« お江戸突撃日記・3 | トップページ | お江戸突撃日記・5 »

2013.05.31

お江戸突撃日記・4

朝、ホテルに荷物を預けた時
「チェックインは19時くらいで」
って言っておいた。
その時間見積りは正しいと思う。

だって、ものすごく疲れてるんだもん。
お昼にお蕎麦を食べたきり、東洋ギャラリーに入る前に、自動販売機のペットボトルのお茶を一気飲みしたきり。

精神はダメだししてるのに足が向いてしまう。
でも、とっても行きたかったんだもーん。
20130503_079_320

国立科学博物館→HPはこちら
入ってすぐのところに、公開中の企画展の告知が二つ。

「からだが語る『大江戸』の文化 江戸人展」 →HPはこちら

これはもう、私のために企画してくれましたか!?
20130503_080_320


20130503_086_320
江戸時代の棺桶である「木桶」(お金持ちは陶器製だったりするけど)
これに体育座りの形で埋葬されてたんだよね。
落語にもたくさん出てくる。

20130503_082_320


20130503_083_320


20130503_084_320

お歯黒の匂いを嗅いで見ましょうコーナーとか
女性のお化粧が昼と夜でどう違って見えるか、とか

あとは、武家と町人の骨格の作りの違い(武家人は柔らかいものを食べていたので顎が発達せず、歯並びか悪かったり)、改墓の時に調査した将軍正室や側室の復顔写真や、復顔したもの。
何より、圧巻なのが「江戸人の人骨」の数々。

20130503_089_320

たくさんの頭蓋骨に、例えば多分、戦で亡くなった人の人骨、梅毒にかかった人骨、飛脚か駕篭かきの職業病がよく分かる人骨、お年寄りの人骨、女性の帯で変形した人骨。

ビックリしたのは
「試し切り」された人骨
「試し突き」された頭蓋骨。
「二つ胴」と銘の入った日本刀

時々、テレビで特集されたものは見るけど、本物は語ってくれますね。

他にも、自分の身体がミイラ化するように計算された学者の画像解析動画。
幕末の人々を撮影した写真をパネルにしたもの。

グルグルと何週も見て回りましたよ。
これって、巡回展しないかなぁ。
手書きで描かれた展示内容のイラストのコピー、わかりやすくて良いです(*^_^*)


はっと、我に返り次の企画展へ
「日本はこうして日本住血吸虫症を克服した-ミヤイリガイの発見から100年」 →HPはこちら

直前の企画展があまりに私のシュミだったのでさらっと見ただけだったけれど、今になって激しく後悔。
パンフレットも取ってなかったな~。
本日、飛行機に乗った空港のある岩国市近辺(うちの会社は隣接市なので敏感に反応する)では、マダニが媒介する感染症が見つかったり、毒蜘蛛のセアカコケグモが見つかったりしてるので、なんとなく遠い話ではなかったかも。
根絶の様子をまとめた映像、時間があったらもっとしっかり見たかったかも。

その後は、日本館を行ったり来たり、上がったり下がったり
20130503_101_320


20130503_104_320


20130503_103_320


これだけは押さえとかなきゃ、と「朱鷺」と「ジロ」と「ハチ」
あ、どこかで「セアカコケグモ」も見たぞ
20130503_093_320
トリカブトは今月頭に行った湧永庭園で見た!

20130503_096_320

20130503_095_320
初鰹と戻り鰹の断面図に引っかかるんじゃない、自分!

あと、地球館へは、行ってはイカン(時間的にと体力的に)と言うのに勝手に足が向いてしまう。
確か18時30分頃だったか。
入館するときに、本日は遅くまでやってるのは確認していたけど、もう無理無理~。
でも、最後にこれだけは見とこうと
Photo
ダイオウイカの写メを釣りをする友人に送りつけておく。

ここに行くまでに
20130503_108_320
恐竜のお尻もチェックしたりして。

結局、19時頃に科学博物館を出て、上野駅でお土産物コーナーにひっかかり、ホテルに帰りついたのは20時。

もう、食欲なくて、晩御飯はホテルに入っている「日高屋」のラーメンと半チャーハンで680円だったかな。

~まだ続く~


|

« お江戸突撃日記・3 | トップページ | お江戸突撃日記・5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お江戸突撃日記・3 | トップページ | お江戸突撃日記・5 »