« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.29

様子見です。

魔の木曜日(かかりつけの病院の休診日に深夜帯)にほぼ一日中、一時間ごとに発作。22時30分にダイアップ座薬(以前のエントリーはこちら)を半分挿入するも翌02時30分にはまた発作が起きはじめ、もう一本。
他にも、フェノバールにガバペンチンも通常の倍量飲ませて、やっと眠りに付き、05時、私が起きると
「腹減ったー!」と暴れ、ドライフードにササミ半本分を平らげたので、私は出勤。
本日も主人が在宅なので、何度か電話で確認すると
「ひたっすら寝てる」
ということだったので仕事を終えて帰宅。
ササミをもう半身分にドライフードほガツガツと食べたのを確認して、かかりつけ医に相談。
「連れて来て興奮させるくらいなら、お家で薬のコントロールをしつつ様子を見ましょう」
ということになりました。

も、ホントに↑のエントリーに書き込んでもらったコメントにどれだけ勇気付けられたか。
書き込んでくださった皆さん、支えてくださった皆さん、応援してくださった皆さん。
本当にありがとうございました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

一夜明けました

何とか、重積発作は収まった模様です。
御心配をおかけしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.28

避難中

帰宅したとき、在宅していた旦那が
「今日のベリーの発作、多いぞー」という。
A型の旦那、目に付いたときは記録しといてくれていた。
メモに書かれた発作回数は15回以上。
18時30分、フェノバールとガバペンを通常の倍飲ませる。(朝も同量飲ませていた)
錠剤が消化して効果が出るまで1~2時間というが、飲ませて1時間の間に5回程度(ほぼ、10分~15分に1回)だが、今日は病院の休診日。それに、発作自体はひどくない。
とはいえ、去年の重積発作の悪夢が甦る。
急遽、私の寝室にベリーのケージを組み立てる。
私の目が届きやすく、いつもいる場所に比べると、ちょっと静かで室温が低い。
(いつもはストーブのまん前、22度~23度の室温だけど、この部屋は、17度から18度)
タイピィさんに携帯メールを送りつつも経過観察。

現在、投薬から2時間半発作なしほっと一安心しています。
やっとお薬が回り始めたみたい。
座薬の用意もしつつ、様子を見ています。

080228_20040100
おかあたん~
この一週間なんか変ですぅ~


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.02.26

「本日の猫事情」

猫ブームのさなかなのに、何故かほとんど話題に上らなかった、いわみちさくら原作「本日の猫事情」の映画化。
というか、私も知らなかったのでAmazonでポチっとしてみました。
えーとですねsweat01特典映像の「猫事情の裏事情」がとーっても面白かったですsweat02
映画を観て、特典映像を見ると、猫たちに振り回されるスタッフの四苦八苦振りがなんとも楽しいです。
スタッフのTシャツが猫の毛まみれだったり、スチールカメラマンがでっかいレンズでそーっと尻尾の位置を直してたり・・・・。
この苦労が、本編の自然な猫の動きや表情になったわけですね。

shine猫の日(おそっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.25

マニアック?

wowowで放送中の「CSI:マイアミ」を見ていたらドラマの中で
「「べんざちあぜぴん」という抗癲癇薬の成分が出た」
というくだりがあった。
やはりここは、チェックしとかなきゃ~
と検索するもヒットせず。
一週間たってもなんとなく気になって 「てんかん ベンザ」で検索してみる。
色々出てくるけれど(風邪薬のベンザとか)やっと行き着いたデータ
「ベンゾジアゼピン」でした。
『ウィキペディア(Wikipedia)』の「ベンゾジアゼピン」(こちら)によると、犬や猫にも使われるジアゼアムもこの系統に含まれるのか~
ほほーーー、と読んでいたら、私が血圧の薬と一緒に処方されている薬もありました。
ちなみにベリーは「バルビツール酸系」(こちら)のフェノバール(フェノバビタール)を服用。
・・・なんてことを何時間もかけて調べて日曜日はあっという間に終わるのであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.24

キャットクロー・その後

2月20日から1日に3~5回の発作。
天気図もこんな感じで「高」と「低」が入り混じって不安定ったらありゃしない。

080220


080223

21日の発作で右前脚親指に装着していたキャットクローが吹っ飛んでいた。
と、いっても接着剤でくっつけているわけではないので落ち着いた頃を見計らい、爪を切って同じ場所に再装着。
でも、1回使ったものだから緩くなって大きくなっている気がする。
新規購入を検討せねば。

23日の発作で後脚のどこかから出血。
どこを触っても怒るので様子を見ることにする。多分、どこかの爪が剥げたのだと思う。
毛並みも肉球も黒なので目視での確認は無理。
暫くはこの天気が続きそう。
他の子たちも心配です。

080224_112614_2
おかーたんは朝から<てんかんに効く?モーツアルト~ミミママさん編集>かけてます~。
で、このCD終わったら「yahoo!サウンドステーション>クラシック>モーツアルト」(こちら)を延々流す気なの。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.23

1月の発作

2008年1月の発作記録

1/2   1回
1/3   1回
1/4   1回
1/5   1回
1/6   1回
1/8   2回
1/9   3回 (夜・ガバペン) 
1/10  7回 (朝・夜ガバペン)
1/11  10回(小さいもの多し) (夜・ガバペン)


12月に続いて発作が起きはじめると毎日続くようになりました。
失禁するような大きな発作ではなく、1/11などは「え!?もう終わり?」とカウントに入れようかどうしよう迷う発作が続いたり。
12月はガバペンを飲ませて消化した頃から数時間はぴったり発作が収まっていたけれど、今回は数字的に変化は見られない。ここが難しいところで
「効いていない」のか「効いているからこの程度」なのか判断付きにくい。
発作期間中はフェノバールバールも倍量だから、効いてるはずなんだけどな。
1/11以降は2/20まで発作なし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.17

キンタくん、ミャーミャーちゃん、さようなら

2月11日にミャーミャーちゃんが、
2月14日にキンタくんが
虹の橋に向かってしまいました。

どちらも本当に細やかなケアを続けておられたので、訃報が残念でなりませんでした。


ミャーミャーちゃんの介護人のよっしーさんは、ベリーが去年、重積発作で入院したとき、担当の先生に問い合わせしていただき、とても力づけられました。
そして、先生の回答からも、ミャーミャーちゃんと介護人さんと先生との信頼関係を感じ取ることができてとても羨ましく思えたのでした。
ミャーミャーちゃん、ありがとうね。

キンタ君は同じ市内在住ということで、丁度、去年の今頃、お邪魔して大騒ぎをしたのでした。
11歳、まだまだ、会えるチャンスはある!
と、楽しみにしていたのですが・・・・。掘り返してその時のエントリーを読み返して、またまた泣けてしまいました。(なのでリンクはしないことにしました)
このときのキンタ君のシリンジ給水の様子は、何人もの猫介護人さんに紹介して参考にしていただきました。
とっても大きな財産を残してくれてありがとう。

Dscn3284


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.14

今年の花粉やいかに

花粉症とは、かれこれ20年ほどのお付き合い。
最初の10年は、ひたすら対症療法(ほとんど医者にかからず、今考えると無謀)
眼が痒いから、かゆみ止めの目薬
鼻水が出たり鼻が詰まったりしたらひたすらテッシュを詰めるか鼻をかむか。
テレビで流す民間療法を片っ端から試してみたり。
症状が出てから耳鼻科に行くものだから、薬の効きもイマイチ。
「来年からは花粉が飛ぶ2週間前に来なさい」
と何度(何年)言われたことか。
ひょんなことから
「そうだ!1月の最後の土曜日に行き始めればいいんだ」
と気が付き、実行に移すと、なんとすっきり!した春を迎えたことか!
ビバ!化学薬品!ケミカルってすばらしい!→かなり違う

さて、去年から血圧でかかりつけになっている内科で、それまでと同じ薬と抗アレルギーの注射を出してもらうことに。
しかし、注射の薬品名を覚えてなかったので(ベリーの薬の名前は覚えられても自分の薬は忘却の彼方)
「では●●病院の●●先生が使っているのを使いましょうね」
と。
はいはい、勿論異存はございませんとも。
で、2週間に1回、きっちり通っていました。
なので、今年も1月の最後の土曜日に血圧の診察と花粉症のお薬一式を出してもらう。
「そうそう、今年は●●先生、アレルギーのお注射、止められたんですよ。だから、今年はうちの病院も止める事にしました」
ええー!?
どーゆーことー?
何故か目を逸らす(ような気がする)先生。
あの注射、やばかったの?(以前、副作用のきつい注射があって問題になった)
それとも効果がなかったの?(飲み薬3種類に目薬、点鼻薬だけで本当は充分だったの?)
果たして、今年の花粉症状やいかに!?

●セチリジン塩酸塩(ジルテックのジェネリック薬)
●ぺミラストン
●セレスタミン
●フルナーぜ(点鼻薬)
●フルメトロン(点眼)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.13

大阪食い倒れ旅行記

さて、食べも食べたり食い倒れの街に降り立った私とタイピィさん。
前日は数年ぶりの積雪ということで新幹線の遅れも心配されたけれど、新大阪はサワヤカに晴れていた。
やっぱり「人徳」ねっ。「日ごろの行い」でもいいけどさぁ~。
まずは、andyさんの御紹介。地元のお好み焼き屋さん
Dscn3217
生地を薄く延ばすので「広島焼き?」と思ったら色々混ざった具が乗って、ビールと合うんだな♪
ああ、やっぱり地元の美味しいものは地元の人に案内してもらうのが一番ね(その後、実感)
トロちゃん宅で散々遊んでもらって、ホテルにチェックイン
ここは、以前も使用した「ハートンホテル西梅田」。
3年前は工事中だった場所が小奇麗な飲食店街になっていたので、夕食はそのなかの串揚げのお店に。
Dscn3240
ここでは、串揚げもだけど、付け合せのキャベツと湯豆腐にとろろ昆布のかかった小鉢が美味しくて
「これ、ウチでもやろうっと」
と言いながら食す。
帰りがけに、雑貨屋で入浴剤とたこ焼き屋さんがあったのでたこ焼きを2種類買って部屋に帰る。
部屋に帰って、タイピィさんが
「うふふふふふ」っと取り出したのが「猫の家」(こちら)さんのにゃん球。
Dscn3237
もぅ、ずーっとずーっとぷにぷに触って居たくなる危険なグッズです。
はぁ~、癒されるわぁ~(^m^)
交互にお風呂に入って、ぐたぐたと喋って、眠りにつく。
翌朝は、ホテルの近所で朝食。
3時の新幹線まで何するかなぁ~?
ガイドブックを買ってはいるものの、ゆっくりできるところがいいなぁ。
ショッピングったって「大阪でなくては買えない物」って食べ物だし。
で、思い出したのが「落語家と行く なにわ探検クルーズ」(詳細はこちら)
ホテルを出て、駅前の観光ステーションでパンフレットをもらいその場で予約電話を入れる。
それにしても、大阪駅の工事、3年前から進んでない気がするのは気のせいかしら?
まだちょっと時間があるからと「大阪城でも見る?」とJRに乗ったものの、なんだかんだと時間が押してきた。
きゃー、予定変更~
日本橋降りて散策のつもりが「ピンクな場所」に迷い込んで予定変更~
ここはどこ~
私は誰~
なんて言っている間に、小腹が空いて、目に付いた「大阪寿司」のお店に入る。
Dscn3244
えっ・・・・・
と顔を見合わせる私とタイピィさん。
お互いの顔に「足りない」と書いてある。
(お値段の割りに・・・とも書いてあったかもしれない)
以前、東京で食べた「大阪寿司」が美味しくて、本場はさぞかし・・・・と思ったのに残念。

「落語家と行く なにわ探検クルーズ」の時間も押し迫っておりお店を出て船着場を探す。
お店で聞いたら「わたしら、よぉわからんわぁ」と言われ、地図と睨めっこ。
途中「歌舞伎座」で足が止まるタイピィさん。
玉三郎さんのポスターに引き寄せられてました。
チケットが手に入ってたら入っちゃってたかもね(*^_^*)

指定された船着場からべったりとした船に乗り込み、割り当てられたのは最後尾の席。
あらら、予約、ギリギリだったのね。
桂一門の桂 阿か枝さん(御紹介はこちら)の軽妙な案内を聞きつつ、大阪をぐるりと半周(河川工事中のため)

お天気が良くて、天井が開くと気持ちのいい冷気が入ってくる。
橋の上から街を眺めている私たちを眺められ、子供達に手を振ってみたり、100分間楽しめました。
この後、冷えた身体を温めるためにも「おいしいうどん屋」さんを吟味しているうちに新幹線の時間が気になり始めたので、さっさと移動。

Dscn3275

新大阪駅の地下街で「こがねうどん」(たまごとじに焼餅)を食べてお土産を買ってタイピィさんとお別れしたのでした。
あー、楽しかった~
また、どっか突撃しようね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.11

トロちゃんに会いに行く

先日、タイピィさんと電話で話していて
「そうだ!andyさんちのトロちゃんに会いに行こう!」→→トロちゃんのブログ
と急に盛り上がった私たち。電話を切るなり、andyさんにメール。
さぞ、驚かれたと思います・・・・わははは、スイマセン(*^_^*)思い立ったら行動せずにはいられないもので
とにかく
「トロちゃんの調子が悪くなりませんように」
と祈りつつも旅行支度を整える私とタイピィさん。
どうやら、何とかなりそうだとiku.s さんも直前で巻き込み、天気図とにらみ合いつつ雪雲低気圧退散を祈祷する。
が、前日は関西は数年ぶりの積雪とか!?
しかし、日ごろの行いのお陰である。
新大阪に降り立つと、風は冷たいが晴天。
タイピィさんとも無事合流し、andyさんご夫婦にトロちゃん♪がお迎えに来てくださいました。
お天気でゴキゲンな顔つきのトロちゃん。
ワタクシ、もう、トロちゃんに夢中です。
眼が離せなくて、御主人を見失う私たち。
あり~?
無事再会し、お家の近くのおすすめのお好み焼き屋さん前で降ろしていただき、3人でお昼ごはん。

Dscn3222

なんと3人で4種類も頼んでしまいました。
これがまあ、美味しくてぺろりと頂いてしまいました。
その後、andyさん家に移動して、トロちゃんと再会。
おこたに入って、ぐっすり眠ってるトロちゃん。
iku.s さんをお迎えに行くときに出て行ったandyさんの後追いをする様に体が動くトロちゃん。
カシコイな~。エエ子やなぁ~(*^_^*)
お話しているうちにiku.s さんも合流。
そこからは怒涛の猫話に発作の話、体験談に病院や検査の話。
あふれ出したら尽きることはありません。
Dscn3229
「何、話してンネン?」
行きかう「トロちゃん」に反応してかきょろきょろと顔を動かし、ご飯を食べてお水を吹き飛ばし、圧迫排尿の様子も見せていただきました(出なかったけど)。
その後は爆睡。
うんうん、疲れちゃったねぇ~。
私たち、そーっとおいとましたのでした。
トロちゃん、ありがとう!
また突撃するときも歓迎してね~♪

そんなトロちゃんの圧迫排尿の様子。
ギャラリーにビックリしてか出るべき物は出ませんでした。残念。




トロちゃんにアドバイス等ありましたら、是非お願いいたします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008.02.09

,ねぇ、ちょっと聞いた!?

Dscn3155


ほ・「ねぇ、ちょっと聞いた!?」
べ・「なになに?」
ほ・「おかーたん、一泊旅行に行くらしいわよ」
べ・「えー?マジぃ?またぁ?」
ほ・「なんでも、おこのみやきとかくしかつとかたこやきとかいうのを見に行くらしいわ」
べ・「ホンマでっかー!?しゃーないなぁ、もぉ」
ほ・「なんか、向こうは雪降ってるらしいし、天誅よ・てんちゅう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.07

レモン酒

兄が毎年恒例の「レモン一箱12個入り」を送ってきてくれた。
今まで、様々な「レモン消費」にがんばってみたが、今年は「レモン酒」に挑戦。

まずは、行きつけの酒屋にて
「レモン酒作るからお勧めのお酒教えてー♪」
ということででてきた、セットをさくっと購入、帰宅してレモン10個分の皮むきをして
「台所が酸っぱいよぅ~」
と泣きながらレモン10個、リキュール1.8リットル、氷砂糖1キロ
080206_202904


を投入して完了。
さてさて、美味しいのか知らん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.03

幕末浮世絵アラカルト

最近、何故か「江戸」が面白くなった私。
熱も下がったし、土砂降りの雨の中、ひろしま美術館で開催されている
幕末浮世絵アラカルト
北斎・広重・国貞・国芳らの世界
-大江戸の賑わい」
を見に行きました。
来週が最終日なのでやっと重い腰が上がりました。

080202_164201

土砂降りの中、建物の中は暖かいけれど外は寒い~
久しぶりの「ひろしま美術館」は土曜日の雨の午後だったけれど人の入りはまずまず。
080202_164451

さて、今回も目的は『子猫寄り集まって親猫になる』  歌川芳藤 
昔の企画展で1度見たことがあるけれど、今回はゆっくりと見ることができて満足満足。
ゆっくりしすぎて「閉館15分前」の放送が流れてしまいました。
えー?17時閉館なの!?
それにしても
「浮世絵」
濃い世界ですねぇ。
いや、酔っ払いそうでした。

Ukiyoe
ワークショップ体験コーナーではお目当ての↑『子猫寄り集まって親猫になる』を本当にパズルにして遊べるようにしていました。あと、子供が彩色した有名な富士山の数々。

080202_164110


080202_164036
結構難しいよ(^m^)



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.01

S字睡眠体勢

熱を出した当日・・・2にゃんとも無視
2日目、熱は下がったけれど、ほたるが枕元で30分ほどお付き合いでグルグル咽喉を鳴らせるのみ
3日目。ベリーはお気に入りの電気座布団の上で眠っているところを拉致。
    ほたるは相変わらず枕元でグルグルと低周波発生装置と化す。ただし30分のみ。
    ・・・・ベリーは布団に入ってくるが、おだてているうちに気持ちよくなったらしく、まん丸になって熟睡・・・・ただし布団の真ん中
   ・・・・・・ほたるは30分タイマーが切れると枕元から離れていく・・・が、「ほーたーるー」と呼ぶと慌てて戻って低周波発生装置に変身。たたし、こちらは布団には入らないので見ているこちらが寒くなる。

体力消耗の原因はこの「S字睡眠体勢」かも知れない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »