« 動画を見に来られた方へ | トップページ | 柳家 花緑独演会と光市での落語会のお知らせ »

2011.07.10

ほたる通院記録/2011年7月8日

本日も患者さん多し。
1時間待っている間にどんどんやってくる。
2つ稼動している診察室から人が出て来る気配なし。

ほたたん、がんばれよー。
第2診察室の女医1号さんに呼ばれ、体重を量ると4.65キロ。
でもオシッコとウンチしてないのよねぇ。その分量もあると思われる。

皮下輸液しつつ、前回提案された食道チューブについて自分で調べて疑問に思ったことを質問状にして渡す。
調べてから回答したいということなので、先生への宿題とする。なんて、えらそうな・・・・。

・装着のタイミング
・チューブの劣化、耐用年数、交換
・術後管理

などについて質問しました。

2007年4月に起こったベリーの重積発作のとき、院長から「脳のシャント手術」の話が出たときは東京の大学病院でも年に一回程度の症例数で、圧倒的に情報が足りず、しかも発作で息も絶え絶えだったのを思い出したら、先輩は多いし、時間の余裕はあるし、ホント助かります。ほたるに食道チューブつけるつけないはその時になってみないと判らないけどね。
そういえば、このときも、チューブの寿命、交換がネックだったのよね。
それ以前にベリーの性格という問題もあったんだった。
やっぱり外科手術より内科的手法をとりましょうに決めたんだ。
今、当時のブログの記事を読み返しても胃がぎゅーーーっとなるよ。


******************
体重 4.65キロ

前回計測した血圧
収縮期  163.8mmHg

拡張期  99.6mmHg

*****************

20110702_001_320
なんでアタシの記録なのにベリたんの話にすりかわってのよ(@_@;)


|

« 動画を見に来られた方へ | トップページ | 柳家 花緑独演会と光市での落語会のお知らせ »

コメント

お局様、こんにちは
ほたるちゃんのお写真ですか?
可愛いですね
食道チューブをしないとダメってみたいには
思えないくらい元気に見えますけど、ほたるちゃん
にとって辛いんでしょうね、これからの選択が難しい
ですが、頑張ってください

投稿: チィぽっぽ★ | 2011.07.15 07:40

>チィぽっぽ★さん

こんにちは(*^_^*)
ほたるの食道チューブについては、将来、考えてみませんか?という提案なんですよ。
今すぐどうこう、ということはないので、先生と一緒に情報収集しつつ方向性を探しているんです。
なので、先輩たちの体験談を教えてもらったりして、とっても有り難い環境なんですよ~。

投稿: お局様 | 2011.07.17 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動画を見に来られた方へ | トップページ | 柳家 花緑独演会と光市での落語会のお知らせ »