« カミツレ亭にて | トップページ | 姉妹犬 »

2007.02.19

思い出

日曜日、カミツレ亭でのオフ会(ランチに具だくさんのピッツァ+サラダ+手作りスコーン×4個?+生クリームホイップ+手作りジャム3種+プチケーキ2個+ワインにアップルティーに・・・えーとえーとえーと、ワカサギの干物?)
とカロリーオーバーでアップアップなので、旦那には「お願いっ。お好み焼きでも食べて帰ってきて」とメールして10時頃、すっぱい胃液が上がってきたのでうどんを食す。
うーむ、胃の活動が止まってるっぽい・・・・。
と、そこへ
「○○ですが」
と電話。
以前、同じ会社にいたこの人(旦那の先輩)とにかく、職に落ち着きの無い人で本業のほかに、マルチまがいの勧誘や保険など、夫婦二人暮らし猫2匹、子供なし、マンション(の高級感のある響きに問題あり)住まいの私たち夫婦に、さまざまな勧誘電話をしてくる、私にとっては「危険人物」であ。
またしても、何か新しい勧誘かと思い邪険に扱っていたら
「前の会社の社長が亡くなったんで、通夜が**告別式が***会場は***なんで、心当たりの人に回しといて」
その後、もと上司からも電話が回ってきた。
ううーむ、元社長は私らの仲人をお願いした方。とはいえ、その会社を閉鎖して以来、15年近くお会いすることは無かったが。
通夜だけには顔を出さねば・・・・んがっ
「おいっ、礼服、入らん」
という旦那。私も、本日の摂取カロリーはかなーーーり、厳しい・・・きびしいぞっ(ーー;)
案の定、今日一日、前日摂取したカロリーを排出することなくお通夜に直行せねばならない事態に。
当時の、勤めていた会社の社長夫婦に仲人をお願いするのは常識的感じだったので、お願いした(現在のような仲人なしの風潮は無かったし)が、花嫁が一生のうち一番持ち上げられる、披露宴の花嫁紹介で
「以前は結婚したら女性は、家庭に入るのが常識でしたが、昨今の女性は仕事をとるということで云々」
とスピーチされ、
(はぁ!?旦那の給料が安いから私がはたらかにゃならんのじゃっ)
と思いっきり壇上で睨み付けている様子がビデオ撮影されていたり(冷汗)
太平洋戦争時代は軍隊で「馬丁」だったのだと、私の履歴書を見て語りだしたり。
仕事を済ませて車で高速道路をかっ飛ばして、斎場に着いたときロビーにいた懐かしい顔ぶれを見たとき。
今、そんなことを考えているとき、なんだかとても懐かしく、
私が19でその会社に入って、いろんな人に可愛がられのだと思い出して、ハタチの頃に戻ってしまった。
お祝いごとは先にのばせるけれど、訃報にだけは何が何でも駆けつけなさいと、という意味が身に沁みたのでした。

|

« カミツレ亭にて | トップページ | 姉妹犬 »

コメント

m(_ _)mこんばんは。
悲しい出来事。時は、過ぎて。
なのに、りんじょうかん溢れて、現実の今の様子が‥。
「おいっ、礼服、入らん」&うーむ、胃の活動が止まってるっぽい・・・・。にありそうな状況。
何が起こるかわかんないですね。
明日は、わが身と。
突然のTELびっくりでしたね。
心して、食せねば。

投稿: よっしー | 2007.02.20 21:01

>よっしーさん
亡くなる数日前まで、普通に生活して会話して、自分史をPCに打ち込んでいたというから、本当に「大往生」なのかもしれませんね。
会場では「悲しい」といより私たち夫婦を可愛がってくれた先輩たちに囲まれて「懐かしい」感情が先に沸いてしまいました。

ところで、服もぎりぎりだったのだけど、どうして「黒のストッキング」が無いときに限ってお葬式って入るんでしょうね?
ちなみに、お葬式は5年ぶりくらいかな・・・・・。

投稿: お局様 | 2007.02.21 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出:

« カミツレ亭にて | トップページ | 姉妹犬 »