« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

今年もありがとうございました

今年1年、本当にありがとうございました。
思い起こせば、ベリーが入院したり、2回も東京に行ったり、飲み会も楽しかったなぁ~
頭にきたり、血圧が上がったり、どん底に突き落とされたりもしたけれど
一歩一歩進むしかないですものね。


071231_182510

今年初めて「おせち料理」をネット販売で注文してみました。
三段重にカニが一匹付いたものなんだけど、丸ごと冷凍してあります。
31日、9時に届いて冷暗所(廊下)に置いておいたのだけど・・・・・
未だ、一部凍っております。

今夜、食べれるのか不安です。
来年を予兆してるんじやないかとヒヤヒヤしてます。

それでは、皆様、来年もどうかよろしくお願いいたします♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年最後のゴタゴタ

会社の都合で、夕方5時から25時までの勤務になって2ヶ月。
通常の時間帯に8時から17時までに戻ることになりました。
理由は
「職場の私以外の3人の男性社員が希望退職制度に応募しちゃったから」
・・・・・
職場として成り立たなくなったんですよ。

またまた、時間帯に合わせて睡眠時間を変えないと~。
っていうか、コレで良いのか~
会社~
オラ~(--〆)←もう、どうでもいい気分。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.29

ベリーの定番品・・つめとぎ編

「ベリーの定番品・・ハウス編」でタイピィさんが気が付いた爪とぎ。
さすが、目の付け所がちがいますなぁ~(*^_^*)

ということで、ベリーの爪とぎは「ワイドなつめとぎ・猫三銃士」→こちら
楽天で検索しても、もうここしか扱っていないようなので、発注するときは10個単位(ーー;)
だって、だって、いつ取り扱いがなくなるか判らないんだもん~

数年前、これではイカン!
とホームセンターでいろいろなサイズのものを買って試したけれど、この広さ(幅)がないと無理なんです。
似たようなサイズのつめとぎはあと2種類、確認して試したのだけれど、スタンドタイプ(こちら)はスタンド部分や四方に付けられた傾斜が出っ張ってつめとぎ体制にならない。

そう、ベリーは「つめとぎに乗っかって爪を研ぐ」と言うことが出来ないのです。とほほ・・・。

(そのうち撮影できたら載せます)


もう一つは、ホームセンターオリジナルと書いてありジャストなサイズにお値段三分の1。
喜んで購入したところ、段ボールの質がお値段相応でボロボロとカスが散らばり大変面倒なことに。

けっきょく、この「ワイドなつめとき ねこ三銃士」に戻ってきたのです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.27

ベリーの定番品・・ハウス編

「洗濯日和」(こちら)で導入した799円のパイナップルハウス・・・・・
「狭いからいや」
「やっぱりお値段がね」
「センス悪すぎ」
と却下あそばされ、使う気配一切なし。
仕方なく、探しまわってやっと見つけたのが

丁度クリスマスセール中で、送料と商品代で、正札価格(今は違うかも)なのでぽちっと。
頑張って探したけれど、このサイズでキューブタイプのものはこのシリーズしか見受けられず・・・・。
以前買ったものは入り口が狭くて入れず、実家に直行(そしてスプレーされてゴミ箱行き)
ベリーには、けっこう「定番」商品が多くて、もう、いつ廃番になるんじやないかとドキドキっす。
アイリスオーヤマさんっ\(◎o◎)/!おねがい~継続してぇ~


Dscn3082

ところで、このベリーさん、頭突っ込んだままフリーズしてしまいました。
先行不安
(どうせ発作でオチッコまみれになるんだろうけど・・・(ーー;))
でも、このタイプは中で発作を起こしてもクッションが効いて安心な気がする(ホントか?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.12.26

12月の発作

調べてみると、今年最高の発作回数

8日    1回
14日   1回
17日   3回
18日   1回
19日   2回 
20日   5回(ガバペンチン投与)
21日   2回(ガバペンチン投与)
22日   1回
23日   4回
24日   5回(ガバペンチン投与)
25日   1回
26日   2回

しかも、週末~年末にかけては「天候大荒れ予想」まで出てるし。
とはいえ、滅多にないチャンスなので、ガバペンチンのテストをしてみました。
ガバペンチンを投与した翌日は明らかに発作の回数が減っています。
ただし、コレが「たまたま回数が減った日」である可能性もあり(何しろ、相手は自然界、こちらは猫の脳神経の中)、引き続きテストしてデータをとる予定にしてます。
それによって、今は「発作が多いときだけ投与」方式だけれど桃ちん所長のように「毎日投与」も検討しましょう、と今日、担当医と相談してきました。

「効いているか効いていないか」は飼い主である私の観察のみなので、取り落としがないようにしないとね。

ガバペンチンを投与した際の「眠りの深さ」(副作用?かもしれない)については
「フェノバールも投与し始めは、よく眠るようになりますが安定してくると体が慣れて通常の生活に戻ります。フェノバールが効いていないという事ではないので、ガバペンチンも体が慣れるとそういう症状は起きなくなるかもしれません」

とのこと。

Dscn2934
2007/11/10 最初の投薬後

Dscn3034
2207/12/20

どちらも投薬後の様子。
画像で見るとそうでもないんだけど、飼い主的には違和感のある寝姿。
(決してツチノコではありません~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.25

ストーブガード

070111_200659

060211_221721

冬になるとストーブの前から離れないベリーさん。
最近では、より暖かさを求めて、鼻先やおしりをくっつけてしまうので悲劇が・・・。
先日、私がお風呂に入っているとき、今まで聞いたことがないベリーの悲鳴のような怒り声が。
「発作!?」
とオフロから飛び出す私、別部屋にいた旦那もリビングへ。
別に怒ってはいるものの発作ではなさそう。
おそらく、ストーブにくっつきすぎて鼻先を「じゅっ」でやったか、熱くなった毛を舐めて「じゅっ」となったか。
去年までこんなことなかったんだけど・・・
「癲癇の子は頭、暖めないほうがいいんだよぅ」
と説教しても馬耳東風でございますので

新兵器開発
Dscn3076

100円ショップで部品を買い込み、作成してみました。
合計630円なり
ワイヤーだと、熱くなったときが心配だし安定するかどうかが問題だったので、園芸コーナーの木枠を使ってみました。
中の湯たんぽはブロック代わりです。
使用目的が違うので、温まって、有害物質とか出ませんように(祈)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

ねこかか亭にて忘年会

お昼からカミツレちゃんと映画&ランチ
アンジェリーナ・ジョリーが観たいがゆえのセレクトだったのに、CG合成されたアンジェリーナ以下出演者ががイマイチすぎ、ファンタジー系大好きな私たち2人の共通意見が
「シュ●ック?」
と混乱してしまうほどの出来。
しかも、途中からラジオだか携帯ワンセグだかを取り出して競馬中継を聞き始める(観てたかも)馬鹿オヤジがいてさらに凹む。
年に10本くらいは映画館に行くけど、「いびき」「小声のおしゃべり」「お菓子の袋を開ける音」ていどなら許せる(集中すると聞こえなくなるし)が、あまり非常識さに貧血状態。

その後、おかーたまと待ち合わせて「ねこかか亭」に移動。
忘年会を主催していただきました。
「お鍋しようね~」と言っていたねこかかさんに、実家から押し付けられた分けてもらった「鹿肉」3キロを一週間前に持ち込みシチューを作らせてしまいました。
と、言うことで、テーブルには
Dscn3058
あっさり寄せ鍋

Dscn3060
鹿肉のシチュー・1日かけて煮込んでくれたそうです。

が並んでおりました。
どちらも絶品で幸せ~♪

その後、シマ助ちゃんからの差し入れという
「にゃんこ最中」
Dscn3062
も出てきたので、お礼の電話を回しかけして、この楽しさの雰囲気をおすそ分け(シマ助ちゃんには気の毒だが、酔っ払いの集団に怖いものはない)

そして、デザートはアトムさん
Dscn3067

Dscn3065

ねこかかさん、お姐さん、ありがとうございました♪
大いに盛り上がって解散しました。
次は新年会ね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.14

虹の根っこ

虹の根っこ
手が届きそうなのにね

ちょっと目を閉じて

目を開けたら

そこには何も無かったよ

でも、

忘れないよ。


***********************
kukkaさんが素敵な詩を教えてくださいました。

吉野弘詩集→   こちら   「虹の足」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.10

ちょっと休憩

花の都で遊びすぎたのか
はたまた、12月は休みが少なくて疲労回復しないのか
そもそも、いきなりのシフト変更に無理があるのか・・・
職場の「やる気、まったくないですが、なにか?」雰囲気もねぇ・・・
と、いうことで色々、滞っております~。

そんななかで、マイペースな「ほたる」さん。
いつもの居住スペースはリビング横の和室の押入れ。
私が、勤務時間シフトの変更になって午後3時に出勤していることに3週間近く気が付きませんでした。
そして、午前2時に帰宅すると
「どーしてもっと早く帰ってこんのじゃ」
と抗議しておられました。
最近は、イソイソと私が読んでいる朝刊の上に陣取り
「撫でなさい」
と強要・・・・・。
Hpnx0029
「だから、何?」


・・・・・
・・・・・・・・
今日、引越しした弟宅に行ったら
1歳と3歳の娘+5歳のアメリカンコッカースパニエル(女の子)がリビングで入り乱れて大歓迎してくれました。
今までのおうちのスペースがすっぽり入るリビングなのでそれはもう大変です。
しかも、今回のお家には「階段」があり、子供たち(犬も含む)は行ったりきたり
「わしゃー、はぁ、誰を怒りりょうるんかわからんでぇ」
と育児ノイローゼ気味。
まぁねぇ、一歳の次女は特に
「あり?私?いやいや、うちの親戚によぅけぇおるじゃん~ねこりゃ落ち着きがなくてしゃべりの顔だわ」
遺伝子って怖いわぁ・・・・。
早々に退散したのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.04

にゃうちゃん、さようなら

「にゃうちゃんのお家」(こちら)のにゃうちゃんが虹の橋へ・・・。
ともさんとにゃうちゃんの頑張りは、大きな輪になって、私たちに本当にたくさんの事や情報を与えてくれました。
寝たきりになったにゃうちゃんの為に考えられた日常ケア、お薬のこと、先生との連携
本当にお疲れ様でした。
ともさん、にゃうちゃん、どうかゆっくり眠ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通院記録  12/4

今朝は早めに目が覚めたので(就寝3時半起床11時半な生活なもので)、ぼへーとしているベリーちゃんをキャリーバックに突っ込んで病院へ。

体重 5.1キロ
今回は
GOT/AST**** 31U/l(正常値 18~53)
GPT/ALT ****54U/l(正常値 29~84)
ALP**********27154U/l(正常値 62~212)←フェノバールの影響でいつも高め
フェノバールの血中濃度は外注の為、後日、追記予定→20.3μg/ml(理想値 20~30μg/ml )

2月の検査結果(こちら)に比べてずいぶん、数値がいい・・・・はて?
結果が良いのを素直に喜んで良いのかどうなんだか・・・・。
でもって、どうして検査項目が少ないのかしら?

診察のとき、桃ちゃんのフェノバールとガバベンチンの量の話や猫癲癇お茶会をした話(先生、苦笑)をする。
癲癇の診断の難しさについて先生から指導も受ける。
「発作は、出るかもしれないし出ないかもしれないし、薬が効いて発作が出てないのかそうじゃないのかが判断しにくい病気なんですよね」
「そうなんですよねぇ」
現にベリーは4週間以上発作でてないしね。
調子に乗らないようにしないとね。

そんなわけで、ベリーちゃん、お怒り中です。
近くを通ったら「きっ」って目が据わっちゃってます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・9

旅の最後を締めくくるオフ会は「猫 てんかん掲示板オフ会」である。
参加者は私、タイピィさん「、水頭症の猫、桃の記録 」ミミママさん「気まぐれミミと暢気な毎日」ミッシャ(hanautaneko)さん「猫とわたしの日々」、kappaさん「銀色しっぽ」、hirochoさん(「頑張るモーちゃんと時々グッちゃん」、「グッちゃん+ムーたん♪」)に息子さんのチャッピー君「チャッピーとねこの部屋

モーちゃんの肖像画が参加しているhirochoさんとチャッピー君を迎えたのは会場の濃紺の壁に濃いブルーの額の色が溶け込んで、空色のバック、ブルーの瞳、サファイヤ色のチョーカーとおめかししたモーちゃんが浮き上がって見えて、とっても素敵でした。
モーちゃん、本当に頑張ったね、偉かったねって一緒に飾られている子達から褒められていると思います。
会場で、チャッピー君からベリーとほたるの紙粘土細工を頂きました。
小学四年生でブロガーで芸術家の片鱗を見せてくれたチャッピー君、ぜひ立派な獣医さんになって(これは私の勝手な希望)くださいネ。
Dscn3022
揃ったところでご隠居様に御挨拶をして近くの喫茶店を予約しに。
幸い1件目で7人OKだということで他の方を呼びにタイピイさんが走る。
腰を落ち着けて約2時間、本当にあっという間に時間は過ぎてしまいました。
特に私は、次、いつお会いできるか判らないのでテンションも上がり喋ってしまいました。
でも、実際に手探りで色々な治療を受けている方のお話を聞くことが出来て良かったです。
それにしても、ホメオパシー、西洋医学、鍼や漢方をつかった東洋医学と、今、猫癲癇の治療方法のほとんどが集まったのではないかしら。
アプローチの仕方は色々あるけれど、考え方、地域や経済力、出会えた先生の腕によって本当に制限されるものだなと、実感。
やっぱりネットだけでは伝わらないこと、伝えたいことがたくさんあって、新幹線の時間が恨めしい(ーー;)
でも、関東組の方はこれを機会にどんどん交流が深まっていく気配。
私とタイピィさん以外は「オフ会」が初めてということで、本名で名乗りあって「やっぱ、ハンドル名でないとしっくりきませんね~」と。
あっというまに時間が来てお別れしました。
それにしても、あの喫茶店、内装も素敵だけど、ケーキセットのお値段1500円って・・・・。
ランチのパスタより高いってどういうことよ~美味しかったけど~やっぱり銀座ってすごいわ~~。

ではでは、今回遊んでくださった皆さん、本当にありがとうございました~
071125_22064300
だから~、おかあたん、はしゃぎすぎだってば。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・8

ホテルを出て、目当ての国立博物館までぐるり回って正面入り口から。
9時半からのオープンでチケットを買うのに10分、会場に入るのに20分待ち
Dscn3014

「大徳川展」→HPはこちら

「会場、大変混雑しております。第二会場は比較的空いておりますのでそちらからご覧ください」と案内しているので、第二会場のほうへ
いゃあ、あるわあるわ。ちょっとした歴史読本で見たことがある品物ばかり次から次へと。
第二会場は着物とかお嫁入り道具とかの女性ものが中心。
打掛の袖丈とか短くて「昔の日本人、ちっちゃっ」を実感。

さて、と、第一会場に入るなりおじさんの頭しか見えませんでした。
こちらは刀や甲冑といった男性モノが中心。
将軍様御愛用の品々に歴史好きそうなおじさま達が張り付いておられました。
そんな中でも「この紋所が目に入らぬか」で有名な印籠が飾られていたのは、お笑い所だったのでしょうか。
そういえば、この日はジャパンカップの日。
入場待ちをしているときに、競馬新聞片手のおじさんが多数見受けられたのですがこれも「将軍様のご威光」を浴びるためでしょうか・・・・効力があったのか知りたいわぁ~。
その後、人影まばらな本館の常設展示をゆっくり眺め
「あら、あんなに人ごみにまぎれなくても、ここにもあるじゃない」
と堪能し本館から出た際に、後ろを振り返ったら「こちら最後尾・80分待ち」の看板を持った人の後ろにもどんどん人が並んでました。
時間があったらもう一箇所くらいは攻略したかったけれど、時間がなくなるので我慢我慢。
紅葉の上野公園を横切り、地下鉄で銀座に舞い戻る。
お昼にソニービルのなかでパスタを食べ、再び、ギャラリー・ボヤージュに。

受付のみんみん☆さんに
「それで、ベットは回りました?」
み、みんみん☆さんまで・・・・il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.01

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・7

そもそもは、博物館、美術館の類が大好きな私。
花のお江戸にはそれはそれはたくさんの施設があり、上京ついでに雰囲気に浸っておりました。
前回、5月の「十猫十色にゃんだらけ展」の時、数日前に痛めた腰痛と飛行機の時間と戦いつつ、上野の「国立博物館」でほんとに泣く泣く駆け足で回ったので(その時のエントリーはこちら)今度はゆっくりと時間をとって見物しよう!
しかし、予定変更変更で、実際にホテルのチェックを始め上野駅徒歩5分圏内のホテルを見つけたときには満室。
楽天トラベルで「ここは高い!ここは遠い!乗り換え多すぎ!」と厳選し選んだのが「パインヒル鶯谷」朝食つき一泊5700円也。ホームページをチェックしてもおかしいそぶりはないし、楽天トラベルのお客様の声も「立地条件にしては安くてよいホテル」「ちょっと古いけれどアットホームな雰囲気で」みたいなことが書いてある。

楽天トラベルの案内→こちら

ホテルのホームページ→こちら

ね?問題ないじゃない?そりや、HPにはちょっと騙された気がしないでもないけど・・・・。
で、ホテルの予約したあとに見た旅番組で
「鶯谷というと・・・あれですか」
みたいな映像を見て・・・はて?
ま、きっとホテルはこういう街の外れにあるに決まってるわ(根拠は無い)だから安いのよっ
上京して「2日目は鶯谷で・・・・」と言うとざわざわざわざわと広がる波紋。ええ、見えました。
さて、居酒屋でイイ感じに酔っ払った私、真っ赤な旅行カートをガラガラ引いて駅のホームに降り
「あれ?北口だっけ?南口だっけ?」
ホテルの地図には「鶯谷駅の改札は一個」みたいに書いてあったんだけどなぁ。
地図出すの面倒だし、駅前には地図があるよね。と人の流れに乗って「北口」に。
駅前にある地図で確認すると
「なーんだ、行けるじゃーん」(くどいようだけど酔っ払い)
ガラガラガラガラ・・・・あり・・・・・・
あちゃー、右も左も延々、ラブホテルじゃありませんか。
その中を、ひとり真っ赤なカートを引っ張る旅人ひとり。
そう、人の流れはホテル街に流れていき、ホテルの地図はそうならないように描かれたものであった。
しかも、北口経路は遠回りだったし(ーー;)

ホテルはたしかに、お客様の声の通りです。
一泊朝食つきシングル5700円、JR山手線鶯谷駅から徒歩1分(南口からなら)
設備は古いがスタッフの対応もよかったです。
Dscn3012

まぁ、低層階だったので、お向かいのビルのマッサージ屋さんやほにゃららな看板とカーテン開けると丸見えになってしまうので締め切ったままにしておかねばならないのが難点かしら。
それでも窓から見下ろすとコンビニあり、お蕎麦屋さん2軒あり。探せば居酒屋とかもありそうな感じ。
moomama主催の宴会でどうも楽しすぎてお酒ばかり飲んでしまい、この時間になって小腹が空く。
薬も飲まなきゃならないし、とお財布片手に向かいのビルの蕎麦屋さんに突撃。
「月見とろろ冷やしそば」を食する。
コンビニでお茶を買い、ホテルのフロント横の無料PCコーナーで猫サイトのチェック。
「ネコでっせい!」の「FROM SAEKOPON WITH LOVE」に鶯谷ネタを見つける。
残念ながら、私が宿泊しているのホテルのベッドもオフロもシャンデリアも回ったり泡泡になったりキラキラしたりしない、フツーのボロイホテルなんですが・・・・。
果たして、私に、このネタを調理するだけの技量があるのかしらん。
部屋に帰り眠りに付いたのでした。
翌朝は、サワヤカな日曜日!
カーテンを開けると、以前香港で泊まったホテルからみた朝の光景のようで・・・・。
でも、ご飯は和食でがっつり。
もう用の無いカートはホテルから宅急便で送り出しチェックアウトしたのでした。
Dscn3013

この日、一緒に飲んだ「猫の○かしらさん」一行のお一人(あえて名前は伏す)は本当に間違えてラブホを8人分予約されたことがあるそうで、とっても優しく慰めてくださいました。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

第7回 猫の肖像画館 原画展・・・6

名残惜しく、た~こ家を後にした私たちはむぅきちさん、みんみん☆さんの道案内で最寄り駅から乗車して新宿に向かう。
は~、たのしかったぁ・・・と余韻に浸っていると携帯電話が鳴る。
はて?しかも見知らぬ番号だけど・・・?と受けてみるとてれじあさんからで、なんとすれ違い。
しかも、ミケさんもご一緒とか。
うぉぉぉぉぉ、残念ですっ。
引き返したいけれど、次の予定もあるので泣く泣くお別れの挨拶だけさせていただきました。
さて、新宿にて、ねこかかさんが離脱。お友達のお宅に一泊するそうな。
そしてシマ助ちゃんとタイピィさんはそれぞれ帰宅。
私は本日3軒目のお宅訪問、moomama宅へ。

まずは「めいちゃん」に御挨拶。
先に到着していたひぴさんにゴージャスマフラーを巻かれ猫ベットでかたまってらっさる・・・・ちぅか、め、めいたん、すでに目が据わってらっしゃいます。
Dscn3006

現物のめいちゃんはホントちっちゃくて可愛くて、不思議な色合いの毛並みの子。
数日前には来客の方々にマッサージサービスがあったという話だけれど、本日は無いんですね・・・くすん・・・。

そんな不機嫌の原因は

Dscn3008Dscn3009
里親さん大募集中詳細・経緯・条件等は→こちらをご覧ください

里親募集は終了いたしました。ありがとうございました。

子猫を堪能した一同が「mooちゃんにも御挨拶しなきゃ」と代わる代わるご挨拶。
ひとりがmooちゃんに手を合わせていたらmooちゃんのクラウンがころん、と転がり
「ああああ、mooちゃんがいるんだわっ」
と。
実にそのタイミングで「めいちゃん~、そんな怖い顔しないでぇ~」と御機嫌を取りに近づいてあと少しで手が触れそうだったmoomamaも「mooちゃん」に反応してぱっと背中を向けてしまう。
「えっ!? ままたん!?」
それまでキッチンカウンターのベットから動く気配の無かっためいちゃん「えーっ」という顔でつられて立ち上がった瞬間、moomamaが振り返ると、さっと元の形にお戻りあそばす。
「ままたんなんか、ままたんなんか・・・ぷんっ」と意地を張ってらっしゃる。
その間、ほんの数秒。
ああ、めいたん、かわいい~。
今度は、めいたんがご機嫌なときに遊びに来るからねぇ~
(そういえば、ひぴさんのコンタクト大丈夫だったんでしょうか~)

駅前に移動して、関西から猫のおかしらさんとそのお友達と合流。
「はっはっは、僕は犬飼いなんだけどねぇ」
とお友達の方、どんな子ですか?と聞くと、すかさず携帯の待受画像見せてくださいました。ハスキーMIXだそうで、「富士丸」君を髣髴させるワンコでした。
総勢9人の入れる居酒屋さんをmoomamaが走って予約。
乾杯してあとはいつもの宴会でございます。
食べてーのんでーしゃべってー笑ってー。
いやぁ、外に予定が入らなかったら、ひとりご飯にホテルでのんびりもいいか~なんて思ってたんだけど(実現しなくて良かった)やっぱりこうでなくっちゃね♪
そのあと、フルーツパーラーで〆のミックスジュースを飲みつつ、まだまだおしゃべり。
「ところで、何で鶯谷のホテルなの?うちの近所にオープニングセールやってるホテルもあったのに」
と、moomama
「明日の午前中、上野の国立博物館とか行こうと思って。そしたら上野駅周辺のホテルは高いか予約取れなくて、隣の鶯谷の駅前のホテルがあったのよ~。そこなら国立博物館まで歩いてすぐだし、なんたってお安いし」
「ふ、ふーん」
「怪しくない怪しくない。ちゃんと楽天トラベルで予約してお客様の声だって読んだもん~。フツーのホテルだって」
さて、私はこの説明を何度繰り返したか。
「鶯谷」と聞いただけで人々をここまで反応させるって、どうよ?
JR山の手線に乗り、改札にたった瞬間、いろんな事が木枯らしと一緒に吹き抜けていったのでありました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »