« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.28

鶏肉ぶつ切りのなんちゃって中華ソースたれ

仕事帰り、買い物をして帰宅すると、買い物しておいてくれた夫と「鶏肉のぶつ切り」がダブっていた。

夫が買ってきたものは「水炊き」にする。

私が買ってきたものは、翌日、「骨付き鶏肉のなんちゃって中華ソースたれ」とする。

1・若鶏のぶつ切りに、塩+酒+レモン果汁を擦り込む
2・鶏肉を蒸し器で蒸す(下の鍋でスープをとる)
3・なんちゃって中華ソースを作る
  ↓
 ・ポン酢+食べるラー油+ねぎを適当に混ぜる

20110226_010_320


| | コメント (2)

2011.02.27

ベリー通院記録/2011年2月26日

本日はMewさんにお付き合いいただいて(その後、ランチの予定)ベリーの三種ワクチン接種

ワクチン接種については最近色々聞くので病院も「早い時間に来てください」とのことだったので9時半に到着。
(今まで、ベリーがワクチン接種で起こった問題はないですけどね)
今回は

・ワクチン接種
・歯肉炎の現状
・下腹部のハゲの経過

「どれを最優先にします?」
と聞かれ、えーと、ワクチン接種してもらって、怒ってなかったら口腔内チェックを~

とお願いする。
ワクチンは問題ないけれど、口腔内を素直に見せるわけも無く、どうしてもひどくなって食欲が無くなって体重が落ちたら麻酔かけて検査しましょうということに。
お腹もうっすらとはいえ毛が生えてきているのでつづけて経過観察。

2月は発作が3回で
「今月は少ないですね」とちょっと安心した様子。
そのうちの1回は「頭部のふるえ」と申告。

↑は2009年1月撮影のもので、同じように頭部がふるえ、というか痙攣するときがある。
(私が風邪ひいて寝込んでいるときに横になったまま撮影。部屋の乱雑さには目を瞑るように)

***************
体重  5.7キロ (100g減った!)

***************
ワクチン(3種)              4000円
フェノバール+タウリン 4週間分  2800円
キドニーケア 1.5キロ×2       5300円
(各税別)
**************


その後、ベリーをお家に放り込んで、Mewさんと近所のイタリアンでランチ

20110226_004_320
果てしなく続く猫話についに「ラストオーダーのお時間です」と追い出される。

家に帰ると
20110226180233_2
チョコレート饅頭が伸びきっていました。
ベリたん、半年振りの病院は如何?

20110226_006_320

「院長先生に、ごきげんよう(シャー)って言うのを忘れてた・・・・残念にゃり」

| | コメント (2)

2011.02.25

wowowにて

2/26(土)午後3:35~
wowowにて

「談志落語とその遺伝子
立川流の落語を引き継ぐ弟子たち・博多座親子会 」


今、いちばん、お気に入りの落語家さんの立川生志さんの師匠のドキュメンタリーです。
先日、光市での寄席は、この会がきっかけだったときけば、楽しみも倍増というもの♪
楽しみです。
よかったらご視聴ください~

| | コメント (0)

2011.02.22

読書用メガネ

あまりに読書とiphoneの画面を読むのが苦痛になってしまったので、読書用メガネを作った。

20110220200139_3

乱視がきついので、レンズの在庫があったという事は、たった1回
しかも韓国の眼鏡屋で日本の半額で作ったときだけ。
まぁ、あそこは眼鏡屋街だったからねぇ。
でも、10本くらい作ったら、格安航空チケット代くらい差額が出るのよね。

レンズ代は落とせないので、フレームはアウトレットものを選んで、お値段、一万円なり。

自分の顔を鏡で見て、こんなに近くが見えてなかったのかと驚愕する。
あー、ヤパイヤパイ


| | コメント (6)

2011.02.20

ほたる通院記録/2011年2月20日

2週間に1度のガールズトークの日であるが、ほたるは参加したくない様子。
そんなこと言わないでさぁ~、とキューブハウスから引っ張り出す。

20110220202111_2


診察室では女医2号ちゃん(だって、若いんだもん)+AHT1号ちゃんがにこやかに待ち構えている。
今日は、ちょっとイヤイヤなほたるちゃんであるが、意見が通るわけも無く、ぷっすりと翼状針を刺されて
「ふぎゃん」
と抗議。
輸液が入っている間、変わったことは無いですか?の話から前回も相談したのだけど、夜鳴きについて3人で考える。
「もう、あんまりにうるさいから、下剤シロップ飲ませてお腹マッサージして寝ましたよ」
最近、ほたるは抗議鳴きが多いんだけど、理由は様々で、帰宅してご飯支度して、お風呂入れて、洗濯してと大車輪で回っているののが気に入らないときと、お腹が張ってイライラしているときがあるもよう。
うーん、去年の今頃はこんなに「文句言い」じゃなかったんだけどね。
まぁ、私が愚痴って輸液は終了。
「でも、ほたるちゃんってほんとに良いコですから」
と女医2号ちゃんに励まされる。
「こんなにお利口で診察や血圧測定に協力してくれるコはいませんから♪」

輸液終了後、診察台横のベンチに置いてあるキャリーバックに自分でジャンプして潜り込んだ。
お見事。
いや、本当は、病院の中じゃ何があるかわからないから絶対、手は離さないんだけど、キャリーバックに入れようとする私の手をすり抜けて自分で入っちゃったという顛末。
いゃあ、危ない危ない。

来週こそはベリーのワクチン接種に来ようと、キドニーケアとお薬の用意を依頼しておく。

************
体重・4.5キロ
ただし、帰宅後すぐにトイレでウンチ(だから不機嫌だったのかも)

| | コメント (4)

2011.02.13

寒波来た~

朝、やたらと窓に雨の当たる音。
ああ、昨日でなくて良かったなー、とカーテンを開けると吹雪いてました。

ほんっとに昨日でなくてよかった

20110211_015_320

どうやら雪ダルマ製作断念の図

ベリたんのワクチン接種は諦め、家に篭ることに。

が、この寒波も午前中だけで午後になると晴れてきたので、自分の血圧と花粉症の薬を貰いに通院。
いやー、よかった。
平日に有給とらないとダメかと思ったよ。

その後、 メガネ屋に行き「読書用メガネ」を製作。
検眼で作った仮メガネで、今、読んでいる文庫本でテスト。


をを!

すげぇっ!

良く見えるわ~。

フレームはエンジとオレンジのプラスチックのに1度は決めたが、文庫本でいつもの読書体勢になると、境目のフレームが視界に入って邪魔になってしまったので、いつもと同じタイプのものに変更。
百均のとか色々試したんだけど、やっぱりピントが今ひとつ合わなくて、ストレス増大なので、ちゃんとしたのを作ることにした。
でも、乱視がきつくてレンズの在庫が無いので、出来上がりは一週間後。
お値段はレンズ込み一万円ほど。

ああ、痛い。


| | コメント (2)

2011.02.12

光がんざき亭其の二 立川生志独演会

昨年末の広島での独演会(そのときのエントリーはこちら)が良かったので、この人ならば間違いなし、と初の広島県外遠征である。
車で行くかJRでいくか迷ったけれど、ETCついてないから高速道路つかってもね~(@_@;)運転疲れるし。
ということでJRの各駅停車でトコトコ行くことにした。

片道1280円×2なのでICIKAに3000円チャージして改札を出る。

20110211_012_320
大畠のアタリは海岸線が線路際まできているのでいい眺め~。
ちょっとした癒し小旅行である。
一時間ちょいで光駅に到着。
改札を通ろうとすると、あれ?ICOKAの改札が無い?
駅員さんに「あのー、ICOKAなんですけど?」と聞くと
「当駅は対応してないんですよ。乗られた駅はどこですか?そこからの料金を現金でお払いいただいて、乗った駅でこの証明証で処理してもらってください」

なんですとー!?

3000円・・・翌日のべりたんのワクチン代にと取っておいたのを泣く泣く財布から出す。
ひでーよー。
あんまりだぁ~。

アタシは、別にブログネタを探して生活してるわけじゃないんだよ~。
がっかりしたままテクテクと歩き出す。
えーと、会場は光駅から1キロくらいとな?
IKOKAショックと寒さで空腹を覚えたので、ランチに良さそうな店を横目で探しながら歩く。
フランチャイズはいやだなぁ、うちの近所でも食べられるし・・・と一軒のうどん屋が目に入る。

20110211_005_320_320

ここで「若姫様セット」なるものを頼む。
うどんと茶碗蒸しがついたセットである。

20110211_004_320

えーと、?なんでチチヤスヨーグルト?茶碗蒸しとゆで卵?
もしかしてお子様セットなの?
まぁいいか、と食する。
うどんも天ぷらも揚げ物も、熱々で美味しかったです。

iphoneの地図アプリで確認すると、目的地まで丁度真ん中辺りなのね。
と再び歩きだす。

で会場の目印「アルク光店」に到着。周囲はおしゃれな雑貨屋さんとか花屋さんの店舗が固まっている。
へー、でも会場はどこよ?
と思っていると、わらわらとスタッフらしき人が出てきて、チラシを貼り始める。

20110211_006_320_320


20110211_007_320

なるほど、というわけで会場入る。
「お好きなところにどうぞー」
カーペット敷きの催事場に畳を敷いて色とりどりの座布団が置いてある。
最後尾はパイプ椅子が2列に並べられている。
自分の席を決めて開演を待つ。
わくわく♪
あっという間に満席に。

まずは席亭の挨拶にプロフィール紹介の後
「たぬきのハナダマサルですー」
と登場。この会のきっかけになった博多座での席亭の勇気ある突撃交渉を面白おかしく聞かせてくれました。
会場に敷いてある畳は畳屋さんからの提供、座布団は皆さんの持ち寄りとか。だから座布団に名前らしきものがあったのね~。

一席目分を使って「落語講座」。上下についてとか小道具についてとかの決まりごとを小話を弾丸のように打ち出して会場を沸かせる。
「みなさん、ついて来てますか~?」
はーい。充分楽しんでますとも。
なるほどねぇ~、とお勉強させていただきました。

続いては「お初天神」
いるいる、こんな子供~。
コミカルでテンポの良い噺っぷり。

散々笑って、中入り。
会場の外では、地元のコーヒーショップとケーキ屋さんがコーヒーとへーゼルナッツチョコを配布。
美味しかった~♪
でもあまりに寒くて、早々に会場に戻る。
あったかいー。外で準備していた人は本当に寒かったろうに・・・ご馳走様でした。ありがとうございました。

中入り後は水色のものから、茶色のストライプの着物に着替えて登場。
時事ネタでちょっと毒を吐きつつ(私は八百長ネタから「花筏」かとドキドキしてました)
「正直者のお話というと~」で始まったのは「井戸の茶碗」
正直者と正直者に挟まれた正直者の噺。
噴出す汗をものともせずの熱演でした。
いやぁ、広島から来てよかったよ。ICOKAの件は残念だけど。
今、これを書くに当たって調べなおしたら原典の講談だと、「千代田卜斎は広島浅野家の家来だったが同僚の讒言で浪人するはめに」なったのだそう。
なんだか、この噺がぐっと身近に思えますね。誰か、千代田卜斎を広島弁でやってくれないかな。

オチが決まって、告知がてらのおしゃべりがあって閉場というだんになっても師匠、引っ込まない。
「お見送りしますから、皆さん、帰ってください~」と
最後まで講座から見送ってくださいました。

手作りの市民寄席って楽しいですね。
光がんざき亭のみなさん、ありがとうございます

20110211_008_320_320

・「お初天神」
   中入り
・「井戸の茶碗」

| | コメント (4)

2011.02.11

立川志らく独演会

日付 2011年2月 9日(水)


場所 広島県民文化センター

昨年末、猫友のサエコポンが「志らくって?」とつぶやいた。
奇しくも、その数日前に、広島初公演のチケットを手に入れていたので
「ほほう、志らくって、どうなのよ?」
と待ち受けていましたとも。


前座・立川らく太 「看板のピン」

   立川志らく 「茶の湯」
-中入り-
   立川志らく 「らくだ」

前座の 立川らく太は「え?前座?」と思ってしまうほどの貫禄で、噺も達者。
特に、親分が渋くていいねぇ。

さて、私の中では「志らくって~志らくって~」と期待充分だったが、今回は(多分)さほどの毒気は無かった模様。
普通に楽しむ事が出来ました。
「茶の湯」のマクラが寅さんの映画の話で、もしかしてこれが、シネマ落語というやつなのかしらと思ったら、古典落語に入ったので一安心。
創作落語も面白いんだけど、今は、まだ古典落語をじっくり聞きこみたいお年頃なのよね。

中入り後、黒紋付での登場。
話は大相撲の八百長疑惑から膨らんで、まさか、私にとっては三回続けて「花筏」!?
マクラの間中ドキドキしてました。
いや、それでもいいんだけど。
で、ロックの公演のトリを頼まれた話の受けが良かったせいなのか、そのときやった「らくだ」を、というと場内から拍手が沸く。

私が初めて「談志」をCDで聞いたのも「らくだ」だった。
でも~私には険しいチョモランマのような。
まだまだ家元は私には遠い存在であるとしか思えなかったけれど、志らくの「らくだ」はより身近に感じられる噺でした。

それにしても、広島にやってくる落語家、そろそろ二周目に突入する人もチラホラ。
もっと来て欲しいなと思っていたら、2日後は山口県光市で立川生志独演会。
ついに、私が広島県を飛び出してしまいそうな勢い・・・っていっても、広島市は広島県の西の端に近いのであんまり遠くはないんだけどね。

20110209222213_0

記念に「蕎麦」食べてみました。


| | コメント (0)

2011.02.08

ばいばい、月ちゃん

カミツレちゃんちの月ちゃん
16歳であっという間に天国に行ってしまいました。

片手に乗るくらいの大きさで、カミツレ家にやってきたときのあどけなさ
徒歩とJRを乗り継いで片道一時間かかる道のりを、カミツレちゃんと遊びに来てくれたよね。

ベリーを引き取って、お盆・お正月と帰省の時にはカミツレちゃんに預かってもらっていたんだけど、闖入者に驚いた月ちゃん、最初はそれはそれはオッカナビックリのへっぴりな様子で、それをカミツレちゃんがメールで中継してくれたっけ。
なんどかお泊りするうちに、折り合いをつけてくれるようになったな。

私が遊びに行くと、ものすごく不機嫌で、きれいな金色の目がだんだんグリーンに変わっていった。
私が月ちゃんの写真をとるといつも「怒りのグリーン」だった。
でもってシャーと威嚇された。
でも、一晩泊まると警戒心が解けちゃったよね。

Tuki1

月曜日のお昼に「月ちゃん入院したんだけど、先生に文句たれまくるくらい、口は元気なのよ」
「じゃ、すぐ元気になるんじゃない~」
なんてお気楽メールをやりとりしたあとだったから

Tuki2

また、近いうちに遊びに行こうと思っていたのに・・・。

なんか、しんみり、色々思い出しちゃうな。

ばいばい、月ちゃん。

| | コメント (6)

2011.02.07

小説・八朔の雪

八朔の雪 みをつくし料理帖/高田郁

今まで、時代小説ってなかなか手が伸びなかったのだけれど、何か読んで見たくなって本屋の時代小説コーナーの前で立ち尽くす。
いゃあ、いろいろあるんだなぁ。
「梅安シリーズ」とか好きな作家が書いたら読んで見た事もあったけれど、それっきりかなぁ~。
思案して、結局手を伸ばしたのがこの本。

読みはじめたら止まらない。
うしし、アタリの本だった。
主人公・澪をつくる料理のなんと美味しそうなこと。
美味しい日本料理が食べたくなったよ。
ああ、あの「とろとろ茶碗蒸」が食べたい~~~。結婚して2*年、一度もマトモに茶碗蒸しが作れたことが無いのよねぇ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

この後、シリーズの残りを一気買いして読み進めてます。

| | コメント (6)

2011.02.06

ほたる皮下輸液・2011年2月5日

2週間ごとの皮下輸液
今日は女医さん2号
特に変化なしだけれど
「何でも聞いてくださいっ。頑張ってお応えしますっ」
とキラキラ光る視線を送られる。
と、言うことで、ここ半年の間にひどくなってきた「咆哮」について相談してみる。
便秘が原因なのか、そもそも便秘なのか?
他に精神的な理由があるのか
さーっぱり判らんのよね。

お腹を触ってもらったりもしたけれど異常は無く、経過観察ということに。
便秘の間隔が開けば、便秘用に処方されているシロップを飲ませてみましょうということに。

ごめんねー、飼い主もわからない事を聞いても判んないよねぇ(@_@;)

↑皮下輸液の後、半日くらいして全身に輸液がいきわたった頃の「たっぷんたっぷん」した感じがなんともいえず好き♪
気持ちいいいのよね~

| | コメント (4)

2011.02.02

AとBと新型

階下の部署で大流行。

感染経路が指差し確認できるくらい、次々と倒れている。

なので、上の部署からごっそり投入で生産を続ける会社側。

私も投入されました。

なんせ、10ヶ月前までそこにいたものだから、当然よね。

んでもってみんなが口々に囁きあう。

「インフルエンザって、A型だけだっけ?」

「AとBと新型でしょ?」

「どう違うの」

「さあ~?」

主流はA型だけど、なんと新型を発生した人もいたとか。

おそろしぃ~


| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »