« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・8 »

2007.12.01

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・7

そもそもは、博物館、美術館の類が大好きな私。
花のお江戸にはそれはそれはたくさんの施設があり、上京ついでに雰囲気に浸っておりました。
前回、5月の「十猫十色にゃんだらけ展」の時、数日前に痛めた腰痛と飛行機の時間と戦いつつ、上野の「国立博物館」でほんとに泣く泣く駆け足で回ったので(その時のエントリーはこちら)今度はゆっくりと時間をとって見物しよう!
しかし、予定変更変更で、実際にホテルのチェックを始め上野駅徒歩5分圏内のホテルを見つけたときには満室。
楽天トラベルで「ここは高い!ここは遠い!乗り換え多すぎ!」と厳選し選んだのが「パインヒル鶯谷」朝食つき一泊5700円也。ホームページをチェックしてもおかしいそぶりはないし、楽天トラベルのお客様の声も「立地条件にしては安くてよいホテル」「ちょっと古いけれどアットホームな雰囲気で」みたいなことが書いてある。

楽天トラベルの案内→こちら

ホテルのホームページ→こちら

ね?問題ないじゃない?そりや、HPにはちょっと騙された気がしないでもないけど・・・・。
で、ホテルの予約したあとに見た旅番組で
「鶯谷というと・・・あれですか」
みたいな映像を見て・・・はて?
ま、きっとホテルはこういう街の外れにあるに決まってるわ(根拠は無い)だから安いのよっ
上京して「2日目は鶯谷で・・・・」と言うとざわざわざわざわと広がる波紋。ええ、見えました。
さて、居酒屋でイイ感じに酔っ払った私、真っ赤な旅行カートをガラガラ引いて駅のホームに降り
「あれ?北口だっけ?南口だっけ?」
ホテルの地図には「鶯谷駅の改札は一個」みたいに書いてあったんだけどなぁ。
地図出すの面倒だし、駅前には地図があるよね。と人の流れに乗って「北口」に。
駅前にある地図で確認すると
「なーんだ、行けるじゃーん」(くどいようだけど酔っ払い)
ガラガラガラガラ・・・・あり・・・・・・
あちゃー、右も左も延々、ラブホテルじゃありませんか。
その中を、ひとり真っ赤なカートを引っ張る旅人ひとり。
そう、人の流れはホテル街に流れていき、ホテルの地図はそうならないように描かれたものであった。
しかも、北口経路は遠回りだったし(ーー;)

ホテルはたしかに、お客様の声の通りです。
一泊朝食つきシングル5700円、JR山手線鶯谷駅から徒歩1分(南口からなら)
設備は古いがスタッフの対応もよかったです。
Dscn3012

まぁ、低層階だったので、お向かいのビルのマッサージ屋さんやほにゃららな看板とカーテン開けると丸見えになってしまうので締め切ったままにしておかねばならないのが難点かしら。
それでも窓から見下ろすとコンビニあり、お蕎麦屋さん2軒あり。探せば居酒屋とかもありそうな感じ。
moomama主催の宴会でどうも楽しすぎてお酒ばかり飲んでしまい、この時間になって小腹が空く。
薬も飲まなきゃならないし、とお財布片手に向かいのビルの蕎麦屋さんに突撃。
「月見とろろ冷やしそば」を食する。
コンビニでお茶を買い、ホテルのフロント横の無料PCコーナーで猫サイトのチェック。
「ネコでっせい!」の「FROM SAEKOPON WITH LOVE」に鶯谷ネタを見つける。
残念ながら、私が宿泊しているのホテルのベッドもオフロもシャンデリアも回ったり泡泡になったりキラキラしたりしない、フツーのボロイホテルなんですが・・・・。
果たして、私に、このネタを調理するだけの技量があるのかしらん。
部屋に帰り眠りに付いたのでした。
翌朝は、サワヤカな日曜日!
カーテンを開けると、以前香港で泊まったホテルからみた朝の光景のようで・・・・。
でも、ご飯は和食でがっつり。
もう用の無いカートはホテルから宅急便で送り出しチェックアウトしたのでした。
Dscn3013

この日、一緒に飲んだ「猫の○かしらさん」一行のお一人(あえて名前は伏す)は本当に間違えてラブホを8人分予約されたことがあるそうで、とっても優しく慰めてくださいました。


|

« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・8 »

コメント

ラブホもね~考えようによっては普通にホテル泊まるより、ラブホのほうが安くつくじゃん!!なんてときもありましたが・・・・一人じゃ泊まれないしねぇ・・・
鶯谷レポートはきっとかなりの方が楽しみにしていたと思われ・・・・(笑)

投稿: ジャム&おかーたま | 2007.12.01 16:10

東京山手線の駅から徒歩一分で朝ごはんつきの5700円というのはおそろしく安いと思います。よくぞ探したとすら。
ところで私は鶯谷で電車を下りたことが一度もありません。でも「どんなとこか」ってのは一般常識として存じております。広島よりのレポートありがとう。やっぱ駅からいきなりラブホなのね(藁)

投稿: サエコポン | 2007.12.01 21:02

全国の何人が鶯谷レポートを待ち望んでいたか。。
うぐいすだに~~~。
ホテルでねこかかたんに
「おつぼね~ぜ、明日ラブホ街と噂の鶯谷に泊まるんだって~」
と話をしたら、ねこかかたん言ってくれましたわ。
「え~?ラブホって女一人で入れんのじゃない?」
。。。
。。。
反省会決定ですかな??

投稿: しますけ | 2007.12.01 23:13

地味〜なホテルだったのね〜、残念(笑)

投稿: スタルカ | 2007.12.02 11:22

ご無沙汰してます。
さらにゃです。
しかも遅レス失礼(汗)

鶯谷は昔から都内では有名なのですよ、そういう場所として(笑)
私の勤めていた会社が、今年の5月まで日暮里と鶯谷、どちらの駅からも歩いて5分程度のところにありました。親戚の兄ちゃんから「気をつけろ~」と言われたことがあります。
パインヒル、私も一度とまったことがありますが、普通のホテルですが、場所柄、そういうお客様もいらっしゃるようです。

でも、あの辺は根岸が近いので林家三平師匠の記念館みたいなのや、正岡子規の生家とか、下町のいいレストランとか、結構あるんですよ。

投稿: さらにゃ | 2007.12.10 08:46

>ジャム&おかーたま
通勤途中の世界遺産の真向かいの温泉地に、真っ白いリゾートホテルが出来た~
オサレ~
って騒いだら
「駐車場の入り口にスダレかかってんだよ」
と教えてもらいました。
そんな私に、神様はなんちゅうネタを下されたものかのぉ・・・


>サエコポンさん
でしょーでしょー
立地はすごくいいのよ~
ホテルは年に何回か使うけど、12時過ぎてフロントに人がいないなんてところはザラ(裏でお弁当食べてるのを見た)だけど、ちゃんと居たし。
ええ、特に、私が選んだルートはセットで作ったような「メインストリート」でございました(爆)

>しますけちゃん
反省会にしますけちゃんが来れないから、ねこかかたんの面白エピソードは激減してると思います~
FAXでネタ送って~(*^_^*)


>マダム・スタルカ
そうです、地味な普通のホテルなんです~。
あと古くてボロイ・・・・。
いやいや、5700円朝食つき駅から徒歩一分の使い勝手のいいホテルです。
なんたって、話題の中心になること間違いなし!


>さらにゃさん
わーい♪
お久しぶりです~。
ブログも再会されて、嬉しい限りです。
鏡を見る沙羅ちゃんの背中が可愛くて(*^_^*)
し・か・も、あのホテルに宿泊されたことがあるとか。
いゃあ、出来たときは綺麗だったんだろうなと・・・(当たり前か)
Wikipediaで「鶯谷」を検索したら面白そうな所以が書き込んであって興味出てきましたよ。

投稿: お局様 | 2007.12.21 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・7:

« 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6 | トップページ | 第7回 猫の肖像画館 原画展・・・8 »