« ほたる、呼吸観察中 | トップページ | ベリーお盆営業中 »

2009.08.17

映画三昧

立て続けに映画観賞。

まずは
090729_163303

「アマルフィ 女神の報酬」(サイトはこちら)
原作者の真保 裕一さん、好きなんですよ~。
わたしの中では「奪取」が一番だったのだけど、イメージ壊れると困るんで映画を先に見てから原作を読んでしまおうと企む。
いやいや、なかなかどうして、楽しめました。
原作、早く文庫にならないかな~(ハードカバーは苦手)
アマゾンでちょこっと調べたら、真保さんの本も随分出ているのね。
どれから読もうか楽しみ~。
アルパークの新館に「109シネマズ」が入って、映画が見やすくてビックリ~。
あとは、見たい映画を:上映してくれたらもっといいのにねぇ。

真保 裕一


続いて
090710_gijoe_main

「G.I ジョー」(サイトはこちら)
他の候補と時間が合わず、急遽、こちらに変更。
いゃあ、最近はさっぱりあっさりの日本映画が多かったので、ビックリ~。
やっぱり主食がお肉だとパワーが違うんでしょうか。
東京といいながら、どう見てもブルース・リー映画のセットが出てきたときには鼻血でそうでしたけど。
あ、韓流スターのアクションにも鼻血モノでしたが。
映画自体は面白かったのに、東○の窓口の対応の悪さにビックリ。
そんなんじゃ、シネコンに食い尽くされちゃうよ~。○映さん~。

でもって
090814_144642

「ディア・ドクター」(サイトはこちら)
いや、良い映画でした。
舞台がうちの田舎そっくり(でもって、ウチはもっと過疎)で、とても他人事ではなく映画に引き込まれてしまいました。
テレビのイメージと紙一重で主役を演じた鶴瓶師匠は絶妙です。
ありそうでなさそうな、なさそうであるかもしれない。
色々な「虚と実」とか「ウラと表」とかでも最後にはまたまたひっくり返されて、ラストシーンで一緒に「にんまり」してしまう映画でした。

最後に、録画しておいたのをやっとみる
Photo

「おくりびと」(サイトはこちら)
私にとっては「モックン」映画は周防監督作品の「ファンシィダンス」や「シコふんじゃった」のコメディ色の強い演技が印象に残っているので、この映画の中でもコミカルなシーンは重なって、ああ、らしいなと感じ。
最初に映画宣伝でみたシーンはそういうところが多かったので、周防監督作品かと思ったくらい。

|

« ほたる、呼吸観察中 | トップページ | ベリーお盆営業中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほたる、呼吸観察中 | トップページ | ベリーお盆営業中 »