« お仲間・・・? | トップページ | 祖母の納骨 »

2012.09.08

「てんかんの手術」

2012年9月5日の中国新聞の朝刊の「専門医が診る」では広島大学病院の脳神経外科の先生の、てんかんの手術についてのインタビューが載っていました。
もちろん、人間の手術ですけれど、なるほどなーとスクラップしちゃいました。
いつかはペットにもこの技術が応用されて、今は抗てんかん薬の投与しかないけれど「手術」も選択肢に入るのかもしれませんね。

2img_0002

2img_0001


|

« お仲間・・・? | トップページ | 祖母の納骨 »

コメント

てんかんの手術、凄い
ありそうで無かった感じです
まだまた。人間の医学が
ペットまで行着くのは
難しいでしょうね(^^;
出来れば、嬉しいですね

投稿: チィぽっぽ★ | 2012.09.09 00:30

凄いね。
薬がわりと早くに大学病院で使い始めるから、もう実験的に手術やっているかもね。
今後に期待。

投稿: タイピィ | 2012.09.09 12:24

京都・祇園のあの事故以降、Twitterでてんかん治療を専門にしているお医者さんのつぶやきを見るようになったけど、人の治療はどんどん進んでいるみたい。でも、専門医じゃないお医者さんは数十年前の知識のまま、っても珍しくないらしい。
獣医さんとの交流もあるみたいだから、人での成果が犬や猫たちにも広がってくることを期待したいなぁ。

投稿: 風の谷 | 2012.09.17 21:35

> チィぽっぽ★さん
実際に効果があるかどうかもですが、何より、選択肢が増えるというのはいいですよね~。
人間でも脳の手術というのは大変な決断ですものね。
ただ、人間とペット医療の時間差はどんどん短くなっている気がしますよ。
その分、高額化してますけど(@_@;)
飼い主は一生懸命働かねば~

投稿: お局様 | 2012.09.19 22:33

>タイピィさん
そうなの。
人間医療とペット医療のタイムラグはどんどん短くなってると思うの。
あと、手術の利点は「根治治療」だよね。
何年か前にニュース番組の特集で電極を埋め込んだ人の密着ドキュメンタリー見た事があるの。お箸も持てなかったのが自分で食事できるようになっていたりしていたよ。

投稿: お局様 | 2012.09.19 22:41

>風の谷さん
海外では使われているけれど日本で認可されていない薬とかもまだまだありますしね。
なにより、選択肢の幅が広がって欲しいですよね。
人間のお医者さんも動物のお医者さんも、新しい知識をどんどん増やして欲しいですね。
まぁ、頭が固かったり無気力な人はどこにでもいるものですが、医学の進歩の邪魔はカンベンです。

投稿: お局様 | 2012.09.19 22:52

お局様、初めまして(ここでは)!
お元気でいらっしゃいますか?最近、猫癲でお姿を拝見しないので、ちょっと心配になりました。という事で、こちらに寄らさせていただきました。
ベリちゃんもおりこうさんにしていますか?

投稿: こもも | 2012.10.05 04:20

>こももさん
こんにちは!
御心配をおかけして申し訳ありませんでした。
お仕事多忙でバテていました。
こんなことじゃダメなんですけどね。

こちらはすっかり秋ですよ。
そちらも秋もステキでしょうね~(*^_^*)

投稿: お局様 | 2012.10.21 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お仲間・・・? | トップページ | 祖母の納骨 »