« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

落語会のご案内

広島で生の落語を聴く会主催の落語会、行って見ませんか~?

私はこの会を聞くために、今年の初めにwowowで放送された「落語家Xの快楽」を観直しましたよ~(*^_^*)
改めて、この会が選んでいる噺家さんのセンスに脱帽です。

◇第9回生らくご会「立川生志独演会~ひとりブタじゃけぇPARTⅡ~」◇  
    日時:2010年11月3日(水)14時開演(13時15分開場)
    会場:広島工業大学広島校舎5階ホール(広島市中区中島町。平和公園の南側、元安川の川沿いのビル)
    木戸銭:シングル3500円(当日3800円)、ペア6800円(予約のみ)
    ※全席自由席。正午より、入場の順番を決める整理券を配布いたします。整理券が無くても、ご入場はできます。ただ、その際は、整理券をお持ちのお客様の後からのご入場となりますので、ご了承下さい。座れないことはございません!


詳細はこちら→「いよいよ、生志登場♪」

| | コメント (0)

2010.10.27

第4回十猫十色 猫だらけ展のお知らせ

十猫十色 猫だらけ展のおしらせ
終了まで☆トップに固定☆いたします。

期間:11月3(水)~11月7日(日)
時間:11:00 ~ 20:00(作家在廊は19:00くらいまで)

       ※初日は14:00から、最終日は17:00まで
       ※3日17時半よりささやかなパーティを予定しております。
場所:Galleryやさしい予感 
東京都品川区上大崎2丁目9−25
(目黒駅徒歩5分)

詳しくは→こちらをご覧ください

Imgecfa510czik0zj


残念ながら今年は遊びに行けそうにありません~
(新幹線代が地デジテレビとコタツに化けてしまいました)
皆様のお土産話を楽しみにしておりますっ(*^_^*)


| | コメント (2)

2010.10.19

映画・大奥

20101018213443_0

結論から言うと
「想像していたより悪くない」
です。

最近、落語を聞いたりしてるので主人公の「粋でイナセな人情味のある江戸っ子」な演技のズレが大きく見えてしまうのは仕方ないにしても、他の役者さんがピッタリ嵌ってる分、浮いちゃって~。
特に、女性陣はピッタリと役にもってってるところが役者の違いかしらん。着物は地味でも気迫がね~。
男性陣は着物に着られちゃって刀に振り回されてるって(^-^;
女性陣は肝の据わりきった役柄が多いから仕方ないのかね。

ぜひとも「女将軍・吉宗」でお話作ってほしいですわ。
オープニングはもちろん富士山と海をパックに白馬で疾走する柴咲コウ将軍。
毎回身分を隠して街に出て、騒ぎを起こして周りが解決するってどうかしら
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~やっぱ、ダメか~。

そうそう、作品の中で「お猫様」が可愛かったのよ。
シャムネコマニアな方はぜひ(*^_^*)
まあ、作品中、藤波と松島が混同してしまった私に、この作品を偉そうに語る資格はないのであった。
ちゃんちゃん。

この秋は「SP」も待ってるしジャニーズ対決の行方は如何に。

| | コメント (4)

2010.10.17

充電式湯たんぽ

この春先までは、毎日、お湯を沸かしてプラスチックの湯たんぽを仕込んでいたのだけど、朝、忙しかったり、冷めたお湯の始末がもったいなくなったりしたので、探してみました。
「充電式湯たんぽ」

まだ、本格的に寒いわけじゃないけれど到着した商品を早速使用。
まだまだ、新品臭い独特のニオイが取れないけれど、朝、出かけるときに薄い羽毛掛け布団を二つ折りにした中に挟んでいると

20101017_192_320

すっ飛んできて乗っかってます。
まだ20度超える日があるというに、いいんでしょうか。
これからもっと寒くなるんだよ~。
電気座布団がハゲの原因かどうか実験したいんだよ。
病気じゃない(でも、低温やけどでもない)から春になったら元に戻るんだけどさ。
女の子だし、触ると気持ちいいけど、寒いんだよぅ~。

明け方、私が布団から蹴りだしていた湯たんぽ、ちょっと肩や腰、首筋に当てると、ほんわか気持ちいい~。
極楽~
充電が済んだばかりだと熱いけれど、温度が下がってくると、程よい暖かさが残っててウォーター枕の気分が味わえます。

ただ、6時間しか暖かさが持続しないのが残念。
せめて8時間~10時間は暖かさがもって欲しいな。

柔らかいクッションが好きな猫さんにはいいと思うけれど、ベリーのように足元が硬くないと落ち着かないコには向かない。
値段は変わらないけれど、丸型の小さめの充電式の製品もあり猫ベットに入れとくのもいいかもしんない。

| | コメント (0)

2010.10.11

動画を復活させました。

2006年と2007年の一部の動画が見れなかったのですが、やっと、リンクを貼りなおして再生できるようになりました。

いつも検索ワードに「猫 失明」入っていて気になっていたのですが、元動画を探し出すのが大変で投げてしまっていました。
少しでもお役に立てば幸いです。

主に「おかーたま」のミィナちゃんとチャー坊の保護直後の動画、ベリーの「失明猫の日常生活」と「癲癇発作」の動画だっので、懐かしいやらなんやらかんやら~

常連の方も、よかったら見ていってくださいね♪

| | コメント (0)

第8回生らくご会「柳亭市馬独演会」

10月10日(日)
広島工業大学広島校舎(中区中島町)
「広島で生の落語を聴く会」(ブログはこちら)

20101011100504_0


広島に今、まさに「旬」の落語家さんを呼んでいる「広島で生の落語を聴く会」主催の落語会。
今まで日にちのタイミングが合わず、今回、やっと参加することが出来ました。
6日の柳家花緑独演会の会場前でチラシを配られていて
「予約してますよ~」というと喜んでくださったのが忘れられません。(でも、県民文化センターの建物と入り口広場の照明が暗すぎてビックリした(@_@;))

4時からのチケット購入と整理券配布のために1度、広島工業大学広島校舎に行くのだけど、建物の裏の路地を通ってしまい随分と行き過ぎてしまい迷う。
無事整理券をゲットして、アステールプラザの図書館で過ごそうと思っていたのに、なんと休館日。
ががーん。
仕方なく、本通りまで戻ってロッテリアで腹ごしらえしていると、開場時間に遅刻。
整理券の早い番号取った意味ないじゃん自分。
でも、スタッフさんの機転で割り込ませていただき、好位置の座席を確保することが出来ました。

今回のお客さんは柳家花緑独演会より随分と若いく若い女性も多し。
あっという間に、会場のホール(講堂?)も一杯になり期待に満ちた雰囲気が盛り上がっているのが判る。

最初に主催者の挨拶があり、前座クンの柳亭 市也に引き続き登場。

うわっ。声がいいわぁ~
あっという間に世界に引き込まれる。
「目黒のさんま」という誰でも知っている話に奥行きがある。
うーん、秋刀魚が食べたくなったよ。
さっきロッテリアに寄っといて良かった。

中入りでは色紙抽選会もあり、席を立たなくても楽しめる。

色物さんは「紙切り」の林家楽一さん。
会場からリクエストを受けていく。
私は前のほうの席だったので、リクエストした人がどんな人か声で想像して作品を受け取りに来た実物とのギャップを楽しんでいたりして。
数日前に、たまたま師匠のPodcast配信の録音を聞いたばかりだったので、心の中で応援しておく。

再登場の後は「掛取美智也」
この落語会の前にネットで情報集めていたときに「三橋美智也の声真似は本人以上」とあったので、これか!ととっても儲けた気分。いゃあ、いつまでも聞いていたい声。

・柳亭市也   「牛ほめ」
・柳亭市馬   「目黒のさんま」
・林家楽一   「紙切り」(色物)
・柳亭市馬   「掛取美智也」

帰りの市電に乗っている間、ipodに入れっぱなしだった「長屋の花見」を聞きなおす。
不思議なものでライブで聴いた後だと、それまで聞いていた印象ががらりと変わり、とっても味のある話として耳から入ってくる。
やっぱり「生」はいいよねぇ~。
ぐっと引き込まれて、日常の感覚に戻るまでのふわふわした感じがなんともいえず。
その後、24時間スーパーで秋刀魚を見るが
「高いっ!」
とあきらめる。


20101011100658_1
今回、平和公園を2往復して突っ切った。
連休中なので観光客も修学旅行なのか平和学習の学生も多かった~。
お天気が良くて、良かったね。

| | コメント (2)

2010.10.07

柳家花緑 独演会

2010年10月6日 県民文化センター

20101007194226_0


6時30分開場だと思い込んで、危うく遅刻するところであった。
それにしても、会場にポスターの一枚も貼ってないのは寂しい限り。
だいたい、建物はもうちょっと照明明るくてもいいと思うの。

開演5分前に会場の入り口で巨大なレンズを持った人発見。
ふーん、取材かな。中国新聞だったりして~、と思ったら中国新聞さんでした。
翌日の地方欄に載ってました→こちら

おお、落語をライブで見始めてちょうど一年。今日が一番年齢層が高いかも・・・と思われるが、大入り満員で立ち見も出ていた模様。
県民文化センターのホールに入ったのは15年・・・ぶりくらい?
座席は狭いし足元も狭い。でも、舞台が見やすいのは再発見だ。サロンシネマの席と取り替えてきんないかな(@_@;)


 柳家 緑太・・・・・道具屋
 柳家 花緑・・・・・天狗裁き
中入り 
            中村仲蔵

前日、広島では関西落語家の襲名公演があったのでその話題にふれつつのマクラ。
学校寄席でのいまどきの学生の描写なんて流石~。
天狗裁きもテンポ良く、かなーりジェットコースターな感じ。

中入りの後は、前半の鮮やかなグリーンの着物から、黒紋付に衣装換えして再登場。
会場が
「ほー」
一斉にため息。
特に女性陣のほー、の後に大きなハートマークが漏れていました。
え、私だって、ダダ漏れですがな。
「中村仲蔵」はあえて言うならちょっと説明が多くて残念。
他の人の落語でいちいち説明解説しなくても充分面白かったので。

通路側の席で終演後、さっさとどかないと他の人が出られないのでホールから退出すると、サイン会に向かう花緑さんと遭遇。
おおっ、黒の紋付って、粋だわぁ~。
やっぱりオトコに似合うのは

黒のガクラン(ブレザーではない)
黒のスーツ
そして、黒の紋付

に決定。

| | コメント (0)

2010.10.05

メインデッシュ・・・追記あり

今年、会社が長年取引していた弁当屋さんから乗り換えた。
この弁当屋さんは会社から徒歩3分のところにあって
「わっ!お弁当頼み忘れた!」
というときでもいつでも追加OKだったのだが、会社には会社の付き合いがあるらしく、20キロ以上離れた大手の弁当屋に乗り換えた。
交通渋滞に巻き込まれて、配達が遅れたら暴動じゃないかとも思ったんだけど、すでに半年、きちんと配達されている。

ありがたいことである。

でも、本日(10月5日)のメインメニューにはちょっと言わせていただきたい。

20101004200639_0_2

「目玉焼き」って・・・・・(@_@;)

忘れてなかったら、夜、画像アップします~

************************

今日のお弁当

20101005124309_0

目玉焼き
カレイの唐揚げ
鶏肉と何かの和えたやつ
ちくわ煮
四川豆腐(すき焼きのマーボー豆腐味?)
ポテトサラダ
漬物

・・・・

やっぱり、何で「目玉焼き」?


| | コメント (0)

2010.10.04

映画・ネコを探して

広島には「シネツイン」「サロンシネマ」(サイトはこちら)という系列の映画館があって、それはもう、マニアックな上映をするのだけれど、だいたい上映期間が短く2週間くらいで打ち切りになったり、かと思うとロングラン上映だったり。
なので、行けなくなった時のことを考えると前売り券がなかなか買えないのよね。
この映画もギリギリまで待って前売り券を購入して、一日二回の上映時間を確認していたのに、今週になって一日一回に変更。
シビアだわ~(@_@;)

20101003155816_0


ソ連の圧力で36年間、封印されてた「樺太1945年夏 氷雪の門」が好評な模様。

ミリアム・トネロット監督
「ネコを探して」(サイトはこちら)

上映時間に合わせて映画館に着くと、意外と男性率高し。
奥様に連れてこられたっぽいヒトもいるけれど男性単独のヒトも。
ネコ好きなのか、ドキュメンタリー好きなのかな?

いなくなった「クロ」を探して過去と現代をアニメーションで繋いで構成されたドキュメンタリー映画。
この監督が日本でタマ駅長を取材しているのは結構取り上げられていたから、どういう演出にするのか楽しみだった。
でも可愛いポスターからはちょっと想像できない硬派なドキュメンタリー。
うーん、日本の「ネコっかわいがり」はそんなに異常なのか。
日本のネコは「可愛がられること」が仕事っていうわけにはいかないのかしら?

映画のパンフレットも買ったけれど、ステキなネコ写真集の様で残念。

以下、ネタバレになるかもなのでご注意。

続きを読む "映画・ネコを探して"

| | コメント (0)

2010.10.03

ほたる・通院記録

2010年10月2日(土)

午前中は私の通院
いつもは忙しそうな処方薬局の薬剤師さん(院長夫人)が担当で、結局猫話に花が咲く。
「ねーねー、お宅の猫ちゃんの医療費っていくら?」
「えー?腎不全のコが2週間に一回の皮下輸液で2800円くらいで、癲癇のコが4週間分のお薬で2800円。あと腎臓用の処方食が2匹分で7000円くらいかな~」
「癲癇のコのお薬ってなに?」
「フェノバールでしょ~、大正製薬のタウリン散でしょ、緊急用にダイアップ坐薬も冷蔵庫に保管してるの」
「まー、人間と同じね」
「全部、人間用なのよ。ダイアップなんて差し込んだらウンチに突き刺さって出てきちゃってね~。ビックリしたわ」
「あはははは、ダイアップはすぐ溶けるんだけど、我慢できなかったのね」
さて、このお宅には6歳の猫ちゃんがいて
「娘がね、今年こそワクチン接種に行きなさいっていうのよ。家から出さないしどうしようかしら?」
「6歳で今まで病院にかかったこと無くて元気なら、ワクチンいらないんじゃない?家は癲癇の子は通院が多くなるから打ってるけど、16歳の子は打ってないよ」
「そうよねぇ、どうしようかしら~?」
って、人間のお医者様と薬剤師さんでも悩むのね。と変に感心して帰宅。

午後の診察でほたるを輸液。
今回は先生が診察台の横で待機している。
アルゼンチンアリネタも尽きてしまったし
う、スミマセン~、今回は何にも質問が無いんですが・・・。

最近、ほたるは針を刺されるたびに「んぎゃ」と文句をいうタイミングと口調がおかしくて、なじみの看護師さんと笑っちゃう。
今回も無事終了してそそくさとキャリーバックに収まる。
うーん、手のかからないコだわ。

最近、寒くなってきた影響か食欲がダウンして元気が無いので報告しておく。
聴診器を当てて診察してもらうが特に異常はみられず。


体重   4.6キロ


| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »