« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.30

実家ネコたち(2)

先日、遊びに行った「猫の原画展」の会場でリクエストいただきました~。
実家猫たちの残った画像をUPします。
パート1(こちら)とあわせてどうぞ(*^_^*)


naka3
軒先から庭木まで伸びたヒモにリードをくくりつけてあります。


naka1
「はまぐり」(左)とあさり(右) あさりは以前7キロ越えていたのに肥満体ではない、という脅威の骨格の持ち主。獣医さんからくれぐれも「太らせるな」と厳命が下ってます。


naka2
「かき」実は実家猫グループの女王様。気が強く野良猫にでもかかっていく女親分。しかも早熟で妊娠・出産経験者


naka4
「しじみ」(左)と「はまぐり」(右) 「しじみ」だけ後から来たので、仲良し兄弟のほかの3にゃんからは冷遇されている・・・頑張れ~


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.28

一体、ナニゴトなんでしょう?

朝、ギリギリの時間に家を出るとなんだか、煙っている・・・?
しかも、ただならぬ匂い。
うちは角部屋なので、不審に思って廊下の先を見ると直線で100~200メートルさきのお家が「火事」!
まだ消防車も来ていませんでした。
木造家屋の二階の窓から炎も見えいてました。
段々野次馬も集まってきたところで、我に返る・・・。
遅刻寸前じゃないの~あうっ・・・。何気なく携帯を見ると着信メールがチカチカ。
「腰痛と風邪の頭痛と発熱のため、休みます。後は頼む・・・」
上司からのメールが・・・・。
現在、ギリギリ以下の人数で運用している私達の課の課長が遂にダウン。
会社に着くと、前日、JRの人身事故で路線がストップしてしまったという同僚。
体調が崩れて昨日早退した同僚。
会社の電算室が「プログラム改良したから、レスが早くなったよ!」とインストールしたのに、立ち上がりだけめっちゃ早くなってて中身のレスポンスが遅くなった・・・ってどういうこと!?
携帯のサイトで調べた店舗に電話したら「この電話はただいま使われておりません」っていうし。
さるお役所から還付があるといので、書類を書いて送ったら「申し訳ありません~。書類には記載項目があるんですが、実は郵●公社への振込みが出来ませんので、一般の銀行の口座を指定してください」なんて電話もかかってくるし
極めつけは、メール便が追跡すると「配達完了」になっているのに、ホントは相手先様に届いていないというトラブル。はぁ~、なんだか、バタバタして疲れたのに、土曜日出勤といのもドウなのよ~。
休ませてよ~~(切実)

追記
土曜日の今日、順調に動いていたはずの機械が突然、ショートしてスパークして運転不能に・・・・。
真昼にでっかい、花火を見てしまいました。
振り返ったら、火花が散って焦げ臭い匂いと煙が充満。
クワバラクワバラ~(/_;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.20

お局様東京へ行く(10月17日編)

朝、起きると雨だった・・・。
移動の多い日に雨というか、台風20号の影響か・・・。おかげで昨夜石鹸とボディシャンプーというダブルクレンジングの割にはお肌はしっとり。いいのか、これで・・・・・。
もうひとつ良かったといえば、ホテルの中庭がとてもしっとりとしてきれい。
DSCN0232
朝食前(まだ開いてなかったので時間つぶし)に日本庭園に行く。朝食のあと、ホテルと直結の洋館(戦前の皇族のお屋敷だったとか)を探検してみたり
DSCN0240
私的にはとてもよいホテルでした。雨さえ降らなきゃもっと得点高いのに・・・・。
本当なら、ホテルに荷物を預けてから次の行動に移りたかったのだけど、品川駅のロッカーに荷物を入れてから移動することに。
私、忘れてました。東京の山手線の通勤ラッシュ・・・・。っていうかホームから階段上部まであふれた人の波って凄いんですね。そもそも、平日だって事も忘れていたし・・・・。
とにかく、今回の旅で数少ない夫婦一緒に訪れた唯一の観光地「築地場外市場」
しかし、雨です。何だか、購買意欲も沸かずだらだらぐるぐると市場を回る。
と、いっても楽しめました。さすが商売上手な街ですから、気が付くと「マグロ」やお昼に食べるお弁当などをちゃかりと買ってるし~。気が付くと両手いっぱいの荷物。
ここで旦那と別れて、私は銀座線目指して北上。
歩く歩くガンガン歩く・・・あ、歌舞伎座だっ・・・・あ、面白げなお店が・・・なんてキョロキョロしていたら
「ココはギンザストリートか?」と外国人に聞かれる。スイマセン、私、判んないです~(/_;)アイムソーリー、アイドンノーといいながら足早に去る。
私は、薫さんのところにいくのよ~~(T_T)千太組の面々が私を待っている(はず)のよ~~。
地下鉄からバスに乗り継ぎ、指定されたバス停に降りたのは約束の時間より遅かった。
なんとか、薫さんと落ち合い千太組のシマへ足を踏み入れる。
まずは、「幸四郎」ちゃんが面倒見らしく登場。その背後には「染五郎」ちゃんと、現在、マダムスタルカをはじめ「猫馬鹿隊」のココロを鷲掴みしている「六輔(仮称)」ちゃんが・・・・うわっっっっっっっ。ちっちゃっ・・・・。
薫さんが帰ってきたのでチビにゃんずの「マンマコール」
このマンマコール、これはだまされるわ~。ホントにお腹空いてるんだと思うけど、こんな切羽詰った泣き方されたら、ご飯あげちゃうわよ。
でも、新しい匂いのほうが気になるらしく、六ちゃん私のところにはぽたぽたとやってくると、いきなり「チュパチュパ」と薬指の付け根を吸い始める。
染ちゃんはお弁当の入っていたビニールのトートバックやレジ袋の方が気になるらしく、咥えて隣の部屋に持っていったりデジカメのストラップにじゃれてきたり、幸兄ちゃんに突っかかっていったり。気が付くと、六ちゃんもそれに加わっていっちょまえにどったんばったん。
どれだけ見ていても飽きる事はありません。
ご飯を食べながら、またまた猫話。
千太親分のこと、痙攣発作のこと、投薬の方法、療法食について、また、私が持ってきたベリーのMRIの写真やビデオて動くベリーを見てもらったり・・・・あっという間に時間は過ぎていく。
そんな中、お手洗いをかりて出てきたところに、幸ちゃんが座っている。
「抱いても大丈夫な子?」
「あー、もう、大好きよ~」
何の気なしに抱き上げる。幸ちゃんは私の胸元のブツに気が付いた。
がぶっ・・・・。あ、なんか、幸ちゃんのスイッチが入った・・・・。
その日、私はベージュのパンツと、ベージュのブラウスのアクセントに赤いバラの花っぽい(多分、ウサギ毛)コサージュをしていたのだけど・・・・獲物よねぇ。幸ちゃん、野性っぽいし。
その後はもう、幸ちゃんの熱い熱い熱い視線を胸元に感じつつ過していたんですけど、実力行使に出た幸ちゃんは、コサージュをぶっちと土台から引き剥がし隣の部屋へ。いやもう、早い早い~♪
誤飲しちゃいけないので追っかけて取り上げたけど、うろうろとコサージュを探す姿はカワイイ~♪
ごめんねぇ、おもちゃ用じゃないから、幸ちゃんにはあげられないのよ~。
でも、君は私の中では「おっぱい星人」の称号をあげやう(*^_^*)
DSCN0256

IMGA0266

IMGA0272

あっという間に滞在終了時間が来てしまい、お暇することに・・・・。
ああ。名残惜しい~~。
薫さんは、これからお引越しの予定も有りで大変だと思いますが、どうかお体を大切に。

品川駅で会社へのみやげ物などを買い込み、帰路に着きました。
楽しいことばかりで、また来年、会場確保の御隠居様のクジ運に期待しています。


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.10.19

お局様東京へ行く(10月16日後編)

さて、おそば屋さんを出ようとすると店員が小箱を差し出す。
「ただいまキャンペーン中ですので記念にどうぞ」
と2個貰ってしまう。開けると梅の形の小皿。
か、可愛いけど・・・今、この状態じゃ邪魔・・・・・・。
どうも、今回の旅はひとつの事柄でラッキーとアンラッキーが続いているような・・・・?
会場に戻り、会場の様子を撮影したりまたまた受付で遊んでみたり、ゆきママさん、mikekoさんとお話したり、ご隠居様のヨーロッパ旅行のお話を聞いたり、私が行ったエジプトの旅の話をしたり(ご隠居様!ぜひエジプトスケッチ旅行に行ってください!なんたって、カイロ周辺は紀元前からの観光地ですよ♪)
この頃かな?受付で遊んでいて、背後のただならぬ気配に振り返ると、受付嬢2人が涙ぐんでハンカチで目頭を押さえているではないですか~。駄目だよ~。受付嬢が涙目じゃ~・・・ということで指導させて頂きました。
そんな、まったりした雰囲気の中、いきなりぐらぐらと・・・・・しかも、大きい・・・・!?
「じ、地震!?」(データはこちら
いやもう、びっくりしました。
一回揺れが収まって、何かあったときの為にと、荷物を取ろうとして↑でもらった小皿を棚から落として会場内を緊張させたのは私です。ゴメンナサイ~。飛んできてくれた品川区ギャラリーの方、申し訳ありません~。
それにしても、震度四の揺れに気が付いているのかいないのか、屋上でフットサルをしている方々の元気なこと・・・。
その後、警備の方が確認に来られたりと東京の防災意識の高さを目の当たりにしました。
いやぁ、それにしても、もしこれがもっとすごい地震で、イトーヨーカドーが倒壊していたら・・・・うっ・・・・。
私がここにいるって、何人知ってるかな?きっとNままやOK-たまは証言してくれるかも。良かったわ。友達がいて♪でも旦那は身元不明?やっぱり友達は大切にしないとね~(実感)
さて、そんなこんなしていると、会場内には人が増えていく。
どうやら撤収のお手伝いの方達が集まってこられたよう。
その中で「しっぽうが・・・・はちまるが・・・・」も、もしかして、と会話の途切れた隙にきいてみる
「スタルカさん?」
そのスタルカさんが、お茶会席にいる女性を
「だーれだ?」と紹介するけれど、スタルカさんが紹介するという時点で
「サエコポンさん!?」
そして、なんだかウンザリ顔のサエコポンさん、スタルカさんから前日の「●の民」オフ会の話を聞く。
でもね、でもね、サエコポンさんが
「あたしがね、英国人の若者にブリとハマチの違いを説明したわけよ●▲※〇#ブリЩ℃<●■※】はまちΦ∽ってね」
ってブリとハマチ以外聞き取れませんでした・・・・。どうやら、飲み放題で楽しいことがあった模様。
来年は、絶対、土・日に上京してやる~。だから、ご隠居様、公共ギャラリーのクジ運、期待しています。出来ましたら第一、第二、第四土曜日に引っ掛けた日程をプリーズ!
そして、去年もお会いした、ぴぴさんや散々話した後で「どちらさま?」って聞いてしまった、むぅきちさん(私、ショコラちゃんのファンだったので・・・サイトに日参してました)Leeさん、Kobaさん、フェイままさん、他にも沢山の名前だけこちらが一方的に知っているという方々とお喋りできました。(記憶違いの方や話したのに!という方、本当にごめんなさい~)
どの方もベリーのことを御存知で励ましの言葉を頂きました。
また、当日ベリーの小さい頃のアルバムを持参しており、それをお茶席において置きました。その中にベリーのMRIの画像をデジカメで写したものを入れておいたので
「わぁ~、にゃんこだーーーーーーげっ」
っと思われた方、ごめんなさい。意味不明の頭蓋骨レントゲン写真はベリーの頭の中身です。てへっ
そして、あっという間に撤収の時間が来てしまいました。

控え室から、それぞれ送られてきた箱を積んだカートが出てきて、撤収開始。
「●●ちゃん、どこですか~?」「あ、●●ちゃんは▲■ちゃんの横です~」
みんな、箱の送り状でオーナーさんを確認して控えてあるにゃんこの名前に言い換えて会場中を探して歩くのです。会場中ににゃんこの名前が飛び交うのは楽しい光景ですよ~。
あと、今回「シンゴ」君が参加されていました。確認のために「シンゴくーん」と名前が出るたびに「スズキシンゴ」クンが手を上げてお返事されていました。
でも、時々、まだ閉めちゃいけないのに梱包されていたり、なぜか梱包材が余ったり、足りなかったりと最後のお祭り騒ぎです。
DSCN0220DSCN0218
DSCN0222DSCN0225


(残りはこちら)をご覧ください。)

何にもなくなった会場に、猫たちの「また遊ぼうねっ」ってナイショ話が響いているようでした。
DSCN0228


そんな、会場の夜景です。


満足感とともにホテルに帰り、お化粧を落とそうとバスに湯をためて準備万態・・・・・・
あぅ・・・・化粧道具一式(クレンジング含む)忘れてきた・・・・。
ワタクシ、泣きながらホテル備え付けの石鹸とボディーシャンプーで顔を洗いました。
ちゃんちゃん。
世界ウルルン滞在記のワンコを見つつ眠りに着きました。
1日目終了~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.18

お局様東京へ行く(10月16日前編)

「第5回 猫の肖像画館 原画展」(「猫の肖像画館」はこちら)に里帰りしたベリーの晴れ姿を見たいという親馬鹿丸出しの私と、「東京のうまいモンが食いたい」という旦那(後日目的がすりかわる)の息が合ってるのか、あってないのか良く判らない夫婦がまだ夜も明けていない時間に家を出て、始発の新幹線で上京。
前の日はほとんど寝られず、朝が早かったので一眠りして目が覚めると通路側に座っている旦那が何か書いている。
はて、いつから上京するのに「入国申請」がいるようになったんじゃい?
DSCN0180

とおもわずにはいられない光景。
「国土交通省のアンケートだってさ」
ほえええ?なになに、同行者の人数とか目的とか最終目的地とか書かねばならないらしい。
ま、この間の国勢調査は私が書いたんだから、いいんじゃないの?
再び寝る。
起きて文庫本(浅田次郎・珍妃の井戸)を読みふける。
名古屋を越えたあたりから天気が崩れてきて、去年はきれいに見えた富士山も全く見えず、嫌な予感。
神奈川に入った頃から雨。
広島で見た天気予報では雨の確率は少なかったし、降っても午後から曇りだというので安心していたのに抜かったわ・・・。
品川で下車した時には、傘がなければどうしようもない状態。
とったホテルは品川駅から歩いて5分の「高輪プリンスホテル」なんだけど、その5分の為に傘購入。
雨の日、重い荷物、坂道、中途半端な距離・・・・。とりあえず荷物を預けに行く。
チェックインは14時からなので一回会場から抜けてチェックインしに来ないと・・・・と思っていたら10時半だというのに「お部屋の御用意が出来ます」という。ラッキー♪と思ったらポーターが出払っていて待たされる。アンラッキー・・・・。
「高輪プリンス」にしたのは、今回使ったパックの中で一番品川駅に近くて便利そうだったからだけど、部屋は広いし日本庭園も雨に打たれてしっとりいい感じ。去年泊まったホテルとは正反対。だけどなんといっても落ち着く。
って・・・・・・落ち着いてたら駄目じゃん~(/_;)
荷物を広げる間もなく、ホテルを出て品川→大井町へ。
イトーヨーカドーって、広島にはないんだけど・・・・ほほう・・・・ダイエー(閉鎖決定)やサティのような何でもありの大型スーパーなのね。なのに、CMだけは流してるんだよなぁ
旦那が外景撮りをしている間、はやる気持ちを抑えるのが大変。
8階までエレベーターで上がると、半分は屋外スペースでテニスとフットサルのコート。もう半分がギャラリーだ。
受付には女性が2人。一般の人とネット使用の人の二種類の芳名帳がある。そういえば、去年もあったあった。
名前を書き終わって、一人はanjyulittleさん、もう1人は
「はじめましてYUKIでっす」
自分的にははじめましてじゃなくて、去年の原画展の閉会式でお見かけし、その後どんどんあちらこちらのサイトでお見かけするようになった、つい何週間か前もチャットルームで「シャム猫ココシリーズ」のお話などで盛り上がったばっかりなのにぃ~~。他人行儀な・・・・・ってかってに堤防決壊。ホントにこっちがゴメンナサイでした~。
そうなのよねぇ、つい初めてじゃない気がして失礼なこと言っちゃうのよね~。
一応、広島名物もみじ饅頭などを差し入れすると、中央のテーブルには各地や有名店の銘菓がいっぱい。
会場を一巡したところで、御隠居様に御挨拶。
去年もそうだったけれど、午前中比較的静か。
ご隠居様ともゆっくりお話が出来てよかったです。
IMGA0251


DSCN0207
このあたりで旦那は「ワハハ本舗」の若手のライブがあるからと足取りも軽く新宿へ、お局様夫婦別行動に突入。
勝手に受付に座ってみたりとやりたい放題(*^_^*)
mikekoさんに「お客様なので・・・」と言っていただいたのに貧乏性な私は落ち着かないんです~。
お昼は、anjyulittleさんと下の階のお蕎麦屋さんで、うちの子自慢をおかずに白ご飯みたいなおいしいランチでした。

(続く)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

原画展・撤収の様子

原画展の撤収作業の様子を、こちらのアルバムに載せていただきました。
開催準備から撤収まで一連の原画展の様子がわかりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.17

帰宅しました!

IMGA0260


帰宅しました!
原画展の会場でお会いした方、お会いできなかったけれどメッセージを下さった方、「にゃん宅訪問」させていただいた薫さん、本当にありがとうございました。
また、葛西のご隠居様、原画展の成功おめでとうございます。
ベリー&ほたるのシッターのぬーなーさん、お世話になりました。

ドタバタ東京紀行、乞御期待!(なのか?)
とりあえず「来年は土曜・日曜に行くぞ!」と心に誓ったことだけお知らせしておきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.14

猫の手は要らないです・・・・・

今年、ベリーの肖像画を描いてもらえる権利をキリ番で見事ゲットし、今年の「第5回 猫の肖像画展」(詳しくはこちらをクリック♪)に出品するための準備中のひとコマ、猫の手を貸してくれるという・・・・。
いえ、もう気持ちだけで結構ですから・・・・。

DSCN0134

コラ~踏むな~~

そして、私も明後日、日曜日、原画展の最終日始発の「のぞみ」に乗って会場入りします。
みなさま、どうかよろしく~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.11

実家ネコたち

連休の間に、実家に帰ると四匹いる猫達のうち三匹が、庭先でひなたぼっこ。
三年前、この家に引っ越してきた時、前の家から「猫を出すな」と苦情が来て以来、昼間、母が窓を開けたときの脱走防止もかねて縁側に鎮座しているケージの中で過し、夜、家を締め切ってからケージから出してもらうという生活を続けていたのに、解禁!?
かと思いきや、家の屋根から庭木にワイヤーを張って、そこにリードをつけていたのでした。
これって、よく番犬に使われてるけど、猫に使うのは実家くらいではないかしら・・・・(@_@。

それでもお外は気持ちいいらしく、西日がガンガン当たっても気にしてない・・・。
いいね、紫外線とか怖くないモンね~。


ところで、この引越し当日に苦情を言ってきたお宅には、当時、目白やらなんやらかんやら「野鳥」がいっぱい(30~40羽)いたんだけどそれば、条例違反なんでは・・・・?
しかも、ある日を境に、その野鳥達は姿を消しているし・・・・。
でも、こうして実家近辺の平和は守られているのです。
ま、猫たちはそれなりに楽しそうですけど。
DSCN0161
 あのぅ・・・絡まってるんですけど・・・・

DSCN0150
オイラが大将!byあさり

DSCN0148
池も無いのに水車小屋を作る・・・父は大工なので衝動的にこんなものを作っては母に怒られてます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.09

平和公園のバラ

広島市の平和公園の近くに用事があって出かけたので、ちょっと足を伸ばして(ほんの五分程度)「原爆の子の象」まえのバラ園を覗いてきました。

0510081
有名な「原爆の子の象」前。千羽鶴を奉納する場所です


天気は曇りで湿気が多く風も少々出ていました。
周囲は、甘くて優しいバラの香りに包まれていました。
広島市や平和公園に寄贈されたバラが10種類ほど咲いています。

kiro


「ヘイワキネンコウエン」という名前のバラです。

花は散っていましたが「アンネフランク」というバラやロマンチックな名前のものなどがあります
pink
これは「バーミンガム ポスト」
大輪でとてもきれいでした。
とっても癒されました・・・が・・・。

それぞれ、思いを込めて寄贈された花なのですから、もうちょっと手入れしましょうよ~。>広島市

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朗報です

先月のエントリーでお願いした「里親さん、一字預かりさん募集」(こちら)ですが、無事新しいお家に~(^O^)
新しいお家での様子、同時期に里親募集されていた子達のことも「老猫会・白滝掲示板」(こちらのNO.7300)をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

負傷いろいろ・・・痙攣発作の危険

今まで「ベリー・肝臓病」だったカテゴリーを「ベリー・水頭症・痙攣発作・肝臓病など」に変更しました。
このところの様子を見ていると、さまざまな要因が絡んでいますので、ひとつのカテゴリーにして、病気の記録にしたいとおもいます。

さて、先月台風14号の前後、先週の痙攣発作では実は、ベリーの身体にいろいな負傷がありました。
直後は嫌がって触らせなかったものの治療までいかなかったものがほとんどです。後から気が付いたものが多かったのは痛みが治まって触らせるようなり確認できたものや、要観察の状態のものもあります。

●台風14号の前後に負傷したと思われるもの
  左右後肢それぞれ、外側の爪(人間で言えば小指)・前脚の内側の爪(人間で言えば親指)が抜けている・・・・。生爪をはいだ状態で先日、先生に診察してもらいましたが「もう生えてこないかも」ということです。
どの指も、布団のシーツなどに引っかかったりしたのではないかと思われます。

●10月30日の発作で「赤いヨダレ」と書いたものは、今日あくびをしているベリーの口の中が見えて発見したのですが、舌のふちの部分が一部赤くなっていたので、発作の時に噛んで出血した模様。

昔は癲癇の発作の時に「割り箸」や「タオル」を噛ませろ、と言ったそうですが(人間の場合)その気持ちが良く判ります。ただ、今は「何もしない」のが主流なので、とにかく周りのものを避け、時間を計測するくらいしか出来ることはありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.02

発作なしの夜

昨日の3時から発作が起きなくなりました~。やった~(>_<)
といっても「強肝剤と抗癲癇薬」の関係から言うと「?」だし、飲み始めていきなり効くわけ無いのに?
たくさんの「?」はありますが、まずは、心配頂いた皆様にご報告~。
ベリーも発作が起きないので体が楽そうで、調子がいいみたいです。
(だからといって、朝の5時に「お腹空いた~。お薬ご飯じゃないのちょうだい」って起こすのはいかがなものかと・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.01

「小野不由美」を布教する

会社の一回り年下のちょっと不思議な感じの「T」ちゃん。
会社の近くのスーパーの本屋で出会い立ち話、彼女の持っている「ゴーストハント」(いなだ詩穂)を借りることになったので、原作本を貸してあげることに。
「え~?原作、あるんですか~」
あるともさ、十年以上前の本だけどね。
そうよねぇ、ほとんどデビュー作に近い作品だし既に絶版になっていて本屋ではまず見かけないものねぇ。(どピンクの背表紙の少女小説だし)
私が「魔性の子」「月の影 影の海」でハマって、ギリギリ古本屋とクロネコヤマトのブックサービス(あの頃、書店より確実に短期間で手に入り、ココで無かったら絶対手に入らないと諦めがついた、とってもありがたいサービスだった)でかき集めた希少本。
実は、お互い作品に思い入れててイマイチ乗り気じゃなかったのだけど、私はコミックスを呼んで一晩で文庫一気読み返し・・・・やっぱりいいわぁ~~。
彼女も「コミックスでイメージ固まってるからなぁ・・・・」
といいながらまずは最初の三冊を一気読み。
翌日、会社で「ゴーストハントシリーズ」について熱く語る二人・・・・。
ああ、あんなこともこんなことも言いたいけどネタバレだからいえない~~~。
そして、その文庫は彼女のお母さんを巻き込み(「あの綺麗な子がいいわぁ」)、コミックスは別の会社の子を巻き込み、次の子が順番待ち中。
恐るべし・・・小野不由美ウイルス。
「悪霊シリーズ」が終わったら「十二国シリーズ」が待ってますよ。
早く十二国再開してください~。

悪霊シリーズだってイイ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

発作が続く

9月25日(日)に強肝剤二種類が終了。
前回、2カ月飲み続け終了直後に血液検査したら、あまりに数値が良くて「自転車接触事故」まで起こしたのに二週間後にはもとの状態に・・・・・。
なので。終了して一週間あけて血液検査してみようと思っていた。
けれど、27日の火曜日の夜から一日に、2回から3回の痙攣発作。留守中も発作の跡がみられ昼間の発作回数については計測できず。30日の金曜日には帰宅すると発作の時にでるヨダレが真っ赤に凝り固まっていた。(この次の発作の時は無色だったのでどこか怪我をしたらしい)
とにかく、発作が起きたら次の発作を抑えるために、フェノバールを4分の1錠追加するしか思いつかない。
また、発作は夜中に起こる事が多いのでこちらも疲労気味。
10月1日(土)朝一番に病院に行く。

・30日の赤いヨダレ跡はやはり、発作の時にどこかをぶつけたか、切ったかしたのではないか。
・肝臓の薬が切れて肝機能が低下したのならフェノバールは「効きすぎる」はずなので薬より発作が上回っているのではないか。(肝機能が落ちたら薬の効きむが悪くなるのだと思っていたので・・・・。)
・ベリーの場合、水頭症が原因の発作なので薬の選択肢がほとんど無い(普通の癲癇ならもう少しあるようだけれど)ので、あとは薬の増減だけでいくしかない。

結局、強肝剤を再び二週間投与しつつフェノバールは発作の時に追加して様子を見る。
ということに。
このところの寝不足で私も疲れていたので、友人との約束と実家への顔出しを中止して家でゴロゴロして過ごすことに・・・。
今日のところ、朝3時に発作。
明日も1日家から出ずに様子を見ることにしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »