« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

「命」の年

ちょっと古い話だけれど、今年を象徴する一字「命」
今年ほど、「ペットの命」について怒ったりやりきれない思いをしたことは無かった。
本当は、毎年毎年繰り返されているのだろうけれど、それに対して
「抗議したり」「文章にしたり」「署名を集めたり」「ボランティアにいってみたり」「物資支援をしてみたり」
と実際に行動を起こした事が、自分の中での大きな変化だと思う。

来年はどうなっていくのか・・・。

今年一年の日記を振り返って
「よくもまぁ、いろんな事があったものだ」
と思いつつ・・・・。
今年も、お付き合いいただいて本当にありがとうございました。
明日からもよろしくお願いします(〃∇〃)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.29

その年賀状高くないかい?

クリスマスイブの日曜日。
父から電話がかかってきた。
居留守を使いたかったけれど、そういうわけもいかず・・・用件はこちら(猫に小判、父に・・・)を参考にしてください。
案の定、ハガキプリンターの使い方がわからくなかった父が
「持っていくけぇ、作ってくれぇや」
「住所の書いてあるハガキと、新しいハガキ、もってきんさいや~。機械はいらんけぇね」
「わりぃのぅ」
と、イソイソと、原付バイクで市内を横断してやってきた。
「これ、食えや」
手ぶらでは申し訳ないと思ったらしく「1580円」もする鳥の丸焼きを差し入れ。
持ってきたハガキを見ると、郵便番号が無かったり、番地が書いてなかったり、ほとんどが市町村合併する前のものばかり。アイタタタタ

自分の年賀状そっちのけで
「父用住所録」を作成して印刷。
父は嬉しそうに猫ズをつついて遊んでいる。
果たして来年の今頃までに使えるようになっているのだろうか・・・・。
意気揚々と帰っていく父を見送りつつ
「アタシの年賀状、今年中に出せるのかしら・・・・」
途方にくれるのであった。

Dscn1563
今年の年賀状の総額は幾らなのかにゃ?byベリー


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.28

ありがとう♪

ありがとう♪


おっきい
たいたいが
うみのむこうから
「ちるど」できましたにゃん

ありがとにゃん♪
おとうにゃんにはあげませんっ
とっちゃ、いゃ〜〜〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.23

めざせ、やまとなでしこ

今年初めに、広島に屋台しにこられた「松永下駄工房」さんで姪用に買った下駄。
先日、遊びに行った時自慢げに持ってきて、目の前で履いてみせてくれた。

Dscn1534


何かが違うけれど、本人は「この履き方が一番」なのだとか。
ちょっと小さくなった下駄、小指がはみ出るのが気に入らなくて、この履き方になってるそうな。
てっきり外履きになっていると思っていたら、室内で使っているととのこと。
この日は、紙おむつに下駄だったけど、今度は浴衣とかにしようね~(〃∇〃)


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.17

みるきいさんと♪

「みゅうのガーデン」(こちら)の管理人さんの、みるきいさんが「博多に行く用があるんで、会いませんか?」ということで、オフ会開催♪
と、いっても、先日、平日に「病気検査」で休んだばかりなので、ほとぼりが冷めるまでは、有給自粛(^_^.)なので会社が終わってから、新幹線の時間までご飯をご一緒することに。
夕方まではtanyさん(こちら)宅で、ミュウちやんのご接待を受けていた、みるきいさんを無事受け取りました(#^.^#)

食事の会場、色々悩んだんですけど、忘年会シーズンでお料理の出てくる時間の読めないところよりも、と思い「駅前ひろば」(こちら)(こっちも面白いです)
10月5日に出来たばかりの、お好み焼きのテーマパークで、旦那が「お好み焼き食べ歩き」で訪れていて及第点を出していたのでココに決定。
そのなかから選んだのは「こなもん屋」さん。
ソムリエの資格のあるイタリアンの料理人さんがいる、ということなのでセレクトしてみました。
単品で3品頼んで、ビールで乾杯。
怒涛のにゃんこ話に突入。
「お飲み物、どうしましょう?」「あー、じゃあ、ワイン~」
という流れで「赤」「白」と意見の分かれる2人。鉄板の前でジャンケンで決める私たち。
結果は「みるきいさんの赤」ということで、フルボトル一本追加。
さらにねこ話が加速する~。
気がつくと新幹線の時間ギリギリ・・・っていうか、過ぎてる?
きゃーーーーーー
「大丈夫よぉ」
いや~、最近「指定便以外使用不可」の格安チケットばっかり使ってるから、焦っちゃう~(だって、旅行代理店で言われるんだもん)
美味しいワインとお好み焼きを流し込んで改札まで送り届ける。
楽しかったです~。
今度は、にゃんこはべらせて宴会しましょうね~♪

Dscn1550お土産ありがとうございます♪byほたる

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.12.15

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(11)

今度こそ、シマ助号に負けてはならじとかっとばすお局号
え?何か話が違いますか?ハンドルもつとベクトルは下がるけれど、自分ちに帰る道くらい勝ちたいのが人情ってもんじゃありませんか。
しかし、マンションの入り口にはすでに、シマ助号が待機してました。
(シマちやんてば、警報なってるのに踏み切り突っ込むのよ~、と密告もアリ(ヘ ̄▽ ̄)ヘ)
さて、我が家は来客があると旦那が喜びます。
「足の踏み場も無い」→「足の踏み場くらいはある」もので・・・てへへへ。
しかし、7人もの来場者数に、玄関からリビングへの廊下で既に渋滞。
原因は「リビングの入り口でお出迎え」が習慣のベリーにみなさん、ご丁寧に挨拶いただきまして「ご挨拶渋滞」
しかも、ほたるが生息しているリビング横の和室を旦那が締め切って出勤しており「ぎゃー、ほたたん!トイレ~!?」ほんと、意思の疎通の無い夫婦でして・・・・・。
_c051409ご挨拶いただきましてありがとうございます。

ほたるは、和室の奥の「ほたるエリア」にいるはずなのに居ない?あれっ・
と思ったら「居たわ居たわ」。匂ったのよ~」とソファー下に避難したほたるを発見したコナン君くらい嗅覚のメッチャ
鋭い方がいらっしゃいました。引きずり出して(をほほほほ)皆様にご挨拶した後、押入れに逃げ込むかと思いきや、不機嫌なものの、「ほたるエリア」で踏ん張ってくれました。

ベリーは「べりーちゃーん」「べりたーん」の声と染み付いているであろうお好み焼きの匂いにパニック→ご飯を食べる→リセット→アレは気のせい?とリビングに戻る→「べりたーん」「べりちゃーん」→プチパニック→とりあえずご飯を食べる→リセット→リビングに戻る・・・以下エンドレスの周期が短くなって落ち着きました。いつものことなので、皆さん、気にしないでくださいませ~。
なにぶん、メモリーの容量が少ないものですから・・・・(^_^.)
我が家では、朝、用意しておいたワタクシ愛用の「杜仲茶」に前日頂いたポッキーにチョコレート、にウチにあったおかき、とおもてなしには程遠い状態にございました。ご容赦くださいませm(__)m
ホントに、ベリーとほたるに会いに来ていただいてありがとうございました。

「宮島」に渡る時間は無いけれど「宮島口」で土産物の物色くらいは出来るだろうと、予定より、ちょっと早めに出発。今度こそシマ助号に勝たねば!と気合入り過ぎて、帰宅した時「あ、携帯電話のバッテリー少ないから、充電しとこう」と思って充電器にセットしたままウチを出たことに気がつく・・・・。ヤバイ。
無心状態(どこが?)なのが良かったのか、宮島口では何と、私のほうが先に到着!やったー!でも、携帯忘れた~。
土産物屋で買い物する人、お局オススメの「おきな堂」(もみじまんじゅう)と「うえの」(あなごめし弁当)へ行く人と最後の散財。
ここで、携帯電話をもっているおかーたまとbeesanさんとシャッフルしてもらいお局号は私、おかーたま(連絡要員)、ゆゆさんで出発。
出発してから「先月開通したばかり」の道情報をシマ助ちゃんに伝えるのを忘れていたのに気がついたので
「おかーたま、シマちやんに、先月新しい道が出来たから、そっち通るからね、って電話してくれる~?」
「わかったー♪・・・あ!」
「何!?」
「私、シマちゃんのメルアドしか知らなかったんだ~。電話番号しらなかったんだ~。と、とりあえずメール打っとくね」
後部座席でポチポチとメールしている間に、新道と旧道の分岐点へ・・・。直進するお局号と右折するシマ助号。
どーする!?
プルルルルルルル
ゆゆさんの携帯にmoomamaから直通電話が入り、すらすらと事情説明するゆゆさん。
だはははははははっはっは。
そして、その道が合流する高速道路の入り口で信号待ちをしているお局号の前をかっ飛ばしていくシマ助号・・・・。負けた・・・この時点で、もう追いつけない・・・・。
なんて、弱音を吐いている場合ではない。
宮島口を出る時点でセットしたお局号のカーナビ。
広島空港到着予想時間は「17時00分」
「ひ、飛行機の時間って何時だっけ?」
「17時10分~」
「ぎゃあああああああああああ」
いくらチケットレスの新システムに変わったからといって、このままでは
「●●便にご搭乗予定の東京からお越しの●●様~」と空港中に連呼されるんだわっ
そ、それだけは避けねば。
ええ、ワタクシ、生まれて初めてあんなにたくさんの追い越しかけました。

BGMはこちら

いゃあ、べトベンがあんなに追い越しに合うなんて知りませんでしたわ。
お陰様で、搭乗予定時間には間に合い、最後のご挨拶と荷物の引渡し(私の車に皆さんの荷物があったので)も出来て、本当に良かったです。
最後の最後にmoomamaがシマ助ちゃんに
「んで、来週、東京に来るんだよね?」
「え!?moomama、私が行くのはら・い・しゅ・ん・かも、だよぅ~。来週じゃなくて、来春だよぅ」
「でぇー?すっかり来週だと思ってたよ~」
来週、きっと広島支部員、魂抜けたままだって~(2週間たっても復帰できない人間がココに・・・・)


皆様、本当にお疲れ様でした!
また、遊びに来てくださいね~。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.14

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(10)

みつあみ亭を後にした私たちは、みつあみちゃんを一行に加え、お局号、シマ助号に別れて広島市内中心部、広島といえば「お好み焼き」を全国区にした「お好み村」(ホームページはこちら)へ向かう。
思い起こせぱ、8月だったか、moomamaが「広島に行く」とぽろっと言い出して一大プロジェクトはスタートしたのだった(遠い目)。
そこに便乗したのは、ウチの旦那。
「お好み焼きはとこへ連れていくん?」
「うーん」
広島市内に「お好み焼き」の店はたくさんある。
それぞれに「ごひいき」もある。我が家にもあるがそこは、平日の昼間の営業が無い。
「開拓するか」とみょーーーーに楽しげな旦那。をいをぃ(--〆)
旦那に出したリクエストは
「平日も日曜も、お昼の営業しているところ」
「女性団体客が好みの味」(コレを旦那に言うのは無理?)
それなのに、ああ、それなのに。いつの間にか主旨が遠くに行ってしまい
「お好み焼き食べ歩き」が楽しくなってしまった旦那。
10月は5件くらい行ったんじゃないかな?(週末はほぼ、お好み焼きの計算)
あ、これって、ウチの旦那がものすごく喜んだんです。
その中で「ココ!」と決まったのが
お好み村@ちぃちゃん(こちら
「半熟トロトロの玉子焼き付き」
060924_185444
色々食べたけど、ココだけだったんです。
女性は弱いと思いますですよ~。

お局号には、ゆゆさんとbeesanさん。
お好み村付近の駐車場に停めたときには
「おちゅぼねちゃま、お好み村の入り口で待ってるにょ」
とシマ助ちゃんから連絡・・・ああああああ、また負けた~~。しくしくしく。
も、シマ助ちゃんたら、車輪が付くと人格変わるタイプね!(私は反対方向に人格が変わるタイプ。ハンドル持ったりアクセル踏み込むとビピリになるタイプ)
と、とにかく全員揃ったところでお店にご案内。。
メニューを見ながらそれぞれ注文。
泡のでる飲み物の方とか、「これで牡蠣がたべおさめっ」といいながら牡蠣入りお好み焼きを注文する人、あんまりお腹すいてないから、という人までさまざま。
Dscn1521_1匠の技に見入る「ねこばかたい」

しかし、食べるのが以外に早かったのはmoomama
「ラーメンとか屋台系のお店は気合はいっちゃうのよ」
食べ納めの牡蠣は美味しかったですか?
お店のメインは、いかにも話好きそうな(元)娘さんたち(HPより引用)
前回行った時、血圧の話で盛り上がりました(^_^.)
そして、今回最後の「猫宅訪問地・お局亭」へ・・・・・

(ところで、肝心の画像がありません(^_^.)誰か寄贈プリーズ~~)←ありがとうございました~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.13

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(9)

平和公園を後にして、次なる目的地は「みつあみ家」
私の車には、ゆゆさんとbeesanさん。
「後ろから付いていくわ~」
なんて、しおらしく言っていたシマ助ちゃんに途中見事追い越されみつあみ家近所に停めさせてもらう。
「ついたよ~」って連絡入れてすっ飛んできた、みつあみちゃん。
数年前の台風の際、風雨で屋根から浸水、柱と土台が腐ってしまって、建て替えを余儀なくされた際
「もし、何かの災害の時、にゃんこをつれて避難所生活だけはできないから」
と、にゃんこ仕様の鉄筋のお家に建て替え。(いや、そう簡単な話じゃなかったのは重々承知してますが)
ぜんかい、お邪魔した時に「コレは使える!」ということでテーマはご家族の手前
「最新にゃんこ住宅見学会」ということに。
いやぁ、参考になりましたよ~。予定は無いけど~、いつかは、もしかしたら(宝くじが当たった時の為に)があるので「ペット仕様住宅の本」とか雑誌とか取ってあるもん。
そして、一同(moomama、beesanさん、ゆゆさん、おかーたま、シマ助ちゃん、私とみつあみちゃん)はみつあみちゃんのお部屋に居座り(一部体育座りで)、熱く語り合うのでした。
Dscn1511
私のお気に入りのカイ君がステキに撮影できたので♪

みつあみちやんの甥っ子君(1歳くらい?)は「にゃんにゃん」と嬉しそうに連呼。英才教育中?
(うちの姪っ子もだけど、怖がらないのよねぇ~)
ここで、みつあみちゃんが合流して、次なる目的地に・・・のまえに
「やっぱり!みつあみ家といえばブルーシート!」と数件隣の
とブルーシートに異様に興味を示すmoomama。
伝説なのよね、みつあみちゃん。
実は、「みつあみ」ちゃんの名前は知っていても、広島の人とは知らなかったのです(ホントよ)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(8)

あっと間に朝。
えー!?
jさっき横になった(01時頃)筈なのに?
旦那に朝ご飯作って、ちょいちょいとソファーを動かしたり、お茶の用意をしておいて「あばよっ」
と出発。旦那の出勤より早いのは、この時間出勤渋滞にはまってしまうから。
ホテルの近くの立体駐車場に車を預け、ホテルにお迎え。
今日は、お局号とシマ助号(ともに三菱 ek-ワゴン)フル稼働の予定。
ロビーで待っているとシマ助ちゃんから「いきなり事故渋滞!先行ってて!」とメール。
昨日の強行軍と飲み会でお疲れの3人をピックアップして、まずは平和公園入り口バス停の「平和の門」(こちら)前で降ろし
「あれが平和資料館で、その奥が記念碑で、その奥が原爆ドームだから、ゆっくり歩いてて!」
と言い残し少し戻って、原爆ドーム近くの100円パーキングに車を放り込む。
車から降りて一息つくと、シマ助ちゃんが目の前に。
びっくりしたー\(◎o◎)/!
2人揃って、原爆ドームから資料館の方に向かっていくと、いるいる。
ちょうど慰霊碑に向かう通路に発見。無事合流。
しかし、慰霊碑前では修学旅行生が黙祷しているところだったので、後回しにして、原爆の子の像→原爆ドーム→市民球場から市内電車と原爆ドームを一枚の画像に納めることの出来るスポットへご案内。が、逆光で苦戦するbeesanさん。おかーたまとも無事再会し、moomama、beesanさん、ゆゆさん、シマ助ちゃん、おかーたま、私で原爆慰霊碑に参拝。
Dscn1496

みなさま、参拝ありがとうございました。
にやんこはいなかったけれど、「すずめおじさん」を発見。
いゃあ、早朝の平和公園なんて、初めてですわ・・・・。

ところで、この日原爆慰霊碑の「平和の灯火」で作業服着た人がなんかやってるなー、と思ったら発電実験してたんですって。「こちらの記事参考
朝、ちゃんと新聞読んでたら、載ってたのに・・・・披露し損ねちゃったわ!くやしぃー


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.10

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(7)

福山在住のキャサさん
「少しでも長く会って話したいから」
と広島までの送迎を買って出てくださいました。本当にありがとうございます。
広島に着いてからは、シマ助ちゃんがナビする。
ひゃー、私、この道知らないや\(◎o◎)/!
トンボ帰りするキャサさんに一目会いたいと、ねこかかさんが最初はホテルのロビーで結局、お店で先に「やってるわよ~」とメールが入っていたのでお店の横に車を着けてもらい、店内で「先にやっている」ねこかかさんとカミツレねぇちゃんを呼びに行き、ほんの1分かそこいらだけ「老猫会広島県支部員賛助会員」全員集合したのでした。
この後、キャサさんは一人で福山に帰宅。

選びに選んだお店は「牡蠣亭」(http://jigozen-kaki.com/
地御前産の牡蠣を使った洋食のお店。
牡蠣が得意でないカミツレねぇさんもツルツルと食してしまう牡蠣料理の数々。
しかし、9人なのに8人と伝えていたために席が足りない。お店の人に急遽作ってもらい
「moomamaはお誕生日席ね♪」
と無理矢理座らせる。
ここでは良く食べよく飲み、空いたワイン3本を初めとしてスバラシイ食欲を発揮。
(お料理の写真、ピンボケなんでありません)

そして、二次会会場の「ねこかか亭」へはタクシーでって話をまとめていたのだけれど
「あ、タクシー呼ぶけぇ」とねこかかねえさん、カボチャの馬車・・・じゃなくてタクシー3台呼び、ルートも
「ライトアップしている100メートル道路通っていくよう言うてあるけぇ」
しかし、3台呼んだというのに来たのは2台。他のタクシーが出発する間際にやってきた3台目に飛び乗った私とみつあみちゃん。
「どこへいきゃあ、ええんかいの?」
とのんびり言うおじいちゃんドライバーに
「前の車を追ってくださいっ!」
(だって、ねこかか亭、入り組んだ路地の奥にあるんだもん。何回行っても覚えられないんだもん)
も、おじいちゃんが、前の車を見失わないかハラハラしてたら、運良くライトアップ渋滞と交通事故渋滞で事なきを得る。
ちやんとねこかか亭に到着しました。
「なーんなーん」(ちょっと、また連れてきたんかい)
と抗議するアトム君を尻目に一気にくつろぐ9人。ねこかかさんとおかーたまがパタパタと動く中、ワタクシ酔っ払ってウロウロするばかり。仕方ないので、しんちゃん2号と遊んでました。

数日前、「今、出雲にいるの~」ってメールを寄こしたおかーたまに
「ノドグロの干物探してきてっ!あとおつまみ系ね」と無茶な指令を飛ばしました・・・はい。
でもって、ねこかかさんには「広島の地酒用意しといてっ」・・ってこれまた指令飛ばしました。
勿論、仕事中にです。
干物を焼くいい匂いが立ち込める。
再び乾杯もどき、beesanさんに「雨後の月」を勧めたのは覚えてるんだけどな・・・あとはあんまり覚えてないです。
あっという間に時間は過ぎ(この様子は、左側リンクバーより「ねこごと」へどうぞ)
タクシー呼んでもらって広島駅に。
な、長かった一日が終わり、布団に入ったらもう朝でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(6)

「猫の細道」を上っていくと、招き猫美術館と同じように古家を改築した喫茶店「梟の館」(http://allabout.co.jp/gourmet/cafegohan/closeup/CU20050701A/index.htm
こちらも尾道の町と海を見渡せる絶景のカフェ。
静かな店内に置いてある「女王様椅子」に誰が座るか、と譲り合う一同。
「2階は満月の晩にだけオープンするバー」で「今日がその満月の日」と知って悔しがるメンバー。
この雰囲気で、ろうそく灯して、お酒をいただけるなんてステキだわ~、と想像が膨らみまくる私たち。
店内は写真撮影禁止なので大人しく、ジュースをいただく。が、私の頼んだ「ぶどうスカッシュ」はゴブレットになみなみ注がれており身もココロも芯から冷え切ったのでした。ここでも、話は猫話、一部犬話で語らう。
Dscn1478「梟の館」
Dscn1479「猫石」を見つける楽しさ
Dscn1480_1実は、下りの方がきついんです。
お店を出ると、一度坂道を下りロープウェイ乗り場へ。
再び「招き猫美術館」の横を通る時、前方隊の動きが止まった。
左手の神社の境内におじいちゃんと女の子、柴系MIXのわんこ。
「ドビンちゃん?」「え!?うそっ?」
なんて騒いでいると、おじいちゃんが「ドビンちゃんですよ~」と教えてくれた。
(ドビンちゃんの日記→http://blog.livedoor.jp/dobbyn/
もう随分お年で、見ることができないと思い込んでいたので ビックリ。
そんなとき、ドビンがこちらに気が付いて寄って来てくれた!
のはホントの様な嘘のような。
実はにゃんこを追っかけるのが大好きなドビンちゃん。
私たちの足元にいた白にゃんこを見つけて一直線。

Dscn1489
しろにゃんこを守ろうとバックで防戦していたおかーたまに「一瞬だけバックとって!」と強要する私。ごめんよぅ~。

それにしても、「小梅ちゃん」と「ドビンちゃん」と出会えるなんて、強運だわ。
名残惜しいけれど、ロープウェイで山頂に上がり(今度は貸切)丁度、夕日に染まった尾道を見ることが出来ました。
あとは一気に日が沈み、本当は三原辺りの「瀬戸内海らしい風景」を見せてあげたかったらしいキャサさん。仕方なく味気ない高速道路を使い一気に広島へ。車窓からの満月が本当にきれいでした。
早朝からの移動で、ちょっと意識が遠くなる人も・・・・ああ、寝たらピエール髭の刑だわよ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(5)

レストランからロープウェイで降りて、ゆっくり尾道散策のつもりが
「早く!早く!」と慌てた声に急かされてロープウェイに飛び乗る。
先客の方々の失笑を買う。だって、ものすごい勢いで「出発します!急いでください」って言われたんだもん。
キャサさんに立てかえってもらったロープウェイの代金を払って「小銭大王」にしてしまったり、ガイドさんの話しも聞かず
「猫!屋根に猫!」「あ!あの猫の描いてある建物、何?」と騒ぎまくる私たち。
Dscn1467イチョウの木の奥は神社の御神木。一本の樹です
Dscn1463こちらが海側

ロープウェイから降りて、次なる目的地は「招き猫美術館in尾道」(http://www.ononavi.jp/sightseeing/museum/detail.html?detail_id=190)。
先ほど「猫の絵が描いてある建物」である。
古家を改築した美術館なので、8人が入るといっても大変である。
写真撮影しているメンバーに
「外はいいけど、中は撮影禁止ですからね~」と声をかけておく。と、いうか、伝言ゲーム?
にしては、先頭のキャサさんで詰まってるなぁ、と思ったら
「撮影中だわ~」とぽそり。
中から若い男の人が出てきて、キャサさんと打ち合わせているのが見える。
振り返ったキャサさん、複雑そうな顔で
「N●Kが取材に来てまーす。観光客待ちだったそうでーす。小梅ちゃん、いまーす」
飛んで火にいるナンとやら?
それにしても、このタイミングで、このメンバーで、この場所で、撮影ですか?
ここで「ねこばかたいが行く(1)」を思い出してください。
私、「病気検査」で仕事休んでるんだった\(◎o◎)/!小学生のズル休み並の言い訳のツケがこんなところに・・・・・。
そーっと靴を脱いで上がってくと、自分より大きなテレビカメラを向けられてビクともしない「小梅ちゃん」
さすが、尾道のスーパーモデル。去年はJRのポスターにも採用され、室内に飾ってあったけれど、これがまた、いい感じなのだ。
全員驚きを隠せない。猫飼いで撮影に苦労する事ばかりですもの。
観光客っぽく振舞いつつ、お土産物を選んでみたりの撮影協力。
カメラが行ってしまうと「あー、疲れたわ。今日のディレクターはまぁまあね」って感じてだらーんと、リラックスモード。
すごすぎる~。
美術館の方に「どういうお仲間?」って聞かれたり、小梅ちゃんのポストカードの売り上げは小梅ちゃんのご飯・エステ代になります」がツボにはまった方。2階では「招き猫コレクション」に見入る人々。8人いると、そりゃあもう大騒ぎさね。その騒ぎの中、moomamaが小梅ちゃんのナンパに成功。続いておかーたまのお膝にも。
「ああ、小梅ちゃん、持って帰りたいー」
「きっと、うちの旦那より稼ぐだろうなー」
「コラコラ、尾道を敵に回すか?」
さて、ここを出るか、ということになり困ったのはおかーたま。
小梅ちゃんはおひざでリラックスモード。
「置いてくか・・・・おかーたまごと」
キャサさんが、ファンヒーターとお座布団を上手に使って誘導。無事移動していただきました。


★12・12追記
小梅ちゃんのお外の画像を撮影したサイトを発見!

http://www.eonet.ne.jp/~mop/page007.html


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(4)

お店を出た後は、千光寺公園へ移動。
途中「あれが、フジテレビアナウンサーの実家旅館~。庭園がすごいよ~」とか「ここが●ャニーズ御用達の海洋学校」とか車窓観光。
お店にいる間はすごくいい天気だったのに雲が出て風が強くなる。
尾道は何年かに一度訪れるけれど千光寺公園まで上がってくるのは・・・わぁ、両手じゃ足りないじゃん。両足使っても足りない・・・・(^_^.)
数年前にオープンした「尾道市立美術館」(http://www.bbbn.jp/~museum/top.htm)などまだ、ピカピカできれい。平日の昼間、ひとっ気の無い「千光寺公園グリーンランド」のスリル満点そうな観覧車に、思わず
「コレ、動いてるんですか!?」とルートマップを配布していたおばちゃんに聞くと
「観光シーズンはやってるよ~」
ひゃー寒い~。
キャサさんが用意してくれていたお店は「プティアノン」(http://www.ononavi.jp/eating/european-style/detail.html?detail_id=89
尾道水道、瀬戸内海、天気が良ければ四国まで見えるという絶景のレストラン。
Dscn1454
「うわー、ステキ~」「あ、猫!」
真下の木に、犬に追われて駆け上ったものの立ち往生しているの茶トラにゃんこ。
風景そっちのけで窓にへばりつく、「ねこばかたい」の面々。
すわっ、救出?というタイミングで、ワンコをやり過ごしたにゃんこは、何故かより高い場所へ。
「パニくってんのかなぁ?」と思って見ていたら、そこからレストランの土台に飛び移り悠々と去っていった。
我々がやっと席について、オーダー。お店の方お客さん、スイマセン。今日は全部このノリなんです。


Dscn1456メインは鶏の煮込みにタケノコ、ナス、コンソメ煮の大根など


Dscn1457デザート

美味しいコースを頂きつつ、猫話やとらちょの話、などを堪能。
私たちの席は、私、おかーたま、ゆゆさん、私。
「あ、そうだー、お留守番してるねこかかねえたんに画像送っとかなきゃー」パチリ送信。などと羨ましがらせる私。
「じゃ、そろそろ行きましょうか」
デザートも出てお腹いっぱい、ゆったりした気分の一同は個々にお会計を済ませ外に。私は最後のほうの会計で外に出るなり
「あ!猫!」
と既にお店から出ていた一団は店の裏手に走りこんだにゃんこを追いかけていった。お店のお勝手口付近で撮影会。
「ねぇ、お会計一人たりないって~」「えー?誰がいないの~?」
おかーたまとキャサさんが店内に入って確認。
なんと、皆が席を立つ直前にお手洗いに行った、Mあみちゃん(あえて匿名にしました)を置いてけぼりにしていたのでした。
「えーん、ひどいー」
おそるべし「ねこばかたい」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(3)

私たちが、わきゃわきゃと騒いでいる間にキャサさんは車を飛ばして自宅へ帰り、キャサリンちゃんを拉致ってお店に舞い戻ってくる。
きっとおうちの方はびっくりしただろうな~。数年ぶりのお休みに遠方からのお友達を連れて観光案内してるはずでは・・・・?なーんて。
老猫会会員No38 キャサリン嬢(1988/8/15生)はとお会いするのはみんな初めて。
「おー、生きた伝説じゃけん!」(注・コレ広島弁ですから)という声も。
キャサさんとは何度かお会いしてお茶させていただいたりして、その時、「リトルの贈り物」に使う赤い箱の話やなんかを直接聞いていたけれど、moomamaをはじめ感慨深いことと思われまする。
かわいいキャリーバックの扉が開いたとき、びっくりした顔のキャサリンちゃん。
Dscn1440

Dscn1441


「もう、耳は聞こえないのよ~」
お外に出て、皆さんにお披露目していただく。
ツヤツヤでお目目はっちりの美猫さん。
とても長老格の老猫さんとは思えません。
Dscn1443

耳が聞こえないからというより、新幹線に乗るときでも大人しくて鳴かない子ということなので、元来の性格もあるんだろう。目が見えない子とどちらがより多くの情報が入って処理できるんだろうか。うーん、ベリーは容量少なすぎな気がするなぁ・・・
なんて、事を思ってしまったのです。
どうか、ベリーとほたるにもご長寿のご利益よろしくお願いしますっ(祈)・・・ってその場にいた広島支部の面々はキャサリンちゃんに祈願したと思います。
疲れないうちに、キャサリンちゃんは自宅に帰還。帰ってきたキャサさんを含めて皆で記念撮影。

すると、キャサリン大先輩に触発されたのか
「なんだか、表がすごく気になるみたいで」
とポチ子ちゃん、2回目の登場。
キャサ号発進の際は、抱っこされて垂れていた尻尾を「ブンブン」と振ってお見送りしてくれました。(「不機嫌尻尾なんじゃ?」って指摘はしないように)


熱烈なファンをもつ「とらっち」のお写真が店内を見渡す位置に飾ってありました。
先日、地元で放送された旅番組「ちらっ」とだけ映っていたのをコマ送りで確認した私ですが、やっぱり、いいお顔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

本日の更新はありませんm(_ _)m

管理人は本日、会社の忘年会のため更新はありません〜
明日頑張りまする〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.08

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(2)

到着口に降りてきた暗~~~いビジネスマンたちが出払った最終グループは、色鮮やかなオーラ大放出の3人組。
「はじめましてー」と「こんにちはー」と「お久しぶり~」が交じり合う。
ここで、本日の「福山・尾道」ツアー参加者が集う。
moomama、beesanさん、ゆゆさん、キャサさん、おかーたま、シマ助ちゃん、みつあみちゃん、私の8人。
私たちは、8人乗りのキャサ号に乗り込んだ。
まずは、キャサさんのお店「松永下駄工房」へGO。
お休みだというのに、お店に行ってはしゃぐ私たち。
特にmoomamaとbeesanは創作意欲を掻き立てられる小物がたくさんあったらしく、お店の方に色々質問してました。
もちろん、他の人も「今日の猫村さん」を見つけたり、「猫と下駄」にちなんだ香炉を見つけたり、お店の入り口に猫草を見つけたり・・・えー、やりたい放題?そんななかで、まずは「ポチ子」ちゃん登場。
Dscn1436

お店の裏から出てきたら、いきなりの囲み取材。
てれじあさんちのジャックんにちょっと似ている美人ちゃん。
ドサクサに紛れて次々に抱っこ(〃∇〃)しているのは「おかーたま」
Dscn1437
この後、ご機嫌ナナメになられてお店の奥に一度撤退するが、しばらくすると(この後登場のキャサリン先輩に見習ったのか?)私たちの出発間際に再登場してくれたのでした。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.07

「皆様にお願い」・・・12月分

Berry_488783110ブログはこちら

大阪府吹田周辺の皆さまの情報をお待ちしております。
どうか、よろしくお願いいたします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねこばかたいが行くんじゃけぇ(1)

「かちょお~、5日と6日、有給取りますねぇ~」
「●●さん、、今「私用」とか「家事都合」とか、まずいよ~。他の理由にしてよ」
「えー!?今年の有給(12月更新だから)30日以上あるのに~?土曜日休み無いのにぃ?会社側横暴~」
今年、親族経営のわが社のうちの工場、工場長が親族に以外に替わって、物事に厳しくなってうちの課長ピリピリしてるのは知ってるけど、あたしねぇ、このこの会社じゃ休まない方なの知ってるでしょ?と、無言の圧力かけたら
「じゃ、名目つけてよ・・・・」
「えー、じゃ、検査でいいっですか~?あたし、今年の健康診断もいろいろ出てるんで」
大体、11月が健康診断で12月土曜日休みなし有給取るなって、言ってもいいんですか?
会社にそこまでプライベート報告しないといけないんですか?ええ?(ここで言ってるけど)

・・・・ということで、無事、有給休暇2日取れたのでした。
さて、無理矢理取った大切な平日の休みの初日、いつもと同じ時間に起き、旦那を送り出し身支度をしてヒロデンの電車に飛び乗り次にJRに乗り継ぎ、到着した場所には、シマ助ちゃん、おかーたま、みつあみちゃんが待っていた・・・・。げっ・・・ビリッケツ・・・年長者の面目は無い。
「お局様~、バスの中でポッキー食べる~?」
「これ、お局様の分ね」
「ねーねー、お局様のコートってバー●リー?」「うんにゃ?まっさかぁ、バリバリよん」なんて、氷河期のような寒いギャグにも笑ってやり過ごせるほどのお気楽ぶり。
私たち4人は、広島駅から広島空港直行のパスに乗り込んだ。
そのはしゃぎ方は、小●生の遠足か修学旅行の様である。
平日のバスには、ビジネスマンにビジネスウーマンの方々。私たちの周りだけが色が違っていました。
既にハイテンション、トップギアの私たちに怖いものは無い。
喋り倒している間に空港到着。
はやっ。

そもそもは、今年5月にmooちゃんを虹の橋へ見送ったmoomamaが「広島、大阪行っちゃおうかな」って呟いたのを聞き逃すはずも無く。ええ、本当にmoomamaには申し訳ないと思っております。
丁度、シマ助ちゃん、みつあみちゃん、ねこかかさんと、次々に老猫会掲示板に出現した広島県在住者も現れ、一気に盛り上がるのをいい事に「moomamaが来た時のために」なんて冗談か本気か判らない理由をつけて、宴会に告ぐ宴会にお茶会の数々。
最後には、福山市在住の「老猫会会員キャサリン嬢」のオーナーさん、キャサさん。
自営業のため、超多忙の中
「数年ぶりに丸一日お休み取りました~」の一声で、初日はキャサさんにコーディネートを丸投げ(^_^.)
まんべんなく酷使する幹事なのであった。
しかし、この幹事にこの参加者在り。
スタア歓迎の定番、(愛猫の)顔入りウェルカムボードが出現!?(幹事あずかり知らぬ事態にございました。知っていればモールで飾るくらい入れ知恵したのに~)
キャサさん到着、飛行機到着、広島県内支部員自己紹介がほとんど同時に行われる。
Dscn1433_1

私と同じくらいハイテンションな人々。
尚、私たちが調子に乗っているだけなので、その辺、ご考慮くださいませ。けして今後の参考にされませんよう

そして、到着ゲートからmoomama、beesanさん、ゆゆさん到着。決戦の火蓋は落ちたのであった。


| | コメント (7) | トラックバック (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »