« ソウル旅行記・3 | トップページ | ソウル旅行記・5 »

2006.03.06

ソウル旅行記・4

2006年2月25日(土)


・朝ご飯はお粥
昨夜はベットに入って目を閉じたと思ったら、もう8時だった。
コンビニで買っておいたサンドイッチとインスタントコーヒーをお腹に入れてホテルの外に出る。
周辺探索と朝食の食べれる雰囲気のお店探し。
ホテルの向かい側には、なんと24日にオープンしたばかりのスターバックス。一本北の道にはサブウェイ、ダンキンドーナツ、ハーゲンダッツの入ったオフィスビル(ただし、店は開いてない)、その道沿いには小さい店もおおく、ホカ弁、セブンイレブン、古本屋なども多いが、スターバックスとセブンイレブン以外はまだ開いてない。
そして、ペットショップ発見。看板犬は警備も兼ねているのか店内の様子を撮影する不審者(→私)にげげんそう
DSCN0671
ムムム、怪しいヤツ!

さて、ぐるぐる回っても朝ごはんを食べれそうな店が無い。一軒、ホテルの真向かいのビルにある「粥専門店」が気になるけれどブラインドが下りたまま。あー、どうしよう!?
とよくよく見るとブラインドの隙間から照明の灯りが・・・・・。
朝日がまぶしいからブラインドが下がっていただけて、お店は7時半から開店していた模様。
おじさんが一人で切り盛りしていて、私たちが入った時には厨房に入りっぱなし。
勝手にメニューを取りに行って眺めていると、お客さんが厨房に声をかけてくれた。
私たち夫婦はガイドブックの「粥メニュー」とお店のハングルで書かれたメニューを見比べ「コレが海鮮粥じゃない?」「いや、ここの形が違うって」とひたすら解析していたら、日本語メニュー登場。
ちゃんと、値段も同じ事を(韓国だけではなく、日本人観光客の多い繁華街では日本語メニューは割高なことが多いのですよ)確認して、私は「海鮮粥800w」、旦那は「あわび粥1000w」を注文。
日本のサッパリ系とも、中華粥とトロリ系とも違う、韓国粥・・うまっ。「粥嫌い」の旦那も満足のお味でした。
DSCN0680DSCN0679

この後、旦那はこの近くにあるという「実弾射撃場」へ
私は、Kちゃん一家と待ち合わせの10時までにもう少し時間があったので、更に近所を探索していると、おばちゃんが一人でやっている「よろずや風スーパー」を発見。お土産用にロッテやらオリオンの箱菓子を何個か買ってからホテルのロビーへ戻ると、すでにKちやん一家は待ちくたびれていた(約束の時間丁度(^_^.))
「近くにスーパーあったよ~。お土産用のお菓子買う?」
と提案。今度は5人で「スーパー風よろずや」に舞い戻る。
昨日はほとんど買い物も出来ず、焦りの見えていたKちやんだったが、ぼったくられる心配もなく生活臭いっぱいの店内に安心したのかスーパーのプラスチックのカゴいっぱいにお菓子を買い込む。
「マックで朝ごはん食べて~、昨日のでっかいソフトクリームもう一回食べる~」
一行5人、一度ホテルに戻って、地下鉄を乗り継いで「明洞」へ。

・メガネはホントに安いのか!?
昨日の夜、ソフトクリームを食べたあたりには何件か、ガイドブックなどで紹介されているメガネ屋が集まっていて(メガネ屋自体はたくさんあるし、だいたい日本語表記してある)そこから何件か見てみようということになっていた。
Kちゃん夫婦はカラーコンタクト、私は新しいメガネを作りたかったのだ。
私は乱視と近視がきついので、日本で作ると格安店でも2万円程度かかってしまう。
さて、どこにしようかと思った瞬間に、店の人と目が合う。
「いらっしゃいませ~。メガネ作りませんか~?」
「カラーコンタクトもあるの?」
「ありますよ~。もちろんですよ~」
ずずいっと、招き入れられ、カウンターに座る。
「ウチ、メガネ安いよ~」
「じや、コレと同じレンズで見積もりしてくれる?紫外線防止のやつね」
「うわ~、乱視入ってるのね~、コレはちょっと安いって言うわけにはいかないね~」
今かけているメガネのレンズを計測、わはは、超薄型軽量紫外線防止のレンズ、いくらになるかな?
「コレだとレンズだけで80.000wね。オススメのフレームはコレで100.000wでどう?」
「うーん、フレームは安いのでいいよ」
「じゃあ、こっちのちょっと落ちるヤツなら、フレームとレンズで80.000w」
「70.000w」
「えー!?うーん、ウォンで現金で払うなら70.000w」
「OK!よろしく」
と、言うことで日本の半額、二時間(日本なら一週間)でメガネ作成終了。
うーん、2.3個まとめて作ったらマジで飛行機代、でるぞ~(^_^.)
もっと安くなるかどうかは判らないけど、気持ちよく買い物できた。
しかし、横にいたKちゃん夫婦は、二人で5組のカラーコンタクトを購入したとか。
お店の人に近所のレートのいい両替屋を紹介してもらい、Kちゃん一家は南大門市場方向へ、私は明洞の奥へと別れた。19時までは自由行動だぁ・・っと12時に旦那と落ち合うんだっけ・・そいや。

|

« ソウル旅行記・3 | トップページ | ソウル旅行記・5 »

コメント

わんこさん、髪染めてますね!?
でも、こういうグラデーションって何だか新鮮~。
韓国粥は食べたことがないです~。
美味しそう~♪
私も近視&乱視です。
大分前に、香港で眼鏡を作った時のことを
思い出しました。
何でもよくなくす私。アレはどこへ
行ってしまったのだろう…。

投稿: ほうきもっぷ | 2006.03.07 21:58

>ほうきもっぷさん
韓国でもペットブーム(主流は小型犬でした)で雑貨屋の一角にはペット用品コーナーがありました。でも、ほとんど日本で売っているジャーキーとかおやつでしたね。ここのペットショップ(獣医さんがいるかもしれない)けど、ヒルズの療法食シリーズが置いてあったので、ちょっと他のところとは違う雰囲気でした。
この子はマスコットなんでしょうね~。
ココだけでもいろいろ語れそうですよ(^_^)
韓国粥、おいしいです!しっかり味が付いていて「おじや」に近い感じでした。
香港も安いんでしたっけ?メガネ・・・ふむ・・・メモメモ・・・・・

投稿: お局様 | 2006.03.08 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソウル旅行記・4:

« ソウル旅行記・3 | トップページ | ソウル旅行記・5 »