« 寒くないよ~(感動) | トップページ | 韓国インスタントラーメン »

2008.12.21

「まぼろしの邪馬台国」と「ハッピーフライト」

2週続けて邦画鑑賞
★「まぼろしの邪馬台国」→公式サイトはこちら
「吉永小百合」主演映画は初めてなので、あらゆる意味で期待とツッコミを用意して観賞。
でも、思っていたより悪くない。
もっとココを掘り下げてほしいと思うところはあったけれど、竹中直人演じる宮崎康平という人物にとても興味を持って映画を見終わりました。
ネットでざーっと検索していると「竹中直人のオーバーアクション」についての批評が目に付きましたが、ある方に「あの時代、見えていた人が失明したらああいう感じで、オーバーじゃないですよ」という旨のお話を聞き、とても納得しました。
出来れば、原作本を読んで知識を仕入れてからもう1度観たいとおもいます。
それにしても、九州の風景の美しさがすんばらしいです。
そういえば、宮崎康平の大きくなった息子を演じたのは誰かしら。
かなーり、わたしのツボなんだけど。エンドテロップを見つつ
「旅に出たい~!」

★「ハッピーフライト」→公式サイトはこちら
こちらも早く観ないと上映が終わってしまう~
と、カミツレちゃん(邦画はほとんど観ない)を巻き込んで、広島宝塚会館の60席の小さいスクリーンで見る。
監督が大好きなので、この映画も期待大。
最初から最後まであっという間に時間が過ぎてしまった。
どのエピソードも実は、身近に「あるある」な光景だったり
コレを観たら
「旅に出たい~」

081207_181103

矢口監督と言えば、毎回、映画パンフレットが凝っている。
今回は絵本風。
大きいのも困るけど、変形したのも片付けにくいんですけど~。
映画のパンフレットも買わなくなったけど、この監督のだけはどうしても欲しい。
複雑なファン心理。
そして、DVDが出たら購入するのさ。
特典がいっぱいあるんだもん。


それにしても、旅に出たい・・・・。


|

« 寒くないよ~(感動) | トップページ | 韓国インスタントラーメン »

コメント

一番最近と言うか最後に見た映画は「スカイクロラ」だから、半年くらい前になるかな。それにしても映画館に行かなくなった(一箇所にやたらと映画館が集まっていてチケットの買い方が難しくて下手をすると吹き替えだったり(ワタシは科白が聞き取れないのです)・・・これだから足が遠くなるよなあ)

ただ今の所見たいのは「ウォーリー」「ワールド・オブ・ライズ」「アラトリステ」などです。

“ふらんすへ行きたしと思へどもふらんすはあまりに遠い”からせめてものことに背広を新調してどこだかへ出かけた人も居るらしいけど、私も旅に出たいなあ

おふらんすは正直言ってあまり好きじゃあないんで、イタリアのあちこちをもう一度のんびり回るか、イギリスで飛行機と帆船と戦車を見るか・・・どっちかに決めろと言われたら、う~ん、悩むなあ

投稿: 葛西の隠居 | 2008.12.22 18:45

>葛西のご隠居様
旅の醍醐味は「行く前から楽しめる」ことですよね。
ガイドブックを見ても楽しいし、関連本を見つけて読みふけったり、舞台になった映画を観たりと色んなアンテナがいろんな情報を拾ってきてくれるのを吟味したり。

2週間続けて映画館に行ったおかげで新作映画の予告編をたくさん観ました。これもまた、ちょっとした小旅行ですよね

投稿: お局様 | 2008.12.23 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まぼろしの邪馬台国」と「ハッピーフライト」:

» 映画「まぼろしの邪馬台国」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
『魏志倭人伝』から始まる~倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依りて國邑をなす。旧百余國。漢の時朝見する者あり、今、使訳通ずる所三十國~ 邪馬台国所在地論争と言っても、畿内説に較べて九州説は近年すっかり劣勢のようだ。それでも&q... [続きを読む]

受信: 2008.12.21 20:56

« 寒くないよ~(感動) | トップページ | 韓国インスタントラーメン »