« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.25

熱気倍増でドン

ベリーとほたるの越冬を考え直すことにした。
今までは、それぞれ電気座布団を一枚づつ支給していたのだけど、下腹はぬくもっても全身がねぇ~
静電気が原因とおぼしき、下腹部ハゲも気になるし。
命に別状は無いからほったらかしてたけど、やはり、腹の冷えはオンナの大敵。そして腎不全の大敵。

この猛暑の中、暖房器具を求めて、ネットサーフィンしておりまする。

エアコンつけるか?
コタツにしたらベリたんの発作の後始末が大変。
オイルヒーターは目の玉が飛び出るほどの電気代だったので人様に押し付けてしまった。
サンラメラも捨てがたい。

とにかく、人間の留守中、6畳くらいの部屋がをランニングコストがなるべくかからないように点けっぱなしに出来るマシン、ないかなー。

設置場所を考えれば、コンパクトサイズのオイルヒーターと電気座布団でなんとかならんかな。

などと、モウモウとネットの海に沈没。

ああ、ゆだる~。

20100724


7月24日の「夢みなと花火大会」を家から見る。
カメラのモードを変えて撮影したけれど、目標が遠すぎて写りはイマイチ。
肉眼だと、結構よく見えます。
500円玉くらいの大きさかな?

| | コメント (4)

2010.07.20

頂き物オンパレード

先週は、人生最大のモテ期だったのか!?

毎日のように頂き物がありました。

ありがとうございます

その中でも、手作りジャムをいただきました。

20100719_001_320

右がボンゴレーノきんたさんの「ダークチェリーのジャム」
左がカミツレちゃん作の「バナナとブルーベリーのジャム」

奇しくも、同じ日に頂きました。
どちらも美味しくて、パンにつけたりヨーグルトに入れたり大活躍でした。

うまーーーー♪

20100719200242_0
他にも、最中とかせんべいとか最中とかいっぱいきたんだよねー。


| | コメント (0)

2010.07.19

ほたる・通院記録

7月18日(日)


20100719200203_0


20100719200307_0


ゲリラ豪雨が去って、真夏の日差し。

あおいそら
輸液溜まりも
ぬくもるよ

雨上がりのこんな日は、患者さん、多いのよね。
と、いっても30分ほど待って、いつもの輸液。

私の前にお会計をしている、おばさまの引いているキャリーにくくりつけられているのは猫キャリーバックだよねー。前回もいらしたような?
しかも、会計の金額は、うちと同じ。

私の後に入ってきたおば様も猫飼い主さん。
真っ黒なクロネコさん。
「腎不全でね~、すっかり痩せちゃって、8キロの体重が6.5キロに下がっちゃったの~」
ちょっと覗かせてもらうと、確かにデカイ。
とはいえ、一時期は本当に危なくて「毎日通院してたのが3日に1回になってずいぶん楽になったわ」と言われる。
しゃべっていると名前を呼ばれて、体重測定。今回は聴診器を当てて、輸液+ビタミン剤を皮下輸液。
前回の検査から3ヶ月経っているので、血液検査もお願いする。
いつもの看護師さんとお話しして、診察室からでると、新しい患者さんはシャム猫さん

うぉーーー、べりたんがスマートなら~、きっとあんな感じかもしれない~。
クロネコママさんと、
「やっぱり、野良猫出身のうちの子とはちがうわ~」
とヒソヒソと語り合う。
そのシャムネコさん、ノーリードで飼い主さんの膝の上で全く動じる様子なし。
あんびりーばふー!
(かなりドキドキしたけど)


********
再診代    600円
皮下輸液  2000円
ベリーの薬 2800円

(血液検査代はサービス?)

********

体重   4.45キロ
BUN 34.0mg/dl(正常値 17.4~40)
CRE 2.7mg/dl(正常値 0.6~2)

赤血球・ヘモグロビン・PCV・白血球→正常値内

何事も無ければ、次の血液検査は半年後に実施予定。


| | コメント (2)

2010.07.14

豪雨

すごい豪雨でした。

高速道路が閉鎖されて、トラックやら高速バスが一般道に回ってきているのでビクともせず。
でも、急ぎの仕事もあるし、当番もあるし、何より家の前の幹線道路はいつも通りの込み具合。
大雨警報は出ていたけれども、朝一番の道路情報よりも早く家を出てしまうので情報は皆無。

それでも途中までは空いていたんですけれども・・・・。
朝は45分くらいで会社に着くのに、2時間かかりました。

20100714_320

この風景の先には、厳島神社のある宮島があるはずなんだが。

| | コメント (2)

2010.07.11

映画・「オーケストラ!」

土砂降りの雨の中、選挙を済ませて「オーケストラ!」(公式サイトはこちら  *音声再生あります)を観るために出発。

一回目の上映に充分間に合う時間だったのでぼーっとして歩いていると、本通り商店街にてキャサさんと遭遇。
広島県の西の端と東の端の猫友さんと偶然出会うとは、不思議~。
笑えるくらい不思議。

上映は立町の「シネツイン 本通り」
広島公開2日目1回目の30分前でもう、満席状態。

ロシア人を描いたフランス映画で、落ちぶれた指揮者役の人が、なんとも母性本能をかきたてる。
普段のダメダメぶりと音楽家の顔の差がなんともいい。
気の強い、超しっかりものの奥さん役がまたピッタリ。
寄せ集めた昔のメンバーも一癖、二癖あり
あっという間に引き込まれて
最後に明かされる秘密も切なくて。

予告上映見てから、待ってた甲斐があったというもの。

来週の土曜日は上映前にバイオリンのミニコンサートがあるそう。
20100711_320
さすが、シネツイン。
半券でフレンチレストランの割引もあるんだって。

| | コメント (4)

2010.07.10

暑い。

実家に帰り、母の話を聞きつつ三毛猫「かき」のブラッシング

でるわでるわ

ふわっふわの下毛がたーーーっぷり

そうこうしていると「あさり」もやってきてブラッシングの順番待ち

片足に一匹ずつ猫が貼りつく図

モチロン、クーラーは無い

暑い・・・

201007101_320


201007102_320


この後、猫たちを引き離して「涼」を感じました。

ああ、日本の夏。

| | コメント (0)

2010.07.08

ねこだらけ展 モンミュゼ沼津

1007

ねこだらけ展 モンミュゼ沼津 
観覧料 200円
期間:7月10日~8月1日 2階展示室 

モン・ミュゼ沼津」についてはこちらをご覧ください

| | コメント (0)

2010.07.04

ガイド犬ドビン 大往生☆追記あり

今朝の中国新聞 尾三地区版に掲載されていました。

中国新聞のweb版はこちら

20100704_001_320


20100704_002_320


私も何度かドビンにガイドしてもらいました。
東京からのお客様を案内しているときにも出会いました(2006年12月)

ご冥福をお祈りいたします。
楽しい旅の思い出をありがとう。

2010年7月7日の中国新聞の「天風録」もどうぞ→こちら

| | コメント (8)

2010.07.03

ほたる・通院記録

またしても雨の通院。
病院通いもそろそろ嫌気が差してきたらしい、ほたたん。

前回、体重が落ちてたが、少し回復

4.35キロ→4.45キロ

おかげで「輸液の間隔を詰めましょう」発言はなく、ほっと一息。

前回の輸液後一週間は不調であったが、後半で盛り返してきた感じ。

目安は食欲と「ふまーん」の回数。

元気なときほど「ふまーん」と鳴くことが多い。

ご飯が欲しいやつじゃないとか
外が見たいとか
ベランダに出たいとか
ベリーばっかり構うんじゃねぇよとか
ブラッシングが下手だとか
こっちの部屋でなでろだとか
ウンチがでないとか

100621_007_320
だから、なに?


本日も500ml(今までずっと500mlだったんですって)+ビタミン剤を輸液。
車の中がビタミン剤くさいっす。

「先生、もしかしてこの量って多いほうですか?」
「多いですね」
(@_@;)ありゃ~、そうだったんですか。
やっぱり?


*************
本日の診察代

再診代   600円
皮下輸液  2000円

ベリーのお薬  2800円


| | コメント (0)

読書記録/MY LITTLE LOVER


MY LITTLE LOVER /氷栗 優

電子書籍もあります

http://comics.yahoo.co.jp/10days/higuriyu01/mairitor01/shoshi/shoshi_0001.html

2002年頃、あおば出版という会社が出していた、ペットマンガシリーズの中の一冊。この会社、倒産して本当に残念。
漫画家と暮らしているパピヨンの日常を描いたもの。

このパピヨンが「門脈シャント」(こんな病気です)という先天性の病気が発覚して、通院や投薬、病気のことも描かれている作品。
闘病モノではないので、あまり深くかかれているわけではないけれど、当時は(今でも)とても珍しい内容だったので購入していた一冊。

ベリーの「シャント手術」の話が出たときに探し出して読み直す。
残念ながら、「門脈シャント」と「水頭症のシャント手術」は全く違うものでした。

この後、主人公のパピ君は天国に行ってしまいましたが、作者の氷栗 優さんはパピヨン一筋のようですね。


| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »