« 久々に実家猫 | トップページ | 最近、気に入っている記事やらブログやら »

2008.11.16

内職はじめました(違)・・・その2

ドライフードなどの保存方法についてのエントリー→「内職始めました(違)」の応用編です。

Photo
厚み0.04mmの小さいポリ袋を使用しています。


包装用資材のお店の人によると、キャットフードなどの小分けに保存には厚みが0.03ミリ以上がお薦めだそうです。


ベリーのお薬のひとつ、「ガバペンチン」は病院で四分の1錠に分割して処方してくれます。
が、去年の冬の段階ではまだ症例数の少ない薬なので、先生サイドも「適量」は不明な様子。
まずは、四分の1錠を与えてみると、どうも効きすぎる気がする。
なので、四分の1錠を自分で半分にカットして八分の1錠を1回ぶんの投与の基本とする。
にしても、小さい錠剤をカットするのは面倒くさい。病院にお願いして八分の1錠にしてもらったら・・・
「正確に分割するのは難しい」
「いやいや、この薬は、きちんと分量を出さないと効果がはっきりしなくなる」
なんと、先生2人が揉める(と、言うほど大げさではないけれど、お二人とも真剣で面白くもあり、申し訳ないし)ので、結局、私が
「なるべく、半分になるように調節してカットして投与」
することに。
去年は、カットしたものをそのままプラスチックの容器に入れていたけれど、それでも大きさがマチマチなのが中で崩れてしまう。

今年、ヤフオクで「シーラー」を購入したので、こちらでこのように個別包装することにしました。(シーラーは会社で使っているので使い方判るし)
ヒマな時にこうして作っておくと、大きさが一目で判るし、一方の口を開けて、フェノバール(こちらは基本、四分の1錠)を入れて包丁の柄で粉砕するのも簡単になり、夜中の発作の時とか重宝しております。

|

« 久々に実家猫 | トップページ | 最近、気に入っている記事やらブログやら »

コメント

私は今までフェノバールもガバベンチンも粉にしてもらってました。
なのに、11月分からフェノバールが錠剤(2分の1錠)になり、自分で粉にしろと、、、、、。
クラッシャーまで買わされましたが、役に立たず、結局乳鉢ですりつぶしております、、、、、、、(--;)

投稿: タイピィ | 2008.11.16 22:09

>タイピィさん
うふふ、この際、錠剤直接コックンに挑戦してみる~?
桃ちんを固定するのが大変そうね~。
乳鉢、私も東急ハンズで買ったけどさ~、出番ナシ。
ラップに包んで包丁の柄で叩き潰してますわ~。

投稿: お局様 | 2008.11.17 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23197/43130113

この記事へのトラックバック一覧です: 内職はじめました(違)・・・その2:

« 久々に実家猫 | トップページ | 最近、気に入っている記事やらブログやら »