« 安物買いの・・・・・ | トップページ | 健康診断 »

2007.11.01

ベリーの通院記録 10/31

9月12日に薬を取りに行った際に、梅雨時期に発作がひどく続いた時に

Dscn2094

↑の画像のように、自分の親指の爪で自傷してしよだれも加わって炎症を起こした事を伝え、対策を練った。
①親指の爪(親指の切除)の抜爪手術
②エリザベスカラーの使用
③親指の爪を包帯かテープで巻いて保護してみる
④キャットクローを試してみる
⑤新薬(ガバベンチン)→情報はこちらを試してみる

がのぼったけれど
①手術の後の痛みで発作が起きないか?その時のコントロールが上手くいくかわからない。
何より、ベリーは入院向きではない(興奮するから)
②「ベリーちゃんは無理でしょう」(先生、一言で終わり)
③自分で取ってしまうのが見えているので意味無し
④発作のときの爆発的な暴れ方では役に立たないのではないか(先生談)
⑤群発発作の起こりそうなときだけ、一時的に(集中的に)使用できるか大学病院に問い合わせて見ましょう。
ということで、⑤案が通過。


今日、フェノバールとタウリンを取りに行った際に
大学病院から「一時的に使っても問題なし」という回答があったそうなので、導入してみることに。
ベリーが通っている病院ではワンちゃんが試してみたそう(結果は「効いた様な気がする」)で2例目とか。
来週の頭に、フェノバールの血中濃度の測定をしてから薬を渡してくれるそう。


|

« 安物買いの・・・・・ | トップページ | 健康診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23197/16931701

この記事へのトラックバック一覧です: ベリーの通院記録 10/31:

« 安物買いの・・・・・ | トップページ | 健康診断 »