« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.30

春風亭昇太・柳家花緑ニッポン全国!!ぶらり二人会

■開催日: 2011年 1月 30日
■場所・時間等: 場所/アステールプラザ大ホール


前日から冷え込んで、時折、吹雪状態に。
会場に入ったときが一番ひどかったんじゃないかな?
それなのに、石油ストーブの灯油が切れており、ガソリンスタンドが開くなり買いに走る。
重たいから9リットルだけね。
なんでも、平日の昼間には急坂のてっぺんのマンションの駐車場に売りに来てるらしく
「そういやぁ、昨日、来とった。30分くらいはおるでぇ」
と夫が言う。
「気がついてるんなら、買うとけゃあ」
怒ったのは勿論である。
朝から、一働きして出かけたんだから、今日はもう働かない!

平和公園を抜けて、信号を渡る頃には着物姿の人もチラホラ、信号待ちしていた一団がそのままアステールプラザに入っていく。
舞台には「開口一番」のめくりと高座に金屏風。
私は前から7列目だったので振り返ると一杯のお客さん。
年齢層は随分若いぞ~。

時間になると、まずは2人出てきて軽くトークショーで沸かせる。

そのまま前座は春風亭昇也で「転失気(てんしんき)」
上手いと思う。声も良く出ているし、前座によくある声を張ってますとう感じもしないな~と帰宅して検索したら漫才をやってた人なんだって。

柳家花緑は「蜘蛛駕籠」
去年の独演会の「仲村仲蔵」よりずっといい。あの時も「天狗裁き」の方が面白かったな。
それにしても、この人が高座に上がると、照明が3倍増しなのでは?とおもえるほど明るくなるな~。

中入り後は「太神楽 鏡味 正二郎」
前の方にいた男の子が釘付けになってました。
家に帰って真似しそうな(そして親に怒られる)集中力でした。

春風亭昇太「花筏」
先週、聞いたばかりのこの話を別の噺家さんから聞けるのは幸運~。
昨夜(今朝方?)のサッカーのアジアカップ優勝を決めたと言うボレーシュートの真似は、家に帰ってニュース見ても紫の座布団の上で着物袴姿での熱演が思い出されます。
それにしても面白い。
スポーツの噺から「花筏」にすんなりと入る。
座布団に端っこでも乗ってりゃいいんでしょ?と言わんばかりの全身を使った噺は、やっぱり生、もしくは映像がついてないとつまらないよ。
大いに笑わせてもらいました。

最後に、緞帳が下りるのを止めさせて、舞台上に花緑ちゃんを呼び出す。もう着物を脱いでダンディな装いに会場がまた沸く。
ここで「アンコール」っていったらもう一席やってくんないかなー。ま、お約束の「アンコール」コールは白けるから止めとこ。

20110130174153_0

ところで、これって昇太さんが書いてるらしいと、会場で噂が流れていたけれど本当なんでしょうか・・・・

| | コメント (2)

2011.01.27

無くした・・・。

小さな村の小さなダンサー
ツンシン・リー/井上実


先月観た「小さな村の小さなダンサー」という映画が非常に良かったので(エントリーはこちら)、原作本を読み始めた。
映画よりも、子供、青年時代に重きをおいて書かれた自伝である。

ところが、残り三分の一のところまで来て、本が行方不明に(@_@;)
オーマイガッ

これから、主人公は、中国政府から派遣されたエリートプリンシバルとしてアメリカへ短期留学→亡命となる盛り上がるところなのに~
映画観て、自伝読むとさらに、彼の思いが伝わって切ない。
それなのに、アタシの馬鹿馬鹿~

**************

本日、なぜか車の座席の下から出てきた~
絶対、市電の中に忘れたと思って、忘れ物センターに問い合わせたばかりなのに~。

おかしいなぁ、絶対、車の中で無くしたんじゃないのに・・・・。

| | コメント (0)

2011.01.25

流行のクーポンで

最近、流行のインターネットクーポンを落札できたので、行ってきました。
ほほーーー、呑み放題がついて1980円は安いだろ!
ええ!?

内容は以下
↓↓↓

=========================================================
■□■広島風 お好み焼き 鉄板焼き 居酒屋 大昌■□■
≪広島風お好み焼き肉玉(そばorうどん)など全11品≫
◎飲み放題90分付き!!◎
通常4,000円 ⇒⇒⇒ 【50%OFF】1,980円でご提供!!
=========================================================

■付出し2品
牛スジ煮込み・塩ダレキャベツ
■揚げもの1品
鳥の唐揚
■鉄板焼き5品
ホルモン・長州鶏・海鮮盛り・サイコロステーキ・チーズとんぺい
■オリジナルサラダ
■広島風お好み焼き 肉玉
(そば・うどん)をお選びください。
■アイスクリーム
バニラ・抹茶・チョコ・ストロベリーからお選びください。

=========================================================

ただし、問題は、前日から発熱
当日はほたるの通院して、自分の通院でやっとこ薬をゲット
モノの味がしないし、食欲も無い。
けれども、夫と休みがなかなか合わないし、クーポンが2枚しかないこの企画に付き合ってくれそうな人も思いつかない。
「この量じや足りねぇ~。追加するぞ!」
と言い続ける夫と、お店に突撃。

20110123_007_320


20110123_008_320


20110123_010_320


20110123_013_320


20110123_016_320


ここまで来てのお好み焼き
き、きつぃー、
もうダメだー、お好み焼きが逆流する~。
20110123_035_320


20110123_019_320

と、いうわけで1980円×2人でお好み焼コース、堪能しました。
大食いの夫も、最初は「そばダブルにする」とかいってたのに、無口になっていく。
でも、食べ切りましたよ。
インターネットクーポン、恐るべし。


| | コメント (0)

ほたる血圧測定・2回目

前回の血液検査から半年だし、ついでに血圧測定も・・・ということで金曜日に有給とりました。
そしたら、木曜の夜は38度の発熱。
先月は39度が二回だったし、どうなってんのかいな(@_@;)
ま、最悪、ほたるは別の日に回して・・・って、アタシ、金曜・土曜・日曜と予定をきっちり入れてるんだ。
えらいこっちゃ~。
とにかく、寝て金曜の朝には37度に落ちていたので、ほたるをキャリーバックに入れて病院へ。

診察室に入るとささささ、と手術室に案内されて、ペットシーツの敷かれた手術台の上でキャリーバックから出されるほたる。
「すみません、また、毛を刈らせていただいてもいいでしょうか?」
という女医さんの手にはバリカンがスタンバイ。
「どうぞどうぞ」
と了解すると、ウィーンとカフの幅だけ毛刈り。
をを、前回より手際が格段に良いですね~。
「じやあ、ほたるちゃん、この格好で頑張れますかね~?」
手術台の上で「伏せ」の状態で固まっているほたるの、カフを巻いた右前足だけ少し持ち上げてみる。(心臓より高い位置に)
をを、おとなしいぞっ
その状態で、測定スタート。
おおっ、えらい~
「ほたたん、えらいねぇ」
と、サポートに入った新人の女医さんと褒めちぎる。
「それにしても、有得ないよねぇ?」
「ほんっとにほたるちゃん、良い子ですねぇ」
「もっと言ってやってくださいな♪」
調子に乗っていると、途中で「申し訳ありません、お母さんが声をかけると数値が変動するんで・・・」と言われ、心の中で応援することに。
「じゃあ、また、心電図とらせていただいてもいいですか?」
「はい、どうぞー」
今度は、心電計のクリップを付けられ、またしても同じ格好を続けるほたる。
それにしても、恐ろしいほどの猫っかぶりぶりはどうよ?
猫として有得ないと思うんだけど?
私はほたるのカフを巻いた腕だけを持ち上げている状態で数十分ってさ。
しゃべっちゃ申し訳ないので、沈黙したままの3人+1匹
「ありがとうございましたー。今回もいいのが取れましたー」
「そうですか、それは良かったですねぇ(*^_^*)。じや、次は採血ですね」
いつもは、そのまま私が保定に入るのだけれど、今回は女医さんと看護師さんがやってくれたのでのんびり見学♪信じられない顔のほたるに手を振ってみたりしていたら
「ほたるちゃん、おもらししちゃいました」
お尻側についた看護師さんが報告。
採血を済ませた女医さん、あせらず
「尿検査もしちゃいましょう」
ほたるは、採血されたときの形のまま、オシッコに当たらないように三人にお神輿のように捧げ持ち上げられて隣の診察室の診察台に移動。
キャリーケースと荷物を抱えた私が後をついていくという光景に。
そうねぇ、今日は待ち時間も長かったし、知らない人に保定されてビピっちゃったのかねぇ。トイレを済ませたかどうかも確認してないものねぇ・・・・。
その後、体重測定して、皮下輸液して、今日は検査結果を待ってと、待ち時間が長い。
検査結果は前回とさほど変わらないけれど、良くはなってないわけで、今後は、いつ投薬を開始するか(ファーストチョイスはエナカルド)を血圧測定を続けていって様子を見て行きたいとの事で、意見は一致。

他にも色々聞いたのだけれど発熱の後遺症で、先生のお話がタダ漏れ。
たしか、カルシウム値とリンがどうとかも聞いたような・・・・。
やっぱりMew師匠に声かけて同行してもらったほうがよかったかしらん?
あとオシッコも、2種類の検査をしてもらってました。
今日、頑張ってくれたご褒美だって、良かったね、ほたたん。

20110123_022_320

せっかく生え揃ったのに、こっから風邪ひいたらどうすんのよっbyほたる


この後、ほたるを家に連れて帰ると、私は自分の医者に飛び込む。
この時点で37.5度
「インフルですかねぇ?」と聞くと
「インフルエンザだと39度台の高熱と喉の腫れと倦怠感がひどいんですけど、そんな感じじゃないですねぇ?」
「そうですねぇ、倦怠感はありますけど動けますし・・・」
「じゃ、いわゆる風邪、ということですね」
おっと、大事な用件を忘れるところだった。発熱がメインな訳じゃないんだよ~
「花粉症の薬も処方しといてくださいっ。でもって、今年は花粉が大量発生だそうですけれど、いつもより早めに飲み始めた方がいいんでしょうか?」
ここの先生は、花粉症仲間なのだ。以前かかっていたアレルギー科の先生よりアテになるんだ。
「花粉の飛ぶ量は増えても、時期は変わりませんから2月上旬から飲み始めて下さってけっこうですよ」
「はいっ、ありがとうございます」
はー、2件の病院ハシゴが午前中に完了したぞ~。
薬だってゲットしたぞ~
安心して、夜は呑みにいけるぞ~。

****************
BUN-35.5mg/dl
CRE-2.5mg/dl
Ca-11.0mg/dl
IP-4.1mg/dl


血圧-収縮期圧  160.7mmHg
    拡張気圧  97.8mmHg

体重 4.45キロ
****************

再診料   600円
皮下輸液 2000円
血液検査 5500円
血圧測定 2000円
(税別
****************)

| | コメント (2)

2011.01.23

第10回生らくご会~2周年記念公演「柳家喬太郎独演会~きょんきょん再び!~」

2011年1月23日(日)14時開演(13時15分開場)
広島市中区中島町 広島工業大学広島校舎5Fホール
柳家喬太郎

この日が「ひろしま駅伝(都道府県対抗駅伝)」とかぶってるって、随分長い間気がつきませんでした~。
落語会の建物は出発・ゴール地点の裏通りといってもいい距離。
と、言うことでちょっと寄り道♪

20110123_043_320

20110123_045_320

20110123_049_320

ちょうど、平和公園前で中継地点への出発式をやっていて、周囲では

20110123_047_320
ゆるキャラがいたり
20110123_050_320
なまはげがいたり
20110123_051_320
傘踊りをする人がいたりとごった返しています。
わたしも、カラシレンコンを買いサツマ汁であったまってから、整理券をゲットするために落語会会場に向かう。
一歩、裏通りに入ると、ものすごく静かで先ほどの賑わいが嘘のよう。

20110123_055_320

30分前に到着して、51番目の整理券を受け取る。
きょんきょんってそんなに人気あるの?広島で?なんで?(←すみません、まだ、いろんなことが珍しいんです~)
今回は人の動きが早い~。
お隣の奥様と意気投合して近所のイタリアンでランチしつつおしゃべり。
ちょうどスタート地点前のお店なので、窓から号砲とともに選手が駆け出していくのがかすかに見えた。
若者よ、がんばれー(*^_^*)
会場入りすると、いつも座るあたりの席が確保できて一安心。
あとは始まるのを待つのみ。
東京在住の猫とものサエコポンやマダム・スタルカのハートをがっちり掴んだその落語、楽しませていただこうじゃないのさ・・・・とお宅、ナニモノ?くらいの気持ちで開始を待つ。

まずは、「広島で生の落語を聴く会」の上村さんのご挨拶。
つづいて喬太郎さん登場。

・垂乳根
・花筏
~仲入り
・錦木検校

開始から、ガッチリ会場のココロを掴む。
この日、別の会場で同じ時間にやはり人気落語家さんの独演会があって、落語ファンになって日の浅い私でさえ「うそぉっ!?」とハンカチを噛んでしまう思いをしたのでした。
どの噺も初めて聞いたので、どう展開していくのか、演者の手のひらに乗せられてころころと転がっていくような気分を味わいました。

花筏の途中で、至近距離でパンパンパンと駅伝のゴールを知らせる花火が打ちあがり噺と会場の集中力が切れてしまったのを、ほぐしてきゅっと元の状態に持っていくのは流石。
私は地元だから「あ、駅伝が終わったんだな」としか思わなかったけれど、舞台の上で集中しきってるときに聞いたらビックリするよねぇ。
お見事でした。
「錦木検校」もしっかりしっとり聞かせていただいて、すっかり喬太郎ワールドにハマったのでした。

今回、初めて「大入袋」をいただきました。
20110123_057_320

いつもの会場に補助席に座布団席(固定椅子席の前に作られてました。首は痛そうだけど雰囲気は「寄席」ですね)まで出現して、会場は熱気でいっぱいでした。

次回6月の「生らくご会」のお知らせもあり、喜んで予約させていただきました。

| | コメント (4)

2011.01.19

マッサージクッション ルルド

タイピィさんのブログで「マッサージクッション」なるものが紹介されていた(→こちら)
へー
ほー
ふぅーん

・・・・・ぽちっ


梱包の段ボールを見るなり、夫が
「これって、ヒーターがついてるやつじゃろ?」
「ぐりんぐりん回るヤツじゃろ」
と異常な詳しさ。
「何で知ってんのよ」
「しょっちゅうテレビで特集しょうる」
と言って、さも自分が買ったかのように使い始める。

をいっ

20110119173148_11

夜中に申し込んだのに、翌々日の夜には到着。
いくら当日出荷しますって書いてあっても、早くね?

と思ったら、隣県、岡山の会社だった(*^_^*)


| | コメント (2)

2011.01.18

お好み焼き

お友達のブログに遊びに行って、話題になっていると食べたくなるのが

「お好み焼き」

想像でソースの焦げたニオイが口いっぱいに広がるわけです。

っていうことで、近くのショッピングモールの中のお店に行ってきました

20110117152325_1

ここはテーブル席でも熱々の鉄板に乗ってやってきます。

20110117152325_0


寄って見ます

あ゛っづーーい(@_@;)

20110117152325_2

お店情報はこちら

一番スタンダードな「肉玉そば」(肉、玉子、茹でそば入り)で680円です

| | コメント (2)

2011.01.17

小説・チーム・バチスタの栄光(上)(下)


チーム・バチスタの栄光(上)(下)/海堂尊

医療テレビドラマなどで最近良く聞く「バチスタ」手術って~それって~
「バチスタ先生が考案した術式」なんだって~
知らなかったわ~。
と、とても為になる小説でした。
じゃなくて、なるほど、ヒットするわけだと感心しながら読みすすんであっという間に読破した。

面白かった。
映画化されたのを観て見ようかな?
その前に、続編も読まなきゃ(*^_^*)

| | コメント (2)

2011.01.16

映画・法界坊

広島はこの冬、一番の寒気で雪の量はたいしたこと無いけれど、なんといっても瀬戸内海の生あったかい場所に住んでるもので街中パニックである。

20110116154954_2


ついでに、我が家はこのあたり一番の急な坂(タクシーの運転手に「広島市内でもそうそう無いよ」と言われるような)の上にある。
出かけるときは、もう、ツルンツルンなんである。

なんで、こんな日に出かけたかというと

●上映期間が一週間で、しかも朝一番上映のみ
●前売り券を買っていたから

シネマ歌舞伎「法界坊」を観にいってきました。
前売り券、買ってなかったら出かけてません。

「法界坊」のサイトは→こちら

20110116154954_0

最近は映画館で舞台の映像を上映することが多くなって、地方の人間には嬉しい限り。
自分も観客席で一緒に見ているような錯覚に陥り、思いっきり笑ったり、人間の業に触れたり。
特に山崎屋勘十郎(笹野高史)が要助に
「この掛け軸が欲しければワンと鳴け」
と迫る場面は鬼気迫る。
ぞっとしたぁ。
怖かったぁ。

150分の上映はあっという間で、天気が悪い日に出かけていった甲斐があったさ~。
でも、もうちょっと上映期間を延ばしてくださいな、八丁座さん~。


| | コメント (0)

2011.01.14

どえーん

20110113_002_320

去年から、ベリーがやたらとお腹を気にして、舐めハゲ作ってしまいました。
夏にステロイドと思しきかゆみ止めを出してもらったけれど、「舐める」とおもうとナカナカ塗れないのよね~。

と、いうか、ぽちっとした発疹が現れては消えてあちこち移動している。
ムキーーーーっ(>_<)


| | コメント (2)

2011.01.13

えーと?

怖くて体重計に乗ってないんだけど(飼い主含む、いろんな意味で)

前回、5.8キロだったのよね~?

5キロのお米で、夫婦二人が半月過ごすんだよね~?

20110113_004_320


今年に入って、毎日更新を持続中~。
どこまで続くかな?

| | コメント (0)

2011.01.12

見つめられて・・・(@_@;)

会社の更衣室
ずーーーっと、このお二人に見つめられながら着替えております

20110110221623_0


20101218103815_0

もうちょっと寄って見ます

20101230162224_4


わたしの記憶では10年以上・・・?


| | コメント (3)

2011.01.11

利尿作用・その後

1月3日のエントリー「利尿作用」(こちら)でお薬を変えてもらったときは時間が無かったので薬局に直接行ったので、先生と話はせずじまい。
8日にやっと、診察に行くことが出来た。
先生がいうには、
「エカード配合錠HDに含まれる利尿剤はごく僅かで、意識できる量ではないはずなんですがねぇ」
「はぁ~」
わたしも、知ってて飲んでいたわけではなくて、飲んでいて異常があると思ったから元に戻してもらったんですけどねぇ。
でも、不便を感じたのなら交換して快適に過ごしたほうがいいですからねぇ」
ということで、やっぱりディオバンで過ごすことになった。

薬局でいつもお喋りする薬剤師さんも「おかしいですねぇ」という。
まぁ、これから暖かくなったら血圧も安定するだろうし・・・と話していたら
薬剤師さんが目をキラキラさせて
「私、8ヶ月で8キロダイエットしたんですよ1日に卵一個分痩せましょう!!●●さんも頑張りましょう」
と熱く語ってくれました。
でもねー、製造業で1日動きっぱなしだから、朝ごはんもお昼ご飯もしっかり食べないと持たないんですよ~。
間食しないから(間食するベテランさんもいるがな)食事は減らせないし~。
そもそも、私の血圧上昇の原因は睡眠不足とストレスだし。
働かねば生活できないんだから、この生活を変えるわけにはイカンしね。
どーにもならんのですよ・・・と、言っても仕方ないしな~。
今回は話が噛み合わないまま、薬局を後にしたのでした。

20110110221623_1

血圧とは関係ないけど、微妙な関係の2匹は相変わらずです。

| | コメント (0)

2011.01.10

本・ゴーストハント(1) 旧校舎怪談

ゴーストハント(1) 旧校舎怪談/小野不由美

2005年のエントリー(「小野不由美を布教する」はこちら)でも熱く語っていた「ゴーストハント・シリーズ」がリライトされたというので早速購入した。
昔のものはライトノベルズ真っ盛りの頃だったので、かなり制約があったと思われ、それでもってこの話が破綻せずに終了したという文章力や構成力に驚いていたら、「十二国シリーズ」でブレイクした。
で、その後、ゴーストハントシリーズは再販されることなく、マンガになったりアニメにもなった(らしい。未見なので)

そんなわけで、リライトされたものを読んだら、当時の軽さも残しつつ時代色を極力消して、とても読みやすい。

あとは、ちゃんと全巻分発行されることを祈るのみ(@_@;)

| | コメント (0)

2011.01.09

ほたる・通院記録

2011年初通院
お天気が良くてよかった~。

体重も変わりなく、いつも通りの皮下輸液。

今日は出かける前に、ほたるのウンチ記録と睨めっこして質問状を作成していたのに・・・忘れた(@_@;)

記憶を頼りに質問にチャレンジ。

「ほたるは5日に一回程度の排便で、ウンチの量がものすごく少ないと思うんだけれどどうだろうか?」

以下、排便記録(これを忘れた)
11月11日、16日、22日、27日、28日
12月3日、7日、10日、24日、25日

一回のウンチ量はこちら

20110108133336_0_3

5日分にしては少ないでしょ?
と、iphoneの画像を確認してもらう。

食べているものは、k/dとキドニーケア、1日半缶か半袋のパウチ(一般食)

先生の意見としては、無駄に排出する成分がないからでは?
2週間に1度、輸液のときに計る体重も、安定しているしこのままで問題はない

では、便秘とは違うものと考えて下剤は与えないほうが良い、ということを確認。

これで、今年の初通院は終了。

次回は、血圧と血液検査を予約して帰宅。

次回も寒くないといいなぁ~。

*****************

体重  4.45キロ

再診代+皮下輸液(税別)  2600円

| | コメント (2)

2011.01.08

2009年発作記録

2009年のベリーの発作記録

1月  39回
2月  31回
3月  16回
4月   3回
5月  48回
6月  21回
7月  14回
8月  59回
9月  11回
10月  8回
11月 49回
12月 10回

発作が目に見えて多い時は、1日で10回以上の発作があった。
ほとんどは1日2~5回程度

| | コメント (0)

2011.01.07

本・落語たんけん

落語たんけん/いいあい


時間がないときや手持ちが心細いときに限って、本屋で面白そうな本に出会って、泣く泣く別れる。

後日、その本屋に戻っても棚は入れ替えられていることがしばし。

思い出しつつ、ネットでポチっとしたら
「しまった・・・これじゃなかった」とガッカリ・・・・と、おもいきや意外と掘り出し物だった本。

落語ファンのイラストレーターによるわかりやすい落語あれこれが書かれている。

ヘタウマ系のイラストって当たり外れがあるんだよな~
と買ったからには読み進む。

すると「三章 落語家さんに密着してみました」で密着した前座クンは
「柳亭市也」クン
2010年10月10日の「柳亭市馬独演会」(こちら)のときに前座に上った彼じゃないの。
あらまぁ
と思ったら、一生懸命読んでました。
このとき買った市馬師匠のCDの中で「前座がめくりを忘れてステテコ姿で高座に飛び出しして自分でめくった」話をしていたのはもしかして・・・。非常に好感度の高い前座君だったなあ。
私がお金持ちならタニマチに立候補したのになぁ~(をいをぃ)

イラストにも慣れて改めて読み返してみると、私って嵌り方の方向性が著者に似ているかもしれない。
と思った一冊でした。

| | コメント (0)

映画・武士の家計簿

20110104154001_1

カレンダーを見ていたら、なんと、そろそろ上映終了じゃないのさ。
あぶないあふせない、予告編見て前売券、買ってたんだった~。
と慌てて映画館に走りこむ。

私が育った町は商家が多かったのか、古くて小さな町で小学校が2つ、中学校が1つ。
小学校の中学年のときに転校してきたけれど、なかなか馴染めなかった。
クラスの何割かはそろばんか書道を習っていて、算数の時間に「エアーそろばん」する者が何人もいた。
空中や何にもない机の上で、見えないそろばんの球を弾くのだ。
町内のあちらこちらに、教室があって、習い事の筆頭だった。
その頃はそろばんの時間もあったので、実力の差は歴然。
書道も、隣町が「熊野」という筆の産地も関係してか、実力者が多かった。
そろばん、書道は、小学校時代の劣等性ぶりを思い起こさせる。

古書店で見つかった「金沢藩の下級武士がつづった家計簿から時代を見る」映画だと思ったんですけど、ちょっと期待しすぎたらしい。

年末に見た、NHKの「爆笑学問」の「FILE133:「江戸時代のTwitter」」(番組案内はこちら)があまりに面白くて(録画し忘れてたの。残念)てっきり、もうちょっと踏み込んだ構成だと思っていたので、「えー?」と思ってしまった。

映画としてはソツなまとまっていて、要所要所で笑いも起こるんだけどなー。
私的には未消化~。

なんだかなー、もうちょっと、もうちょっと奥行きが欲しかった~。
残念~。

| | コメント (0)

2011.01.06

映画・バーレスク

20110104095431_2

オープンしたての「八丁座」見物がてら「バーレスク」をカミツレちゃんと観にいく。
広島以外の方に説明すると、広島の「サロンシネマ・シネツイン」という映画館グループがあって、施設の老朽化や郊外型シネコンの影響などで閉鎖していく市内繁華街の映画館をリニューアル再オープンしているのです。
そして、このグループのセレクトする映画はマニアックだったりするんですよねぇ。

八丁座はこんな映画館→こちら

今回はデパートの中にあった2スクリーンの映画館をリニューアル。
廿日市の家具メーカー「マルニ」に特注した座席。
入ると、まだ、ぷーんと木の匂いが残るふかふかのベルベットのシートはステキですよ~。
エントランスは高級ホテルの様ですし、うーん、以前の映画館の面影は無い。

カミツレちゃんと「女の子が歌とダンスでのし上がっていく」んだよね?
と、確認しつつ入場。
昔の映画館のように、おやつやパンフレットを駅弁スタイルで劇場内で売って歩いたりスクリーン前で前説(本日はようこそおいでくださいました、から携帯電話の電源をお切りくださいまで)を直接行ったりとスタッフが色々頑張ってる。


さて、「バーレスク」はお正月一本目にふさわしく
ゴージャス!

でハッピー!

でもってパワフル

だぁ~

で、観終わったら、わーい♪CD欲しいぞ~、と思ったのは「Mamma Mia!」以来だぁ~。

スッゲー~(*^_^*)面白かったです。

| | コメント (2)

2011.01.05

映画・小さな村の小さなダンサー

「小さな村の小さなダンサー」公式サイトはこちら


20101230162033_2


原題は『Mao's Last Dancer』

中国の文化大革命時代に少年期を、後にアメリカで亡命したバレエダンサーの人生を映画化したもの。
2010年に観た最後の映画。
てもって、一年で一番泣けた。

2010年はオーケストラもの、アートにまつわるドキュメンタリー、バレエものと「良いものを観た」が強い一年を締めくくるにふさわしい映画でした。

ちょっとざらついてフィルム画面の質感と1960年代からの情景はなんともいえません。
国家と自由の間で揺れつづける主人公の繊細さと消して揺るがないバレエシーンを演じたのが俳優じゃないというのもすごいけれど。
ひとりの人生の半分とバレエシーンに割かれているので、国家でさえ「絶対悪」ではなく、「悪い人」が出てこないところがゆるい様な、これはこれで好いような、もうちょっと踏み込んで欲しかったようなバランスで出来ている映画でした。

| | コメント (2)

2011.01.04

2010年・発作記録

2010年の発作記録

1月  26回
2月   6回
3月  36回
4月   1回
5月  11回
6月  11回
7月   4回
8月   7回
9月   4回
10月  5回
11月  9回
12月  4回

20110104095431_0


20110104095431_1

今年もヨロシクですにょよ~♪


| | コメント (10)

2011.01.03

利尿作用

11月終わりから12月に入って血圧が急上昇。

160台/80台を病院で計測してしまい(その直後は140台/70台だった)

それでなくても、冬季は血圧上昇しやすいのでと朝の「ディオバン」から「エカード配合錠HD」に変更。

薬剤師さんから
「ディオバンの効果にナトリウムを排出する作用を加えたお薬ですから」
と説明を受ける。

へー、ナトリウムを排出するねぇ?
どうやって?

思ったものの、スルーして飲み始める。
これがベリーやほたるの薬ならすぐにネットで調べるのだけど自分のは放置。

数日で「ん?」と思い始める。

トイレの回数が多くなった。

考えられるのは膀胱炎?その割にはお腹痛くならないし?

一週間もすると、あるパターンに気がつく。

午前中は1時間に一度はトイレに走るが午後からは尿意を感じない。

これって、これって、薬の副作用?

ナトリウムはそっから排出されるのかっ~。

4週間分処方されてて、10日ほど使用したけれど、これじゃ仕事にならない。

幸いなことにディオバンが残っていたので、かかりつけに相談。

「では次の診察までにディオバン飲んでくださって結構ですよ。余ったお薬は今月の(12月)28日午前中までに薬局に持ってきてくだされば返金できます」

えー!?
薬って返品効くの!?
知らなかった・・・。

っていうか、今年はあと一週間しか営業して無いじゃん!?


私の通っている循環器内科は通勤路とは反対方向だし、渋滞するし、年末進行中の会社は休めない(12月はたくさん休んだし)
以前、会社終わって直行したけど間に合わなかったんだよな~。

でも、と終業のチャイムとともに飛び出し、すり抜ける渋滞。カーナビの到着予測時間はコロコロかわるし。
病院付属の薬局の駐車場に入れたのは閉院3分前だった・・・。
セーフ。

話は薬局に通っていて、残った薬17錠を渡すと800ちょっと円返金された。
薬局で理由を聞かれて
「このお薬、効くかもしれませんけれど、利尿作用がありすぎて仕事になりません」
と答えましたとも。

20101230162033_1


ちなみにエカード配合錠HDとは
「エカード配合錠HD」こちら

「続々登場するARBと利尿薬の配合錠、成分量の違いに注意」

なお、これは私には仕事の都合上(製造業なので時間単位の生産量で評価されるからさ)合わなかっただけです。それにしても利尿剤の効果ってすごいな~(@_@;)

| | コメント (2)

2011.01.02

三毛猫には赤が似合う

2011年1月1日

山陰・山陽北部の荒れ具合が申し訳ないほどの晴天なので、実家に顔を出しに出かけたら、どんどん天気が荒れていく。
何故~?

20100101205928_0


実家猫ズはコタツの中にお篭り中。
大分経ってから私の存在に気がついたらしく、カキちゃんがご挨拶に出てくる。

うーん、母が縫ったコタツの敷布団の赤が映えてるねぇ。
三毛猫には昭和テイストが似合うわ~。

| | コメント (2)

2011.01.01

本年もよろしくお願いいたします

皆様、本年もヨロシクお願いします~。

久々にベリたんの動画です。

年末で気圧が落ち着かないせいか、べりたんも落ち着かず

テーブル周りをくるくると回っています。


2010年12月29日撮影

空きペットボトルに触れた瞬間に顔を避けているの、わかりますか?
2本の動画をつないでいます。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »