« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.26

帰ってきました~

DSCN0663
DSCN0665

旅の疲れと低気圧の影響で、頭痛が治まらず、先ほどまでだらだらと過ごしておりました。
旅行先で、なぜか携帯電話が使えなくなり、がっくり・・・・。
携帯メールとか下さった方、スミマセン。もう一回連絡くださいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.24

週末旅に出ます

今週末は、ちょこっと旅に出ま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書記録 2/24


2004年7月にエントリーした<写真展「猫の駅員」>(記事はこちら)が写真集になりました。
実は、空色猫目亭本館のTOPにずっとリンクしている里親募集の方にも協力されていたり。
私は、野良猫や地域猫の中に「野生の厳しさ」を感じさせる写真は私の気持ちが辛くなってあまり好きではないので、この写真展もちょっと迷いつつ、でも行ってみたら、展示されていた写真の数々は、伸びやかさやのんびりとした暖かさを感じるものが多くてとても「いいな」と感じたのです。
写真集になったというのはとても嬉しくて、購入しました。

なお、「猫の駅員」さんをめぐる活動については「こちら」をご覧ください。


「読書記録2/18」にエントリーした本と同じ作者が、留学先で知り合った韓国人男性と結婚するまでの紆余曲折、思ったこと、感じたことを本にしたもの。

ただ、「ソウルで新婚生活。―新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし」があまりに面白いから・・・と思ったら、こちらは普通に面白い本なのが残念。
この本は結婚前編でこれから結婚後編が出るらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

アビシニアンの燃料回路

今日は、2台の一眼レフカメラとベリーのクラウンを抱えて「ペットシッター・ポレポレキャッツ」(HPはこちら)のぬーなーさん宅へ2度目の突撃訪問。
午後いっぱい使って、ビビアンちゃん、げんごろう君と遊ぶ。
ビビアン女王様は、相変わらず「細い・ちっちゃい・きゃしゃ」彼女を見た後では家に帰りベリー・ほたるを見ると、ほんと同じ生物とは思えません。
げんちゃんは、癒し系お笑い担当をしっかりと心得ていて、遺憾なく実力発揮してくれまいた。

DSCN0610ビビアンちゃん


(コレじゃ、わかんないよな~・・・・フィルムの現像が上がったら追加できるかと思います)

nikki_gen41げんげんちゃん

げんげんちやん、門外不出のロリータファッション大公開!
これが、嫌がらないのよね~。いやもう、全身画像を公開できないのが、ほんと、残念です。
また、お母様には、その場で「苺大福」作っていただいたり、ケーキも頂いたりと3人と2にゃんで笑って喋って食べて騒いで帰ってきました。
いくらなんでも、お昼寝してないし疲れ果てただろうと思いきや、先ほどメールで
「爆睡して、おきたらもう元気」
とのこと・・お姉さんちの「キャロ・こん」といいアビシニアンのエネルギー回路はどういう仕組みなんだ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.18

読書記録 2/18

今、一番面白い本。
韓国人と結婚して韓国に住む女性が、日常生活を4コマとエッセイで紹介している本。
この本が面白かったので同僚に貸したら、本が中々返ってこない。
「子供がすっごいはまっちゃって!」
と二週間ほどしてかなり草臥れて返ってきたと思ったら、翌日
「子供がどうして返しちゃったの!っていうから、あの本売って~。あんなに本に熱中したこと無いのよ」
って言われたくらい面白いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

湯たんぽ

ある人に留守中の猫の保温に「湯たんぽ」を勧めたので、クチコミだけではイカンだろうとベリー用にも購入。
しかし、今年の厳冬の影響で暖房関係はほぼ完売(ToT)残ってるのは「大」サイズの形のみ。でもまあ700円以下だしと購入して帰宅後、ストーブの上で暖まったヤカンのお湯を注入……。
ヤカン2杯必要でした。2.8リットル(計画性まるでなし)冷めたお湯はベランダの植木鉢に使うことに。
最初は不審気だったベリーも今ではお尻→背中へと接触範囲拡大中です。060211_231255.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.12

血液検査結果 2/12

去年12月
AST  31U/l 正常値(18~53)
ALT  75U/l 正常値(29~84)

今回
AST  24U/l 正常値(18~53)
ALT  41U/l 正常値(29~84)

1/13に肝臓の薬が終わって、1ヵ月空けて確認のための血液検査は、問題なし!
いゃあ、素晴らしい!

この一週間、軽いけれど発作が頻発。
来月から(なぜかというと私の都合と先生の都合により)別の薬に変えることにした。
その薬をはじめたら、5日後に血液検査して、副作用のチェック。

去年の夏ごろから起きた時、左目が腫れているのが少しずつひどくなっている。
わかにゃんさんのクラウンの記念撮影の時、上手く症状が撮影できたので写真を持参して説明。
原因はわからないけれど、軽い結膜炎(まぶたの裏が少し赤い)ということで一日二回「テトラゾール」を点眼することに。

1年半空いたけれど、3種混合ワクチン接種。
最近、病院に通うことも多くなっていたので心配だったのでヒト安心。
実家には、鼻器官炎のキャリア猫もいるしね~。

3種混合ワクチン・・・・4000円
血液検査・・・・・・・・・・3000円
テトラゾール(点眼)・・・800円・・・・各税抜き

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストライキ中(-_-;)

今日は病院で血液検査&ワクチン接種
血液検査の時、院長じゃなく女医さんに採血失敗され保定の時間が長くなり御機嫌超斜めっす。
この状態で30分超えました。

060212_115933.jpg

その後、ヤケ食いして、ストーブ前に・・・。
うーん、もしかしたら、興奮しすぎて採血した場所からの出血が止まらないので押さえているあいだ、ふと見ると、肉球に見事に「汗の玉」が出来てて、院長、女医さんAHTさんに笑われたのが原因かも・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.10

2003年秋・尾道

某掲示板で「倉敷・尾道方面観光案内求む」でお呼びがかかった!
と、いうこど尾道のことなどをつらつらと思い出す。
2003年の秋の尾道の画像などをほりおこしてみました。

p10101231
尾道らしい風景
坂のある町並み。


p10101221
坂の途中「頑固親父の店」の猫
観光物産店でも扱っているけれど、出来ればこのお店(工場)で買っていただきたい。


p10101481
何度もテレビ等で取材を受けたガイド犬「ドビンちゃん」
実は、この時は知らずにいたのだけど後で調べたら、ホント有名なんですねぇ。
私らもガイドしてもらいました。
「ねぇねぇ、招き猫美術館に連れてってよ~」
って言ったら、ホントに連れてってくれました。


p10101511
その「招き猫美術館」の門を入って振り返ったところ。
ロープウェイのスピードが早くて、構図がイマイチ~。ものすごいいい写真に化けただろう気がして悔しい一枚。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.02.09

ふふっ・・・

におうのよ

どう?


06-01-29_12-09

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.06

読書記録


まってました!
最近では、本編は1年に一度程度の出版(最近、番外編も多い)なので、思いがけず本屋で出会うと嬉しい一冊。
それにしても、この町の「福祉施設」の充実(と言っていいのだろうか)ぶりは羨ましい。
私も「老人ホーム」ではなくて「引退者用施設」で悠々自適に過ごしたいなぁ。
その前に、財産作らないといけないのね・・・・。



私の好きな漫画家さんの描いた猫エッセイマンガ。
この人のマンガ世界は
「ゆったり、のんびり」
ちょっとした「非日常」と「日常」のさじ加減がなんともいえないのです。
一回だけでは物足りない、でも何度読んでも「いいなぁ」と思えるのです。


タイトル通り、わたしたちはみーんな「大事な事はみーんな猫から教わっている」んです。
「猫」が教えてくれるのは「わたし」にとって大切な人生訓なのです。
猫好きならで、ちょっと疲れた時にピッタリのフレーズに「ふっ」とちからを抜くことが出来るのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.05

言ってみるもんだ!

旦那の実家の近所のディスカウントのお店で、3合炊きの炊飯器を売り出すとチラシで発見!
イロイロ悩んだけど、やっぱり「旦那が手軽に使えないと困る」と思って・・・・。
で、ココは売り出しの日は車が多いので、旦那の実家に電話して車を置かせてもらうことに・・・。
「で、ナニを買いにいくん?」
「炊飯器が壊れたので~」
「まぁ、うちに使ってないのがあるけぇ、持ってかえりんさい」
出てきたのはほとんど使われた形跡の無い、性能のよさげな炊飯器。
いゃあ、言ってみるもんだ~。
タダで炊飯器ゲット(^_^

でも、新しいもの大好きな旦那はつまらなさそう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.02.04

恩義を忘れた猫

マンションのエレベーター前で、一軒おいた部屋に住む奥様に会う。
飼い主に置いていかれたほたるにご飯をあげていた隣人(仲が良かったが、このお宅にはホワイトテリアが2匹いて引き取ることは出来なかった)が引っ越しすことになり、困り果てていたので「ご飯ならアタシがあげるわよ」と買って出た方ある。
「まぁ、ほたる、生きてるの!?最近全然見ないけど!○○さんも心配してたのよ~」
あのぉ、何ヶ月か前もそうおっしゃいましたが・・・。
しかし、12月1月とあまりの寒さに、ほたるの外出したいベクトルは下がりまくり。
そう言われても仕方ないなぁ・・・・・ってことで、部屋に帰り、電気座布団でぬくぬくと一日過ごしていたほたるをむんずと抱き上げ
「ナニナニナニ~」
と固まったままのほたるを、例の奥様のお宅をピンポ~ン♪
「こんばんわ~★★ですが~」
と、でてきた奥様に、元気でムクムク、ムチムチなほたるをご披露。
「まぁぁぁぁぁぁぁ、ほたる~~~、アンタ元気だったん?」
と嬉しそうにベタベタ触られる。
が、当のほたるは、プルプルと小刻みに震えはじめた・・・・。
ほーたーるー、貴女、この方にどれほど恩義があるかわかってるの~?
当の奥様は
「ありがとうね~、病院に連れて行くときはいってね!」
と、おっしゃってくださっている。(去年、血液検査したら「健康優良猫」の烙印が・・・)

帰宅して
「あー、寒かったわ!もう勝手に外に連れて行かないでね」と言っている。
一応、
「貴女は、あのおば様・・・ちゃった奥様にどれだけ恩義があると思ってるの」
とお説教したけど、ほたるは冷え切った身体を温めるほうが緊急課題のようだった・・・。

060204_232006

あー、寒かったわ~、ホント迷惑なのよね!寒いんだから!


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.03

レンジでご飯

2,3日続けて炊飯器がおかしい。
外はべちゃべちゃで半分くらい芯が残った状態で炊き上がる。
「買い替え」が頭をよぎる~。
緊急の対策で、パイレックスの耐熱容器に入れて電子レンジで炊く・・・・うまっ・・・。
電子レンジの説明書には「一時間は吸水させてから・・・」「ふきんなどを使って蒸らしてから・・・」と書いてあるけれど、そんなことをしなくても充分でした。
ただ、ふきこぼれが多いのが難点。
やったこと無いけど、鍋で炊くのもいいかもしれない。
これがクリアできたら、炊飯ジャーは要らないかも・・・・。
(しかし、旦那は横で家電屋から送られてきたチラシを食い入る様に見ている)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.02.02

なんとなく・・・・

DSCN0531


なんとなく接触してみたり・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »