« 今日から正念場 | トップページ | 雨の大阪(7月3日)強行軍 »

2005.07.08

原因解明

今日。「肝臓サポート」の療法食を取りに病院に行ったら、ベリーの癲癇発作を押さえる「フェノバール」という薬の血中濃度の測定結果も来ていて、そちらと照らし合わせた結果、今回、肝臓に「数値測定不能」のダメージを与えたのはこの薬であると判明しました。
しかし、だからと言ってこの薬を止めてしまうと今度は癲癇発作が押さえられない。
1月に、大発作を起しそれ以外に実は小発作が頻繁におこっていたという事から、1月の血液検査の結果を見て増加させた薬が5ヶ月かかってダメージを与えていたとは・・・・・。

今後は、フェノバールの量を減らし新たに「タウリン」が追加になりました。
タウリンといえば、ドリンク剤とかに入っているアレです。
以前、掲示板に「のりまま」さんが同じような症例でも処方されたという書き込みをしてくださっていました。
うちの先生は
「肝臓の薬だけれど、何故か癲癇を押さえる作用も認められてるんです」
と言っていたけれど、納得。1月にフェノバールの増量か、タウリンの追加かで悩んだらしいです。
しかし、本当に後、1か月血液検査を待っていたら・・・と思うと怖いです。

|

« 今日から正念場 | トップページ | 雨の大阪(7月3日)強行軍 »

コメント

なんと!お薬の副作用だったのですか!
うう~、発作が起こっても困るけど、肝臓が悪くなるのも困る…。難しいですねぇ…。

タウリンは癲癇発作も抑えるんですか!
猫の目の健康にも必要な栄養素だし、ナカナカやりますな、タウリン!!
ベリーちゃん、元気ハツラツゥ~?になっちゃったりしてf(^^;;
(それは大歓迎だ~!)

投稿: ほうきもっぷ | 2005.07.09 10:45

>ほうきもっぷさん
最初、先生が
「効くかどうかは判らないが、粉薬がある」といっていたのですが、これがタウリンだったみたいです。
私も思わず
「ドリンク剤とかに入ってる奴ですか」
と聞いてしまいました。
元気ハツラツはいいけど、診察台の上で暴れるのは勘弁~~

投稿: お局様 | 2005.07.10 21:01

元気はつらつはオロナミンCだろ!タウリンはリポビタンDですよ

投稿: yn | 2005.07.21 00:30

>ynさん
なるほど!
さきほど現物を確認したら、オロナミンCにはタウリン入ってないんですねぇ~。
目から鱗がおちました!

投稿: お局様 | 2005.07.21 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23197/4883534

この記事へのトラックバック一覧です: 原因解明:

« 今日から正念場 | トップページ | 雨の大阪(7月3日)強行軍 »