不能状態から脱出しました!
とりあえず、命を持っていかれる心配だけはなくなりました!

薬の効果、処方食の効果、フェノバールの減量、何より黄疸やその他の数値が出る前に対処出来たことが大きかったと思います。
思い起こせば五ヶ月前、怪しげな舌を出す仕草(後に小発作と診断)が大発作が二回。
「薬の増量」か「粉薬の追加」の選択肢の中で「薬の増量」を選び半年後の血液検査というところが事態が大きくなった原因でした。
(大きな声じゃいえないけど、担当医も「増やしても大丈夫でしょう」「半年後でいいでしょう」って言ったんだもーん・・・・と言い訳してみる)
本当に、間一髪、幸運以外の何者でもありません。

今度は20日後に血液検査です。
どうも、ヒルズの缶詰はいいけれど、ドライは気に入らないようで微妙なハンスト中です。
しかも、なぜか太っている!?
4,9キロの体重・・・あんなに気を遣っていたダイエットの効果はどこへ行ったの?


そして、病院から出る時、入る時、不法駐車が邪魔で頭から病院の駐車場に入れていた車をバックで出した時、死角にあった(随分車道に出てたろ~(/_;))自転車を引っ掛けてしまいました。
にゃんこが幸運だとその分・・・イヤ~~~
自転車の修理代・・・ベリーちゃん貯金から出していい?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.07.12

明日は血液検査

肝臓異変発覚から一週間。
明日は一週間目の血液検査です。
本当は「二週間後に」
と先生は言っていたのだけれど、「心配だから」と一週間で採血してもらうことにした。
悪化していたら二週間って致命的な気がして・・・。
調子が良いので、10日目(日曜か月曜)に変更しようとしたら休診なんだって。

明日、我が家の猛獣を病院へ連れて行かねばならない・・・・・。
会社から家まで1時間。それからベリーを捕獲して10分~20分の渋滞をすり抜けて、閉院時間に間に合いますように・・・。
なにより、検査の結果が良いものでありますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.11

ちょびっとだけが美味しいの

朝と夜、薬は錠剤が3種類、粉薬が一種類。
肝臓の錠剤(標準的な強肝剤)は見た目は大きくてビビルけれど、まっすぐ落ちてくれるし、飲んだという確信がもてるので実は楽。フェノバール四分の1錠、これがいちばん難しい。病院でピルカッターで切断するんだろうけれど切断面がまっすぐではないし大きさもばらばらで、必ず曲線を描いてしまう。
粉薬は肝臓サポートの缶詰4分の1にねりねりねりねり。
ベリーお嬢様のフルコースを用意するのは大変です。
肝臓サポートのカリカリは歯の痛みなのか、缶詰の方が美味しいのか残っている。

肝臓の病気で一番に出てくるのは食欲低下。
去年、お友達のお家の子が肝臓系の病気になった時、
「フードメーカーの合併で味が変わったのでハンストかと思った」
のが病気発覚のサインだった。
猫の食欲は一定ではない。
ベリーも、落ち着いて考えれば、少し食欲が落ちていた。元気も無かった気がする。
でもそれは「梅雨の低気圧」のせいだと思っていた。
本当は肝臓サポートだけ上げればいいのもわかっている。

今日は、ちょっとだけ美味しいものを上げてみた。
まぐろの角切り、一切れ+小さめのアジの素焼き四分の一匹ぶん。
うまうまと食べて、何度も口の周りを舐めて後味を楽しんでいる。
うんうん。
大丈夫。
・・・って旦那は焼き海苔を一口分。
ベリーさん?そろそろ食べすぎでしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.10

出かけたくないんだってば・・・。

木曜日に土曜・日曜はベリーと一緒に居たくて会う約束をしていた友人との約束をキャンセル。
夜、母が電話してきて「野菜を取りに来い」というのも断る。
金曜日、いくらかお金を下ろしておこうかとおもったらキャッシュコーナーがいっぱいで諦める。
夕方、動物病院に行き帰宅したのは八時過ぎていた。
別の車で出勤していた旦那が
「車の保険屋が明日の11時に来るから、●万円用意といて」
なにぃ!?だから電話して確認しろって言ったじゃないの!
そこへ母から電話
「仕方ないから、最寄り駅に持ってってあげるから駅まで来なさい」
だから、家から出たくないから、今回だけは宅急便で送ってって言ったじゃないの~!
「だって、伝票書くの嫌なんだもん。お金ももったいないし」
母よ、往復の電車代で宅急便代出るでしょ~。

土曜日の朝は、梅雨前線大活発で朝から土砂降り。
へらへらと笑って私を送り出す旦那(ちょっと殺意)
よりによって一番雨のひどい時にやって来る母・・・・どうやら愚痴りたかったらしい。
朝、電話した時には出かけていたし・・・。
喫茶店でコーヒーでも飲む?と誘うと
「時間がないからいい」と言いながら立ち話。

どうして皆、私の話を聞いてくれないかなぁ・・・もぉ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.07.09

ありがとにゃ!

P1030691
退院して二日目のベリーです。ちょっとアンニュイ。

そして、強運の被害者(^^;; ありがたやありがたや
P1030699

今日、タウリンを処方してもらいに言った時、残った歯の根元をどうするか相談したら
「犬歯の特に上の部分が取れた歯の残りを取り出すには、顎の骨を削るしかなく、今の状態では無理」
ってことはほっとくしかないんですね。
処方食もどれだけ続けるかは血液検査の結果次第。

はぁ~・・・・・あの、病院で猛獣になるベリー。しかも一週間じゃ絶対忘れてないな・・・・・・。
長袖のGジャン、用意しとこう。
手袋は捕まえた時の感覚が判らないから出来ないから素手。
いいもん、噛まれても・・・痛いけど・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨の大阪(7月3日)強行軍

日曜日の朝、七時の新型「のぞみ」にていざ、大阪へ。
前日の大雨で交通機関は乱れ気味だったけれど、JR、頑張ってます。新幹線はほぼ定刻通り。
車内では寒川猫持さんの本を再読しながら快適に過ごす。
近いうちにブログネタにしようと思って(が、その後のどたばたで忘れた)。
午前中は、猫友の「のりまま」宅訪問。
夜型ののりままに早起きさせ、旦那さんまで巻き込んでの気合の入った訪問です。
新大阪→大阪までは順調。大阪から神戸方面に乗り換えも順調。
普通電車に乗ったら反対ホームに快速が入り、そちらだと次で乗換駅に停車だという。
もちろん快速に。
乗換駅で駅員さんに「●●駅に行くには何番線ですか」と聞くと「五番です」という。
既に最寄り駅にはのりままが待機している模様なので
「33分発の便に乗るね」とメールを打つのとホームに電車が入ってくるのとがほぼ同時。
送信と乗り込むのとドアが閉まるのが同時。そして車内放送が・・・。
「次は大阪~大阪~」
何ですと!?
アタシは大阪から来たのに何で大阪にかえらなあかんのや!?
カバンの中でのりままにメールする
<間違えた(ToT)大阪へ逆走中 ごめん(滝涙>←原文通り
のりままからの返信
<ありゃ逆方向に? お局様 いづこへ~>←原文通り
またしても、大阪から快速に乗り乗換駅へ。
今度は慎重に確認して乗り込み無事のりままと合流。
初対面なのに、このどたばたですっかり緊張感は吹っ飛び、お互い笑うしかない。
すっかり★十年くらいの付き合いの友達のように打ち解けて、のりまま宅へ。
のりまま宅では旦那さんと、初対面の人間に驚く、でーにゃんとちょーにゃんがお出迎え。
かなり緊張した顔で伺っている2にゃん。
のりままにお土産セットをキャンパス地のトートバックから取り出してお渡しする。
で、ちょっと喋っていると「ずさっ」という音が私の隣から・・・・・

P1030651すりすりでーにゃん。動画アップしてね>のりまま


でーにゃんがトートバックですりすりとし始める。
お土産セットのなかに「マタタビの粉末」が入っていて匂いが移っていたらしい。
そうしてでーにゃんは私の虜に・・・・。
その後もずっと、三人で喋り倒して、旦那さんはベリーの絵まで描いてお土産にくださいました。
二週間前に、大切なうーにゃんが亡くなったばかり。
気分転換になってくれたらと強行訪問してしまいました。
笑ってるのりままはとっても可愛らしい女性です。

そして、恐るべき交通渋滞をすり抜け梅田まで送ってもらい、大阪駅近くで開催されたキャットショーの会場へ。
ここでは、空色猫目亭別館から(左のバーからどうぞ)リンクしているsachiさんちのしょーり君の応援に。
会場入り口で迷っていると、会場の人が放送で呼び出してあげるというので「メインクーンの●●さん、お願いします」というと名簿にないという。え?だって、昨日、この会場からメールもらったし・・・もしかして本名だと思っていたのがハンドル名なの?ぐるぐる~。
「じゃあ、ノルウェイジャン・フォレスト・キャットの●●さん(ほうきもっぷさん)お願いします」
ほうきもっぷさん、初対面なのにいきなりマイク呼び出ししてごめんね~。
しかも挨拶もそこそこに「sachiさんどこ~」と泣きつく私。ホント、失礼しました。
ほうきもっぷさんの案内で審査リンクに行くと、なんとそのリンクの結果で、上のクラスにあがった瞬間に立ち会えました。
生しょーり君はやっぱりいいな~。
自慢じゃないが、しょーり君のお笑いの才能には早いうちから注目していたのじゃ(審査対象ではありません。念のため)
でれでれと写真を撮ったりなでなでしたり・・・・・満足じゃ~。
また、ほうきもっぷさんのところの、あーびん君も美少年でこれまた満足じゃ~。

しかし、そんな猫まみれな1日もすぐに終わってしまいショーの会場から出た時には、びっくりするくらいの土砂降り。
こんなときはタクシーも通らないお約束の事態。
なんとかタクシーを止めると安心して、あとは猫話に花が咲いたまま広島方向の新幹線に乗って帰宅したのでした。
でも広島駅に着くと、電車の時刻表が一時間前から動いていない。
やっと混乱が収まったところに帰ってきたらしい。
猫神さまの御利益ですね。
でも、こんどはゆっくりしたい・・・・。いつも言ってるような気がするけど・・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.08

原因解明

今日。「肝臓サポート」の療法食を取りに病院に行ったら、ベリーの癲癇発作を押さえる「フェノバール」という薬の血中濃度の測定結果も来ていて、そちらと照らし合わせた結果、今回、肝臓に「数値測定不能」のダメージを与えたのはこの薬であると判明しました。
しかし、だからと言ってこの薬を止めてしまうと今度は癲癇発作が押さえられない。
1月に、大発作を起しそれ以外に実は小発作が頻繁におこっていたという事から、1月の血液検査の結果を見て増加させた薬が5ヶ月かかってダメージを与えていたとは・・・・・。

今後は、フェノバールの量を減らし新たに「タウリン」が追加になりました。
タウリンといえば、ドリンク剤とかに入っているアレです。
以前、掲示板に「のりまま」さんが同じような症例でも処方されたという書き込みをしてくださっていました。
うちの先生は
「肝臓の薬だけれど、何故か癲癇を押さえる作用も認められてるんです」
と言っていたけれど、納得。1月にフェノバールの増量か、タウリンの追加かで悩んだらしいです。
しかし、本当に後、1か月血液検査を待っていたら・・・と思うと怖いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.07

今日から正念場

やはり、昨日は退院した興奮だったのか、それとも疲れが出たのか。
朝は、旦那や私に朝食の海苔をねだるほど元気だったのに、仕事から帰ってみたら、元気がない。
食欲も今ひとつ。
今はベットの下でうつらうつらとしているけれど、私が指先で遊びを誘う合図の音を立てると反応する。
明日1日頑張ってくれたら、土曜日曜はどこへも行かず一緒に過ごすつもり。
実家からと友人との約束はキャンセルさせてもらった。
明日の夕方には、病院に「肝臓サポート」のフードを取りに行く。
昨日は病院に在庫がなく、今日は病院は休み。
当たり前だけど「在庫がないなら、とりあえずの分はネットででもとにかく早い手段で取り寄せたい」と言ったら却下された。
町内の大型ペットセンターで売ってるの、知ってるんだけどな。
自分の勝手だけど「在庫、おいといてよ」って思う。ちょっと泣きそうになった。
そんな涙の肝臓サポートだけど、どうも残業で取りにいけそうにない。


たくさんのコメントを頂いて、ほんとうにありがとうございます。
早くも愚痴っぽくなってきましたが、踏ん張ります。
ではでは、おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.06

GPT/ALT,GOT/ASTぶっちぎり

みなさん、最初からたくさんのコメントありがとうございます。

結果から言うと、とても悪いです。
GPT/ALT,GOT/AST・・・・>1000(測定不能)
ALP・・・494(正常値62~212)
TBIL・・・・0.4(正常値0.1~0.5)

他の数値は正常内か、やや上くらいなのに、ALT,AST,ALPの数値が致命的です。
しかも、ベリーは病院では非常に暴れて手がつけられないので、自宅投薬以外治療手段がありません。
一週間、「オルソ」「グリチロン」を投与して様子を見て、再び血液検査して様子をみます。


昨日、歯が折れてくれなかったら、もっと気がつくのが遅くなっていたでしょう。
食欲もあります。
本猫の治癒力を信じるしかありません。
早期発見の強運の持ち主です。

「歯」ですが、退院の時ケージからキャリーバックに移す際の大暴れで、ぽろっと取れました。
主役交代って感じ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.07.05

ベリー入院する


18時50分、自宅へ帰り玄関を開けリビングに行くと、ベリーの様子がおかしい。
口をくちゅくちゅと、しきりに気にしている。
その様子が、癲癇発作の出始めに似ているのでよくよく観察するが、ちょっと違う。
もう発作に入ってもいい時間経過なのに、ただ口周りを気にしているし、私を認めて、ご飯エリアに向かいご飯をせがむ。
が、朝、与えた量の半分程度残っている。
癲癇発作ではない、ということは口の中か。
ベリーは歯周病になりやすいらしい。2年に一度は麻酔をかけて歯石を取っているし、フードはドライ中心にしている。
嫌がるのを無理矢理口をあけてみる。
ん?
下あごから出ている犬歯の角度が違う。
みぎは正常だけれど左は外側に向かっている。触るとグラッとする・・・ような気がする。
この時点で18時55分。
病院は19時までだから、時間外診察になるけどそんなことは言ってられない。
すぐに電話して、受付に事情を話すと、どうもスッキリしない。
院長先生が出てきて、もう一度同じ事を言うと
「取れそうなら、取っちゃって、明日の朝ではいけませんか」
はぁ!?このゴムまりみたいに暴れる猫を押さえつけて、抜歯しろって!?
「実は19時から手術が入っていて、もう麻酔がかかってるんですよ」
ううむ・・・。それは仕方ないけど、自分で抜歯は絶対無理です。
「では、今から連れて行って、一晩預かってもらって診察は先生の都合のいいときではダメですか」
そうすると入院費が余分にかかるし、自分が仕事を休むより高くつくのだけど、今週中は無理。仕事は休めないです。
「それなら、すぐつれてきて下さい」
こんな時に限って、雨は降るし道路は込むし・・・・焦る。
病院の駐車場に頭から車を突っ込み、受付へ。
奥さん先生がカルテを見ながら
フーッ、と吹いた瞬間に診断。
「ベリーちゃ-ん、もう一回ふいてぇ」
「触っても大丈夫ですか」
「はい。押さえてますから」
押さえ込まれるほどに暴れるベリー。
遂には、私の手にガブリ・・・と。
周囲のAHTの方が引いてしまう。をいをぃ、君らプロでしょ。
結局、手術準備でピリピリしている院長も登場。
やっぱり、下あご左犬歯が根元から外側に湾曲。
「このままお預かりして、明日の昼に抜歯しましょう」
「じや、ついでに、歯石もとってもらって、あと来月の予定の血中濃度の測定と血液検査もしてください」
「うーん、血液検査は早いかなぁ」
迷っている風の院長先生。
「ま、いっか。やっときましょう」
今度はエリカラされて、太ももから血液採取。
「そういえば、最近、左目からだけ涙が出て、腫れてる気がします」
「麻酔かけたときに見ておきましょう」
・・・という騒ぎの後に、入院。

先ほど、先生から電話があり
「肝臓の数値がとても悪いので、麻酔できるかどうかギリギリまで様子をみます」
うっ・・・・厳しいなぁ・・・。
どうなるんだろう・・・。


05-07-05_22-04
名誉の負傷


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.07.02

猫集会での目印に・・。

bag「ムムム・・・アタシより美人の匂いです。じぇらしーです。ふんっ」


先々週、チタンちゃんのいる「Chocolate」でバックを作っていただきました。
先週、受け取りに行こうと思ったら雨だったので、今日・・・と思ったらもっとひどい降りになってしまった。
どうしてこう、行ないが悪いんだろうなぁ・・・もう・・・・。

とはいえ、Chocolateさんとチタンちゃんにまたまた遊んで頂いて・・ああ、ゆっくりしすぎだわ。
と、という事で、明日、関西方面でこのバックでふらふらしてるのはワタクシです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »