« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.30

所沢周辺で猫の供血のお願い

「*緊急!!*<所沢市内>猫のメロンちゃんへの供血のお願い」

供血の輪→「*緊急!!*<所沢市内>猫のメロンちゃんへの供血のお願い」

くろりこさんのブログより→「ご協力のお願い」


扁平上皮癌による、顎切開の手術のために供血の御協力を、ぜひぜひお願いいたします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.25

猫階段使ってます

三年ほど前に、近所のスーパーのフリーマーケットに来ていた木材加工のショップの人にオーダーして作ってもらったもの。
なんとか、運動負荷を増やして体力増強肥満解消に努めていただかねば・・・。
とはいえ、これが使えるようになるまではけっこうかかりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.03.24

続・警告(ペットフフード)

ペットフードから猫いらず=大回収で飼い主はパニック-米

【シリコンバレー23日時事】カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを食べた犬や猫が相次ぎ死亡した問題で、ニューヨーク州当局は23日、同社商品を調べた結果、ネズミ駆除用の毒物が検出されたと発表した。
 米メディアによると、この毒物は米国ではネズミ駆除用としては認可されておらず、当局筋は、中国から輸入した小麦粉にネズミ駆除剤が残留していた可能性を示唆したという。
 同社は先週末に北米で、缶詰など6000万個以上を対象にした回収・無償交換を開始した。同社製ペットフードを食べた猫や犬が腎不全を起こし、少なくとも16匹の死亡が確認された。
 同社はペットフードの有力メーカーで、全米のスーパーで商品が販売されている。さらに、競合各社のペットフードも手広く受託製造している実態が判明し、愛犬家や愛猫家に「どのペットフードを買ったらいいか分からない」とパニックが広がった。同社に対する訴訟も起こされた。 

****************************
先日、こちらに乗せたエントリーの続報が発表になりました。
と、いうことは人間にはどうなんでしょう?
ドライフードにの安全性についていろいろ考えさせられます。

そういえば
「何で缶も回収?」
と思っていたら、そうか、アメリカの缶てお肉だったんだわ。
ついつい、猫缶=魚と思いがちなのよね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.19

警告(ペットフフード)

今、こんなニュースを見かけました。




2007/03/18-17:20 ペットフードを大規模回収=相次ぐ死、飼い主に混乱も-北米

帰宅した頃にはもっと情報が公開されていることを切望します。
-----------------------------------------------------------------

コメント欄に、猫友達の「むぅきち」さんが、より詳細な解説を下さっています。
私もこの記事を読んで「メニュー・フーズ」で検索したんだけど全然引っかかりませんでした。
-----------------------------------------------------------------

いつもお世話になっているペットシッターのぬーなーさん゛トラックバックしてくださいました。
トラックバックのコーナーがわかりにくいので↓にリンクさせていただきました。

「怖いニュースです」

うち、今「ユカヌバ」だよ・・・。心情的に嫌だな、とおもってしまう・・・。
------------------------------------------------------------------

確かに、日本語の記事では「回収対象の缶詰などは犬向け、猫向けそれぞれ40種類以上で、全体で数百万個規模とみられる」のうちの10匹でペットの死亡との因果関係が認められた、というものがどういうことなのか良く考えないといけない問題だと思います。たとえば、何十万個分の10匹。
私の友人には「そば粉アレルギー」もいますし、私が不用意に渡した鎮痛剤で「ピリン系アレルギー」を起こした人、私の母は「ジャガイモアレルギー」です。動物病院で「ワクチンによる死亡例」の話もきいたことがあります。
このフードの話が、これ以上報道されないことには、情報の集めようが無いのですよね。

むぅきちさん、本当にありがとうございます。

そういえば、私も二年前に、発熱で寝込んで3日目に病院にいって検査したら「インフルエンザB型」でした。
で、タミフルが処方されたんですけど
「これって、今飲んでも遅いんじゃ・・・・・・・」
と、処方薬局でつぶやきそうになったのを覚えています
うーん、病院にいくの遅すぎかしら?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007.03.18

シマ助ちゃん追い出し大宴会

本日は、「ひろしまねこばかたい」の大切な機動力である、シマ助ちゃんの追い出し大宴会。
Dscn1784本日の主役様

この日のために、実に色々な方を巻き込み開催とあいなりました。が、のっけから大失敗。
早めに着いた私、みつあみちゃん、カミツレさんで歩いて開催場所のねこかか亭に辿り着き(駅から10分ほど)わきゃわきゃしていると
「はっ、ちょっと!どうして三人ともいい格好してるのよっ」
「だって、ねこかかさん、今日はシマ助ちゃんのハレの日だからドレスコードはフォーマルよっ。シマ助ちゃんだって振袖かもしれないし~」
「ね~」
ねこかかさん、慌ててお召かえ。
そして、電話が
「ねーねー、誰も居ないんだけどー」
「きゃーーーーー、迎えに行くの忘れてたっ」
ねこかか号爆走。
本日の主役は、どすどすとやさぐれた態度で登場。
「みんなひどすぎーーーーー(ーー;)」
「も、申し訳ありません~」
平身低頭の私たち。
とはいえ、主役(シマ助ちゃん)と主役(シマちゃんのお写真)も登場して貢物の数々の登場。
「わーーーーすっごいー」
moomamaさん、beesanさん、ゆゆさん、タイピィさん、ボンゴレーノきんたさん、NAOさんありがとうございました~。
シマ助ちゃん、ものすごい喜んでくれましたよ~。
Dscn1792
Dscn1797

今回は奮発して、仕出しのお花見弁当ととり農場さんのたたき各種。
その後は、コーヒーを飲み、お茶を飲み、お菓子を頂きながら相変わらずの猫話。
最後はシマ助ちゃんより涙涙のお礼の言葉もあり、しかもそのときだけアトムちゃまが自主的にお出ましになり応援。おお、ええ子やん~。
Dscn1803はよ、かえってくれんかね?

しんみりしたりするまもなく、撤収し二組に分かれて駅まで送っていただく。
駅には第一陣で移動したおかーたまがおとーたまのお迎えをまっていたりして再会を喜ぶ。
わたしはシマ助ちゃんと降りる駅が一緒なので、一緒に切符を買って改札を抜け、もう電車が入ってくるぞ!というとき大事なことを思い出したシマ助ちゃん
「お花、忘れた~」
そういえば、涼しいお部屋に置いておいてもらったんだった。
ねこかか号、大爆走してきたと思われ(*^_^*)花束を抱えて改札まで走ってくるねこかかさん、オトコマエでした~。

これから、シマ助ちゃんは関西にて活躍してくれると思われます。
どうか、お幸せに~。
帰ってきたら宴会が待ってるぞ~。
肝臓鍛えとけよ~。
Dscn1808合掌


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007.03.15

なんてこった(ーー;)

PCでSDカードが読み込めなくなった~
デジカメだと時々
「このカードは使えません」
と出るけれど、何度かに1度は読み込んでくれる。
や、ヤバイ(ーー;)

大至急、Amazonさんに発注。
18日に間に合うといいけれど・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.11

タイピイさんがやってきた

ベリーと同じ水頭症で癲癇発作のお仲間「桃ちゃん」が自宅の外壁塗装が原因で発作が続いたので、危機回避のために入院(でも、桃ちゃんにとっては実家に帰ったような感じ?)したというタイピイさんに
「じゃ、桃ちゃんが入院してる間にベリーに会いに来ちゃいます?」
と種火を用意したところ、ぼうぼうと燃え上がって飛行機に乗ってやっていらっしゃいました。
そして、活動熱心な「ねこばかたい隊員」に声をかけたところ、ねこかかさん、ジャム&おかーたま、みつあみちゃん、シマ助ちゃんが参加してくれました。
前日、広島は久々の雨。
当日、広島空港周辺は小雪が舞っておりました。
そんなこんなで飛行機は5分遅れで到着。
去年の10月にお会いして以来のタイピィさんと無事合流して1時間ちょっと高速道路をかっとばし、まずはお昼ご飯。
「庭園れすとらん ふじ田」(サイトはこちら)
宮島の大鳥居を対岸から見ることの出来るレストランで、昔は格式ある料亭旅館だったところ。
実は私も入るのは初めて。
「ふじ田」に着く直前から、お天気がいきなり回復して、暖かい室内に燦々と光の入る窓際の席。
Dscn1755
一足先に着いていたシマ助ちゃん、挨拶するなり
「タイピィさんて、どこかでお会いしましたっけ?」
「えー?多分、無いと思うけど・・・・」
「なんか、初めて会った気がしないのよ~」
そして初めてのはずなのに、初めてとは思えない会話が始まる(*^_^*)

Dscn1753
食事は三人とも、このお店を最初に偵察してきた、ねこかかさん推薦の「穴子まぶし膳」を注文。
「一杯目はそのままで、二杯目は薬味をかけて、三杯目は出し茶漬けでお召し上がりください」
ということで頑張って食べる。
シマ助ちゃんは着いていた「穴子の骨せんべい」を丁寧に包んでお持ち帰り。さてさて、青少年ダニたんはお召し上がりになってくれたのでしょうか?
食事後は、「おつぼね号」は直帰。「シマ助号」は残りの隊員を回収して我が家にやってくるという水も漏らさぬ緻密な計画。

Dscn1756ハイ、ポーズ♪
一足先にタイピィさんはベリーとほたるとの対面を果たす。
走行しているうちに、後続隊もやってきて、室内は始めましての御挨拶とおみやげ物交換に花が咲く。
タイピィさんからもとってもかわいらしい名刺のついたお土産をいただきました。
本当にありがとうございます。
また、この日はワタクシの誕生日ということで、隊員さまよりプレゼントの数々をいただきました。お風呂でゆっくりリラックスして、早く血圧を下げたいと切に思っております。
その後はほたるの脱毛のお披露目(こういう飼い主だからストレスが減らない)や最初はびっくりしていたが、落ち着いてきたベリーで遊んでみたり、タイピィさんの桃ちゃんの介護ノートやメロンちゃん、おたいちゃんとの画像やほかの子のお写真を見せていただいたり。
「桃はねぇ、母猫に淘汰されかけて助かった子なの。首のところに傷があってね」
というお話は本当に、心に沁みました。
担当の先生でも困惑するほどの癲癇発作は、本当にいつも、紙一重の選択を迫られながらのもの。
これは「桃ちゃんの御褒美」なのかな?
今日一日、ばたばたと移動し、お腹がよじれるほど笑って帰って行かれました。
帰宅したら、お留守番のメロンちゃんと何をお話されてるんでしょうか(*^_^*)

そんなタイピィさんが、最近、そんな桃ちゃんの介護記録ブログを開設されました→ 「水頭症の猫、桃の記録」
どうか、一日でも早く、桃ちゃんが毎日を穏やかに暮らせますように。


| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007.03.09

「Wooo」買っちゃった

以前から、手軽なデジカメ動画もいいが本格的な「私のビデオカメラ」(今まで使っていたのは旦那のやら弟からの借り物)が欲しくなった。
「私の」と強調しなくてはならないのは、私のでないと出しっぱなしにしておけないから。
旦那はちゃんと箱に閉まって必要なときだけ箱から出して使うA型。
私は常に使えるようにしておきたいのよ~。
今年は免許の更新にメガネを新調しなくてよかったし♪

070303_161248
何これ?
おいちい?
んで、デジタル一眼とか言ってたのはどしたのよ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.03.08

免許更新と「どろろ」とベリーのワクチン

免許の更新が5年になって、お知らせが来るまで更新のことをすっかり忘れ去っていた・・・(ーー;)
ということで水曜日に休みを取って行くことに。
この日、旦那はバイクで出勤。
私が免許センターの駐車場に着いたとき、雪がちらついていた。
寒い・・・ここ最近なかったほどの冷え込み。でも、私はバイクの免許持ってないんだもーん、と足取りも軽く更新申し込みへ。
免許の更新のとき、いつも心配は「視力検査」。いつも更新前は眼科でのチェックにメガネの買い替えと妙にお金がかかる。が、今回は眼科で「今のメガネで大丈夫」と診断されたのでフトコロも少し暖かい。
10時過ぎには新しい免許証を受け取る。
そして、今日は水曜日。そのまま市街地へ出て行き、ブラブラしたりタイ料理のランチを食べたり。
広島の映画館はレディス・デーで千円で見ることが出来るので、12時55分から上映の「どろろ」を鑑賞。
16時に帰宅。16時半にはベリーのワクチン接種に動物病院へ。
平日の昼イチの診察だから混んでないだろうと思ったら、先ワン2名。
片方はヘルニアを発症したらしきダックス。片方はやつれ果てた感じの柴。
結局1時間近く待って「○○さんどうぞー」
「今日はワクチンお願いします~」
「じゃ、機嫌が悪くならないうちにやっちゃいましょう」
が、本日も待ち時間が長かったので、キャリーの上蓋を開けた瞬間に
「シャャァァァァァ」
先生、注射器にアンプルからワクチンを吸い出すとぐるりと私の後ろを回って準備OK?
「どの辺に打ちます?」
「首の後ろの辺りですかね~」
「じゃあ、こんな感じの抑え方でいいですかね?」
と私がベリーの前脚の上腕を押さえ込むのを見るなり、ぶっすり。
「ウギャァ」
逆上したベリーたん、私の胸元に喰いつき、次の瞬間には右手首を狙うという、本能丸出しの暴れっぷり。
しかも先生が離れたほんの数秒の早業。すごいわぁって感心している場合ではなく・・・(ーー;)
何とか落ち着いたところでキャリーバックにお戻り頂き(ーー;)診察室内に安堵の雰囲気・・・。


家に帰って鏡で確認すると、吸血鬼映画の深窓の令嬢の胸元についていたようなポチっとした傷が2箇所。
ベリたん、おかあちゃんは美味しかったかい?
Pict0085
おかあちゃんの霜降りはおいちいでちゅ♪
元気な証拠でちゅ♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.05

ほたる甘やかし強化

2月26日、何気なくストーブ前でくつろぐほたるをひっくり返してビックラこいた!

ウルトラマンのカラータイマーのある辺りが脱毛してる。
うわっっっっ、きもちぇぇ~。すべすべしてるぅ~。
・・・ではなくて(ーー;)
原因は、
①電気座布団の上にかけているフリース(帯電して静電気がおきやすい→こちらを参考)

②ストレス→旦那との不仲、ベリーの発作に傍若無人な態度、甘えたいのに甘えられないイライラで胸元をよく舐めてグルーミングしている。

だろうなぁ・・・ということて、この一週間、30分以上はかまってやる事に。
Dscn1737

Dscn1735

一週間たって、多少、復活してきた模様。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007.03.04

布教活動?

いまや国民病ともいえる「花粉症」
わたしもかれこれ、20年以上のベテラン患者であります。
顔の皮膚の上でアレルギー反応起こしてお岩さんになったり、呼吸困難になったり、鼻が詰まって口で息するから咽喉が炎症を起こして熱を出したり・・・・と、危険な症状も多々。
ええ、テレビで特集組まれる度にいろいろ試してみました。
甜茶、ヨーグルト、サプリ、鼻うがいに市販の薬多種・・・・・・。でも、一番効くのは「病院で処方される薬をきっちり飲む」
去年から、高血圧で内科での受診が4週間に一回行かねばならなくなったので、それまでかかっていたアレルギー科の薬を持ち込んで、高血圧との薬との愛称などを相談の上、内科から処方してもらうことにしました。
何がいいって、内科の先生と処方薬局の薬剤師さん、花粉症なんですもの(*^_^*)
「先生っ、来ましたっ」「そうでしょうでそうでしょう。僕もきてますよ~」
今までのアレルギー科の先生はお歳でもあり、花粉症ももってないから対応が機械的だったのよねぇ。

先日、お昼の休憩時間に近所のショッピングセンターにぽてぽて歩いていたら、巨大なマスクに真っ赤に充血した目の工場長が一人でランチに向かう所に遭遇。
「風邪ですか?花粉症ですか~?」
「花粉症だよ。君はなんともないのかね?」
「私、飲み薬が3種類と、点眼に点鼻に2週間に1度のアレルギー注射で押さえ込んでますよ~」
「2週間に1度はめんどくさいなあ」
「でも、1年のうち、4分の1を不愉快に過ごすのに比べたら、たいしたこと無いですよぉ」
「うーん、考えとくかぁ」
でも、このヒトが元気になるとうちの課長とか迷惑かも・・・?
その日の帰り道、信号待ちをしているとマスクに花粉症対策のゴーグル型のサングラスをしたよその課のおばちゃん。
おりしも、花粉飛散量の多い日。私も目が痒かったのだから、その装備がどこまで効いてるのか・・・。
「いいねぇ、花粉症じゃない人にこの苦しさはわからんでしょう」
(をいをぃ(ーー;))「いやぁ、私もひどいですよ~。病院に2週間に1回行って注射打って、薬が3種類と目薬と鼻の薬で抑えてるんですよ」
「病院に行かんといけんのん?この辺にアレルギー科なんかシャレた病院ないしねぇ。市販の薬は胃が荒れるし」
「私、いまは内科で処方してもらってますよ。聞いてみたらどうですか?」
「そおねぇ」
ありやりゃ、気の無いお返事。

ちなみに、朝→ジルテック
      夜→ぺミラストン
それでも効かないときにセレスタミン
点眼はフルメトロン、点鼻はフルナーゼ。
2週間に1度はアレルギー注射。
これを1月末から開始する。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

里親さん募集~関西~

「kissa*almanakka」のkukkaさんがとある施設から一時預かりで引き取られ、家猫修行中の「さくらちゃん」の里親さんを募集しています。

Sakura詳細はこちらをポチっ

また、kukkaさんのサイト「kissa*almanakka」(こちらをポチッ)では先輩猫ななちゃん、りんちゃん、人間との付き合い方を学習中のさくらちゃんの様子もつづられています。

「天真爛漫」なさくらちゃんを家族に迎えてあげてください。
御連絡、御相談は上のサイトのkukkaさんまでよろしくお願いいたします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »