« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

読書記録 

「猫とフトンとゲームがあれば、今日も明日も大丈夫!」のみねこ

タイトル通り!
「ゆるゆる具合」ななんとも心地いい一冊です。
ひとコマあり、2コマあり4コマあり、と盛りだくさんなのに、ゆるいカンジがツボです。

(ぜんぺんこんなカンジの内容はこちらへどうぞ→http://www.pub.co.jp/nekofuton/)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.30

いいカンジ

Dscn1350


かなーり、いいカンジのほたるちゃん。
べっびんさんっ!
お願いだから、夜中に私の横に居るベリーにヤキモチ焼いて暴れないでくださいます?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.10.29

西広島タイムス10/27号


「西広島タイムス」のweb版→こちらよりドッグぱーくの譲渡会の記事です


http://www.l-co.co.jp/times/log/06/061027/17.html

広島市西部、廿日市市、大竹市に配布されている週に一度発行されるミニコミ誌です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国新聞10月28日朝刊

Photo_4

やっぱり、広島市の態度に不満が募る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.28

読書記録  石井万寿美さんの本 

10/16のエントリーで読んだ(こちら)という方へももう一回(^_^.)

「動物のお医者さんになりたい」は北海道の酪農学園大学の獣医学科に進学した作者が、獣医になるためにどんな勉強をして国家試験通貨、卒業したかという体験記。
酪農学園大学、というからには対象はもちろん「大動物」であり「産業動物」の牛や豚や鶏たち。学年が進んでいくと犬を使った授業など。
「獣医になりたい」と思っている人はぜひ詠んでいただきたいし「獣医ってどういうことを学んだの?」と思った人にも読んで欲しい。


「続 動物のお医者さんになりたい」

大学を卒業し、地元の開業医で勤務医として就職
「結婚して子供が出来たら、独立開業しよう」と思ってのんびり構えていた作者の石井さん。
就職先への不満を抱えつつ、いわゆるOL勤務医生活が前半。
しかし、一度話が転がりだすとあれよあれよという間に開業するまでの後半と、まさに「開業自立」の奮闘記。

「続続 動物のお医者さんになりたい」
獣医になると決め、受験勉強の励みにと、両親が連れてきたのは一匹のシェパード。
加齢、椎間板ヘルニアで動けなくなったシェパードのジョン(雌)、面倒を見ていた老母の思い。
獣医として勤務はしていたもののまだまだ経験不足を実感している作者。
老犬と、飼い主と、獣医といえど姉妹同然の自分との関係や葛藤と決断は読んでいて辛い。
いつかは自分が決断しなくてはならないかもしれない、と飼い主であるお母さんとシンクロしつつ読みました。


「動物の患者さん まねき猫ホスピタルにようこそ」
一年くらい前、一番最初に読んだ本。
明るくて読みやすい文章、親しみやすい人物描写で楽しく読みました。
そういえば、学生時代のエピソードは連続ドラマになっていたみたいですね。
この中で、痙攣発作をおこす子猫の飼い主との話は、とても他人事ではなく何度も読み返しました。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.26

中国新聞10月26日朝刊

Photo_3


読み辛いかと思いますが、これからの予定などが記載されています。
これからは湯来の冬を乗り切るための知恵が必要かもしれません。
引き続き、支援していきたいと思っています。

クリックして別窓を開いて拡大してお読みください(^_^.)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.24

これからの為に。

以前、わかにゃんさんのサイト「期間限定!お庭にようこそ」(サイトはこちら)の日記に書かれていた部分。

「私の病気は、20年前なら寝たきりだった。
50年前だったらお遍路さんで行き倒れていた。
70年前だったらごくつぶしと卑下された。
100年前だったら、発病即死だった。

今のあなたが、これからのあなたの元になる。
どうか踏ん張って欲しい。」


去年もそうだったけれど、10月からは鬼門の季節。24日過ぎた今月の発作回数は8回。
私が東京に行っていた15日、16日とベリーの発作。17日には今まで無い症状の顔面神経痛というか、チックというべきなのか、顔の左半分耳元付近でピクンピクン痙攣が続いていた。
主治医に電話して「今夜様子を見て、朝まで続くようなら明日連れて来てください」
電話が終わっても、まだ続いているので、デジカメで1分ほど動画撮影。
翌朝には収まっていたので、仕事帰りに病院に寄って画像を見てもらう。
「部分発作の症例の一つではないか」
ということで、先生に動画を差し上げる。
以前も「ペロペロと舌を出す仕草」が気になって、デジカメで撮影して診てもらった事がある。
これで、部分発作の症例二つ目。
平日の閉院ぎりぎりの時間なので、珍しく雑談に応じてくれる。
この辺りでは珍しい日曜日も診察する動物病院なので、土曜日曜はとても話できる雰囲気ではないのだ。

丁度、東京でタイピィさんちの桃ちゃんの話を聞いたばかりなので、いろいろ聞いてみる。
「東京のMRIは何故高いの?機械が違うの?」
「いやぁ、機械は一緒でも土地代もかかるし、人件費もかかるからじやないかな?」
「そ、そうだったのかぁ(驚)そういえば、避妊手術代も東京より安いって言われたわ」
「実は、広島はワクチン代も安いんですよ」
ひゃー、驚きだぁ~(実際の差額は知らないけど)
また、ベリーのことは気に掛けてくれていて抗癲癇薬の変更についても
「学会で副作用の症例が出てたんで、止めたんですよ」
と言ってくれた。
「自分でも新製品には慎重」だからと新製品のワクチン接種について説明しているのを見たことがある。
そんな話の中で、神経系の病気は「まだまだこれから」の分野。
ベリーは本当に強運で、車で10分、オープン直後から転院無しの5年分データ。
あの頃、パソコン通信やインターネットで情報を探しても「犬」の情報がチラホラ、猫に関しては「皆無」だった。
インターネットドクターに相談しても「短命だろう」との答え。
私が知りたいのは、どうケアするのか、どんな危険性があるのか、進行具合は?「生かすための情報」が欲しくて探しまくってた。
この先生が「猫の癲癇が得意」と言ったらベリーのお陰(嘘です。ほかにも猫癲癇の患者さんいるそうなので)かもしれないなぁ。

最初に通院した日のベリーのカルテを読み返して
「ベリーちゃんは、一番最初の診察で、目の神経がすでに萎縮していましたねぇ。これは、外から見える唯一の神経なんですよ」
うーん、そうだったのかぁ(記憶の彼方)
あれから、ネット上に体験談なども出始め、「癲癇猫友」さんも増えてきた。
先生ばかりが情報交換してるんじゃなくてよ~。
これからの為に、ベリーには頑張ってもらわないとね。
まずは、タイピィさんちの漢方薬で頑張ったモソ子ちゃん(享年17才)(エントリーはこちら)


| | コメント (4) | トラックバック (1)

中国新聞10月22日朝刊

Photo_2

10月22日の朝刊には、このようにソコソコ大きな扱いだったのに、23日には全く記事が無いっちゅうのはどういうことじゃあ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.23

ひとりじめ

ひとりじめ


一週間ぶっ続けで原画展レポートUPしたからなのか昨夜から腰に激痛(>_<)
会社に二日分の有給申請して、痛み止め飲んで一眠り。
ベリーは私を独占して満足そう。
ほたるは昼過ぎまで私の存在に気がつかず、押し入れで寝惚けてて
「なんで言ってくんないのよ!」
とミャーミャー猛アピール(-_-;)うるちゃい〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.22

嘆願書送りました

東京で頂いた嘆願書、締め切りが月末から25日に変更になっていたので、本日速達で発送しました。
書名を頂いた皆さんの気持ちが、形になるよう送り出しましたので、ご報告させていただきます。

昨日、今日とドックぱーくでは譲渡会が行われていて、200匹近い犬がお試し期間に入ったそうです。
どうか、幸せになって欲しいです。
今までは「モノ」だった子達が「家族」になるのですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006・東京~切手の博物館

ずっと、「行けるかどうか判らないけど、どうしよう?」と迷っていた切手の博物館(サイトはこちら)の企画展の「【イヌ年だけどネコ】展」
このチャンスを逃しては後悔する!せったいする!というわけで、てれじあ家を出てから直行。

私がブログを始めたころからリンクさせていただいてる「YAKONEKO ROOM」(ブログはこちら)でチェックし続けている猫切手。 
一度、実物を見たかったんです~。
乗り換え駅を間違え、降りた駅から反対側に行ってしまったり(この辺、すでに判断力怪しい(^_^.))してたどり着いた。

Dscn1311

Dscn1309

テーマ別に分けられた小さな切手の世界。
本当に、奥が深い。
世界中にはほんとうに色々な猫切手があるものだとただただ感心するばかり。
最近、近所の郵便局は記念切手の在庫置いてないことが多いし、切手ではなくシールを貼って済ましてしまうので(なにより、メール便も出ているし)切手にお目にかかることも少ない。
「切手博物館」を見ていると、もっともっと「切手」を貼った郵便のやり取りしたいなぁ。
郵政公社、頑張れよぉ!

ショップで切手をモチーフにした猫ポストカードやピンズを購入。
ついでに、ミュージアムショップやショウルームも見物。
堪能してきました。
「猫グッズマニア」を自負される猫馬鹿隊の皆様、どうぞご鑑賞くださいませ~

この後、新宿駅に帰り荷物を引き出し、リムジンバスで羽田に。

さよなら、東京~。
また来るぜ!

猫宅訪問3件、博物館2ヶ所、原画展2回、大宴会1回に二次会1回・・・・。
お会いできた方本当にありがとうございました。
お会いできなかった方、いつかきっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

2006・東京~てれじあ家へGO

約束の時間に遅れそうなので、駅のホームからおかーたまの携帯に電話を入れる。
「あーん、たのしいぃぃぃぃ」って手乗りーずその他にゃんこにまみれている様子。
おんーたまからてれじあさんに代わってもらい、待ち合わせの確認。シマ助ちゃんは一本遅い便らしい。
改札で待っていてくれた、てれじあさんから
「むぅきちっちゃんが駅でコケて流血らしい」
でぇぇぇぇぇぇ?
シマ助ちゃん、GANBARUNEKOさんの後からやってきたのは、昨夜と全く違う装いのむぅきちさん。
なるほど!こりゃコケるわ(^_^.)チェック柄のロングスカート。
「んで?白い歯が眩しい青年とか、財産残してくれそうなおじ様は助けてくけなかったの?」
「いなかったっす~。空しくころがっていく荷物を自分でおっかけたさー」
4人でそんなことを言いながら、てれじあ家へ到着。
満面の笑顔のおかーたまに迎えられる。
顔に「満足」って書いてありますわよ。

それにしても、手乗りーずの可愛いこと。
本当に猫になるのかしら?と余計な心配をした保護直後から腸捻転のアクシデントなどライブカメラで
「でゃゃゃゃゃゃゃゃゃゃ」っと更新しまくった頃が懐かしい・・・・・。
今はちょっと耳が大きくて「あら?コウモリ入っちゃったのかしら?」と思わないでもないけれど(失礼)しっかり骨格も出来上がり運動量もものすごい。
お兄ちゃんのジャックんは、想像以上の「長い様」のっしのっしと歩く姿は、猫科違いに間違いない。原画展で見た肖像画のあどけなさは・・・・・どこ!?でも、中身は実は手乗りーずと変わらない?
一緒になっておもちゃで遊び、隙を突いててれじあさんにアピール。
あぷりこっとちゃんも美猫。
ちょっと離れてテーブルの上に鎮座。あきら女王様亡き後、女王様修行中?
ちょびさんもおっとりと、皆にいじられるがまま。いいなぁ~。
Dscn1306Dscn1301Dscn1295Dscn1291Dscn1288

さいごに手乗りーずの「授乳ショウ」
D0053201_016030GANBARUNEKOさん宅から勝手に拝借(^_^.)
うぉぉぉぉぉぉ、「た、たまらん」ヨダレが・・・。

あきら女王様の聖廟にお参りし、写真集も見せていただき、またまたまったり。
はっ、そういえばこの2日間でお邪魔した御宅3軒とも「お参り」してたわ。
どーかどーか、ベリーにご加護がありますように(違)
そして、ここもあわただしく退却。
てれじあさん、てれじあ旦那さま、本当にありがとうございました!私たちのツアーのために手乗りーずのお見合いを延期していただきました。
人間大好きな手乗りーず。
幸せにね!
GANBARUNEKOさんの、すばらしい「猫じゃらしテク」に私も飛びつきそうでした♪

おかーたま、シマ助ちゃん、また広島のオフ会で会おうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006・東京~Kirariふたたび


朝、起きると体がギシギシいう。
うっ・・・・良かった。筋肉痛はちゃんと次の日にやってきたよ(違)
とりあえず、ぱぱぱぱっと身支度して朝食会場へ行くためにエレベーターホールに。すると外国人男性が・・・。
あれ?ここって、レディス階じやないの?彼女を迎えに来たとか?と思っていたらホテルスタッフが現れ「この階は男性立ち入り禁止なので出て行くように」とつまみ出す。
ほほう、部屋は狭いが(しつこい)セキュリティはバッチリなのねん。
眺望のいい最上階の窓際に陣取り、おかーたまにメールして待つ。シマ助ちゃんは朝食外したというので昨夜、コンビニでオニギリ仕込んでいた。

061015_064536隣が都庁。セットみたいにデカイ。


おかーたま、朝食早くなったの気がつかなかったんだって。再メールですっ飛んできた(#^.^#)
二人で都庁眺めながら朝食。
この後、おかーたまは「てれじあ」家へ。
私はもう一度「Kirari」に行って、なんと7年?8年越しのはじめまして、テオさんを待ち受けることに。
とはいえ、ギャラリーは11時から。この時点で9時ちょいすぎ。
5分100円のホテルのPCでメールチェックをしようとしたが、200円突っ込んで諦める。
ホテルの駐車料金より高いってどうよ!?やってらんないわっ。
チェックアウトして、新宿駅のロッカーにスーツケースを預けてもまだ時間が余る。
ふと思い立って高島屋に行き(広島に無いから)ウロウロ。台湾で行った「ディン・タイ・フォン」の日本店で点心などを買い込み旦那への土産とする。(この後、どれだけ邪魔になったか・・・・・)

この後、再びKirariに行き、撮影やお話しをしているとテオさん&テオットさん登場。
「あ、どーもー」
初めてあったとは思えないくらいのあっさりとした挨拶を済ませてしまう私達。
まだ、@niftyがニフティ・サーブだった時代。パソコン通信の「ペットフォーラム」からのお付き合い(前日の夜も、不思議がられた私達の関係)なんだか、いつも会ってる気がして・・・・・・。
ここに、しょうさんも登場。
近所の方が、お孫さん背負って「あらー、うちの●■ちゃんそっくりだわぁ」
なんて賑やかに盛り上がった後、なんと、ご当猫様登場。
肖像画展始まって以来の「生猫」のお客様(入り口でお披露目)らっきー♪
そうかぁ、地域密着型のギャラリーならでは!なんだなぁ(#^.^#)
オープンしたばかりのギャラリーでまったりとお話ししつつ、ふと時計を見ると12時過ぎてる!?
ぎゃーーーーーー。
挨拶もそこそこに撤収!撤収!
新宿駅の巨大迷路に迷うこと必至なので、タクシー捕まえて
「東●新宿線の●●駅までっ!」
って飛び乗ったらカーナビで探しかけて「あのー、西●線なんじゃ?」
あわてて、ガイドブック広げると・・・その通りでした・・・・・。アタシ、どこ行く気なんだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006・東京~決戦は「ベトナムガーデン」

「行くわよ~」
「きゃーーーー、まってぇぇぇぇえ」
原画展の会場を後に、現地組の方々に先導してもらう、おのぼりさん組の私とおかーまま。
必死についていかないと、はぐれたら終わりよ。
ここは新宿。きっと香港に売り飛ばされるんだ(違)
第一、皆さんをアテにして地図のプリントアウトしてこなかったんだもん。
危険すぎるわ(^_^.)

と、ところでまだですか~(T_T)ここはどこですか~(T_T)と言う頃に会場入り。
をを!?
素敵だわ♪アオザイのおねぇちゃん、美人だわ。
そして、お店の中央に設置されたテーブルセット。
Dscn1262


遠い・・・・大陸だわ・・・・。
参加者は、reiさん、GANBARUNEKOさん、シマ助さん、poechiさん、ガラピニャーダさん、ぱいなぽーさん、TAMIさん、まこさん、megmegさん、はるぞうさん、くろりこさん、スタルカさん、た~こさん、サエコポンさん、Mintmama!さん、moomama 、フェイママさん、まりきちさん、みみ母さん、anjulittleさん、ジャム&おかーたま、てれじあさん、むぅきちさんらしい。あと、私。あとからみかりん登場。すいません、リンクしてません。
我にかえって、まずは広島組取りまとめていただいたマダム・スタルカにご挨拶。
席に着くと、おかーたまが
「おつぼねさまぁ、私がちゃんとホテルまで送ってあげるからとことん飲んでいいわよ♪」
おお、うれしいじゃないの。よし、後は任せた!
乾杯して駆けつけ三杯でビールを流し込み白ワインに突入。
おとなりはむぅきちさん。時間が経つにつれて、マイグラス片手に席移動して、「ええっ!?あなたがあの!?いや、はじめましてぇ~」な会話があちらこちらで・・・・。いや、もちろん私も、「ええ!?」の連続。
場もほぐれたところで、ドックぱーくの嘆願書の署名活動。
みなさん、快くサインしてくださり、すでに会社で集めたという方、ご近所に回す予定という方。
本当にありがとうございました。
その頃には、飲み物の注文がさばききれなくなったとかで、お上品にデイキャンターで回っていたワインは瓶で回り始めていたり。
さっき「つれて帰ってあげる~」なんていってたお●ーたまなんか、私より楽しく酔っ払ってるし~。
まさに「ツワモノぞろい」

Dscn1265

この後、延長もあり記念撮影も在り非常に充実した「大宴会」でした。

しかし、二次会の組み分けがまた大変で、さっさと「帰宅組」に「お酒組」「お茶組」に別れたのに、お茶組に入るっていってた人の後ろ姿がお酒組にあったり、お茶組でカフェに入って頼んだ飲み物がビールだったり・・・・。
11時に閉店だからと追い出されてしまうまで、またまた盛り上がりました。
この後は、ワシントンホテル滞在の広島3人組は歩いてホテルに。
一階のコンビニで「エビス」を仕込んで風呂上りに一本。
いやぁ、自宅じゃ第3のビールだけど、旅先のちょっとした贅沢♪
ベットに入ったら、コトリと気を失ったように眠っちゃいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

2006・東京~ギャラリーKirari

飛行機とのパックで一番、原画展から近くて(ここ大事)お手ごろ価格だった「新宿ワシントンホテル」
いや、びっくりしたさね。
館内に「パチンコ」屋さんまで装備されているとは・・・・・。
向かい側は都庁だし。
チェックインカウンターは一見人が多くて混雑していたけれど、対応するスタッフが多くてテキパキと事がすすむ。
よくある、カウンターだけ広くて対応が遅くてイライラなんてこともなく、好印象。
私が予約したのはレディス階の禁煙ルーム。
エレベーターの横には「レディスルームにつき、男性立ち入り禁止」の立て札と、「混雑が予想されるため、明日の朝食は6時30分から開始します」の張り紙。
部屋はびっくりするほど狭い。ウチのキッチンのほうが広くない?
でも、枕はテンピユール、浴衣ではなくパジャマ付き。
時間が無くて先に散らかしてしまったので画像は無し。スーツケースの中からビデオカメラと三脚を引っ張り出し装備。いざ出陣!。
とはいえ、一番近いホテルというだけあって、徒歩3分くらい?
陸橋渡って、am/pmの手前の路地に入りちょっと歩くと右手にギャラリー発見。
看板猫のノエルちゃん。果てしなく広がる大宇宙を背負って・・・じゃない、猫看板もお出迎え。ノエルちゃんがいなかったら行き過ぎるところだった~~。
Dscn1256

Dscn1255

Dscn1260

一昨年、去年と広い会場だったので、今年は「初心に帰って」と聞いていたのだけれど、居心地のいい広さのギャラリー。場所も、実は「新宿」というから高層ビル群に囲まれて陽の当たらない(ギャラリーのオーナーさん、ごめんなさいっ)じめっとしたところを想像してましたっ!だって、地方にいる人間にとって「新宿」といえば、<眠らない街>(大沢の読みすぎ)だし<魔界都市>(菊池某の読みすぎ)だったんですもの。
実際は、公園と広い空間がたっぷりある専門学校を横目に入っていった、懐かしい感じの路地の入り口付近にあって、とってもいい感じのギャラリーでした。
先に来ていたお客様も本当にリラックスしていて楽しげな笑顔が弾けていました。
まずは、ご隠居様にご挨拶。
今年は肖像画の参加が無いので、お気軽なのである。
そして年に一度だけ会える沢山の、猫友達さん。
去年も一昨年も最終日の日曜日に参加していたので、閉館の時間が終わりの時間、あわただしく撤収。寂しい限りだったけれど、今年は違うぞーーーーーーーー。
あ、今年の看板猫ノエルちゃんちのむぅきちさん(去年会った)みっけ。
すすすすす、近づきインタビュー
「どうっすか!?看板猫さんに選ばれた気分は?」(きらりん)
「最高っす。お話を頂いた瞬間夫婦でガッツポーズに合唱っすよ」(にやりん)
会場を見て歩く。
やっぱり、原画はいいなあ。
モニターで見るのとは全然違う。
時間が止まっちゃうよ・・・・・。

・・
・・・・・
・・・・・・・・・って、もう移動時間ですか!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

2006・東京~ついにmoomama家

「目黒寄生虫館」を後にした、我々はmoomama宅へ。
一昨年の原画展では、実行委員長として凄腕振りを発揮し、ご挨拶だけしか出来なかったし、去年はmooちゃんの急変でお会いできなかった。
mooちゃんにも結局会えず、やっと会えたね。
お部屋のそこかしこにmooちゃんの存在を感じました。
このメンバーの中で一番遠くて、初めて、ということで代表してお香に火を入れ猫鈴を鳴らさせていただき、合掌。

一息ついたところで、moomamaからプレゼントを頂きました。
061019_211318「コゲコゲ会」のシンボルとさせていただきます。

いえね、お部屋に通していただいた時から気になっていたんですよ。
mooちゃんの祭壇にちょっとミスマッチだなあ?って。
どっちかっていうと、土の色や感じを残した感じの素朴系のmoomamaの「猫地蔵様」シリーズとは違うなあ?って。
えへへへ、嬉しい♪
その後は、お喋り。
初めて会う、おかる。もう、背後に猫神様と適正配置委員会の看板背負ってるよ。いつも、迷って迷って、でも保護しちゃうんだよね。
皆の話題ににつられて携帯開いた瞬間に、思い出しちゃったね。
まだ康太君が虹の橋を渡ったばかりなんだもんね。
ちょびたんままも初めまして、なのに全然そんな感じがしない。
優しくてふんわりした雰囲気は、時々自分のブログに発表するイラストのまま。
人がお休みの時に一生懸命働いていて、なんとかやりくりして会えたんだよね。
禁断の猫オフ会の味を知ったからにはさらに馬車馬のように働いて、知恵を巡らせないとね♪
だって、「ダメ」っていわれたら諦めちゃいそうなんだもの。頑張れ~。
猫の料理人さんからはパワーを感じました。
moomamaとの創作談議、横で聞いていてとっても楽しかったです。
素敵な絵葉書もありがとうございました。使うのもったいないです(#^.^#)
ゆきままmikekoさんもお久しぶり。っていうか、一年ぶり~。
タイピィさんは流されるがままのmoomama宅訪問だったはずなのに、しっかりとポジションが決まっていて雰囲気に溶け込んでいらっしゃいました。
こうして、集まる名目があるのって、すごく楽しい一年でした。
チマチマと500円玉貯金して豪遊しに来た甲斐がありました。(でも、ケチケチ(〃∇〃)は抜けない庶民な私)
ご隠居様、来年も再来年も再々来年も、私達に「名目」を作ってくださいね。

ここで黒豆ビーンズの保護主さんの作品を見せていただいたり(メッチャ綺麗!)、ドックぱーくの嘆願書へのサインをお願いしたり
「アタシに一人の時間をちょうだいっ。じゃあ、オフ会の会場でねっ」
いやいや、奥様は色々、旦那様への根回しが大変なんですよね~。
moomama宅を出るときに「この人数だからタクシーにしなさいね」と言われたのに、こういうときに来ないのよね。タクシーって(--〆)
結局、バスで最寄り駅→新宿駅→(無料で巡回している)新宿パークタワーへと移動。
私は、バス路線を少し戻って宿泊先のホテルにチェックイン。他の人は原画展の会場へと別れたのでした。
Dscn1254新宿ワシントンホテル

あ、読者の皆様、まだまだ行程四分の一ですから~
まだまだ続く・・・のです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.18

2006・東京~目黒の観光地?

お昼ご飯を美味しく頂いたところでmoomamaがら指令が!?
{今から、目黒の寄生虫館に行くから、レポートしなさい」
はい?「目黒の寄生虫館」というと、うらぶれた大正時代の木造建造物で、人っ子一人いない展示室にワックスなんて戦前にかけたきりっっでもって、西日の差し込む部屋で白衣の研究員が、日々顕微鏡で怪しげな研究を果ているあそこですか!?
でもって「お局様の旅レポート、面白いからさぁ」なんて言われたら「やります!」って言っちゃうじゃない。
さすが、moomama。
タイピィさん宅からバスに乗って、もうすぐって言う時
「あ!?あの茶髪はおかるに違いない」って携帯を鳴らすが全く気がつかない。
他人かな?って言っていたら、寄生虫館前にたむろす一団。
あら?mikekoさんにゆきまま・・・んー?さっきの茶髪・・・おおっ、おかるにちょびたんまま?残りは猫の料理人さんと紹介をしていただく。

目黒寄生虫館はこちら

美術館、博物館大好きな私。勿論、「何故かカップルの多い」目黒寄生虫館。「一度は行かなきゃ」目黒寄生虫館の噂はチェック済み。2年前の原画展でも「目黒つながり」で行きたいと思っていたのに、果たせなかった場所。
うむ・・・って全然、普通のビルじやな!い?
いやぁ、私的に大満足な場所。
だって、ペットを飼ってて、こんなこと書かれたら真剣になるでしょ?
Dscn1250

例えば「犬フィラリア」は有名で対策も確立されているれけど「ダチョウにフィラリア」は?
(最近では、猫フィラリアも出てきたけれど、鳥類にフィラリアってどうよ?)
江戸時代の怪談物のネタなりそうな写真や、やっぱりゴキブリは撲滅すべき(媒体に大活躍)なことを実感しつつ、おおいに盛り上がる。
ついでにミュージアムショップで「ムラカミタカシ」ばりのキーリングと絵葉書、寄生虫館のパンフレットを購入。
ずーーーと下を向いていた売店のお兄ちゃんに「コレとコレとパンフレットください」っていったら飛び上がって袋に入れてくれた。修行したまえ。

いやあ、かわいいっすよ~。キーリング。
061019_115818裏に「目黒寄生虫館」って入ってました。

なにより、参加者全員集めて「コレだけは見ておくようにっ」と叫んでいたmoomama。
その指先には「猫に寄生する寄生虫の数々」のパネル。
きゃーーーとか、いやーーーーーとかという混乱も無く授業は終了。
うーん。カップルに人気スポットっていうのは、理解できるかも。
自分の中にいるかもしれない、と思うと会話が弾みそうだモノ。

広島からの機中で読んでいた獣医を目指す女子大生が。解剖の実習でスケッチを描いて提出、というシーンがあったのだけど、展示物の中に寄生虫の権威の博士が書いたスケッチが展示されていて
「やっぱり、スケッチが基本なのね~」
と妙に納得。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.17

中国新聞10月17日朝刊

Photo_1


「ドックプロダクション」が廃業届けを出したとか。
気になる記事もネットで流れている

中国新聞ネットニュース直行→こちら************************************
死んだ犬34匹埋められる 広島の閉園テーマパーク '06/10/16

--------------------------------------------------------------------------------

 広島市の閉園したテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」で犬五百匹以上が劣悪な環境で飼育されていた問題で、広島市は十六日、敷地内に死んだ犬三十四匹が埋められていたことを確認した。

 管理していた業者「ドッグプロダクション」は「火葬の費用がなかった」と説明していたが、動物愛護法に基づく市の勧告を受けて火葬した。

 市によると、施設内では犬が狭いスペースで飼育されていたが、現在は動物愛護団体が管理を行っており、環境は改善しているという。

 ドッグプロダクションはえさや水は与えていたため、市は動物愛護法違反にはあたらないとして刑事告発はしない方針。
************************

相手が「犬」だから刑事事件にならない、ということか?
民事での争いになるのか?

なるべく、こういった形で記事は拾っていくつもりです。
現在、アークエンジェルズのサイトも復活して、情報公開もされています。
嘆願書の署名活動も行っております。

どうかねこれからこのような、おろかなで軽はずみな事業がまかり通ることが無いよう、ご協力をお願いします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国新聞10月12日朝刊

Photo


10月12日の朝刊の記事です。
ちょっとずつ、記事の扱いが大きくなってる。
読めますか?
もっと大きくしたほうが言いのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006・東京~タイピィさん宅で桃ちゃんに会う

飛行機から降りて、モノレールに乗る前に、義理用のお土産をANAの売店で買い込む。だって、チケットに「10%OFF」の割引券がついてたんだもん。
そんなお手軽に選んだ会社用のお土産はコレ
061016_081031ま、時事ネタってことで。

モノレールから降りると、改札口に、優しそうな女性が・・・・。
うーん、きっとタイピィさんだっ。
お互い目と目で確認しあって
「はじめましてー」
こちとら、でっかいバックに、会社用のお土産の入ったANAの紙袋、真っ赤なキャリーケース。
観光客って、ここじゃ降りないもんねぇ・・・・。目立つ?やっぱり?

タイピィさんはこちらのブログにコメントを下さったりしている亡きタイちゃん(エントリーはこちら)と、子猫でベリーと同じ水頭症、癲癇発作で闘病中の桃ちゃん、美少女黒猫メロンちゃんのオーナーさん。
メールでやり取りし始めてから数ヶ月しか経っていないけれど、どうしても、桃ちゃんに会いたかった。
しかし、私がお願いした時は痙攣発作が頻発し入院中。でも、桃ちゃんも受けられるだけの治療を受けての退院。

ドキドキしながらこの日を迎えることが出来た。
ドアを開けると、まずは「メロンちゃん」が「だ、誰!?」一瞬後には視界から消失。
桃ちゃんは、ケージの中で「?」なお顔。
あ・・・・ら?
桃ちゃん・・・・タイちゃんと一緒のお写真と随分顔つきが変わって・・・・コレじゃ「ネコでっせい!(サイトはこちら)」のタラちゃんと同じ組?
Dscn1236桃ちゃん

お話ししているとmoomama登場。
桃ちゃんの健康状態を考え(人の声が発作のトリガーになりかねないので・・・それを言えば何が発作のトリガーになるかわからないので危機回避のため)極々少ない人数でのオフ会となりました。
桃ちゃん自体は、退院してから、ちょっとずつ日常生活をリハビリ中。
狭い入院室で衰えてしまった筋力。タワーに登ったといっては喜び、3日前からトイレが使えたといっては喜ぶようなオフ会でした。いや、他にも色々と有意義なお話しがいっぱいでしたが。
日本で最先端の治療を受けているといっても過言ではない桃ちゃん。(現在5種類のお薬投薬中)
タイピイさんとお話ししていて、主治医との関係の大切さをしみじみ感じたのでした。
moomamaに「ねえねぇ、桃ちゃんとタラちゃんって同じ組よね?」ってふったら
「タラちやんはこんなもんじゃないっ」と却下(その後、サエコポンさんに桃ちゃんの画像見てもらって同じ組認定されました。サエコポンさんが覚えていれば・・・・。)
あっという間に時間は過ぎ、桃ちゃんに「がんばってね」と声をかけて撤収。
タイピィさんも誘って、次の予定地へ。
その前に、腹ごしらえ。
ドラマに出てくるような、東京の下町の商店街に入り「何食べる?」と聞かれとっさに浮かんだのは「もんじゃ焼き」だけど、「この辺じやないから」と却下。じゃあ「御寿司」
何年か前、神田だったか御茶ノ水だったかで「握りずし」だと思って入ったのが「押し寿司」のお店で、それ以来鬼門になってしまったお寿司屋さん。
が、ここもドラマのセットみたいな(ホンモノだっちゅうに)お店。
お寿司、美味しかった~。
にぎり、茶碗蒸し、お味噌汁、お漬物を完食した頃、健康の話になり
「そーそー、こないだ、血圧がねー」とポロっと白状したら、タイピィさん、moomamaから
「お漬物、全部食べるなー!完食するな!残せ~」
きゃあああああああ♪お姉さまから指導受けちゃった♪
いやいや、この日の為に、血圧下げてきましたから~。
某ホラー作家と某ドッグぱーくが私の血圧をあげてるのよ~~~。

よく考えたら、タイピィさんとは初対面、moomamaも実物とは一昨年の原画展以来2年ぶり。
でも、とっても楽しかったです~。
タイピイさん、本当にありがとうございました!
桃ちゃん、発作に負けるな~~。
メロンちゃん、今度は撫で撫でさせてね~。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.10.16

2006・東京~ポケモンジェットでGO

「2006年 第6回 猫の肖像画・原画展」の為に、日々、旅行会社のパンフレットやらサイトやらで日々研究しまくって決めたのは「ANAで行く東京一泊」(新宿ワシントンホテル朝食つき)コース33.300円+リムジンバス代(往復)2.600円+JR(往復)460円。

飛行機は7時50分発。
が、広島空港は広島県の中央部に程近い。JRで20分+リムジンバスで広島駅から50分+飛行機で65分。
朝5時起き。クラクラする~~(T_T)
移動時間が中途半端すぎて眠れない。まあ、行きはいつでもハイテンションで眠れないんだけどね。
ANAが最近CMしているチケットレスサービスにもびっくりだけど、カード持ってないしイマイチ不安。
その眠気もゲートで待機してる機体を見て吹っ飛ぶ

Dscn1226
ポケモンジェットじゃ~。ほぇぇぇぇぇ。

行きは機内サービスでジュースもらって「動物のお医者さんになりたい」(石井万寿美)を読み始めたらもう到着。ハヤッ
怒涛の2日間の幕開けである。


| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006.10.15

帰宅しました!

Dscn1270


先ほど、無事帰宅しました!
ワタクシの怒涛の「オフ会行脚」に会場を提供してくださいました皆様、本当にありがとうございました。

また、現在、展開中の署名活動に参加してくださいました皆様、本当にありがとうございました。

明日からは「オフ会」レポート始まります!
とりあえず、ホテルの部屋から撮影したサワヤカ画像をどうぞ~(多分、新宿パークタワー)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.12

署名活動についてお願い

帰宅しましたら、すぐ正式にアップ&リンク致します。

右サイドの「皆様にお願い」の中の「広島ドッグパーク・リンク集」のアークエンジェルズさん、その他のサイトにありますリンク先にありますPDFファイルをダウンロードして署名を頂けないでしょうか。
また、今週末、東京でお会い出来る方で賛同いただけます方は取りまとめさせていただきますので、どうかどうか、この悲劇が再び起りませんようお手伝いお願い致します。


<「ひろしまドッグぱーく」経営者に対し「動物愛護法」違反での厳罰と、登録の拒否を求める嘆願書署名>のお願いです。

http://www.animalpolice.net/hirosima_tangansyo/

こちらのページにこの署名の趣旨とPDFファイルがありますので熟読の上、ご賛同いただける方はよろしくお願いいたします。

また、14日、15日と上京しております。
お会いできるお友達の中で「署名してもいいよん」
という方は「こっそりお知らせください
会場は狭く、また旧知の方との再会の場であります。
声をかけて頂けましたら対処いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。


私が、この署名活動に賛同したのは、今回の「広島ドッグぱーく」の管理会社・管理人が未だに「動物取扱業」の登録がされたままで、いつこの、同じ悲劇を起こしてもおかしくない(実際、そのような行動を起こしているという報道がなされているからです)
「犬達の世話はちゃんとしてきた」
「悪者扱いにしている」
「亡くなった犬たちがかわいそう」
そう言って、自分を正当化しているこの元管理人の登録を、2年間だけでなく生きていく限り認めてはならない。
そう思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.10

秋なんだよな~

061010_172244061010_172334

なんだかんだとバタバタしているうちに、会社の金木犀と銀木犀がものすごくいい香りを放つようになりました。

皆様からのコメント、ありがとうございます。
返信、もうちょっとお待ちくださいませ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.09

ボランティア体験記・本文

10月7日
3連休の初日の2日ほど前、旦那のバイト先から東京出張を命じられて、始発の新幹線で行くというので7日の朝4時半起き(T_T)
でも、ラッキーなことに時間が自由に使え、準備万端・・・の筈が、以前から約束していた旦那の実家に行った帰り「何か足りないのでは?症候群」にかかり100円ショップをウロウロしたりしてしまった。
動物病院に消毒液を分けてもらいに行った時、先生が「ボランティアで参加されるので・・・・」と思いがけない親切を受ける。
先生、ありがとう!「もう、猫(ベリー限定)、苦手なんじゃ!?」なんて言わないよ~。
実は、「この問題に関心が高い」というアピールをしたかったのもある。
嘆かわしいことに、地元メディアの報道はほとんどなされておらず、先日のTBS、NHKが全国ニュースで取り上げてはじめて知ったという人が、とっても多い。
もしかしたら、自分のところのお客さんが現地に行くことを実感してくれたら、地元の獣医さんがもっともっと積極的に関与してくれる可能性だってあるんじゃないかと・・・・。
浅はかかな?
と、思いつつ・・・・・。

受付物資に制限があるので、前の週の猫オフ会のときに持ってきてもらった支援品の一部とホームページにあった「文房具」に使えそうなものがあったので、リストにまとめておく。現地でいらないものは持って帰る予定。
関西から来てくれる、ほうきもっぷさんに綺麗な身体で帰っていただくためと余計な出費は避けていただくために「スーパー銭湯セット」(一番安い入浴料で済む様、シャンプー・リンス・ボティシャンプー・タオルなどを用意しただけ)も作っておく。
スーパーの安いペットボトルのお茶なども準備。
布団に入ったら「朝起きられなかったらどうしよう?症候群」と戦いながら眠りにつく。

10月8日
前日セットしておいた目覚まし時計が4時半に私をたたき起こす。
が、地元新聞の朝刊を読んでムカつきスキャンしてUPしたのもこのお陰。
ほうきもっぷさんは8時頃到着予定なので、五日市駅南口に行く。
が、ここで早速、JR山陽線で人身事故のため電車に乱れが・・・・。ひぇぇぇぇ。
何とか、ほうきもっぷさんと合流。発進。ああ、でも、ちょっとは観光していただかないと・・・・・・
駅のロータリーを出る信号で
「左手信号先のトヨタレンタリースが、アニマルイタコ峰ハチヨさんがお車を借りたレンタカー屋さんでございます~」
しばらく行くと、我が家が見えるので「あの丘の上にあるのが我が家でございますー」
関西の人から笑いを取って緊張をほぐす。
ドッグパークに到着したのが9時頃。すでに山頂の事務所前の駐車スペースは一杯、支援品とほうきもっぷさんを降ろして下の駐車場に車を止め、徒歩で坂道を登る・・・・・キツイ~~(T_T)
ゼーゼー言いながら受付を済ませて、更衣室に入ってから気がつく。
「長靴、車に忘れた!」
徒歩にて一往復増やして、何の働きもしないうちに無駄に時間と体力消耗。
着替えて(ボランティア体験記参考)支持されたB-1エリアに向かう。
途中の芝生広場やあちらこちらの光景は、あちらこちらのブログで見たまま。
匂いも「ひどい」というほどではない。
人の熱意ってすごい。
もう、朝食は終わり、ケージの清掃に入っている。
リーダーさんに仕事の指示を頂いて、清掃作業に突入。
バリケンの清掃が終わったところで
「じゃあ、この子のお散歩お願いします」
いきなりピレネー犬でお散歩デビュー。
ウンチ袋セットをもらって出発。この子は、超大型犬なので、ケージではなく個室にいた子。私でも抱けると思うほどの痩せ方。毛が長いからわかりずらいけれど、触ったら骨格標本。
最初はなかなか息が会わないが、しばらくするとぐんぐん引っ張られていく。注意書きに「引っ張らないように」と書いてあったけど、引っ張られるのはいいのかー!?
ウンチもオシッコもしないので、しばらくウロウロしていると、自分であっちこっちの匂いをかぎながら外れに作られた見晴台のようなところに・・・。
天気もいいし、周囲の田んぼじゃ稲の刈入れなんかしてるし・・・・。
満足したのか、自分から階段を下りたあたりの匂いをしきりに嗅ぐ。
熱心だなぁ・・・・と思っているところに、ボランティアさん何人かがお花を持ってやってきて手を合わせて去っていく。
そうかぁ・・・展望台の下付近って、ここだったのか・・・・・。
慌てて手を合わせる。ピレネーちゃん、教えてくれてありがとう。
でも、いつまでたってもウンチもオシッコも気配が無いので帰還いただくことにする。
名残惜しそうだけど、他のお仕事もしないとね。
受け持ちエリアに帰ると
「4時までAエリアのお手伝いに行ってください」
ということなので、場所移動。
ここも、あちらこちらのブログで見た通り。
あまりにも頭数が多いので、人手は幾らあっても足りない。平日はもっと大変だろう。
でも、何をしていいのか、広さとケージの数と泣き声にクラクラ・・・・しているヒマは無くて、すぐにお散歩。
1頭目はビーグル。うわっ!?元気!?
2頭目はなんだっけ・・・テリアだと思う。何気なく折れた耳をめくったら、耳垢で真っ黒(耳ダニではない)
3頭目はテリア。この子はバリケンに「後ろ足注意、吠えても声が出ません」とある。
口の横の部分が歯槽膿漏かなにかで無い状態で、真っ黒い歯茎と歯は血が固まったものだろうか。
降ろしても歩かず、抱くと安心したように体を預けてくる。
芝生広場で抱っこしたまま日光浴。
この子をつれて帰ってあげられたら・・・と。
犬を触るたび、出入りするたび、次の作業に移る度に、マイ消毒液を手と体の前面に吹き付ける。
いちい持って歩るかないといけなかったので、ほうきもっぷさんの、腰からぶら下げ式に思い至らなかったことを後悔。
うちは小学生時分に飼っていた犬は外犬だったので、バリケンに敷かれたペットシーツにウンチやおしっこをしているのか、ただ、寄っているだけなのか見分けがつかない。
飼っている人や経験者の人はドンドン交換していくのに、私が「お!?」と思って交換しようとしたら、千切れた新聞紙が水に塗れているだけだったり・・・。
後は、ひたすら掃除。バリケンに振られた数字どおりに並び替え、ペットシーツを変え、バリケンを洗い、支援品の整理をし翌日から来る人たちの能率が上がるように、他の仕事をしなくてもいいように、次々と支持が出される。
一度だけリーダーさんが諸注意の確認の為に全員を屋外に集めた時、去っていく人間に「行かないで!」と一斉に叫び声を上げる犬達。
それまでの泣き声とは全然違う。

どうか、この「人の温かさ」を知ってしまった子達が幸せに一生を終えますように。
「真っ白」なあの子達の真っ直ぐな視線に応えてあげたい。
何人か話しした人「うちじゃ飼えないけど」「うちの子と同じ品種の子がいて・・・・」「ただの犬馬鹿なんですっ」って。うれしいなぁ~。そういう猫馬鹿さんもたくさん居るんだよ~。

これから、ボランティア行こうかどうしようか迷っている方!
100円ショップで済ませられる装備品もたくさんあります。
最低でも、ビニールの雨合羽、長靴、スプレーガン式の空ボトル(洗剤の空容器を洗って乾燥させたものでも充分)の装備があれば、現地にあったり声をかけて分けあえたりするものも充分にあります。

感心したのは、私が見た限り外国人の10人位の家族ずれのグループをずっと林代表が案内していました。代表の話を熱心に聴き、ボランティアの邪魔をせず、子供さんは親から離れることなくいたことです。
それに引き換え・・・うう・・・言いたくない。
見学の受け入れが規制されるのもうなづけます。
悪い人ばかりではありません。ちゃんと言いつけを守っている人も居ます。が、そうでない人も・・・。
犬を飼えない私は「一匹でも、この子達が幸せになれるように」と願って、糞尿埃水にまみれたんです。

そんな1ボランティアの気持ちを理解して下さる方。
ぜひ譲渡会においでください。

公式ブログより抜粋**************

10月21日(土)・22日(日)の二日間
時間 午前10時~午後5時
広島ドッグパークにて譲渡会を開催致します。
譲渡会でのお約束等は、詳しいことが決まり次第ホームページにてお知らせさせていただきます

**********************

最後に、関西からお手伝いに来てくれた、ほうきもっぷさん、本当にありがとうございました。
本当に、ギリギリまでのボランティアで、駅までの帰り道我が家が見える場所にあるのに寄って頂くわけにはいかないほどのタイトな時間のやりくりで帰って行かれました。
まぁ、私の「道聞かれ名人」っぷりを楽しんでいただけたようで何よりです。
「いゃあ、吸い寄せられるようにお局様のところへ行って、トイレの場所聞かれはりましたなぁ」
ええ、人を吸い寄せるオーラがあるんです・・・・・きっと・・・。
(ちなみに、作業中入り口付近で見学の人を連れた林代表にも「今、何の作業してんのん?」って聞かれましたし。ちょっとドキドキしちゃいました)


なお、使った装備は洗えるもの→ビニール袋に入れて病院でもらった塩素系消毒薬をドバドバ入れて密封漬け置きのあと洗濯日干し

洗えないもの→雨合羽、ゴム長靴などもビニール袋に入れ消毒液ドバドバいれて密封廃棄しました。

眼鏡は棄てられないし薬品使えないので、アルコールで何度も何度も拭きました。

現地に行ったら「可哀想」なんて思う暇、ありません。
500頭近いワンコにご飯あげて、バリケン洗って、拭いて、乾かして、新聞紙とペットシーツ入れて、ワンコは散歩に連れてって、その頃には最初の頃にお散歩にいった子がウンチして、バリケンの新聞紙とペットシーツ入れ換えて・・・・のエンドレスです。
ドンドン行っちゃってください~。


| | コメント (5) | トラックバック (1)

ボランティア体験記

あくまでも、私の体験で思ったことですが・・・。

●準備編
 ・ゴム長靴(980円).ビニール雨合羽(ズボンつき)(398円).ゴム手袋.軍手.不織布エプロン.マスク.マジック.4色ボールペン.小ハサミ.カッター・タオル・帽子
 ・動物病院で小分けしてもらった消毒薬2種類500ml×2

他にも、クラフトテープやらビニール紐やらあちらこちらの体験談を読んで必要だと思われるものなど
要は、どこの部署に配置されてもいいように・・・と

何より「ウイルスや真菌、疥癬などを園外に持ち出さない」為の準備
人間の為であり、ウチの2にゃんへの当然の配慮。

●失敗したな、編
 ・病院で貰った消毒薬は、それぞれ粉末と液体で水で希釈するタイプだった。
1gの粉末で500ml作れるので100円ショップで500mサイズのスプレーボトルを買って作ったのだけど、スプレーガンタイプのものにしてマイ消毒液として腰からぶら下げるようにした方がよかった。
・雨合羽なので当然だけれど、ポケット類がなく、ちょっとトイレ・・・とか持参したペットボトルのお茶を飲みたいときとかに困った。
同行したほうきもっぷさんは、雨合羽の上からベルトをしてスプレーガンタイプの容器に消毒液を入れたものなどをビニールの紐で下げていて使いやすそうだった。

 ・文房具などをベルト穴に掛けるタイプのポーチに入れていたのだけど、ジーンズの上から雨合羽着て使用不能に・・・・結局、ビール紐に通してウエストにまいて使用。ポーチのアイディア自体は良かったのだけど、100ショップのウエストボーチにすれば良かった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.08

疲れた・・・・。

Dscn1197

↑ボランティア開始前の能天気な時の画像です。


行ってきました。
またアップします。
でも!


あしたボランティアに行く人のために
そして、見学に行く方!(見学は規制の方向に向かってます!→こちらをご覧ください)
家に犬・猫・他ペットのいる方
子供さんのいる方

お願いですから、もっと完全防備してください~~~
普通の服装に普通の靴(よそ行きのお洒落着含む)、見学の方の無造作な行動にヒヤヒヤしてました。


| | コメント (9) | トラックバック (1)

中国新聞10月8日朝刊

_1


晴れました!
昨日のNHK等による「死骸発見」により、「アークエンジェルズ」さんのホームページがダウンしております。
こちらのブログは生きております→http://arkangels.blog34.fc2.com/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.10.07

情けない話

長引きそうなので「広島ドッグパーク」のカテゴリー作りました。

先ほど、ネットニュースなどを見ていたら、地元新聞のニュースがあったので→こちら(写真つき)

************************
孤立無援ドッグ480匹救済へ '06/9/30

--------------------------------------------------------------------------------


 閉鎖された広島市佐伯区湯来町白砂の「ひろしまドッグぱーく」に取り残された犬約480匹の救済に、広島県内の愛犬家や大阪市の動物愛護団体が乗り出した。犬の健康回復などを待って「里子」に出す計画だ。この施設は犬と触れ合えるテーマパークとして、2003年に開園。赤字経営のため、05年6月に閉鎖された。動物愛護団体などの呼び掛けで、県内の愛犬家たちがボランティアに駆け付けるようになった。

【写真説明】取り残された犬の世話をするスタッフ


****************************
で、9月30日の朝刊を引っ張り出したんですけど、「見当らのぉ!?どこにあるんじゃ?ワレぇ?」(ちょっと錯乱気味)
夕刊に載せたんかいのぉ??

それにしても、この内容の希薄さ・・・・。

広島の保守主義加減にうんざりです。
中国新聞にはメール出して、現状を記事にするよう抗議メールを出しました。
(某ホラー作家よ、ありがとう。あなたの駄文で私は「抗議する」ということを一つ覚えたよ)


webニュースに載った記事→こちらでは、死んだ犬を土中に埋めたのが見つかったという。
ドッグパーク関連のエントリーやコメントを読みひらって行くと、他県の閉鎖したドッグパークでは閉園前に里親探しが展開されたという。
TBSの特集で「死んだ犬に申し訳ない」と言っていた管理者の態度がどれほど上っ面でしかないものなのか・・・。
私は、忘れない。
しつこいよ。
ねちねちいっちゃうよ。
ホラー作家の件だって忘れちゃいないからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.06

「皆様にお願い」・・・近況 10月分

当のブログ右側上部のリンク集からジャンプします。
大きな事件も、里親さん募集も皆さん、よろしくお願いいたします。


「広島ドッグパーク崩壊」
「広島ドッグパーク・リンク集(ちょくちょく更新中)」にて、ちょっとづつ、新しいリンクを増やしていてます。
この件を通して、改めてネットの力のすごさを実感しました。
私の地元で起こっていることです。
どうか、ご協力をお願いいたします。
「さわやかなボランティア美談」ではありません。
原因があって、この結果だと思います。
そして、全国の類似パークにいる子達事を気にかけてください。

「緊急SOS-子猫成猫80匹SOS」さんの 10月5日分のエントリーに保護した子達の医療費に当てるためにバザーを行っておられるそうです。
休眠品等、ありましたらご協力をお願いいたします。


「白ちゃん、キジちゃんの里親募集」
右端上のリンクからどうぞ。
ライブカメラ作動中です。
立派な子猫に成長して、日々視聴者を悩殺中です。

「茶トラさんの一時預かり様・里親様の募集です」は「お外にやゃんこの家猫修行」にタイトルを変更して、日々修行中の宇汰君です。
うちのほたるもそうだったけれど、大人になったお外にゃんこの家猫修行は辛く厳しいです。
どうか、がんばって下さい。そして、宇汰くんのその頑張りを見てあげてください。
引き続き里親さん募集中です。


「供血の輪」
東京都・杉並区で大型犬への供血のお願いがUPされております。
ご協力、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

NHKでニュースに

夜のNHKの手話ニュースで「ドッグパーク」のことが取り上げられていました。
その後、本日のチェックに行ったら、サーバーダウン?
NHKの力なのか、週末に向けて情報している人が多いのか・・・・・。

ところで、私がこの事件のことを知ったのは、ニュージーランド在住の広島県出身の「ゆう」さんのブログ「羊の国のラブらドール絵日記」→こちらでした。
数日前からエントリーの最後のアイコンが気になって、たまたま、ポチットしたら、やせ細ったゴールデンや生気のない犬達の姿・・・・
でも、
「ひどいなー」とは思ったけれど、それどまりだった。
でも、ある日「広島ドッグパーク」の文字が入り、立ち入り検査の模様などが公表される・・・・びっくりした。
そして、情けなくなった。自分の足元でこんなことになっていたなんて・・・と。
去年、行った場所がどうしてこんなことに・・・・(去年の5月のエントリーはこちら)

それから支援品を手配したりボランティアの申し込みをしたり(10月1日は出勤の予定だった)。
あれよあれよという間に、心ある人たちが実働に参加。
その中には、数年前、遊ばせてもらっていたワンコファミリーさんたちも沢山いた。
(猫サークルって見当たらなかったから、ワンコサークルに混ぜてもらっていたのだ)
自分のワンコに万が一のことがないように、寂しくないように言い聞かせて、ペットホテルで預かってもらって・・・・。
今度のお休みにも、そんな人たちがたくさん来るんだろう。


先日、ボランティアに必要なものを仕事が終わって、会社の近所のホームセンターに買いだしに行くと
「ねー、カッパどうする~?」
「長靴、コレでいいよね?」
「あと何が居るかなぁ」
普段なら、絶対見向きもしないであろう、「ぴかぴかの黒ゴム製長靴980円」と「1280円」を手にとって悩んでいる若い女性二人組。
ぷぷぷ。その後私も同じもので悩んだ。
行き先は同じだね♪
今日、そのホームセンターに台車を見に行った。
支援物資の受付は中止になっているけれど、某所のコメントを読んでいくと「重いフードを運ぶのに必要かも」と書いてあったので、ウチのを買い換えて持っていこうかと思ったら・・・・・・一番安い台車が売り切れ。そうなのか?そうなのかしら?
それともただの売り切れ?


きっと、この辺りのホームセンターのあちこちで
「どうして急に、長靴だの、カッパだのが売れ出したんだろう」
って思ってるだろうな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.04

広島ドッグパークに・・・

10月8日(日)に微力ですが、現地でお手伝いに行くことにしております。
本当は、現地に行ってからご報告を、と思ったのですが、先日TBS系の全国ニューで取り上げられたこともあり、たくさんのお手伝いの方がいらっしゃると思います。

私も、いろいろ準備していて(長靴とか、雨合羽とか、軍手とか)
「消毒液はどうしよう?」
ブログやmixiを覗いても、色々出ていて迷う~。それに、8日の後、1ヵ月くらい予定詰まってて、行けたとしても現地に長時間はとどまれそうにない。今回使いきれる量でいい。
支援品が多すぎて現地の支援受け入れも中止されているんだから、混乱ぶりを考えると自分で確実なものを用意しておきたい。
うーん。そうだ!そういう時はプロに相談しよう!

・・・・てことで、ベリー、ほたるのかかりつけの先生に電話。
あいにく診察中だったので、先生より話しやすいAHTの女の子に
「夕方もう一回電話するから、先生に、①消毒液を売ってもらえるか
                       ②ベリーとほたるへの予防措置
                       ③気をつれるべき事」
を聞いておいて貰いました。
返答は ①事情が事情なので無料で分けましょう
     ②フロントラインを垂らしておく(ノミ、ダニ予防)
     ③手洗い、消毒、着替え、靴を履き替えてから、ペットを触る。外のものを室内に持ち込まない。
、との返事でした。

もし、これから初めて現地でのお手伝いを考えていらっしゃる方は、まず、かかりつけの獣医さんに相談してはいかがでしょうか?
何しろ、獣医さんは動物の病気のプロですから~。

そして「どうしようか迷っている」という方へ
人海戦術でなくては出来ないことがあります。
今は、一回目の譲渡会までに、一匹でも多くの子をきれいにして、新しい家族に見つけてもらえるようにしてあげませんか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.10.01

広島ドッグパーク・リンク集(ちょくちょく更新中)

今日はベリーとほたるにたくさんのお客様。
ドッグパークのことを筆頭に、熱く熱く語り合いました。

皆さんが帰られた後、ドックパーク関係のサイトを回っていると、嬉しいニュースが!

「広島県獣医師会」が全面協力を(広島市動物管理センター経由で)全面協力していただけるそうです!

そして、どこかの局の取材でアナウンサーが、私達の気持ちを代弁してくれるようなインタビューをしてくれたそうです。どうかどうか、編集で切られませんように、その模様が私達の元に届きますように!
元経営者にもナニゴトが起こったようです。


私が情報収集しているサイトのリンク集です。
★日々更新されているので、TOPのアドレスを張っておきます。
後日参考にされたい方は2006年9月26日前後から検索してください

「アーク・エンジェルズ 」さん http://ark-angels.jp/rescue.html 「アークエンジェルズ」さんのブログ  http://arkangels.blog34.fc2.com/

アークエンジェルズの広島支部長さん
「LitStaShu*」さん http://litstashu.blog24.fc2.com/

「★いちごいちえ★」さん  http://tamamin515.blog64.fc2.com/

「BOW-ONE!! 」 さん http://plaza.rakuten.co.jp/wanwansurf/diary/

「裏むぎゅず」さん  http://uramugi.exblog.jp/

「杉の泊いぬ日記・2」さん  http://kubifurobo.exblog.jp/

「paw」さん http://tenmari.blog63.fc2.com/

「おちゃめなダックス+ラブ+猫♪&私のきままな不妊治療♪」さん http://blogs.yahoo.co.jp/satonechan

「BLOG・JUN君といっしょ~♪」さん http://junkun1205.blog51.fc2.com/

勿論、他にも「広島ドックパーク」で検索すると本当にたくさんのエントリーがあります。

一回目の譲渡会も決定した模様(審査があります!)です。
どうか、すべての子が幸せになりますように。

*****追記***************
地元の国会議員が視察に入ったそうで、そちらのサイトも紹介します
「松本大輔のホームページ」2006年10月1日分→こちら

「保健所から保護したワンコ達との里親探しの記録」さん  http://pochinoa.blog66.fc2.com/
2006年10月3日エントリーにて「mixiのかあちゃんさんからの転載です。
行政への問い合わせに対する回答文書です。」が転載されています。

「がんばれ!羽虎。☆フレンチブルドック満腹ブログ☆」さん http://patora825.blog66.fc2.com/
2006年10月5日のエントリーを読むと「支援品一時停止」も納得しました。


「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」さん   http://www.sm.rim.or.jp/~mine-46/
プロカメラマンによる10月1日の「ドッグパーク」の犬達の様子が撮影されています。


「アニマルイタコ峰ハチヨのHP」さんに同行された(説得した下さった?) オーヒラ(エトママ)さんのブログ  http://blog.livedoor.jp/trnms498/


死んだ犬達の行方が・・・・→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061007-00000009-jij-soci


「Music」さん→http://blogs.yahoo.co.jp/kobe_music/20959247.html
色々な意味で改めて怒りが沸騰しました。
出来れば、ドッグパ-ク関係のエントリーを読んでください。

「アークエンジェルズ」さんのブログ  http://arkangels.blog34.fc2.com/
NHKはじめ全国規模のマスコミに取り上げられているため、アクセスが集中してサーバーダウンが頻発いています。これはHP内のブログでこちらは生き残って発信更新中です。

「本間獣医科医院」さん  http://www.petclinic.co.jp/info/report/200610-hiroshima.htm
獣医さんが見た現場のレポートです。

「「ひろしまドッグぱーく」経営者に対し「動物愛護法」違反での厳罰と、登録の拒否を求める嘆願書署名」のお願い 」にご協力ください。         http://www.animalpolice.net/hirosima_tangansyo/

「ナルト動物病院」さん  「僕のくちから話したいこと~広島ドッグパークの件~」をお読みください 地元マスコミによる犠牲者なのでしょうか・・・・。


国会議員「松本大輔のホームページ」さん 10月1日の視察を元に
「広島ドックぱーくについて環境省からヒアリング」
ひろしまドッグぱーく:環境省から再ヒアリング

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »