« 発作なしの夜 | トップページ | 朗報です »

2005.10.03

負傷いろいろ・・・痙攣発作の危険

今まで「ベリー・肝臓病」だったカテゴリーを「ベリー・水頭症・痙攣発作・肝臓病など」に変更しました。
このところの様子を見ていると、さまざまな要因が絡んでいますので、ひとつのカテゴリーにして、病気の記録にしたいとおもいます。

さて、先月台風14号の前後、先週の痙攣発作では実は、ベリーの身体にいろいな負傷がありました。
直後は嫌がって触らせなかったものの治療までいかなかったものがほとんどです。後から気が付いたものが多かったのは痛みが治まって触らせるようなり確認できたものや、要観察の状態のものもあります。

●台風14号の前後に負傷したと思われるもの
  左右後肢それぞれ、外側の爪(人間で言えば小指)・前脚の内側の爪(人間で言えば親指)が抜けている・・・・。生爪をはいだ状態で先日、先生に診察してもらいましたが「もう生えてこないかも」ということです。
どの指も、布団のシーツなどに引っかかったりしたのではないかと思われます。

●10月30日の発作で「赤いヨダレ」と書いたものは、今日あくびをしているベリーの口の中が見えて発見したのですが、舌のふちの部分が一部赤くなっていたので、発作の時に噛んで出血した模様。

昔は癲癇の発作の時に「割り箸」や「タオル」を噛ませろ、と言ったそうですが(人間の場合)その気持ちが良く判ります。ただ、今は「何もしない」のが主流なので、とにかく周りのものを避け、時間を計測するくらいしか出来ることはありません。

|

« 発作なしの夜 | トップページ | 朗報です »

コメント

お局さま、私もテテ坊が最初の発作起こした時、舌のこと考えて、なんか噛まそうとしたんだけど、できなくて、先生に相談したら、猫は舌噛まないから、何もしなくてイイって言われたよ。どういう状態でケガしたか判らないけど
発作のせいなら、テテ坊も何か対策しないといけないなぁ。

投稿: とま☆彡 | 2005.10.04 13:15

>とま☆彡さん
今回の一連の発作で一番びっくりしたのが「赤いヨダレ跡」ですが、やっぱり、発作の時には何も咬ませない方がいいと思いますよ。
やっぱり、口腔内に何か入れたときの事故のほうが確率高そうだと思います。
爪は、もしかしたらフローリングの板と板の隙間(目地)に引っ掛けたのかな、とも思います。
じゃあ、ケージに入れておくのがいいかといえば、ケージも発作で暴れてしまうと危険だし、発作は起きないときのほうが多いのだし・・・。
特に家に人がいない時間帯は気になります。

投稿: お局様 | 2005.10.04 21:25

ベリーちゃん、発作の間は自分でも怖いだろうね。良い方法も特にアドバイスできず(-_-;)だし。
でもね、根こそぎ剥いだ生爪ですけど、きっときっと生えてきますよ。うち、何度も経験しました。同じ爪でも生えてきました。
事情はいろいろ(T_T) どうしてそこまで痛いことができるのか分からないのですが、すべてmooの自傷行為です。
パニック状態になると自分で引き抜くんです。まるで飼い主の虐待みたいだよねえ。
クローゼットの床が血だまりになっていたこともありました。そんなんでもちゃんと小さな柔らかいのが出てきて、泣いちゃいましたけどね。
だからベリーちゃんも大丈夫ですよ。

すみません、このメルアドには返信できません。

投稿: moomama | 2005.10.05 20:57

>moomama
レスが遅くなってもうしわけありません~。
そうですか~mooカイチョーにそんな過去がおありになったんですね。

発作が続いている間、ちょっと触りすぎると「フーフー」言って、それこそほっさの起爆剤になりそうだったので、腫れや出血に気をつけるくらいしか出来なかったのですが、とくに異変にまでいかなかったのは幸運でした。

それにても、真っ赤なヨダレ跡と、クローゼット血だまり・・・・どっちも人間の寿命が縮む光景ですよね・・・・。

投稿: お局様 | 2005.10.07 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23197/6238126

この記事へのトラックバック一覧です: 負傷いろいろ・・・痙攣発作の危険:

« 発作なしの夜 | トップページ | 朗報です »