« 「ネコと暮らせば」 野澤延行 | トップページ | 「ネコの病気百科」 ねこ倶楽部編集部 »

2005.11.23

うれしいこと

先月の日記に書いたこのエントリー(こちら)で書いた「爪」ですが、今日、ストーブ前で待ったりしているベリーをなでなでしながらチェックしていると、本当に小さいけれど爪が生えていました。
「大丈夫!生えるよ」ってコメントしてくれたmoomamaありがとう~。
そりゃあ、室内で暮らす猫だから、つめの一つや二つなくても問題ないし、アメリカでは家具を傷つけないように「抜爪」の手術が常識(いや、手術ではきっと神経から抜くんだろうから、根本的に違うんだけど)、と知っていても、なんとなく後味の悪さが残っていましたが、安心しました。

|

« 「ネコと暮らせば」 野澤延行 | トップページ | 「ネコの病気百科」 ねこ倶楽部編集部 »

コメント

お局様、こちらでは初めまして。
ほんとは一度お目にかかって、ほんの少しご挨拶をしたことがあるのですが、おそらくお局様はご記憶にないと思います。
ベリーちゃんの爪がはえてきて良かったですね。数年前ですが、我が家のふたり(2匹)をキャリーで病院に連れて行く時に、キャリーの中でパニックになったふたりは、病院に着いた時に両手の爪が血だらけになったことがありました。その場で消毒してもらいましたが、サーシャの片方の爪だけは、もうはえなくなりました。
やはり、ジャンプの時などは、ほんの少しだけ影響があります。もと、もと運動神経は悪い子ですけど。

投稿: DaDa | 2005.11.23 21:48

>DaDaさん
コメントありがとうございます~。
えっ・・・・と、本当にゴメンなさい~。
肖像画は「日本画のようにきれいな構図と淡い色合いでステキ」としばし眺めていたのですが・・・。
私の一番の友人が「ノルウェイジャン」飼っていて私を「ノル教団」に洗脳してるんですよね~。
「メイン・クーン」のオーナーさんもいて、これまた性格のいい子ばかりなんですよね~。

爪の方は、癲癇の発作が続いている時で、体中にいろいろ傷を作っていたので、自分もベリーもとても落ち込んでいたのでチッチャな、赤ちゃんみたいな爪が嬉しかったですね~。
よく考えたら、大出血という感じではなかったので、傷は浅かったんでしょうね。
でも、本当に出血は勘弁してほしいですね。

投稿: お局様 | 2005.11.24 22:21

よかったです~!!
”今夜は星がきれいだね”_っちゅう気分です。

投稿: みぃ | 2005.11.25 21:45

よかったねーっ!小さな爪が立派な爪に成長するのが楽しみ!
マリモも今の家に引越してすぐの時、爪がもげて包帯グルグル巻になったけど今は爪も復活してるよ(^^)

投稿: ゆみの | 2005.11.25 22:07

>みぃさん
ありがとうございます~。
あんまり、しつこくすると怒られるので「我慢我慢」と言いながら、触っては、ものすごく嫌な顔で逃げていくんですよ~。
寂しいわ・・・・くすん(/_;)

>ゆみのさん
マリモちゃん、包帯ぐるぐる?
ふふ、かわいい(失礼)
心強いおはなしありがとう!

投稿: お局様 | 2005.11.26 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23197/7285024

この記事へのトラックバック一覧です: うれしいこと:

« 「ネコと暮らせば」 野澤延行 | トップページ | 「ネコの病気百科」 ねこ倶楽部編集部 »