« 映画・バーレスク | トップページ | 本・落語たんけん »

2011.01.07

映画・武士の家計簿

20110104154001_1

カレンダーを見ていたら、なんと、そろそろ上映終了じゃないのさ。
あぶないあふせない、予告編見て前売券、買ってたんだった~。
と慌てて映画館に走りこむ。

私が育った町は商家が多かったのか、古くて小さな町で小学校が2つ、中学校が1つ。
小学校の中学年のときに転校してきたけれど、なかなか馴染めなかった。
クラスの何割かはそろばんか書道を習っていて、算数の時間に「エアーそろばん」する者が何人もいた。
空中や何にもない机の上で、見えないそろばんの球を弾くのだ。
町内のあちらこちらに、教室があって、習い事の筆頭だった。
その頃はそろばんの時間もあったので、実力の差は歴然。
書道も、隣町が「熊野」という筆の産地も関係してか、実力者が多かった。
そろばん、書道は、小学校時代の劣等性ぶりを思い起こさせる。

古書店で見つかった「金沢藩の下級武士がつづった家計簿から時代を見る」映画だと思ったんですけど、ちょっと期待しすぎたらしい。

年末に見た、NHKの「爆笑学問」の「FILE133:「江戸時代のTwitter」」(番組案内はこちら)があまりに面白くて(録画し忘れてたの。残念)てっきり、もうちょっと踏み込んだ構成だと思っていたので、「えー?」と思ってしまった。

映画としてはソツなまとまっていて、要所要所で笑いも起こるんだけどなー。
私的には未消化~。

なんだかなー、もうちょっと、もうちょっと奥行きが欲しかった~。
残念~。

|

« 映画・バーレスク | トップページ | 本・落語たんけん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画・バーレスク | トップページ | 本・落語たんけん »