« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.28

猫道

おかーたんとおとーたんは、どようびとにちようびを使って「猫道」を作ってくれました。
これは、「台所」から「洗面所と浴室」に続く、十年以上封印された扉を開ける儀式だと、それはそれは、大変な儀式でした。
でも、「魑魅魍魎」が跋扈しているので、ほたるんたんと相談して足を踏み入れないことにしました。
聖域を侵してはならんと、なんかの映画で白いひげのおじいさんが言ってたような気がします。

080728_212233
べりたん、ほたたん、夏の間、この洗面所のスペースだけが陽の当たらない空間なのよ~(後はトイレ)
お願い~、おとうたんとおかあたんが仕事の間は、ここに避難してぇ~
お風呂のタイルはひんやりよん~
きっと。

追記
080728_231412


べりたん、そこで待ってても「オバケ」は出てこないですよ?
クララちゃんに護衛してもらって、探検に行っておいで!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

目黒の夜は更けて

Dscn3438_320
来場者の猫名刺コーナー。あ、私、裏に本名と住所書き忘れてた・・・wobbly

「今日のお泊りはどこのホテル?」
残念ながら、「ウグイスのお宿」ではありません。
「今回はタイピィ家に民泊でぇっす~」
「え、それって田舎に泊まろうの世界なの!?}
なんてことを喋りつつ、一泊の荷物を担いで目黒通りの会場に移動。

moomama、beesanさん、蚤杉さん、かおりんさん、こげちゃさん、TAMIさん、reiさん、sabikappaさん、まこさん、
りりーさん、ねこたみかんさん、ちび君ママさん、てれじあさん、私。

はじめましての方がたくさんいらっしゃって、自己紹介で場が和んだり、ほろりほろりときたり。

今回、蚤杉さん、こげちゃさんが一番遠くから初参加ということで会場でもこちらでもたくさんの方に囲まれていらっしゃって、御挨拶できずにいたのですが、西日本からの遠征組ということで仲良くしてくださいませ~(*^_^*)
TAMIさんにもほたるの腎不全について心配いただいて、本当にありがとうございました。
りりーさんには尾道の写真を褒めていただいて舞い上がってしまいました。
sabikappaさんからはポストカードを奪うようにいただいてしまいました→すでに酔っ払い。
他にもたくさんの方とたくさんお話しました。
とっても楽しかったです♪
あっという間にラストオーダーのお知らせがあり
「お局様、夜中にお腹が空いちゃいけないから、炭水化物頼みなさいよ」
「そうそう、明日は遠足なんでしょっ」
と勧められるがままパスタを注文。
お腹いっぱいになりました。
もう勘弁してください~。

Dscn3440_320
ツワモノどもが夢の後・・・。


その後、宿泊先のタイピィ家にタクシーで移動。
「半年前に福島から出てきたばっかりでよく判んないんだよねぇ」
とテレビドラマのひとコマのようなセリフを聞いて冷汗が出たものの「カーナビ」に助けられ無事到着。
「よろしくお願いしまーす♪」
「おかえりぃ~。今ね、メロンがゴッキー捕り物やってたのよ♪」
といいつつ、メロンちゃんのお出迎えを受ける。
ああ、すっかりmoomamaの呪文が効いたメロンちゃん。幻猫と言われていたのがウソの様。
桃ちん所長もなんだかはしゃいでるし、まぁくんも怖いもの見たさか宿泊部屋に興味津々の様子。
うっひゃー、とつい、猫じゃらしで遊んでしまう。
私が電気を消して爆睡に入った頃
Photo
↑の画像を拡大して調整してみたら・・・・
Photo
実はこんなんなってました~
メロンちゃんとまぁくんの違いが判りましたか~?ぷぷぷ(^m^)

「アンタ、いきなさいよ。オトコでしょ」
「えー、ぼくぅ、怖いなぁ」
「アタチがいくぅ~。うきゃ~shine
という猫たちのキモ試しが行われたとかいないとか。

↑桃ちん所長の投薬風景。お薬を水で溶いてシリンジで投与。
うーん、鮮やかな手つきですにゃ。桃ちん所長ののみっぷりも流石。
「必要な薬を確実に投与する」のは介護の基本ですね。

この後、訪問したモサキちゃんのシリンジご飯の様子といい、実際、見とれるほどスムーズに扱っていらっしゃいました。
うーん、実際に見ると本当に勉強になるなぁ~。
なんて、感心している場合じゃなかった!
「遠足に出発!」だぁっ。

続きは「モサキちゃんに会いに」をお読みください。
モサキちゃんは24歳のご長寿猫さんで私たちを待っていてくれたのでしょうか。
翌日、家族の待つ虹の橋に向かってしまいました。
本当に、待ってくれていてありがとう。
また、ご自身の分身が天国に舞い上がってしまった方々にもお会いしました。
まだまだ傷の癒えないでしょうににたくさんの貴重なお話、本当にありがとうございました。
悲しみの中でも「伝えたいこと」を話してくださった方、本当にありがとうございました。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.27

第二回・十猫十色猫だらけ展

Dscn3426_320

「Galleryやさしい予感」は古民家をステキリフォームしたギャラリーで、ちょっとしたところに懐かしさ(いや、実家は未だに古家だから懐かしいわけじゃないけど)を感じるギャラリー。
朝が早かったせいか、「東京」に来ている感がしない旅です。
きっと観光地にも行ってないし、お友達はたくさんいるし、初めての人とでも簡単に猫話で盛り上がってしまうからなんだろうなぁ。

Dscn3436_320


Dscn3428_320


Dscn3433_320_2

一軒家の2階が今回の会場なので、階段や廊下まであちらこちらに飾ってある作品をぐるぐると見回す。
というより、ウロウロと放浪している?
「猫 てんかん掲示板オフ会」の参加者の方々もしっかりとお気に入りの作品を胸に抱いておられましたlovely
今回、チャリティコーナーや里親募集コーナーもあり、少しでも幸せな猫さんを増やしたいという気持ちに溢れた会場でした。
この後、お茶でも、ということで「猫 てんかん掲示板オフ会」第2ラウンド・・・じゃなくて二次会に、会場近くのファミレスに移動。
「今回は観光、してないのよ~」と愚痴ると
「ごんなさい。アレがJR環状線だよ」と教えてくれました。
すっかり意気投合した一団は「みんながスイーツなのに、ビールじゃ申し訳ないわ」と色の綺麗なシークワーサー・サワーを頼む人、パフェとサンデーの違いについて問う人、「ベリーちゃんパフェにするぅ~」(正式にはレモンとベリーのサンデー→この写真を見る


)そして、猫の病気やケアなどについて深いお話に思わず笑っちゃう話など大いに盛り上がりました。

この後、私は「十猫十色猫だらけ展・夜オフ会」参加のために会場に戻り、皆さんとはお別れ。
ギャラリーに戻り、またしてもぐるぐると放浪、疲れたので座り込んでお喋り。
「お局様ってなにやってる人なの~?」
と聞かれたので
「えー、私は女工さんだよ~」
「糸、紡いだりしてるの?」
「そうそう、女工哀史よん~」
ホントに、原油高直撃食らって色々あるんだよぅ~、と泣きついてみたり。
どさくさに紛れて「旭山動物園グッズ」をゲットしたり。
てれじあさんから、手乗りーず、ちょび副官等MyBookで作った本やらPDFやらデジタル本の事について話が盛り上がる。
あの仕上がりなら、ちょっと試しに作ってみようかな~っていう気になる(さっきココログ出版見たら、8月から値上がりだって~ひぇぇぇぇ~どうしよう←をい)
でも、手乗りーず本、オフセットで作って有明とか持ってってもはけるんじやないかなぁ。高いだけの本よりよっぽどドラマチックで面白いと思うけど・・・と煽ってみる。(第3回の猫だらけ展に出展とか、どう?)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ!東京へ!

金曜日の夜「猫イベント色々」をアップして、やっと「おお!東京に行くんだった!」とあわてて荷造りを開始。
翌日の土曜日は出勤日なので気分は平日。
が、土曜日の早朝、4時45分にベリー、ほぼ1ヶ月ぶりの発作。結構長いし大きい。
oh!No!
幸いなことに、その1回きりで終わり、休みで終日家にいた旦那に聞いても発作はなかったというので、上京は決行することに。
べりたん、お願いだから「嫌がらせ発作」はやめてください。

新幹線にも無事乗り込み10時50分には品川駅に到着。
改札口でタイピィさんと合流して挨拶するまもなく、タクシーに押し込まれ
「目黒の庭園美術館までお願いね」
と出発。予定より早く参加者の方が奮闘してくださり、無事席数確保のお知らせもあったり、タクシーの運ちゃんが微妙なところで車を止めたり、タクシーから降りると「渡るのは今よ!」とけっこう広い道路をダッシュで横断。
い、忙しい~sweat01
Dscn3421_320_2

今回の「猫 てんかん掲示板オフ会」は《cafe 茶洒 kanetanaka》
美術館に併設されたオッシャレ~なカフェ。
入り口でオフ会の参加者の方々と合流し、早々に店内に。
だって暑いんだもん。
今回の参加者は、タイピィさん、moomamaさん、れこりんさん、みけみさん、ライムさん、ミミママさん、hanautanekoさん、hirochoさん、チャッピーさん、た~こさん、私の11名。
しかし、「酒茶」とついている割に頼んだ麦酒がやってこなかったりしてお料理が冷めていく~伸びていく~といったプチハプニングもありつつ、乾杯にいただきます。
Dscn3418_320

店内もだけど、お料理もオシャレ~。けどちょっと少なくない?
美味しいけど、もうちょっと欲しいかも~、っていう量が高級料亭プロデュースのお店の手腕なのかしら。
デザートの頃には、hirochoさんからモーちゃんとグッちゃんの暑中葉書を、ミミママさんからミミちゃんのために選曲したCDやてんかんのお勉強に使った本などを頂きました。

Dscn3420_320
↑の選曲、とっても良いです。広島に帰ってから通勤のとき車を運転しつつ聞いて思わず泣けちゃいました。

しかし、ここでお店から「次のお客様がお待ちなので」ということで会計して外に出ると、本当に沢山の人が席空き待ちしてらっしゃいました。いや、ホント、時間が足りなかったもののmoomamaも会場に戻らないといけないのだしと、全員でゾロゾロと「第二回十猫十色猫だらけ展」の会場へ歩いて移動。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.26

クララぱとろーる隊長へ

080725_214352


クララ隊長へ
母は東京に行ってから、山のように宿題を抱えて暑い部屋でピーピーいってまふ。
2学期始まる前の小学生のようです。
                     ほたる

Img_8963

たいちょ~。わたしが「ほたる」だよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.23

モサキちゃんに会いに

先年末から何度も大きな発作を繰り返していたベリー。
実を言うと、今回の上京は諦めていました。
けれど、本当に、モサキちゃんに導かれるように新幹線のチケットを買い、東京に居たのでした・・・・。
(申し訳ありません。時間軸が前後します。猫だらけ展のレポートは後日させていただきます。)

「明日は、朝、9時半出発だからね」
と高らかに宣言したタイピィさんの号令の下、爆睡いたしました。
真夜中にタイピィ家の3にゃんが入れ替わり立ち代り「キモ試し」に挑戦していたらしいです。
すでにノーヤンママさんのランチメニューを手に入れていたタイピィ家では新鮮で美味しいかなーり、軽めの朝食。
そして、私はタイピィさんに導かれるまま、ナントカ線の電車に乗り換えて運ばれていきました。
ちょっとうす曇で蒸し暑くて、電車の中の冷房がメッチャ効いておりました。
「駅までノーヤンママさんが車で来てくれてるはず。真っ赤な車よ~」
駅のロータリーの中でもひときわスタイリッシュな赤い車から降りてきた女性。
「こんにちは!さ、乗って乗って!タイピィさんは前ね!お局様はうしろねっ」
挨拶もそこそこに、車に乗り込みお家に連れて行っていただく。
24歳のモサキちゃん。とっても会いたかったよ。

お家はもう、玄関のアプローチからステキ!
ステキすぎ~heart02
お家に入ると、まずはクララちゃんによる厳重なセキュリティ・チェック。
以前、訪問済みのタイピイさんは問題無なのに、はじめましての私へのチェックの厳しいこと!
「ま、いいでしょう」
と言わんばかりの表情で、リビング奥に戻るクララちゃん。
そして、モサキちゃんにナニゴトか報告して、モサキちゃんの横に座る。
わぉっ、本当に「守護聖人」のよう。
そして、モサキちゃんは威厳を湛えた尊き賢者のイメージそのまま。
私がモサキちゃんに御挨拶しているのをじっと観察している賢いクララちゃん。

当のモサキちゃんは、ママの御帰宅にお腹が空いたとアピール。
「早くご飯をください~」
おしゃべりしたいニンゲンはじっと我慢我慢。もちろん、朝食が超軽かった私もアピールしたかった・・・けど我慢我慢。
<マザー>をトロトロにしたシリンジご飯2本、あっという間に完食。お水もスポイドでたっぷりと頂き、モサキちゃんのご飯は完了。本当に見事な手際で、動画撮影していなかったのを後悔しました。
そして、ニンゲンのご飯。
Dscn3456
↑ジャガイモの冷たいスープ・・・うまうま
Dscn3455
煮豚炒めとそうめんウリとレタスとトマトのサラダ
Dscn3459
メインは、たらことバジルのパスタ
デザートはタイピィさん&私セレクトのケーキ。
Dscn3460
喋って食べて喋って、笑って、しんみりして、そんなニンゲンたちの騒ぎを暖かく見守ってくれたモサキちゃんとクララちゃん。
Dscn3464

ノーヤンママさんが台所に立った隙に、モサキちゃんのアップを撮ろうと近寄ったら
「ちょっと!クララちゃんがキッって睨んだわよ」ってタイピィさん、もうクララちゃんの守護者ぶりを目の当たりにして大絶賛。
このあと、クララちゃんは
「ゴメンネ、睨んだりして。でも、勝手にお写真撮らないでね」
って誤りにきてくれました。
本当に、新幹線の時間が無ければ、あのリビングに居座っていたと思います。
モサキちゃんに「またねっ」ってお別れして、駅まで送っていただき、新幹線に無事乗車することが出来ました。
新幹線4時間のうち3時間は爆睡、帰宅して早々に布団に入って爆睡。
本当に、楽しくて楽しくて、猫旅は止められません~。

ノーヤンママさん、クララちゃん、本当にありがとうございました。
モサキちゃん、待っててくれてありがとう。
本当にありがとう。
会えて嬉しかったよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.07.18

猫イベント色々

福屋 広島駅前店
「ネコグッズが大集合
猫のカーニバル

7/17(木)~22(火)」こちら

そして、東京では
Rogo4
会期:7月17日(木)初日は2時から~7月21日(月)最終日は5時まで
場所:「Gallery やさしい予感」最寄:目黒駅
詳しくは→こちら


Dscn3382
ちょっと!
何で新幹線の切符、握り締めてんの~
なに「パパとお留守番していてね♪」なんて言ってるデスか!?
・・・・・べりーたん、おかーたんね、明日お仕事なのよ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.07.13

ビアガーデンオフ会

暑い夏はビールに限る!
ということで、「ねこばかたい」有志によりビールメーカーの直営店にてビールを堪能することに。
今回は初めて参加のMewさんも名乗りを上げてくださいまして。賑やかなご一行様となりました。

事前にクーポンが使えるかどうか確認して持参してくれた主婦の鑑、ジャム&おかーたま
直前まで手芸店にいたという、手芸作家を目指してもいいんじゃない?カミツレちゃん
集合時間に現れななーと、思っていたら表口で待っていたみつあみちゃん・・・ええ、私が裏口に居りましたの。
なんでもハードスケジュールでこってり絞られていたという、幹事のねこかかさん
「なふなふちゃんの御自慢グッズを持参してねっ」とお願いしたらものすごく可愛いアルバムを作成していたMewさん
そんな、Mewさんの携帯番号をPCから携帯に転送しておくのをすっかり忘れて、ショッピングモールの中でネットカフェを探していた私。出会えてよかった~(^_^;)

さて、そんな私たち、ほとんどのメンバーは1カ月前に会っていると言うのに、留まることを知らない猫話。
特に、Mewさんのかわいい「なふなふちゃん」のかわいらしさに、私達、悩殺されてしまいました。
そして、どんどん空いていくビアジョッキ。次々に運ばれてくるお料理をツマミに
「オチッコがね~」「ウンチがねぇ~」「腎臓の数値がねぇ」「口内炎がねぇ」「砂肝って美味しいの?」「あー、頼んだ春巻きがもうない~」「当たり前じゃない。勝負の世界は厳しいのよ」「やっぱり、ここはパートを始めるってのはどう?」「ハッピーな猫生とは?」
と、あっちに飛んだりこっちに飛んだり。いやいや楽しいおちゃけでございました。
そのあとショッピングモールのなかのコーヒー専門店で、それぞれ粘って解散となりました。

080712_190527
ブロガーにmixiのヒトがいるというのに(私にいたっては、バックにカメラを入れていたのも忘れはて)画像はこのシーンばかり。
ビールの画像はありませんでした・・・・・てへへっ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.10

ベリーの通院記録 7/9

急遽、休みが取れたので、平日に出来る用事を済ませることに。
イチバンはなんといっても「ベリーの健康診断」である。
 キャリーバッグの壁を「ゴチョゴチョ」と引っかくと、音に惹かれてキャリーバッグの中にすんなり納まる。


さすが平日。空いてるわ~。
受付にて
「①歯肉炎 ②血液検査 ③ワクチン ④オシッコ採取して腎臓の検査 ⑤夏にだけ出来る湿疹について」と診察内容の希望を伝えて
「優先順位が上位のものから診察してくださいっ」とお願いする。

診察室で、ざっと院長の目診。
一番の心配は歯肉炎であることを伝えると
「じゃ、口開けてください」
えー、私がやるの?やっぱし?
ベリーの背後から肘で固定して、口をこじあけて院長に診察してもらう。ベリーの歯肉炎はそれこそ、一歳前には歯茎に赤い縁取りが見られていたので、麻酔かけて歯石とったり(2回)したけれど、体質と飼い主が根性ナシで指導された歯磨きも出来ずに居るので悪くもならないけれどよくもならない。
「口臭もひどくなったし、1回、炎症を治めてみたいんですけど」
「うーん、じゃ、抗生物質のませてみますか」
と2週間分処方。⑤の痒みもこの抗生物質で様子を見ることに。
「じゃ、血液検査もいっときましょう」
最近では、看護師のコも保定と声かけが上手になって安心安心。
シャーシャーと文句を言うベリーに
「ほたたんは大人しかったのに、どうして大人しくできないかなぁ?」
というと何故か大人しくなるベリー。
おや?
おかげで、今回の採血は比較的スムーズに終了。
「ワクチンもいけそうですねぇ」
と、三種ワクチンも接種。

血液検査はフェノバールの血中濃度は後日(外注での検査のため)
あとは、とくに問題なし。ほぼ基準値内に収まっていて一安心。
去年末から、どんどん投薬量が増えていたので心配だったのだけど、ここ一ヶ月はほとんど発作がなかったので決行してよかった。

ついでに体重が400g減っていました。
リバウンドしませんようにscissors

今回のフェノバール血中濃度→24.6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.08

べりたんはエ●いか?

ことし3月の発作のとき、腋(左前肢前脚)がハゲタらしい→以前のエントリーはこちらDscn3315

通院のとき、ついでに診察してもらったが先生の処置はなし

数ヶ月かかって、やっとこ生えてきたのは・・・・変な色の毛
Dscn3382

拡大してみます

Dscn3383


べりたん・・・
どーしてそこだけ黒い毛が生えてきたのかしら・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

ガチャポンの罠

いつも仕事帰りによるスーパーの入り口。
何故か足が止まった。
私のにゃんこセンサーが働いたのだ。

そして、目が行ったのは一回百円のガチャポン。

ええー!?
肉球キーカバーですって!?

しかもシャム足柄があるですってshine!?

社会人**年目のオトナな私がこんな子供だましなガチャポンに手を出すわけにはっsweat02

ええ、一瞬は思ったんですけどね、すぐにお財布が取り出した百円握り緊めましたとも。

080701_065853

1個目は「三毛柄」

そして、2個目は「シャム柄」

・・・・・・・燃え尽きました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

内職はじめました(違)

ほたるの腎不全疑惑(このときは確定診断ではなかったので)のため、ヒルズのk/d2キロを購入したものの、まだ開けたばかりのロイヤルカナンのヘアボールコントロール2キロ・・・・。このまま同時進行で投与するにしても、季節柄湿気て食べなくなるのは目に見えている・・・。
これからの保存を考え、急遽、ヤフオクにてシーラーを落札(1700円+送料)。パッケージ屋さんにて厚みのあるポリ袋に脱酸素剤を購入。

Dscn3404

せっせと小袋に詰め替える作業をする私。
部屋中に広がる開けたてのドライフードの匂いに「腹減ったー」と落ち着きをなくすベリー。
食卓いっぱいに広がる惨状。
オットが一言
「何の内職はじめたんじゃ?」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.05

2回目の尿検査

前回の血液検査、尿検査から3週間目。
ほたるの2回目の尿検査に行ってきました。
今日の診察は院長。
「えーと、前回どうやって採尿しましたかね?」
「圧迫です~。圧迫排尿してください」
「とれますかねぇ?」
「お腹触った感じじゃ、溜まってそうなんで」
はいはい、とトレーを消毒して(とっても丁寧な直前消毒にビックリ・・・。正直、ここまで丁寧に消毒して採尿・・・4年前にほたるが膀胱炎で血尿の時にはやってなかったよね?技術の進化なのか!?)チャーっと採尿。
待合室で30分ほど結果待ち。
ふたたび診察室に呼ばれて、結果告知。

「やっぱり、比重が軽いので、腎臓の障害があると思われます。ひきつづき療法食あげてください。あとは定期的な検査して様子を見ましょう」
ってことで一ヶ月後に再び検査。


あとは、ベリーの血液検査に尿検査をどうするか←こっちのヒトの方が問題。
近いうちに(ベリーの発作次第なので一体いつだ!?)連れて行くこと。
それまでにベリーの採尿が出来れば検査してもらうこと。ただし、採尿して30分以内に提出しなくてはならない。
病院で採尿・・・・非常事態でなければやりたくない気配漂ってますけど?
圧迫排尿、自分でチャレンジしてみるべきか迷うところだなぁ~
いっそのこと、「砂おとしトイレ」にビニールシート敷いちゃうか?でも、確信犯じゃないしなぁil||li _| ̄|○ il||li

080705_112845
今日も強引にオシッコ採られてしまいました。
女の子なのに・・・・
と傷心中

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »