« ベルばら切手 | トップページ | 節電節電と言うけれど »

2011.06.30

ほたる通院記録/2011年6月27日

夏本場までにはまだまだ時間があるといのに、暑いですね~。

そして・・・・・

20110630122130_4

うらめしや~
な、ほたるちゃんです。

この日は、3度目の血圧測定の予約の日。
けれども、前日と前々日に院長が学会に行って休診だったため、予想外に混雑してました。

呼ばれて診察室に入り、体重測定の後、血圧・心電図モニターのある手術室へ。

で、まずはカフのサイズに毛刈り。

診察室のほうも大忙しで、看護師ちゃんたちは診察室のお仕事に。
手術室では女医さん1号と二人っきり。

3度目ともなると、ほたるも何をされるのか判っているのか、虫の居所が悪いのか。
暴れるわけではないけれど、タイミングよく妨害工作。
ちょっと動いたり、みゃーっと鳴いたりして、良い素材が取れなかった模様。
数値自体は、前回同様で、ギリギリ正常範囲。
コレを越したら降圧剤開始のラインを死守。
えらいえらい。

ほたたん、今日は、ギャラリーがいないからって非協力的な態度は如何なものかとおもいますが?
ほんっとに、猫っかぶりなんだからー。
次からはギャラリーをつけてもらうか、だれかに付き添ってもらおうっと。


皮下輸液しながら、「ずっと先の話ですが」と前置きがあって、「食道チューブ」を検討してみませんか?
とのこと。
胃ろうチューブは、発作つながりだった「にゃうちゃん」が
食道チューブは、老猫会の口腔癌の猫さんたちの装着レポートが頭を過ぎる。
今現在では、悪いイメージは無いんだけれども、フルタイムで働いていて、こまめな給餌とか、消毒とかできるものだろうか?
でも、確実に栄養が確保できるのは魅力だわ。
その辺り「心当たりがあるんで調べてみます」と返事する。今現在、私は仕事を辞めて介護一筋というわけにはいかんのだよ。ほたるの後には、超ビッグスターのベリーも控えてるしね。

と、言うことで

「猫さんの食道チューブ装着について書いてあるサイトや経験の情報大募集中!」
左上のあるベリーの顔写真の下「メールを送信」からでもメールください。

ある程度集まったら、まとめてレポートしたいと思います。

病院の後、地元の猫友さんの所に行って、この話をしたら
「うっわー♪どっちを選択するのかたのしみぃ♪」
と・・・(@_@;)先週、亡くなったこのおうちの猫さんは急性腎不全。
ずっと強制給餌をしていたけれど、食道チューブは先生が「管理が難しいから、しません」と宣言したそうな。


20110630122130_2_3

ほほほ、どーすんのさ。

文章は明るくしてますけど、結構、悩んでますから~。

|

« ベルばら切手 | トップページ | 節電節電と言うけれど »

コメント

食道チューブって、難しいかなぁ〜?
咽頭チューブは難しい。抵抗感があります。
強制給餌をいやがる子には、猫も飼い主も楽になるって言われて始めたのよ。
あと、
本来は、手術の後食事をとれない場合につけるもので、食べられるようになったらさくっと外すもんだそうです。
つけたらもう外せないわけではないです。
周りが口腔がんばかりだから悲壮感あったけど。実は違うみたいよ。

いざとなれば、なんとかなるさね。

投稿: てれじあ | 2011.07.02 21:44

>てれじあさん
わーい(*^_^*)
コメントありがとうございます。
この数日、何度も副官のYouTubeの説明動画見ましたよ~。

まだほたるの数字からいっても考えたり調べたりする時間は充分にあるので、いろいろお勉強させてもらいます。

投稿: お局様 | 2011.07.03 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルばら切手 | トップページ | 節電節電と言うけれど »