« 「長い長いさんぽ」須藤真澄 | トップページ | 天気図 »

2006.01.20

読書記録

「常温核融合」「地球温暖化論争」「ビタミンO」「電磁場」「スターウォーズ計画」「ホメオパシー」等々、マスコミが派手に取り上げている、数々の「科学」を科学者が、ばっさりと切って開いて解説している、アメリカ版O槻教授ともいえる科学者の書いた本。
日本では、マスコミによって垂れ流されていくばかりで「なぜ?]」とさえ思う隙も無いけれど、捏造、集団訴訟(訴訟社会)、投資、選挙活動にいたるまでの経緯とともに、人間の心理学的な面からも記されていて面白かった。
なにより、これを読んでいる最中に、韓国のソウル大学教授の捏造騒動が沸き起こって、あまりにタイムリー。


ロンドンの五つ星のホテルで働いた日本人ホテルマンが書いた体験記と「五つ星ホテルを上手に使うため」のハウツーな部分もあり。
いつかは利用してみたい「五つ星」のホテルだけれど、結局「格式のあるホテルには、それだけの格式と常識」を持ち合わせていないと駄目なんだよね~。

それにしても、日本人の困ったチャンのなんて困ったちゃんなんでしょう・・・・。
笑えるんだけど自分の中の「日本人」のある部分が笑えない・・・・。


「不肖・宮嶋」の写真集形式の一冊。
この報道カメラマンの写真と文章のアンバランスさが魅力なんだろうか。
通常の単行本よりも短い文章、モノクロの写真。
写真週刊誌を読んでいる気分になる。
今度は、どこでこの名前を聞くのだろうか。


|

« 「長い長いさんぽ」須藤真澄 | トップページ | 天気図 »

コメント

今回は不肖・宮嶋がカブリました…って
雑誌掲載の文章・写真しか読んでないんで
この本は読んでないんですが…。
機会があったら読んで見ます!

ちなみに宮嶋氏の友人(?)忍者・大倉氏は
ウチのブログにリンクしてる在仏のNさんと
同じ学校の同じクラブ出身みたいですf(^^;;
知り合いかどうかは聞いたことないんですけどね~。

投稿: ほうきもっぷ | 2006.01.20 22:34

>ほうきもっぷさん
これは出たばっかりみたいですね~。
昔、写真週刊誌全盛の頃、旦那が良く買っていて、その中で見た写真がたくさんあるんですよね。
「これも、これも、この人が撮影したのか~」というのが最初の印象でした。

それにしても、世間って狭いものですね~。

投稿: お局様 | 2006.01.22 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書記録:

« 「長い長いさんぽ」須藤真澄 | トップページ | 天気図 »