« 真面目な話(狂犬病) | トップページ | 『 ダンス王』 »

2006.11.23

「ブルーバーズ・ブリーダーズ」

「踊る大捜査線」の本広克行監督が、若手劇団の舞台を映画化した「サマータイムマシン・ブルーズ」が面白かったので、舞台版のDVDを買ってみたら、これまたなかなか良い出来。
 映画版DVD・瑛太・上野樹里等出演
 舞台版DVD

そうこうしてるうちに、タウン誌の隅っこで「新作の福山公演チケット発売」の記事を発見。
それは見に行かなくては!
ローソンチケットで初めてチケット購入したら「L-●列1番」「L-●列2番」の席。
「うーん、1番2番って、やっぱり端っこよね~厳しいなぁ」
そして、公演当日。
土砂降り・・・・・・。
前日までJRで良くか車(軽自動車)で行くかでやりあう二人だったが、車で移動に決定。
高速道路使って、うちから約2時間。
広島県内を西から東へ移動。
会場についてみると、「L-●列1番」って中央からL列R列に分かれていて、その1番2番だったのでした。
つまり、中央席(ラッキー♪)が、フラットな床に椅子を並べているので、前の席に背の高い男性の頭でオウムのように左右に振らなければ舞台が見えないという、お約束の悲劇。まぁ、うちの旦那も横幅が広くて座高が高いので(内緒♪)横と後ろの人には迷惑だったろう。私もしょっちゅう首を動かしてたし。

舞台は、青い鳥を探すために社内で結成されたプロジェクトチーム+外注機械屋の織り成すドタバタコメデイ。
面白かったけど、期待しすぎた感あり。惜しい。ちょっとだけ惜しい感じがする。
とはいえ、メンバーの中にはドラマ「のだめカンタービレ」1話に出てきた人や本広監督の「UDON」「交渉人真下正義」に出た人など、これからどんどん活躍するであろう人材が一杯。
売店で買った「Windows5000」のDVDも面白かったし、これからまだまだ期待できると思う。

ところで、本広監督は以前にも「スペーストラベラーズ」
 映画版DVD・金城武・主演
を舞台から映画化していて、私は偶然にも、映画版見て1ヶ月しないうちに舞台を見ることが出来た。
舞台と映画を見比べるのって中々出来ないけれど、「違い」を楽しめるのは、贅沢でいいなぁ。


「ヨーロッパ企画」のHP→こちら

|

« 真面目な話(狂犬病) | トップページ | 『 ダンス王』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーバーズ・ブリーダーズ」:

» 上野樹里画像ぎゃぼーーん→のだめ写真集(笑)? [芸能チャンプルー:GEINO CHAMPLOO]
以前の上野樹里の写真集は、もう一つでした^^;「のだめ」の感じで写真集出したら、売れるんじゃーないの?って、 今回の写真集は、どんなイメージなんでしょうか。セクシーっつー感じではないですが、上野樹里は「服を着ていたほうがGOOD」と思う人は多かったりします。... [続きを読む]

受信: 2006.11.28 18:09

« 真面目な話(狂犬病) | トップページ | 『 ダンス王』 »