« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

3月の発作記録

3/18 1回
3/19 2回
3/20 3回
3/21 1回
3/22 1回
3/23 4回
3/24 8回
3/25 5回
3/28 1回
3/30 1回
3/31 2回

最近は一月のうち一週間以上集中する発作が続き、担当医共々頭を抱える。
今回は3/24の発作が多く、坐薬を用意して迷う。
結局、フェノバールを通常の3倍量(通常は1日1/4)飲ませてやっと眠る。
早く天候が安定して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.30

花冷えの日

朝から「起きて!起きて!ごはん!ごはん!」とやたらと走り回るベリーと、けぽんけぽんと毛玉(そしてハゲる・・・)を吐き出す音に、いつも通りの時間に起こされたので今日まで展示の「日展100年」を広島県立美術館に見に行く→こちら

080330_121615

雨の日の最終日の日曜日。
ラッキーなことに空いていてゆっくり観賞。
入ってすぐのところに、朝倉文夫の「吊るされた猫」があり、返す返すも数年前、休館日で入れなかった朝倉彫塑館のことが思い出され、悔しい(ちなみに、朝倉彫塑館にはこんな展示があるそうな→こちら)
超有名作も多く、堪能。
常設展では日展ゆかりの作品も展示された特別展も行っていたけれど、ほとんど貸し切り状態。
いやぁ、目に栄養でございました。

080330_132743
県立美術館3階から隣の縮景園を見下ろす。
晴れてたらさぞかし花粉が飛んでいただろう桜が咲いただろうに。
まだ近所の桜は数輪しか咲いていないので、得した気分である。

それにしても寒いっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.29

ベリたん、ハゲる

Dscn3315

3月16日撮影

どう考えても2月28日の重積発作のときに擦れたとしか思えず。
おかーたん、がっかりdown

ちなみに、ほたるんたんにも「ストレスハゲ」(去年のエントリー)ができており、こちらもがっかりdown
原因は「ベリーの発作」が確定的。

ハゲたところから風邪ひいても知らないからね!annoy

追記***********
Dscn3297
2/28撮影 

敗因はケージの中に、ペットシーツ代わりに使った、アクリルやキルティングの敷物だと思われます。
摩擦がペットシーツより大きいのよねぇ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.03.24

お嬢さん、鼻の頭に・・・

お嬢さん、鼻の頭に「トイレ砂のカス」が・・・・sweat02

Img_9052

女の子なのにcrying

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.22

お取り寄せ~金村商店

以前、お友達から送っていただいたキムチセットの中に入っていた「イカキムチ」の味が忘れられず・・・・

Img_9042


Img_9046

発注しちゃいました♪
「八尾の金村商店」さんのキムチ→こちら
っていうか、バラエティ番組の「お取り寄せ特集」を見ていたらムラムラとあの味を思い出し、ポチっと・・・・。

届いたキムチは当然ながらにゃんずの興味を引くこともなく、ご飯が炊き上がるのを冷蔵庫で待機中でーす♪


| | コメント (4) | トラックバック (0)

読書記録

「魔道士の掟―「真実の剣」シリーズ第1部」

このところバタバタしていて、なかなか本、それもFSやファンタジーの長編ものを読むことができずにいたら、古本屋で1巻目を105円で手に入れ、どこかが外れたらしい・・・sweat02
一巻目の半分読んだところで、amazon・マーケット・プレイスで第一部の残りを購入。
いやいや、久々に、血湧き肉踊るファンタジーを堪能中。
と、言っても私の読書時間は2~3週間に1度、市内に買い物出かけるときの、市内電車の中、45分程度なので、なかなか進まないんですが。
運命を背負った悩み多き主人公、美しく聡明で悲運のヒロインなどなど。
次から次に出てくるキャラクターたち。
楽しいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

デジイチデビュー

Dscn3324
晩御飯を買いに行った旦那が、オカズではなく「EOS KISS」を買って帰った。
近所のスーパーの中にあるカメラ屋さんの店長が、昔の職場で旦那の上司だった縁でその人から何台カメラを購入したことか・・・・。
この日、嬉しいことがあった記念にドカンとお買い上げ。

祝杯を上げつつ、イソイソとパッケージを開けてモデルさんにご登場願う。

Img_8917


Img_8960


Img_8963


Img_8992

当分は我が家のモデルさんを追いかける日々が続く予感~。
尾道あたりに撮影しに行くのも楽しいかも~。
デジイチ先輩のねこかかさん~、撮影会しましょうよぉ~。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.03.10

2008年2月以降の方針

病院に2月20日から28日までの発作時間と投薬量の記録を表計算ソフトでデータ化したものを作り、プリントアウトして今後の方針について相談しに行く。
まず、今回のような発作が真夜中に起きた場合(病院の休診日の深夜帯)に頼るべき所がないこと、去年の重積発作のときと比べて明らかにベリーの負担が少なく回復が早かった事を考えると、この時間帯の発作には自分で対応したほうが良いことを実感したので、先生とプリントアウトしたデータを検討。
まず、どの時点で、座薬を入れて眠らせるか。
今回は、丸一日眠り、二日目は意識があるけれど腰が立たない状態で過ごした。
先生によると「ダイアップ」の効果はここまで長続きするものではない。状態によるのではっきりとは言えないけれど薬が効き始めてから(挿入からではない)30分程度しか効かないので、まる1日眠っぱなしでそのあとも腰がふらつく状態が続くのは、ダイアップのせいではなく、発作の疲労とそれまでに投与し続けていた薬のせいであろう。

薬で肝臓にダメージを与えることと、発作で直接生命の危険に晒すことを天秤にかければ
「発作が収まるまで薬を投与し続けたほうがまだ選択肢がある」
ということで決着。
結局「危なくなったら、ダイアップで眠らせて発作をやり過ごす」happy02うひょーん
どこで眠らせてリセットをかけるかどうかなんだな~
がんばりまちゅーshine←すでにどこか切れているらしい。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.09

ディスクコピー

酷使続けて5年近くなるB社120GBの外付けのHDD。
最近不穏な音がするので、これはきっと
「モウハタラキタクナイヨ~」
と言っているに違いない!
といことでヤ●ダ電気に下調べに行く。
B社の320GBを10.500円で販売中。
この日は、携帯の機種変更をしたり他のスーパーで買い物をしたりしているうちに
「ま、いっか」
と、買うのを止めてしまったのでけど、家に帰ってPCと一緒に起動させると
「ハタラキタクナインダッテバ~」
とカタカタ言い始める。
慌てて電源を切り、あっちこっち覗いてみるとAmazonにて

私が購入した価格は、10,000円を切っていた上に送料無料。
なんだー、ヤ●ダ電気より安いじゃん♪
とポチッ。
現在、丸ごとコピー中・・・・・・・もう5時間経ってるんだけど~\(◎o◎)/!

080309

今日中に終わるのかしら?
そしてB社のHDDは耐えられるのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

うーらーめーしーやぁ

080303_201423

大好きなストーブ前でゴロンゴロンしてたら
「べりーちゃん!頭温めちゃダメじゃないの!」
って引き離されて、仕方ないからご飯食べに行ったら
「ああ、ダイアップ効きすぎてただでさえ壊れてる食欲中枢が壊れた~」
ってお腹いっぱい食べさせてくれませんsad
うーらーめーしーやぁにゃん

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.03.02

2月の発作記録

2月20日 3回   FB1/2錠(0230)  FB1/2錠(1900)
  21日 2回   FB1/2錠(0530)  FB1/2錠(1900)
  22日 2回   FB1/4錠(0630)  FB1/2錠(1900)
  23日 5回   FB1/2錠(0530)  FB1/2錠(1300)
  24日 6回   FB1/2錠+G1/8錠(0645)  FB1/4錠+G1/8錠(1900)
  25日 5回   FB1/2錠+G1/8錠(0700)  FB1/2錠+G1/8錠(1900)
  26日 4回   FB1/2錠+G1/8錠(0700)  FB1/2錠+G1/8錠(1900)
  27日 9回   G1/4錠(0145) FB1/2錠+G1/8錠(0620) FB1/2(1830)  G1/8(2030)
  28日 27回   G1/2錠(0223)  FB1/2(0700) FB1/2錠+G1/4錠(1830) ダイアップ半分(2235) 
  29日 6回   FB1/2錠+G1/4錠(0055) ダイアップ一本(0234) FB1/2錠+G1/4錠(0630) FB1/2錠+G1/4錠(2100)←ウエットフードに混ぜたが半分ほど吐き戻す

注 FB→フェノバール  G→ガバペンチン ダイアップ→ダイアップ10mg座薬
注 発作日以外は基本的に1日、FB 1/4×2回+タウリン散

1月に続いて、2月も10日ほど集中的に発作が起きる。
特に28日はほぼ、重積発作といってもいいのではなかろうか(かかりつけ医は群発発作といったが)
病院の休診日で深夜帯ではまず、先生との連絡は絶望的。
去年の電話帳に載っていた深夜まで営業している往診専門獣医も今年の電話帳から消えていた(そして、去年の電話帳は処分済)
ということで、非常事態用に処方されているダイアップ座薬を取り出し、しばし悩み、以前のエントリーを読み返し(詳細情報を載せておいて良かった・・・あの状態ではとてもあっちこっちで調べる余裕はなかった・・・また、このとき体験談を書き込んでくださっていたのがとても参考になりました)
ダイアップ座薬をまず半分に切って、サラダ油をさきっちょにつけて挿入
「何すんねん!」
と怒るが何とか入れて一安心・・・と思いきや、5分もしないうちにトイレに入り、うんP数個と一緒に排出。
仕方ないので、残った半分にサラダ油を塗って挿入。今度は排出なし。それが22時35分で暫くすると、眠るとまではいかないけれど、0時過ぎ落ち着いてきたのでFB1/2錠+G1/4錠を飲ませて就寝。
しかし、2時ちょっとすぎに発作の音で目が覚める。ほぼ5~10分に1回の発作。
今度は、ダイアップ座薬1本を挿入。
暫く様子を見て、落ち着いてきたので就寝。途中私が何度も目が覚めるがベリーはぐったりしたまま眠っている。
眠っているけれど、身体全体が小さく震えている。
仕事を休むか、仕事に行って(この日も在宅)の旦那に様子を見ていてもらうか、迷う。相当迷ったが、連れて行っても薬の効いた状態でいる以上、何もできないであろう。
怖いのは、薬の過剰投与状態だけれど、以前聞いたホントに危ない量ではない。
金曜日1日家で様子を見て、薬が切れて発作が出るようなら病院に連れて行く方がいいような気がする。
そんなことを悶々と布団の中で悩む。
ベリーも起きてボーっとしている。
5時30分に起きて、ササミをレンジで蒸して細かく裂いたものを冷まして、鼻先に近づける。
ダイアップが効いていて身体は動かないので、それこそ鎌首をもたげた蛇のように喰らい付いてくる。
これだけ食べれりゃ大丈夫か。
と、言うことで、別室で寝ている夫に書置きをして仕事に行きました。
仕事終了後速攻で、帰宅し、食欲があるのを確認し、病院に発作の報告と連れて行くべきかを聞く。
「病院に連れて来て、興奮して発作を起こすほうが怖いので」様子見と相成りました。
しかし金曜の夜も、中々、薬が抜けず寝たきり状態。
深夜、1時頃暴れる音がするので起きると、フラフラしつつケージの中をウロウロ。立ち上がっては転びケージにぶつかっている。
トイレかと思い、簡易トイレに入れるが出てきてしまう。
ま、最悪、敷いてあるペットシーツにしてもいいし、その下の敷物だって洗えばいいんだから、と再び眠る私。
3時頃、なんとなく目が覚めて見ると、トイレの中でぐったりしている。
抱き上げると全然身体に力が入らない状態で、オシッコの跡がお尻に。
生あったかいぬいぐるみ状態のベリー。
お尻にべったりと付いたトイレ砂を拭き落とし、様子を観察するも、眼の焦点はあってない(元々、失明しているからアイコンタクトもできないのだけれど)上にまばたきしない。名前を読んでも反応はない。手足は冷たいし、呼吸はしてるけれど、猫の呼吸回数って一分いくつだっけ?色々なことが頭を過ぎる。
「薬剤過剰投与」の単語が頭から離れない。
ためしに酸素を吸わせてみると酸素と「シューっ」と噴出す音に反応したのかまばたきし、「イヤイヤ」と身をよじる。
良かったー、無事だわ。
ああ、怖かった~。

土曜日もほぼ、眠っていて、起き上がるとフラフラするものの、自分でご飯を食べに行きトイレにも行くようになり、去年の発作で退院してきた状態まで戻っていたので、本格的に一安心。

今回の発作で役に立ったもの

「老猫さんの医・食・住―7歳以上は気をつけて」

万が一のために「人工呼吸法」や「人工心肺蘇生術法のページを読み返す。(本当は水におぼれたときの対処法のページ)
が、心拍数を図ろうとしたら、分厚い脂肪と自分のドキドキに邪魔されて計れず。
でも、呼吸はしているので↑の処置は意味なし。
私が持っているのは初版のもの。改訂版が出ています。

ソフトクロー→(サイトはこちら)
去年の発作のときのように、顔を引っかくような仕草が見られたのでヒヤヒヤしたけれど、幸いなことに今回は自傷がなく、ダメージか少なかったのが落ち着いていられた原因か。

ケージ
080228_20040100
改良の余地はあるけれど、あれば安心。
ちなみに、ベリーのは「犬用サークル」

薬袋にメモ
080302_130449
ダイアップを処方されたとき、先生の指示をその場で薬袋の裏側に書いておいたもの。

猫友達さんの情報と応援
ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »