« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.27

ウチワエビのマヨパスタ

土砂降りの日曜の夕方、宿泊夜勤のために夫を駅まで送る。
ついでに駅横のスーパーで買出し。
すると、お魚などが投売り状態。

「うちわえび」1パック300円→半額150円
上から見ただけで5~7匹は入っている。
さっそく帰宅し、レシピを探す。
(塩茹でが妥当だとは思ったが)

簡単そうで間違いなさそうなレシピを発見

http://cookpad.com/recipe/207545


簡単なのに↑のレシピを大幅削除。

1・ウチワエビの殻を剥き、水+酒でゆでる(このとき、塩を入れ忘れる)
2・パスタを茹でる
3・鍋にマヨネーズ+しょう油(お刺身パックについてくる小袋)に、ウチワエビの茹で汁を少し足して伸ばす
4・ウチワエビを入れて絡める。その後、パスタも投入
5・ねぎを散らして、なんとなくオサレなパスタが出来上がり。

_320

| | コメント (2)

2010.06.23

多肉植物の花

20100516_015_320


20100516_016_320


20100516_017_320


ちょっと時期ハズレになっちゃったけど
2010年5月16日撮影した、ご近所のプランターに咲いていた多肉植物の花。

なんか、毒々しいsweat01

目に染みるような赤色でした。
うーん、一番近いのは、炎天下で見る真っ赤なバラの花の色。


名前は分かりません。
どなたかご存知の方、教えてください~。


| | コメント (4)

2010.06.22

ほたる・通院記録

!100621_001_320わき腹に輸液溜りあり

今のところ、順調に2週間に1度の輸液通院
調子が良くなったら、間隔があけられるかと期待していたが

6月6日(日)朝の輸液が終わってから、遊びに出かけ、夕方帰宅すると白い泡状の吐き戻しが数箇所。
しんどそうだが、熱はなさそう。
一晩様子を見て、月曜日の夕方、かかりつけの先生に問い合わせる。
吐き気がおさまって安定しているようなら様子見で、という事にする。
それから二週間、徐々に調子も上向きになっているし食欲も少しずつ出ている。

6月19日(土)
父の百箇日のために帰省。
どうしても5時までに帰って猫を病院に連れて行くんだい、とノンストップで車を運転するも渋滞に巻き込まれ冷や汗をかく。
診察台の体重計に載せて先生の顔が曇る。

前回6月6日  4.7キロで「もっと太っても大丈夫」といわれた体重が
今回6月19日 4.35キロに減少。

ひぇぇぇぇぇぇ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!

ほたたん、元気に見えたのは「フリ」だったの!?
「もっと輸液の回数を増やしたほうがいいかもしれません」

がーんΣ( ̄ロ ̄lll)

以後気をつけます・・・。

この日は「爪きり」もお願いする。
老猫さん独特の爪が太くなりすぎて、うちにある爪きりじゃ歯が立たなくなったのと、体格が良くて気配を察するのが早いほたるの爪切りや投薬は、意外と大変。
看護士さんが、普通の猫の爪きりを取り出したので
「多分、ギロチンじやないと無理~」
と犬用のギロチンタイプの爪切りを出してもらう。
暴れはしないけれど、とってもかわいそうな私と涙顔で硬直したままのほたるを3人がかりsweat01であっというまに終了。らくちん~。

やっぱりギロチンタイプの爪きり買わなきゃな。
以前、酔っ払って爪きりして深爪しちゃった(こちら)こともあるしな。

診察室から出て会計するとき、トリマー室から「きゃうーーーんきゃうーーーん」とワンコの悲鳴
どうやらトリマー室でも爪きりしている模様。
「向こうも頑張ってるねー」
「がんばってー」
と応援する私とAHTさん。
前日の金曜日は
「猫さんばっかりだったんですよー」
と猫祭りだったという
「えー、残念~。昨日来たかったな~」
そういえば、最近猫さん見かけること多いな。


******************
6月19日(土)  消費税抜き価格
再診代   600円
皮下輸液  2000円
爪きり   600円


| | コメント (2)

2010.06.21

読書記録・海街diary

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃


海街diary 2


海街diary 3 陽のあたる坂道


いゃあ、久々に「よいマンガ」に出会い頭にぶつかって、目からウロコ的な出会いをしました。

私自身には姉妹はいないのだけれど、中間管理職的な長女(母と父と兄一人、弟二人)なので、この姉妹の瞬間的な結束力やはじけ方がうらやましかったり。

特に一巻は、家庭を捨てて出て行った父親のお葬式が舞台で、最近、父の葬儀をしたばかりの私には沁みる内容。
シャチ姉の
「大人のするべき
ことを子供に
肩代わりさせては
いけないと思います」

の言葉にじーんときました。
ああ、シャチ姉の妹になりたい。
こんなとこを言ってくれるおねえちゃんが欲しい。
(お葬式が終わって、いろんな事で荒んでます。ワタクシ)


| | コメント (6)

2010.06.20

親切な・・・・。

3月から始まった、うちのマンションの大規模修繕がほぼ終わり

巨大キャットタワー(こちら)も解体されました。

100605_040_320

うちは一番端っこなので、足場も最後に組みあがり、撤去も最初なのでよそのお宅よりは短期間だったんですけれど、やっぱり昼間の騒音や人影ってストレスですね。

ところで、大規模修繕の間、ベランダに置いてあるものは撤去しなくてはならないし(夫の実家に預けた)、ゴミの日まで一時的に置いているモノたちも置く事はできない。
ゴールデンウィークの間は工事がストップするので「つい」休み明けすぐに収集されるゴミ袋をベランダに置いておいて、休み明けの次の日、ゴミを出そうとしたらなんとっ!

ゴミ袋がない!

うひゃー、やさしいドロボーさんがいたもんだ♪
やー、もうちょっと出しとけばよかった(をいっ)

なんてことはなく、作業の邪魔になったゴミ袋は、なんと足場に移動されていました。
しくしく

100605_046_320

引き寄せようにも手が届かない~。

この後、私自身が工事の人に会うことなく、2週間後のこのゴミの収集日の前の日にベランダに返却されていました。

ご迷惑をおかけしましたcoldsweats01


| | コメント (0)

2010.06.13

アーティーチョーク

ゴールデンウィークの頃、母農場の片隅で、派手な植物が・・・。

5月8日撮影
012_320

004_320


どこから手に入れたのか、アーティーチョークです。

「アーティチョーク(Artichoke、Globe artichoke、学名Cynara scolymus)は、キク科チョウセンアザミ属の多年草。和名:朝鮮薊(チョウセンアザミ)。若いつぼみを食用とする。」

その後、用事が重なって、1ヵ月ほど顔を出していなかったのでもう枯れてるだろうな、と思っていたら

100612_005_320

うわー、南国のイソギンチャクの画像みたい・・・。

私の拳骨と比べてみました。
100612_004_320


普通のあざみが巨大化しているようなものなので、トゲもごっつくて当たると痛いです。

もう食用にはならないので、観賞用に放置しとくんですって。

| | コメント (6)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »