« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.25

映画「トイレット」

「トイレット」(公式サイトはこちら)

20100923173717_0

カナダ・トロントが舞台で日本語の判らない3人の兄弟と日本からやってきた英語のわからない「ばーちゃん」
長男のモーリーはパニック障害で引きこもり
次男のレイは潔癖症で他人との交流をしたくないオタク
長女リサは自分の気持ちに不器用な多感な大学生。
そして「ネコ」のセンセー。
そんな孫たちと一緒に暮らしてはいるが、一線を画す「ばーちゃん」

もう、センセーの最初の登場シーンから「うるっ」ときてしまいました。
センセーに癒されたい~~とジタバタ。

そんなセンセーの「オフショット動画」はこちら

20100923173748_0実際にはブルーグレーの微妙な毛並みの「センセー」

監督は日本人女性で、セリフも撮影もスタッフもカナダ。
単語はあるけれど日本語のセリフはなし。
モーリーのピアノの音もしっとりと、でも底力もある選曲も良かったです。

孫たちが「ばーちゃん」と呼ぶCMが良かったのが観るきっかけ。
エンドロールの「SPECIAL THANKS TOTO」に映画館全体が爆笑してしまいました。

TOTOさん、ありがとう~


今年は「音楽」に係わりのある深い映画のアタリが多かったなぁ~。


| | コメント (0)

2010.09.24

ほたる通院記録

2010年9月19日

本日は、ほたるの輸液にギャラリーあり。
加圧パックを使った500mlの輸液光景を見てもらう。
いつもと違う「ほたるちゃん、がんばって!」の声に
「いい子ブリッコ」の血が蘇ったらしく、とっても良い子でした。

それから、先生に質問
「腎不全の場合、治療は 心臓の薬+活性炭+輸液 の3本立てのようですがどうなんでしょう?」
答えは
「心臓ではなく、腎臓のお薬はもっと数値が悪くなってからでいいでしょう」
「活性炭は動物用のものは効果が無く、人間用のものは一回に何錠も投与しなくては効果が無いのですが、どうしますか?」
どうしますかって~、飲ませるのは飲ませられるでしょうけど、今はまだ投薬に嫌悪感を植込みたくなすですねぇ~
ムニャムニャと返事してしまう。
実際、数値は2010年7月18日の検査で
クレアチニン  2.7mg/dl(参考正常値 0.6~2.0mg/dl)
BUN      34.0mg/dl(参考正常値 17.4~40mg/dl)

ということは、まだまだ先の長いお付き合いになるわけだけれど、2週間に1度の輸液も半年も通っていれば反抗期もやってきて、最近は「ヤダヤダ」モードに突入。
うーん、Mewさんちのなふなふちゃんの様に、輸液中のリラックス感はない

最初の頃はこんな感じ(こちら)だったんですけどね。
前々回は輸液終わって先生と話してたら「帰るー帰るー」とキャリーバックに突入したがるのを静止するのが精一杯(キャリーバックをばらしたままだったので入れられなかった)
そんなわけで、活性炭は見送ることに
そして、腎臓の薬(フォルテコール)に期待♪


20100830_012_320


ほたたん、アジの素焼きの食べ残しを味見中♪
おいしいの~?

***********
体重・4.7キロ

| | コメント (4)

2010.09.20

秋が来た

「暑い暑い」といっている間に、秋はちゃんとやってきていた。
20100920172701_0


20100920172630_0


20100920172728_0


冬→来年1月頃までの落語のチケットが続々発売され(予約のみ受付しているものもあり)、2週間に一度のほたるの皮下輸液の通院予定日(土曜か日曜の午前中)もあり、日にち感覚が狂いまくり。

20100920172600_0


ちなみに、広島の落語情報は

「広島落語ぶろぐ~落語会・寄席情報」(こちら)

が詳しくて早いです。

「ネコ」って書いてあるのは
「ネコを探して」(サイトはこちら)という映画の前売り券。
あと、県立美術館で開催の「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展 -華麗なる英国のライフスタイル-」(こちら)もチケット購入済み♪

*****************
お知らせ
****************
寄席の開催お知らせをいただきました。

お寺で落語を聞く会「教順寺寄席」
日時 2010年10月3日(日)
    18時より2席
場所 東広島市八本松町原6781
    教順寺
    ℡ 082-429-0295
入場 無料(予約必要なし)

どうぞ皆様お誘い合わせの上おこしくださいませ。

教順寺   戸島崇文


開催場所

http://www.higashihiroshima-town.com/map/hh006252


| | コメント (0)

2010.09.11

歌舞伎にリベンジ

(社)全国公立文化施設協会主催
西コース
松竹大歌舞伎

201009009_005_320
を見てきました。

1、歌舞伎の見方(かぶきのみかた)
                  中村 亀 鶴


2、歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ)
            鳴神上人  中村 橋之助
           雲の絶間姫  中村 扇 雀


3、俄獅子(にわかじし)
            芸者お扇  中村 扇 雀
           鳶の者亀松  中村 亀 鶴
            鳶頭駒吉  中村 橋之助

「歌舞伎の見方」は体験型歌舞伎入門講座
軽いトークで会場をあたためつつ進行する歌舞伎講座。

「鳴神」はハリウッド映画ばりのスケールとストーリー展開の物語でした。
おもしろーい♪
私流にアレンジしたストーリーは
「政府の密命を受けた絶世の美女スパイが、悪の頭領を色仕掛けで篭絡させて、その隙を突いて世界を救う」
お色気シーンあり、ロッククライミングにアクションあり、そして衣装と所作の美しさに心洗われたのでした。
鳴神上人は渡辺謙 雲絶間姫はアンジェリーナ・ジョリーでどうだろう?

ああ~、そこの歌舞伎ファンの方、石を投げないで~。

だって、生の歌舞伎は2回目(前回は一年前)なんだもん~。
何見ても、へーほーふーんの世界。
帰り道、私の前を歩いていた、おばあさま2人連れは興奮して
「鳴神、30年ぶりだわ~。よかったわ~」としきりに話し合っておられました。

一年前の歌舞伎座では、何気なく買ってしまった「タイヤキ」の逆襲を受けたので、今回はおやつなし。

そうそう、今回の公演、圧倒的に女性が多かったので会場が「1階フロアは全て女性専用」「男性は2階フロア」と分けてくれたので安心してトイレに行ったら、行列の先は「男性トイレ」でしたの。
ちょっと不思議な気分でした。

| | コメント (4)

2010.09.07

ベリーの湿疹 2010年8月

20100904_010_320


どどーーーーん

と見ていただきたいのは、ベリーのお腹の湿疹

20100904_008_320

20100904_009_320


先日、診察してもらって塗り薬を処方してもらいました。

「べりーさん、冬もハゲますよね?」
「いえ、冬のハゲと夏のハゲは違います。
冬のハゲはツルッパゲ、夏場は湿疹できてますから・・・・ってことは、夏は汗疹みたいなもとの思っていいんでしょうか、それとも夏場だけのアレルギーなんでしょうかっ」(以前アレルギー検査を依頼したら却下されたので)
「うーーーん、とりあえず、塗り薬出しますね」

黄色い塗り薬、一回塗ったら、きれいに赤みが引いた。
余っちゃった・・・。


| | コメント (2)

2010.09.05

ほたるの遭難・ベリーの受難

9月4日(土)

ほたるの皮下輸液通院日。
まだ、時間が早かったのでレンタルしていたDVDを一本見終わった頃に重たいお尻を上げると

ほたるがいない

はて?

家中の目に付くところや、普段の隠れ場所にはいない。

掃除機かけながら探してみるが、完全に気配を殺して雲隠れ中。

この酷暑なんで、平日は24時時間クーラーつけっ放し。 設定温度29度、湿度は50%前後で固定された室温だったのを窓を網戸にして全開しておく、室温は34度まで上昇。
汗だくで掃除していると

20100904_012_320

焼酎のペットボトルに頭を押し付けるように、直射日光の陽だまりで温もるベリー。

結局、午前中の診察時間には間に合わず。
再び、カーテンを閉め、クーラーをつけ、晩御飯の買出しとDVDの返却に行って帰ってみてもほたるの姿はなし。

家から出るわけはないし、どこに行ったんだ?

16時からの午後の診察時間が始まろうとしているのに、いまだ見つからず。

そろそろ焦るわ、ホンマ~。
と一番怪しい、夫の部屋の隙間を捜索していく。
すると・・・。

20100904_013_320
↑どこにいるか判りますか?

い、居た~(@_@;)
夫よ、なんでこんなにステキな隠れ家を作ってやってるかな、もうannoy
しかし、あまりの居心地の良さに出てくる気配は無い。でも、時間が無いで引きずり出して病院へ。
いつもの皮下輸液を済ませて帰宅する途中、思い立つ。

「そうだ!今日は(というか、この夏の間)空いてたから、ベリーも連れていっておこう」

18時過ぎるとぐっと過ごしやすくなってるし。

帰宅するとキャリーバックからニャニャニャannoyと文句を言うほたるを出して、おかえり~heart04とやってきたベリーを入れて、再び、出発。

病院では再び、現れた私が「今度はベリーですー」「どうされましたか?」「健康診断と口の中見てもらって、お腹の湿疹見てください~」

診察室に通され、体重測定すると
「5.8キロです」
「太りましたねannoy」「太ってますねsweat02
ということで、お腹を触診してもらっても、厚い脂肪が邪魔して何も判らず。
一年に一度のフェノバールの血中濃度の測定も、去年の11月以来だけど今日しちゃいましょう、と採血され、お腹の湿疹には塗り薬、口の中は歯肉炎は相変わらず、歯石が付いている。とのこと。
便の状態を良くする為に、ドライフードからウエットフード主体にしたいんだけどどうだろう?と相談する。
「ドライフードだからといって歯石が付きにくいというわけではないから、やってみたらいいんじゃないですか?」
との意見。
うーん、悩む~。
採血のためにエリザベスカラーをつけて保定するなり大絶叫。
べりたん、まだ針を刺したわけじゃないんだけど・・・。

前回、5.5キロだった体重が5.8キロに増加しているが、今のところ発作には影響なさそうなので、薬の増量はなしで様子見にする。
血液検査の一般項目も、特に問題はなし。


20100904_015_320
「なんだかひどい目にあったわね~」
「ホントよ。つっかれた~」


| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »