« 最近の読書記録 | トップページ | 今日のみーちゃん »

2012.04.05

ほたる通院記録/2012年4月1日

3月31日の夜中中、家の中を走り回って暴れる。
ダッシュ、咆哮、トイレに入る、ダッシュ、咆哮の繰り返し。
寝ぼけた頭で、お腹を揉んでやると
「そこそこ」とグルグルと喉を鳴らすが、私がそのままの格好で寝落ち。
しばらくすると、ダッシュ、咆哮、トイレに入る、ダッシュ、咆哮の繰り返し。

・・・うーん、ウンチが出ないのね・・・と意識朦朧状態で把握する。
「明日、輸液の時に看てもらおう」
と寝落ちする私の周りでダッシュ、咆哮、トイレに入る、ダッシュ、咆哮の繰り返し。

え、しつこい?でも、ほんとに一晩中だったんですもの。

で、翌、日曜日の診察。
輸液の前に、お腹を触ってもらうと
「たくさん詰まってますよ~」
と言ってる側でえづきはじめて、嘔吐。
女医ちゃん、すかさずキャッチ。
やっぱ、若いわー。反射神経いいわー。
「ゴメンネ。お腹触ったら刺激になっちゃったね」
と、謝ってくれる。
いやいや、どっちにしても下から出なきゃ上から出てたでしょう。

ここで、選択肢としては
1・摘便する
2・薬を使う。
3・薬と輸液とウエットフードで水分摂取に励む。

1の摘便は以前、救急で診てもらった病院で行われて以来、男性恐怖症(かかりつけの院長とか(@_@;))に。
他に方法があるなら、行いたくない。ええ、ここで病院恐怖症になられたら後が大変なんですもの。

2と3にはベリーに処方されているモニラックを提案する。ただ、女医ちゃん的には
「下剤を使うと脱水しやすいから・・・・」と消極的。

結局、輸液の回数を増やす+ウエットフード増量などで水分補強+モニラックで一週間様子を見ることに。


帰宅するなりトイレに駆け込んでウンチ少し出産。

「ほたたん~、まだまだ、こんなもんじゃ無いはずよ」
とほたるの首根っこを掴んで説得するも

「モッタイナーイ」
と拒否。

ああ、ベリーといいほたるといい、溜めずに出してください(ρ_;)

|

« 最近の読書記録 | トップページ | 今日のみーちゃん »

コメント

ほたるちゃん、大変ですね(;一_一)
人間ならば浣腸や下剤でいけるのに、
蠕動運動がうまくいかないんでしょうね
頑張れ!ほたるちゃん

投稿: チィぽっぽ★ | 2012.04.05 16:57

>チィぽっぽ★さん
ほんとに、年齢的に色々不都合も多くなってねぇ(@_@;)
実は、以前にもウンチを詰まらせて夜間救急診療してもらったのも、この季節だったので要注意なんですけれど・・・。夜中に訴えられるのは正直シンドイです。
ほたるも私も、あんまり若くないですもの~(@_@;)

投稿: お局様 | 2012.04.08 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の読書記録 | トップページ | 今日のみーちゃん »