« ネコタン | トップページ | ほたる通院記録/2011年9月28日 »

2011.09.25

ベリー血液検査に行く

去年11月のワクチン接種以来にかかりつけのT動物病院へ、何事もなければ年に一度の血液検査(フェノバールの血中濃度検査を含む)へ。

最近はほたるばかりかまってしまいべりたんはちょっとお世話が中途半端。
怖くて体重測定も家では出来ない(もちろん、飼い主共々の体重増加で引き算したくなーい)んで、これまた一年ぶり。

20110925191621_4


べりたんの診察なので、モチロン、院長先生の診察。
体重は5.7キロ
わーい。前回より100グラムも減ってる♪←をい

エリザベスカラーをつけて、緊張感みなぎる診察室。
毎回、とんでもなく大声で鳴いて、暴れて、本猫も必死だが二人がかりでの保体、先生だって針を抜かないように必死なのだ。
私も、採血中に噛み付かれて流血の経験アリ。

ところが
「うにーゃ?」
と、か細い鳴き声のみで、さほど力を身体に加えている様子もない。

ええーーーーっ!?

べ、べりたん!?

どうしたの!?

病気!?

と、口走ったら院長先生に笑われた。

なので、採血もサクッと終了。

院長先生に「よしよし」されても目を細めてうっとり。

ああ、べりたんにこんな日がやってこようとは・・・。

本当に病気かもしれないー!?

と、ドキドキと血液検査の結果を待って、出た結果は

「問題なし」

でした。

ま、例年相応、年齢相応なんですけれど。

ベリたん12歳

大人になったのね♪

|

« ネコタン | トップページ | ほたる通院記録/2011年9月28日 »

コメント

血液検査は、年に一度?
なんですか?チィは1ヶ月に一度のコース
なのにフェノバールの血中濃度は、やらないみたいな
なんだかねぇ、でも、結果良くて安心ですね、

投稿: チィぽっぽ★ | 2011.09.26 12:05

>チィぽっぽ★さん
ベリーのかかりつけの先生は、発作のきっかけになるかもしれないので、私が思うに本当に必要最小限の検査と最小限で効果のある治療方針の先生なんです。
なので、特に異常がなければ、血液検査は半年か一年に1回。血液検査も3種混合ワクチンも発作が続いていると「落ち着いてからにしましょう」と伸ばしちゃいます。
触るのも本当に最小限で、触診も聴診もあっという間に終わっちゃいます。
何かあると、まずはデジカメ動画や撮影した画像で見てもらったりグラフ化したデータを見てもらったりするんですよ。
ここだけの話、もっといっぱい触って喋って欲しいなーとは思うんですよ。でもねー、毎回、穴が開くかと思うほどカルテを読み込んでらして、私以上にベリーに詳しい先生なんです。

投稿: お局様 | 2011.09.26 21:07

お局様ご無沙汰してます。
くうたの事ありがとうございます。
突然の出来事で、寂しいとしか言いようがありません。
わがままを言うなら、看病や介護をしてあげたかった、
発作が起こって次の日の朝亡くなって、
何がなんだかわからない感じで。
くうたにとっては長引いたら疲れてたのかもだけど、
もう少しだけでいいから一緒にいたかったです。

台風も去って、天気も良くなってきたので、
がんばりますー。

投稿: むぅぱぱ | 2011.09.28 12:33

>むぅぱぱさん
がんばって元気になっちゃだめですよ~。
ゆっくりゆっくり、楽しかったことだけ思い出して、出切れば家族の皆さんと笑ってあげてくださいね。
くうたちゃんはご一家の笑い声が一番好きだったと思います。

投稿: お局様 | 2011.09.28 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコタン | トップページ | ほたる通院記録/2011年9月28日 »