« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

ムラサキの・・・

旦那も出かけた土曜日の昼ご飯にパスタを茹でた。
お湯を切るために両手鍋の取っ手をタオルで包んで持ち上げようとしたところ、たるんだタオルの中央部分が沸騰したお湯に漬かり、跳ね返った先は、私の胸元
声にならない「あづい~~~」を心の中で叫びつつ、

お湯が跳ね
ひとり踊るよ
アッチッチ(滝涙)

あうあうと泣きながら、納豆パスタを食する。

しかし、何日経っても、赤みも取れないし服の端に当たると痛い。
そんな時「てんかん掲示板」で
「紫雲膏」なる薬を教えてもらう。
へー、火傷といったらオ●ナインではないのか~。
翌日、早速会社の近所のスーパーに入っている薬局に行く。
しかし、最近はこういうところでは薬剤師さんが足りないのか「薬剤が不在ですので薬の販売は出来ません」と壁際の薬のコーナーはカーテンがしてある。
「どういったお薬をお探しですか?」
とスーパーの店員さん(薬剤師さんではない)に声をかけられるが
「えーと、火傷に効く薬はどれですか?」
と聞いてみる、が、答えは
「申し訳ありません。薬剤師が不在なので、私では判らないんですよ」
「あー、そうですかー」←棒読み(ーー;)
一応、やけど用の薬が置いてあるコーナーは規制外らしく、色々置いてある。
後ろでスーパーの店員さんが張り付いていて落ち着かない。
あきらめて、翌日は薬剤師さんがいることを確認して離れようとして、棚の下のほうにある色合いの派手なパッケージに目が行く。
「こ、これが紫雲膏かっ・・・・」
だって、赤紫色のパッケージ・・・ってまんまじゃない。
速攻、購入して自宅にて開封。
ポチっと封を開けてビックリ。

わたしゃ、旦那と喧嘩したとき腹癒せにこのまま「ムラサキ芋のペースト」としてケーキのデコレーションに使ったろうかとおもうたよ。

とりあえず、風呂上りに塗り塗りして眠りについた。
翌朝、パジャマの患部にこすれた部分が紫色に色移りで更にビックリ。

でも、どんどん腫れも痛みも消えて、患部はいい感じに治癒中でーす。

紫雲膏(カネボウ薬品)  →こちら

*****************************
紫雲膏(しうんこう)は、皮膚病に効果があるとされている漢方薬である。 中国の明代に珍実功が著した「外科正宗」に記載されていた潤肌膏をもとに、江戸時代の医師・華岡青洲が創案した軟膏であり、ひび・あかぎれ・しもやけ・魚の目・あせも・ただれ・外傷・火傷・かぶれなど、膿や滲出液の少ない皮膚症状に適用される。

*************************


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007.09.26

『夕凪の街 桜の国』と「ミス・ポター」

『夕凪の街 桜の国』(公式HPはこちら)
            (映画ブログはこちら)

お盆前、旦那と行ったお好み焼き屋で、飲んだ勢いで盛り上がった女性と、「夕凪の街 桜の国」の話で盛り上がった。
私は原作は読んでいるが公開されたばかりの映画は見ていない。
彼女は、映画は見ているが原作は読んでいない。
酔っ払いだし、かみ合っているのかいないのかわからないけれど、お互いに未見のメディアを見る約束をした。
とはいえ、テーマがテーマだし「ついでに見るか~」という気分にはならない。
襟を正して正座して、ハンカチと心の準備が必要かと思い、ずるずると時間が過ぎてしまい、映画上映案内欄から消えていく上映館。
やっと、見た感想は
「もっと早く観て置けばよかった!」
でした。


チャンスのある方、ぜひとも、見てください。
テーマについてはあちらこちらで語られておりますから触れませんが
広島の方は特に、某俳優さんと女優さんの
「ネイティブですかいっ!?」
とビックリする広島弁とか、平和公園横のホテルとか、くすぐられるところもアクセントになっておりました。



↑原作はこちら


「ミス・ポター」(公式HPはこちら)
「ピーター・ラビット」原作者、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品。
主演は「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガー
たしか、「ブリジット・ジョーンズの日記」のときに「イギリス人よりもイギリス人らしい」と評されていたような。
実を言うと、疲労困憊していた私と友人カミツレの二人は、直前まで
「映画やめて、マッサージに行こうか」
なんて話し合っていたのだけれど、見終わっていたら2人とも憑き物が取れたようにスッキリ。
気持ちのいい映画でした。
私は、オープニングの水彩絵の具を溶いて、ピーターラビットのベストの色がコップの水に変わるところで引き込まれました。
エンディングも良かったですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.24

はつかいち商店街活性化花火大会


コンビニのレジ横で「〈廿日市市制施行20年記念〉 はつかいち商店街活性化花火大会開」のチラシを見つけた旦那。
ここは、いっぱつ奮発するか!
っちゅうことで、畳一畳分ほどの協賛者席(指定席)を申し込んだ。
当日、昼間に、おかーたまと荷物を受け渡ししてお茶、その後家電屋にて、細身の三脚を購入。
いや、ウチ、数えてみたら大小合わせて三脚5本ほどあるのだけど、バックに入るサイズの軽いものが欲しかったので。

帰宅して、大急ぎで、保冷バックに冷却材とビール、ゆで卵、おにぎり、おつまみにお手拭を仕込み、もう一つのバックに、DVDビデオカメラ、デジカメ、携帯電話、財布と、ビールのおまけについていたシートに携帯座布団を用意。
用意万端整え、副業から帰ってきた旦那と会場まで移動。
しかし、近いと思っていた会場が、混雑で遠いっっっっ。
席に着いたのは開始10分ほど前だろうか。
やれやれ間に合った・・と思った瞬間から、ポツポツと・・・
だんだん強くなる雨足。
「さあ!開始です!」
とアナウンスがある頃には土砂降り。
慌てて、ナイロンカッパを着込んで凌ぐ。
意地になってビールのプルトップを空けては見たものの、水割り状態?
他へものを食べるどころか、保冷バックを開けるのも躊躇われ、ましてやカメラなんて危険すぎ~\(◎o◎)/!
おかげで前半は花火に集中できましたけど。
後半は雨も止んで、暗がりでビデオカメラとデジカメを設置したものの。
新品の三脚が、DVDカメラの重量に耐えられず、今にもひっくり返りそう。
あたしの2000円返せー
と遠吠えしたいのを何とか抑えることが出来ました。

コレは、デジカメで撮影した、第5ステージ「海上の舞い」だったような・・・・。
季節外れの花火大会をお楽しみください。

さて、花火が終わって、片付けていると暑さを凌ぐために持ち出した団扇は「金魚すくいした後のわっか」のような状態になっておりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.23

がんばれ!ご贔屓さん

先週の日曜日、旦那と連れ立って、天満屋広島八丁堀店で開催されたイベント「「ひろしま満点ママ!!」フェスタ 」に行く。
↓内容はこんな感じ。
(「ひろしま満点ママ!!」フェスタ
◆9月12日(水)~18日(火) ◆8階催事場
テレビ新広島の朝の顔としておなじみの番組「ひろしま満点ママ!!」が八丁堀天満屋に初登場!
満点ママの各コーナーで取り上げられた、洋食の名店『広亭タナカ』、クリームパンが評判の『LAPAIN』、こだわりの雑貨を揃える『Tanemaki』など、広島県内を中心とした有名店が大集合!
さらに、料理コーナーでおなじみの、樫村シェフの『マンジャペッシェ広島』、代さんの『スーツァンレストラン陳』、仁井先生の『わたしの食卓』、勝田先生(カッタちゃん)の『リーガロイヤルホテル広島』も出店。
ぜひ遊びに来てください!
)


ご贔屓の中国家庭料理のお店、聯聯(れんれん)(HPはこちら)出店とチラシにあったから。
そのお店が、市内の繁華街でカウンターでやっている頃から行きつけだったので、応援がてら冷やかしがてら出かけた訳なんだけど・・・じつは、移転して交通の便が悪くなって遠のいていたので、ちょっと肩身の狭い気分。
でも、イートインの注文を受けるために顔を上げたママさんは
「あ゛ー、ひさしぶりー。げんきだったー!?」
と嬉しそうに声をかけてくれました・・・感動。
久しぶりに食べた「水餃子」美味しかった~。
「聯聯(れんれん)さん、また近いうちに行くからね~」と声をかけてイベント会場を一周。

広島県内や周辺の有名店を集めたイベントだけに
「ま、ここで買わなくてもいっか」
と購買意欲もイマイチわかず(をいをぃ)ウロウロしていると
「おんや!?」
と覗いて
「あー」
と反応されたのは「chocolate」さん(HPはこちら)
チラシの食べ物関係出店店しかチェックしてなかったから不意打ちをくらった(*^_^*)
もう、街中で同級生に出会った気分なのである~。
話しながら
「どれどれ、チタンちゃんの新製品はあるかな~?」
と漁っていると
「チタンねぇ、太ったのよ~」
「ええー!?」
と、ここでも「行く行く!近いうちに行く!」
と旧交を温めたのであった。

どちらのお店も頑張れ~(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋・冬シーズンに向けて

ベリーの発作が頻発する「梅雨」シーズン後、今年は異常なほどの高気圧安定タイプで、ほかの事は置いといて、低気圧や気圧の変動による発作が少なく過ごすことが出来ました。
これから、考えなくてはならないのは「秋」(台風)「冬」(低気圧)。
特に雪が降りそうな気圧配置になると危険度は増すばかり。

少しずつ、発作頻発シーズンに向かって準備中です。

★ベリーのお気に入りの暖房器具やマットをリビングに集中させる。
 これは、ある意味、行動規制。
 猫だから、暖かいところから動きたがらないので「ほうら、ここは暖かいよ~」というスペースを作っておけば、失禁の被害が少なくて済む(可能性がある)

さて、そんなリビングの配置はこれ
Dscn1849

中央の白いマットの中には人間用の電気座布団が24時間稼動

その下のキルティングのマットはぺらぺらなもの。
なぜなら、失禁して洗ったときに乾きやすいから←コレ、冬場は大切。
Dscn1752
マットの下にはコタツの下などに敷くアルミの敷物+ゴムの滑り止め。
アルミは保温もだけれどフローリングにオシッコが染みないように期待を込めて。
あと、裏が白いと失禁の有無と回数が判って便利でした。

普段はこの上に小さいテーブルを置いてます。

画面右側、ストーブの前にあるのが、去年買った優れものの保温マット(ショップは違うけれど、こういうもの)
オシッコで汚れても洗えるところと、お値段がとにかく安かったのがポイント。
人間用に大型犬用サイズのものを購入しようと思ったときには売り切れていた・・・。残念。
Dscn1636


我が家の下は吹き抜けの駐車場なので、とにかくフローリングが冷える!底冷えがするので、寒さ対策は重要。
そして、何より大切なのは、洗って乾きの早いもの。
生地屋さんで、1メートル×50センチのキルティングの布を買って、ミシンを持っている友人に端を縫ってもらいました(去年は切りっ放しで使用して、何回も洗っていると縁がボロボロになってしまったので・・・。)
Dscn2873
このサイズは、敷いてもよし、電気座布団や湯たんぽに巻いてもよし、何回も洗っていると吸水性がよくなるのでベリーの身体を拭いたり床を拭いたりと、便利です。


もちろん、発作が起きないに越したことはないのだけれど、薬の量との兼ね合いもある。
薬のコントロールも天気図を見ながら増やしたり戻したり、中々大変だけれど、工夫によってはお互いの負担を減らすことが出来るはず。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.09.22

真夜中にポチっ

日曜日、本棚の整理をしていて50冊くらいを近所の古本屋に持ち込み、700円ほどの臨時収入。
このとき、本棚の奥にあったマンガを「つい」読みふけってしまい
「うぎゃー、続きが気になる~」
と作家の名前でamazonで検索したが、ヒットしない。
おかしいなぁ~、と作家さんの公式ホームページを見ても、最近のものの情報しかなくモヤモヤは募るばかり。

その日の夜中、目が覚めたついでにPCを起動し、英語タイトルで再び検索すると
「なんだー、あるじゃん」
とマーケットプレイスで1円(+手数料300円)にて続きを3冊ゲット。
安心して眠りについたのでした。

後日、読書趣味が似ている会社の子に話したら
「あり得ないー!」
と後ろ指をさされてしまいました。
えー、わたしの中ではよくある話なんだが・・・・・・・。


 Combination 6  聖りいざ

発注したのは↑の4.5.6巻

私の持っている12.3巻は「CLAMP」が作家名なんだもん。
いくら「CLAMP」で探しても見つからないわけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫バトン

タイピィさんから猫バトンが回ってきた~(*^_^*)

Q1:猫を飼うようになったきっかけは?
   実家で母が野良さんに餌付けしたり、その辺に落ちていたのを拾って帰ったり、いなくなったりを繰り返して いたのだけれど、結婚して借家住まいの10年間は全く「飼いたい」気持ちが湧かずにいたけれど、マンション購入や上司の死や病気などで精神的に追い詰められていたとき、ペットショップの「差し上げますコーナー」でベリーと運命の出会いしてしまいました。

Q2:今までで1番すごいいたずらは何?
   イタズラはされたことはありません。
   ただ、偶然が重なり「私の心臓止める気かっ!?」と思うことは度々。

Q3:愛猫がしゃべったら、飼い主のことを、どう思っているか。
   「お薬嫌い!病院嫌い!お留守番はイヤッ」

Q4:タイピィさんからの質問
   「抱きしめたくなるほど、愛猫がかわいい瞬間は?」
   「ちょうだい」の顔で見上げられたとき
   目が合って、お返事をしてくれた瞬間

Q5:次にバトンを渡す人への質問
   ウチのコの食べてしまいたいくらいラブリーなポイントを教えてください
   ちなみに、ベリー→不機嫌なとき「ブンブン」と振り回される擂粉木棒のような尻尾
         ほたる→ピンクと黒のまだら肉球~

Q6:バトンをくれた方へのメッセージ
   ベリーと桃ちゃんがどこかで画策したような、メールのやり取りでどんどん世界が広がりましたね。
  桃ちゃん、メロンちゃん、まぁくんのトリオ漫才を楽しみにしています
   
そして、次にバトンを渡すひとは~~地元つながりで
  ジャム&おかーたまさん
  ねこかかさん
 
  よろしくお願いします~(*^_^*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.09.20

おにゅ〜の…その2

おにゅ〜の…その2
なんか違う〜(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おにゅ〜のティアラ・1

おにゅ〜のティアラ・1
おかあたん、もっと派手でゴージャスなのが良いです〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.17

松山に行く~9/8・9/9


旦那が珍しく「松山に行こう!」と燃えはじめたので、人生2度目の四国大陸上陸することに。
広島市の西の端から南の端まで市内電車で横断して広島港へ。
松山には、のんびりとフェリーを利用すること、約3時間。
途中、呉港に寄るので海から「大和ミュージアム」(HPはこちら)と「てつのくじら館」(HPはこちら)を眺める。
Dscn2771
呉港は映画「海猿」でも有名になったけれど、海上保安庁の施設もあったり、好きな人にはたまらないスポットと思われます。

船旅に興奮しつつ船内をウロウロしたりしているうちに、あっという間に松山観光港に到着。
連絡バスに乗り伊予鉄道・高浜駅へ。
Dscn2779
ここがまた、レトロな駅舎で旅行気分も盛り上がるというもの。
ちなみにトイレも懐かしい(^_^;)タイプでごさいました。
すぐやってきた電車に乗り松山市駅に向かってGO。
Dscn2785
Dscn2855


海岸に沿って走る、次の駅など良い感じだなぁ~と動き始めた車窓からパチパチ撮影していると、フェンスに「東京ラブストーリー・ロケ地」の看板と結ばれたハンカチが何枚か。
えー!?ココだったのかぁ・・・・・。(懐かしい方はこちらをどうぞ)

伊予鉄道・松山市駅に着いた頃が丁度お昼時だったので、商店街をうろつきながら良さげな地元料理のお店とかないかなぁ~、とウロウロするがメイン通りにあるのはイタリアンとかインドカレーとかの看板ばかり。
丁度、商店街の真ん中にすえられた椅子とテーブルで街角で手に入れた「ホットペッパー」を広げてああでもないこうでもないと悩む旅行者夫婦に向かいのお店のおじさんが出てきて、お昼の相談に乗ってくれました。
ああ、人の優しさが沁みるわぁ~。
Dscn2789
と、いうことで、お昼は、お食事処「五志喜」のそうめん。これは「伊予さつま五志喜」セット。
この後、することもないまま、商店街が終わりなんとなくそのまま松山城に登ってしまう。
なぜなら、そこにあるから(^_^;)
Dscn2797

しまった(ーー;)松山城に登る予定なんてなかったからパンプスだよ~。
歩きやすそうだと思った踵に敷かれたエアクッションが思わぬ摩擦を・・・きゃー。
それに秋だからとワンピースの上に羽織ったニットのカーディガン・・・む、蒸れる~。
仕方ないので、カーディガンを脱ぎ逞しすぎる二の腕を披露する羽目に。
それにしても、暑い。
二人とも汗だく。
とくに汗っかきの旦那のシャツは絞ったらかなりの水分が出てくると思われる。
ホテルにチェックインしてシャワーでも浴びるか・・・・?
そうだ!
ここは松山!
道後温泉があるじゃないか!
実を言うとホテルは眼下にある。
温泉が好きではない旦那を「温泉から上がったら地ビール奢ってあげるからっ」言いくるめて、路面電車に乗り込み道後温泉 本館へ。
Dscn2800
(HPはこちら)

良い湯でした~
なんたって、汗だくだったし。
湯上りのビールもサイコー!
しかし、あまりにビールが美味しくてジョッキに2杯+グラス1杯空けた●●旦那。
おつまみじやなくてほとんど晩御飯といってもいい料理を頼んでるし。
こーいうのは、ちょっとが美味しいのに(ーー;)
約束だから最初の1杯分だけ渡して後は、御自分でお払いくださいませご主人様。
その後は路面電車で移動してホテルにチェックイン。
お部屋は、松山城を見上げるキャッスルサイドであった。
部屋も広いし~。奥様の機嫌も直るというものです。

さて、今回、旦那が松山に行こうと言い出したのは
070908_172818
コレを見るため。
ええ、鼻に詰めたピーナッツを飛ばしたりするアノ方です。(こんな方のツアー日程表)
広島公演が2デイズなのに平日開催だったので、土曜日開催の松山にやってきたという訳なのです。
開演してすぐに突っ込みを入れられ、梅ちゃんのお水係となった旦那。
阿鼻叫喚のライブ。
そして最後の最後にワタクシも被害に・・・・。

Dscn2809
(当方で責任を持って処分させていただきました)


Dscn2811
「この豆なんだ~♪」「・・・」「この白い粉はなんだ~♪」「・・・・・」

この旅行、梅ちゃんの公演と翌日「とべ動物園」に行くこと以外は行き当たりバッタリの旅でございます。
翌日、とべ動物園から松山市駅前まで戻り、讃岐うどんを食べてフェリーで広島へ。
松山では、旦那は公演グッズ、私はピースちゃんグッズを購入した以外は土産物を買うということもなく帰ってきたのだけれど広島港にある「楽韓市場」(こちら)で何故か韓国食材に韓国酒を山ほど購入して帰宅したのでした。

ベリーとほたるは、いつもお世話になる「ペットシッター・ポレポレキャッツ」(HPはこちら)さんに面倒見ていただきました。
ぬーなーさん、いつもありがとうございます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.12

猫 てんかん掲示板

「老猫介護・・・むーちゃんの場合」(サイトはこちら)の管理人のmoomamaがサイト内に「猫のてんかん相談所」掲示板を作っていただきました。


Title


(こちらからどうぞ)

moomama、ありがとうございます。
どんどん活用したいと思う所存でございます(*^_^*)
桃ちん所長もガンバレ~

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ピースちゃんに会いに行く

愛媛県立とべ動物園(http://www.tobezoo.com/)には、てんかんの発作をおこすホッキョクグマのピースちゃん(女の子)いると知ってから、1度は会いたいと思ってチャンスを窺っていたので、今回の旅行はまさに、「渡りに船」「馬に人参」というべきか。
他人の迷惑顧みず、勢いだけで、「kukkaさんちのななちゃん」「タイピィさんちの桃ちゃん」についで「とべ動物園のピースちゃん」もこのカテゴリーにに入れてしまいます。

伊予鉄道松山市駅にてバスの乗車5分前に「ZOOきっぷ(とべ動物園バスクーポン)」の看板を発見。往復1.000円+入場料300円=1300円が、なんと950円。
Dscn2815

早速2人分購入しバスに乗車し約40分。

Dscn2816

入園してすぐのところにアシカとホッキョクグマ(一頭はピースちゃんのママ)のエリアがあり、その奥に個室のクマ舎。
その一番手前がピースちゃんの個室。
い、いない??・・・・・
よく目を凝らすと、奥の寝室に。
Dscn2821

をを~居た居た。
この日は、雨になるかも知れない湿度の高い曇り空。
午前中だし、元気は無い。
どんなに目を凝らしても、遠い。

さて、ピースちゃんは、飼育放棄したお母さんクマの代わりに飼育員さんが自宅で育てた日本初の人工飼育されたせいなのか、明らかに別のホッキョクグマ舎の2頭とは雰囲気が違う。
また、隣のツキノワグマやマレークマとも全然違う。
なんだろう?

とはいえ、あまりに動きが無く(私の熱い視線がうっとおしかったのか?)旦那も飽きてきたので、私は十☆年ぶりに動物園を回る。旦那は生まれて初めての動物園なんだと。
しかし、広大で起伏にとんだ動物園はパンプスではキツ(ーー;)
30分ほどして一周して元のピース舎の前に。
今度は、白い小山が・・・・!

Dscn2839

お、おちりは可愛いが微動だにしないので、肉球とか撮影してみる
Dscn2840


なんとか顔を上げてこっちを見てくれないかなぁ、と思っていると、幼稚園位の女の子が一生懸命
「ピースっ!ピースっ!」
声をかけると、むっくりと顔が上がる。
Dscn2849


うむっ、さすが、人気者だわ。

さて、今回わざわざ「とべ動物園」まで行った理由のひとつに
「飼育のプロがどのように管理しているのか」
を見てみたかったということもある。

Dscn2818_3

以前、何度もテレビで発作を起こしおぼれたプールの水は抜き、プールの上にはプールでの様子がわかりやすいようにカーブミラーを取り付けてあった。
ピース舎だけ日よけと思われる黒いネットがかけてあった。
「フラッシュは使用しないでください」という看板と、↑のお願い看板での入場者への告知。
「ペット」ではなく「見てもらうための野生動物」。人の視線だって、話し声だってストレスになるだろう。
昭和63年オープンの動物園はあちらこちら手入れが必要そうだし。

最後に、松山の商店街で見かけた小学生俳句大会の入選作
Dscn2786

愛されてるなぁ~、を実感したのでした。

左上の「頑張ろう!猫てんかんのお友達」のリンクに、猫じゃないけどピースちゃんの公式サイトをリンクしておきます。
応援してあげてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.09

ピースちゃん

ピースちゃん
とべ動物園に来てます
ピースちゃん、頑張れ〜
でもって、ベリーはレッサーパンダの仲間だと判明しました(^O^)/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »