« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・4 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 »

2007.11.30

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・5

汐留のビジネスビル街で遭難しかけた私たちは、早々に就寝。
無料の朝食を食べた後は、併設のビジネスルームで無料PCを囲んで猫サイトのチェックに走る。
すでにレポートがアップされているところもあり(特にタイピィ家ランチオフ会)、朝から盛り上がる。
そして、本日の同行者であるタイピィさんがサワヤカに登場。
チェックアウトを済ませて本日の旅に出る。
ああ、さようなら、ステキホテル~。
そして、今夜のホテルに思いを馳せるのであった・・・・。

新橋の駅まで昨日と同じルートなのに、あっという間に駅に到着。
こんなに近かったっけ?
乗り換えもスムーズに終了。あっという間に本日一軒目のマダム・スタルカ亭(「ねことシエスタ」へ到着。
七宝親分と八丸兄ィにお目通りしたものの、九十九姫はそのすばらしい危機管理能力を発揮されお家のどこかへ雲隠れあそばされました。
御挨拶の後、私はマダムの本棚に釘付け。
以前からブログに載せられている書評からいって、かなーり読書傾向が近いと思っていましたが、ふふっ。
あの本もこの本も私のお気に入りではないですか。
ウチの本棚かと思いましたわ。
「今日はスタルカ家特製のカツサンドよっ」
と出てきたカツの豪快なこと!
「どんどん食べるのよ」
うっわー、おいしいっ\(◎o◎)/!
そうこうしていると、御主人が御帰宅。
猫馬鹿隊に動じられる様子もなく、一緒に食卓についてカツサンドを召し上がりつつも
「どこに入り込んだんだ~?」
とどうしても九十九姫が気になる様子で探しに行かれたり、天下無敵の親分一家はこの愛情の元に育ったのを実感いたしました。
ああ、九十九ちゃんの妹になりたい。
「人間の子供は、自分で生きていかなきゃいけないから厳しくするけど、この子達は私たちが看取るんだからどれだけ甘やかしてもいいのよ」
のマダムのお言葉、深くて感動です。
御主人がここのケーキは美味しい、と買ってきてくださったケーキもほんとうに美味しくて、つるんっと入ってしまいました。
七宝親分のお手前も堪能し、八丸ちゃまの不思議を目の当たりにし、最初にちらりとだけ見ることの出来た九十九姫のおちりを思い出しつつ、ご主人の運転で、次なる目的地へ移動である。
Dscn2997
親分のお手前中(*^_^*)
Dscn2998
八丸兄ぃは、ベッドが乱れていたのを御主人が直してこの状態で寝かせてあげたら、ずっとこのままの姿勢で寝入られました。

「今日の環七は空いてるほうだけど、一時間くらいかなぁ」
ええー!?これがよく、色んなところで耳にする「カンナナ」ですか~
ユーミンの曲で「環七なんとか」(もしかしたら「ナントカ環七」かも)ってあるよねぇ~、とねこかかさん
「しらないから、歌って」「いや」
「ほーんと、広島の方って面白いわねぇ」
マダムー、誤解です。他人を面白がらせてるわけではなく「素」の会話なんですけど・・・・。
1時間ほどで、次なる目的地「た~こ」亭(LIFE is CAT)に到着。
昨日の失態でもお分かりの通り、巨大オフでお会いするだけの方なのだけど、今回、無理をお願いしてお邪魔してしまいました。
当然、御本名も知るわけなく・・・・でも住宅地の中で一層輝く「猫模様の表札」で車内が「キャーッ♪ここだわっ」と盛り上がりテンションは上がったのでした。こちらでは、むぅきちちゃんにみんみん☆さん御夫婦が「もう一仕事(みなにゃんの撮影と思われる)終わった~」って雰囲気漂って楽しんでおられました。
モデルハウスに迷い込んだのかと思うほどの素敵なお家に猫さま11にゃん。
そのうち、接待係の4にゃんさまに歓迎していただきました。

とくに黒猫「くぅ」ちゃんの接待ぶりに、他人の気配だけで雲隠れあそばす2にゃんの黒猫の母タイピィさんは
「メロンとまぁくんに爪の垢を煎じて飲ませなきゃ!」っと爪の垢を狙ってました・・・・よね?
茶美さんは「猫フェロモン」みんみん☆さんの隣に陣取り興奮して騒ぎまくる私たちを眺めてらっしゃる。
「ポリン」ちゃんと「うー助」君はその抜群の運動能力で、ムッシュ・スタルカを虜に。
Dscn3002
このとき、3にゃんの空中移動の大ジャンプも見ることが出来ました。
すげぇ・・・・・。
「猫、通るよ~」
のた~こさんの掛け声で、猛烈な勢いで隠れていたクローゼットから走り去る影を見たり、猫部屋のタワーハウスにキュウキュウに身を寄せ合ってたニャンズを拝見したり大騒ぎでございましたよ。
こちらでもた~こさんお勧めのケーキ2種類頂いて、もう幸せ~っていう、くるしぃ~。でも食べちゃう~。
さんざん大騒動して、騒いで、食い散らかして、スタルカさん御夫婦、た~こさん、本当にありがとうございました。
で、ムッシュ・スタルカのデジイチデビューはいつかしらん?

夕方になりお暇するのが辛くて、このまま「た~こ」家の猫になりたかった・・・・(をい)

|

« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・4 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 »

コメント

おぉ〜、順調にレポートが進んでいらっさる♪
夫は一眼レフのサイトを調べまくっている様子ですが、お財布と相談してから調べた方が良いよね。あまりに安価だと、レンズが・・・(爆)
ねこかかさんのレポートではお顔バッチリでしたが、じいやんのblogで誤解している人もいそうだから、あえて、出演OKしたのかね(笑)

投稿: スタルカ | 2007.11.30 17:05

スタルカ邸でも、た~こ邸でもさ、私達、自分の年を捨て去ってたよね~。
いったい、あの騒ぎはにゃに?(笑)

投稿: タイピィ | 2007.11.30 19:19

マダムまでが、そんなことを~(;´Д`A ```
やっぱり、デジイチで室内猫を取るときは、望遠レンズで決まりですよね♪

タイピィさん、この翌日しっかり、捨てた年がお肌に跳ね返ってきてたよ・・・忘れても現実は追っかけてくるね。わはは

投稿: ねこかか | 2007.11.30 20:56

あ、忘れとった。
ユーミンの唄はね、「カンナ八号線」だよ~ん。
みんな知らなかったのね~ん、意外~(なぜだ、似たような年なのに)

投稿: ねこかか | 2007.11.30 21:02

ユーミンの歌は「カンナ8号線」では?と突っ込もうと思ったらねこかかさんが先に書いてらっさったわ~。
カンナってお花のカンナよ。
お局さまのレポート、楽しいです~。次はいよいよウグイスの宿?

投稿: まりきち | 2007.11.30 23:41

ねこかかさんのレポートには「ウグイスの宿」がまったく出ていなかった。これはネタとして大事にされているということなのか?特別枠なのか?それとも特に語るべきことはなかったのか?
私の場合、東京に来て車で走って思わず歌ってしまったユーミンの歌は「中央フリーウエイ」ですなぁ~。競馬場の横走るし~。

投稿: サエコポン | 2007.12.01 10:49

サエコポン、それはね、別行動だったからです。
ああ、私も、ミラーボールとか、回転ベッドとかむやみにゴージャスな装飾付きのお部屋のレポートが楽しみですvv

投稿: ねこかか | 2007.12.01 11:20

>マダム・スタルカ
今回は、た~こさん宅への段取りからなにやらお任せしてしまって・・・ほんとうに楽しく過ごさせていただきました。
それで、ムッシュの「デジイチでびゅー」は何時ごろなんでしょうか。
一作目が楽しみ~

>タイピィさん
「とし?それはおいちいでしょうか?」byベリー

と申しております。
いゃあ、あの状態ではしゃぐなってほうが無理(^m^)


>ねこかかさん
うふふふ、「ねこかか伝説」が広がっていくのは面白うございます~。
「カンナ八号線」よく考えたら、見せびらかしてたipodの中に入れてたわ。


>まりきちさん
こんにちはっ(^m^)(まりきちさんはユーミンネタで出現とインプット済)
「環七」と「カンナ」・・・でも、あれ以来何回聞いても「環七8号線」とタイトルを探してしまうんです←重症

>サエコポンさん
そうなんです。
ネタとして充分熟成させてから・・・と思ったのですが~
なんて、冗談で時間軸で書いているので最終日の宿泊は、当然最後に追いやられているのです。
私も「中央フリーウエイ」派です。

>ねこかかさん
次回は、ぜひともねこかかさんの「ミラーボールとか、回転ベッドとかむやみにゴージャスな装飾付きのお部屋のレポートが楽しみですvv」のレポート楽しみにしてます♪

投稿: お局様 | 2007.12.20 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・5:

« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・4 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 »