« ひろしま味めぐり&ナルニア | トップページ | 模様替えへの遠い道 »

2006.04.23

読書記録 4/23



「暴れん坊本屋さん」 久世番子

本屋の店員でもあり漫画家でもある作者が、本屋の日常を書いたもの。
本屋の仕組みや人間関係、やってくるお客が面白い。
ああ、こんな本屋が近所にあったら楽しいだろうな~。いや、本当はどこでもこうなんだろうけれど、本屋の店員さんって疲れた顔の人が多いと思ったら、雑多な仕事の数々は驚き。。
なにより、本屋ってどうして「私が、いま読みたい本が無いのだろう?」「どうして取り寄せに時間がかかるのか」「どこも同じような本しか置いてないし」(だから、アマゾンや図書館やブックオフに流れてしまうんだけど・・・・)
こうしてみると、地元の本屋さんを見る目がかわります。
特にPOPとか、今まで気にしてなかったけど、この漫画を読んでからPOPが面白くて・・・・。
特に、紀伊国屋書店広島店のコミックスコーナーのPOPは熱い!

個性化しようとすればするほど難しい本屋さん。
(児童書専門店とかすぐ閉店しちゃうし)
時々、レジで「この本良いんだよ~」って山ほど栞をもらったり
「僕が仕入れたんですっ」って声をかけられるとびっくりするけど、そのお店を贔屓したくなるんですよね~。
(感想言わないといけないかと思うと怖くて近寄れなくなったり・・・(^_^.))
そういえば、昔、住んでいた家の近所の本屋は関西関東からやってきたSFマニアな友人が
「あそこの本屋は品揃えがすごい」と入り浸っていたっけ。でもって、店長が新入りアルバイトに「いい本屋とは何か」を熱く語って教育していたっけ・・・・・でも、大手の本屋が目の前のビルに入って潰れちゃった。
本屋さん、頑張れ!

|

« ひろしま味めぐり&ナルニア | トップページ | 模様替えへの遠い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書記録 4/23:

« ひろしま味めぐり&ナルニア | トップページ | 模様替えへの遠い道 »